FC2ブログ
全記事表示リンク

顧問の先生、学校の先生達とのコミュニケーションは?


Soccer Ball / steffofsd


 部活動顧問の先生や学校の先生とのコミュニケーションは大事にしておきましょう。
顧問の先生とは部活練習、試合等で頻繁に顔を合わせますし電話でのやり取りもあるでしょうから、何かしら小さな事での報告もするようにしましょう。

特に職員会議や急な打ち合わせ等で顧問の先生が部活に出てこれない場合等は、部活練習後の
報告を兼ねて職員室に行ってみたり電話で手短に話すことで先生からの信頼も受けますし、
何かあった場合の事を共有することで先生が「知らなかった」・・・を防ぐことが出来ます。

 「今日は練習に○○を取り入れてみました」 「シュート練習中、3年生の○○君が足を少しヒネって
大丈夫と思いますが念のため保護者に電話入れておいてください」 「2年生の○○君は一昨日の
練習試合でケガしたみたいで今日は見学してました」・・・小さな事でいいのです。
最初はめんどう~と思うかも知れませんがそのうち慣れてくるとそれが大事なこととわかってきます。 もしあなたが反対に顧問の先生の立場だったらどうですか?

 報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)してくれると助かると思いますし、それが先生や学校から
少しづつ信頼される関係になってくるのです。特に4月に顧問の先生が移動され
後任の先生から任され、信頼された時は大変に嬉しいものです。

 他に同じ学校の先生でも仲良く?コミュニケーションを取っておかなければならない先生ってたくさんいらっしゃいますよね。 以前書いた家庭科の先生、洗濯機使わせていただいてます。
実行支配?の教頭先生、保健室の先生、同じグランドを共有する他の部活の先生(野球部、陸上部、テニス部、ソフトボール部他・・・)、警備員のおじさん(土日の試合に学校門の施錠や駐車場等)、
結構長くおられる先生等々。もし旅行やどこかにお出かけがあれば少しのお小遣いでお土産1つでも学校に持参してください。  

 笑顔と大きな声で挨拶が出来ればコミュニケーションは大丈夫です。
積極的に自分から話かけていきましょう。

 
スポンサーサイト



先生、コーチの喫煙問題、説得力はあるか?

 
Smoke / LawPrieR


 練習試合、公式戦等でベンチでの喫煙はさすがに出来ないですが
本部席やテント内、または子供達が見ているところで喫煙でも問題あると思います。

 以前は試合中ベンチの横や後ろで喫煙していた先生や指導者(コーチ)が
おられました。 喫煙は指定された場所で行うものであり好ましくありません。

 にも関わらず大会本部席やそれに近い席で周りの迷惑も考えなしに
お構いなしに喫煙される先生や指導者(コーチ)の方はおられます。
喫煙に関しては「そこまで言わなくても、そこまで言わなきゃ」と賛否両論あります。
 
 受動喫煙の問題等考えられると、まずはその様な場所での灰皿は出さない、用意しない。
打ち合わせ時に「ここでの喫煙はご遠慮ください」と一言言う。
それでも・・・と言われる方は席を外されて、遠く離れた場所で喫煙されるべきと思います。

 以前、当中学校顧問の先生や生活指導の先生が部活動部員の
喫煙問題で1週間の部停、その間は奉仕活動と決定されました。
 
 しかし言っている、指導されているご本人達が
学校内の指定された場所で喫煙されているのですから迫力と説得力がありません。

 また当然、指導者(コーチ)としても言わなきゃいけない時に、仮にそのコーチが喫煙していたら
子供達は「コーチは煙草吸っている!」と知っているのに「煙草吸うな!」って言えませんよね。

 そうゆう私も十数年前まで1日2箱喫煙していました。
当時、少年サッカーチームを教えていたある日、4年生の1人の子供から
「あのね、コーチ!スポーツマンは煙草吸っちゃダメだよね」・・・の言葉がズシンと響き
完全に禁煙出来るまでには3ケ月掛かりましたが辞める事ができました。

 これからは練習試合でも公式戦でも本部席や子供達の見ているところでの
喫煙はやめましょう。
 それでもど~しても今「煙草、吸いたい~!」方は駐車場の自分の車の中か
せめて指導者(コーチ)として子供達から見えない所で吸ってください。 
お願いします。





先生とのコミュニケーションの関わり方と作用と効能・・・?

 
One to One (or a defined many) communication / Wesley Fryer


  部活顧問の先生と外部指導者(コーチ)の関係、コミュニケーションは大事ですが
そのコミュニケーションのとり方って難しいですよね。

 いくら外部指導者(コーチ)だからって専門知識、技術を持っていても
「俺が!俺が!」で前に出るわけにはいけません。
例え練習試合でもベンチの監督席は外部指導者(コーチ)が座ってはいけません。
「コーチはここに座ってもらわないと困りますぅ~!」・・・ダメです!
歳を取っている若いとか関係ありません。 黒子に徹してください。

 親子くらいの歳の差があっても、若い女性顧問の先生であっても

監督は顧問の先生です。

 日頃の部活練習内容も十分に話し合い、コミュニケーションを取りましょう。
急に練習メニューを変更したり、また部員のポジション変更や部内の担当仕事等の
変更は先生ならず部員にまで迷惑をかけます。

 大事な事の変更・修正は先生や子供達、部員にまで伝わるよう報告、連絡が必要です。

 2~3のコミュニケーションの事を書きましたが、これからも少しづつ
コミュニケーションの取り方は書いていきます。

コミュニケーションを取るその前に顧問の先生の学校での立場も考えなければいけません。
一般的な会社でいう役職、管理職、社員、新人・・・なのか。
またその顧問の先生が部の対外的役割、つまり県市町村協会に関係している、
例えば○○市サッカー協会とか○○サッカー大会の運営幹事・・とかです。

 難しくなりますがもし判らなければ顧問の先生に直接聞くか、他の中学校との
練習試合の時に他の学校の先生や外部指導者に聞く手もあります。

 顧問の先生もだいたい中間管理職クラスになると学校での立場、対外的役割を
してありますから、これは情報のひとつとしてぜひとも知っておくべきです。

 きっと顧問の先生の役割、立場を生かせる時が来る事があると思いますから。
ただし、作用と効能については即効性はありません。 ジワジワ効いてくるでしょう。(笑)







 


高校総体や選手権・大学で活躍した人材が部活現場指導に増えてきた!

 
IMG_3462 / cjnoof


 昨日は中学3年生の高校スカウトの件で記事にしましたが
今日は逆に来年中学校サッカー部に入部する小学6年生の件です。
 
 当地域は中学校部活と3~4のクラブチームがあり
それぞれが本人、保護者と同意の元にジュニアユースクラブチームへ、
また部活へと進む道を迷いながら決めていく、昔ながらの進み方です。

 近年、当地区サッカー状況は、部活公式戦中体連の各試合に
地区・県大会に優勝、準優勝はもとより、数年前の新人戦では
県大会ベスト4の1~3位を当地区で占めたくらいの部活レベルが高い地区です。

 そのレベルの高い中学校部活が地区各所に点在しているため
部活に進み、活躍している部員も多い状況です。

 ではなぜ近年部活のレベルが上がってきたか?

 1つは中学校の若い新しい新任の先生や講師やコーチ(指導者)の
サッカー実経験が部活現場で、活かされ始めてきた事です。
 すべてとはいえませんが当地区は部活に携わる先生方が
部活に熱心で部活拒否とか放棄とか、とても信じられません。(笑)

 思い当たるのは、5~8年前の高校サッカー選手権で
九州の高校チームが大活躍した時、長崎国見高校・鹿児島実業他・
当県では東福岡・筑陽・東海第五・・・他等々大勢の高校で活躍した選手たちが、
今度は新たに教職の現場で、ハイレベルなサッカーを教えている状況だと思います。

 もしかすると当地区だけ?なのかもしれませんが、ここ2~3年の間
「○○中学校のA先生は高校選手権に出て準優勝した時のレギュラーメンバー!」・・とか
「△△中学校B講師はT高校総監督の教え子!」とか
そうゆう先生や講師の方が多くなりました。
地域や地区のサッカーを盛り上げるためにも喜ばしい事です。

 そして最近その部活やジュニアユースチーム(JY)に入るために
下部のジュニアのチームとの連携も大切になりました。
 
 ジュニア・JYが一緒にあるクラブチームは別ですが、
ジュニアチームしかない所は、その地域の中学校部活に進む子も多いでしょうから
指導者同士が連携、連帯して同じコンセプトで教えていかないと
ジュニアではこう教わった、部活では別な教え方・・・では部員も戸惑うでしょうし
小さな迷いや戸惑いが指導者不信になっていきます。

 そんな事がないようにコーチ(指導者)も、初めての方を含め
ジュニアチームに顔出し、挨拶訪問をして見られては如何でしょう。

 あっ! その時に部活用の名刺は必要ですよ。
最近はパソコンで自分で作れますから、ぜひ作って常に持参してくださいね。


 ○○市立△△中学校サッカー部外部指導者コーチ  ・・・・先生は(サッカー部顧問)

   玉尾 蹴太郎   日本サッカー協会公認C級コーチ
              日本サッカー協会3級審判員

 学校住所   ・・・・・・・・・
 学校電話&FAX ・・・・・・・・
 携帯番号   ・・・・・・・・・





師走!・忙しさに先生も一息したい日もありますよ。コーチが応援します!

 
Teacher's Office, Korea / watchsmart


 12月になると世間は気ぜわしくなってきます。「師走」と言うくらいですから
言われの通り、学校の先生、部活の顧問の先生、それに加え担任クラスの先生は大変です。

 時期的に2学期の成績表・評価点(我々古い人間には通信簿)の書き込み、
また3年生は今時期、1月下旬から始まる私立高校受験に向けての最終3者面談が
毎日あっており、部活に出られない、指導出来ない顧問の先生は大変です。

 数年前までの顧問の先生は12月に入ると、週末の練習試合は、
やたら当中学校グランドでの試合を毎週組んでありました。
冬季には野球部や少年野球の大会もほとんどなく私達もホームグランドの方がやりやすい、
また街中ですから河川敷や何もない所に比べると風も弱く、あまり寒い思いをしない・・・
と言う利点もあります。

 しかし当時の顧問の先生は実は、
「コーチ!ちょっと職員室で1~2時間仕事してますから、何かあったら来てください。」

「先生! 1日OK! 大丈夫ですから、仕事してきてください~。」

 そう!成績表を作成してあったのです。その成績表も提出日が決まっていますから
遅れるわけにもいかず、また顧問の先生もまだ若くて、上記のように3年生の担任クラスを
持ってあり、連日夜遅くまで3者面談が重なっていたようで本当に大変なようでした。

 まして練習試合を組む週末は、学校も休みで生徒もいない、誰にもジャマされず
仕事をするには最高の日なのです。

 我々コーチ(外部指導者)だけでは例え練習試合でも部活でも勝手に行うことはできません。
想定外の事故等が起きて、その時に対応する顧問の先生等、学校関係者がいないと
責任問題等で大変なことになります。
 
 ですから、部員が多く2チームや3チームに分かれて別々の試合会場に行く場合は
コーチ(外部指導者)のみで引率は出来ません。
必ず顧問もしくは学校関係者の同行が必要なのです。

 外部指導者規定等にはそのような事は記載されてはいないと思いますが、
本当に今、想定外の事故という事は十分にあり得ますから気をつけましょう。

 そうゆうことで顧問の先生達の応援をコーチ(指導者)だけでなく、
ご協力頂く、保護者の方にもお願いしていくように12月はしています。

 最後に余談ですが、昨日の記事にした「お父さんとの約束を破って・・・」の主人公K君、
昨日から再度、部活復帰しました。

 部活練習中に「コーチ!有難うございました。」と言って嬉しそうに
練習に加わっていました。 

 子供には笑顔が最高です。

 今度は自分でしっかり勉強しろよ~!

 


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール