FC2ブログ
全記事表示リンク

では保護者の方とのお付き合いは?


VYA_0029 / Nguyen Vu Hung (vuhung)


 一番難しいのが部活保護者との距離をどう保つかでしょう。指導者によっては
あまり関知したくない・されたくないと思っている人、また反対に何が何でも懇親会を
たくさんしてでもコミュニケーションを取ろうとする人。
さまざまですよね。

 しかし保護者のご協力無しには学校の部活動は成り立ちません。
連絡網の整備・ユニフォーム(練習着等)やストッキング購入・部費やサッカー協会登録費の徴収,
時には試合場所への車出し、また仮に部活動時の色々な事故対応等を含めスムーズに事を運ぶ、また部活動運営をしていくためには大事な協力者であり時には相談者にもなりうる方なのです。

 ですから外部指導者は学校との、顧問の先生とのパイプ役、繋ぎ役、クッション役になりましょう。
時には先生やまた保護者の方に双方の考えを伝え、言いたくない事を言わなければならない事も
あります。またそれにより双方より反発をくらう事すらありえます。
それにより沈着冷静かつ重要な判断をしなければいけない時もあります。
 
 だから何らかの形でコミュニケーションを整えていれば「じゃあそれはコーチにお任せいたします」と言って頂いた方がスムーズに進む事は多いと思います。

 ではどうやってコミュニケーションを取りましょう? 懇親会をしますか?、保護者会でも
立ち上げますか?
近くの試合会場まで見に来てもらいますか?・・・・でも最近の保護者の方は半分以上7~8割が
あまり関わりたくない、行きたくない、出たくないが本音であり来てもらえません。
また子供からも「試合見に来ないで!」とか「用もないのに来ないでよ!」とか大事な部活動報告や
通信も保護者の方に渡そうとしません。

 私もそうでしたが男3人兄弟みんながサッカーをしてて、その間6~7年間子供の試合にも
見に来られなかった保護者の方もいらっしゃいました。お仕事の関係もあったかもしれません。
と、言ってこちらから連絡はするわけにはいきません。

 まずは指導者の方がどうゆう方なのか?良い意味で「部活動・サッカーに興味をもってもらえるよう」保護者に伝えないといけないと思います。

 
スポンサーサイト



では保護者の方とのお付き合いは?  PartⅡ

 
Aquinas Saints Soccer Fans / stevendepolo


 前回、保護者の方にどんな指導者なのか、部活やサッカーに興味を持ってもらいましょう・・・と書きました。
保護者にとってみれば「どんな指導者(コーチ)なのか」、特に1年生の保護者はまだ解りませんよね。 ガンガン怒鳴り散らすコーチなのか? 若いのか、年寄り?なのか等他・・・って気になります。

 一概には言えませんが私が保護者との友好的な、かつご協力を得られるようなお付き合い方法を
お教えいたします。しかし現在険悪な紛争状態のまた、モンスターペアレンツ的な
保護者とのお付き合いに有効かどうかは責任はとれませんのでご了承ください(笑)

 ① 試合や練習、ケガや何か気になる事があったら夜に電話連絡して様子を聞いてみましょう。
   小さな事でもいいので月に2~3回電話して気になる事を話してみましょう。
その時は自宅の電話にしてください。学校の先生や顧問ではないのに、いきなり緊急連絡先の
携帯電話すると苦情がくる事があります。携帯へは親しくなれるまで、また了解を貰えるまで
掛けてはいけません。 また「明日は雨みたいなのでタオルと着替えを多めに持ってくるように」とか
連絡網を利用してもいいと思います。
保護者にすれば「気にしてもらってる」と思います。

 ② 記録や通信を作ってみる。
   パソコンで試合結果や子供達へのメッセージまた保護者へのコメントを
「蹴球通信」・「サッカー通信」のような気ままに月1くらいで作成してみてはどうでしょう。 
保護者へのアプローチが出来ます。「グランドにお見えになりませんか?」とかみたいに。
また卒業したOB保護者の方の中には数名の方が、「記念に」と、いまだに大事にして
頂いている方もいらっしゃいました。嬉しかったです。(涙)。

 ③ 試合場では笑顔で、大きな声で挨拶しましょう。
   慣れると冗談の1つでも言えるようになりますし、今度こちらから色々なお願いや
「こんな事しようと思いますがどうでしょう?」と相談したり、特に先々懇親会等をしようとする場合は
お母さん方の助言が必ず必要です。アクセスしやすい場所か?費用は高くないか?
・・・大事なことですよ。お母さん方からお父さんへ「試合見に行こう」って言ってもらえるようになると
最高です。
そうしたらお父さん方とまた話せるようになり、車出しとか色々ご協力いただけるようになります。

指導者(コーチ)は子供にコーチだけでなく、あらゆる情報に気を使わなければなりません。   
 

では保護者とのお付き合いは? PartⅢ

 
サッカー部 / HIRAOKA,Yasunobu


 なぜ保護者とのお付き合い、コミュニケーションが大事なのでしょう? 他人とのお付き合いや、
まして隣人がどんな方なのかも解らない、ひとつ間違えばいつどこで無差別に殺傷されるかも
解らない信じられない世知辛い世の中になっています。 
そうゆう事をこれからの子供達にさせてくない、させてはいけない、人とのコミュニケーションを
大事にする子供達を育てる・・・それが私達指導者であり子供達の親である保護者なのです。

 今、その保護者の方々が自分の子供や周りとのコミュニケーションを取りづらくなってますし取ろうとしなくなっています。中学校部活でもそうですが、数年前まで子供達が何か悪さした時、
挨拶しない時、例え他人の子供であっもうるさく言って躾してくれる保護者の方が数名はいらっしゃいました。最近はほとんど見受けませんし反対に怒ろうとしなくなりました。
 昔は近所にうるさいおじさんやおばさんがたくさんいたんですけどね。

 数年前のあるサッカー大会での出来事ですが、選手1人が相手と勢い余って激しくぶつかり
転倒しました。急遽グランド外に出し呼吸も乱れていたので救急車を呼んだのですが、その間、
数名の保護者の方が「コーチ!ここは任せてもらっていいから試合継続させて!」と言って頂き
お任せいたしました。
 

 その子供の保護者はお仕事で不在だったようですが、救急車に2名、車で応援に1名、電話連絡係に1名とテキパキとこなされました。次の試合で審判が入っていたので私がこの場を離れることは
出来なかったため、この時ほど本当に保護者の方とお付き合い、コミュニケーション取ってて
よかったな~と感謝、実感しました。

 保護者とのお付き合い、コミュニケーションを取ることにより一緒になってそれらを子供達に伝える、教える、指導していく事をお願いしたいのです。ですから私達指導者は「グランドに来てみませんか?」と保護者にお願いしているのです。
 子供達を見てもらい、先生や指導者と色々な話して良くしていこうと常に考えています。

 先般にも書いたように保護者の方にご協力、ご指導いただくためにはどうしても私達指導者との
コミュニケーションは大事なのです。

 

サッカー連絡網の活用法

 
土砂降り / snak



 ここ4~5日は九州地方も豪雨で被害が拡大しています。
先週土曜日に新チームでの練習試合も豪雨の影響で中止としました。
わが中学校のグランドは水はけが良く、少々の雨では水は溜まることはないのです。

 保護者の車の送り迎え、自転車で集合する中学生達等・・・雨の行き帰りを考えると
試合は出来そうだけど、この雨ではそちらの方が不安になります。

 試合中止やまた連絡事項通達として各中学校また各部活で連絡網があると思います。
試合主催校の場合は試合有無の判断とその連絡を各校指導者、そして連絡網を
使って保護者、子供達に伝えなければなりません。

 それも早い時間に通達しないと、すでに集合していたり遠方であれば
出発していたりと大変になりますから的確な判断と迅速な対応が必要になります。

 部活連絡網であれば各学年通達トップには1人か2人と思いますが
ここは下部連絡網からも伝達できれば時間は短縮されますから
以前よりこの下部連絡網保護者とは緊密に連絡を取っておいた方が
いいと思います。

 また最近はメールを使って一斉送信がありますので
連絡網の整備も見直しも必要ではないかと思います。

時として保護者のお手伝い(ボランティア)も必要な時もあります。

 
Portugal WM Training Gütersloh / schreiblockade



 9月1日土曜日夏休み宿題追い込み日!として
練習試合を組んでいませんでしたが、期待を裏切って?ほとんどの部員が
宿題を済ませたようだったので午前中、グランドで練習を行いました。

 当日朝、1人の保護者(お父さん)から「よかったら練習のお手伝いをさせてください。」
との申し出があり有り難く来て頂きました。
 
 子供達はいつものように練習を始め給水タイム、休憩を含め約3時間弱で終わりましたが
その間にボール拾い、グランドの石ころ拾い等マネージャー的な事と、
また1年生にも指示指導で忙しく動いて頂き大変ありがたかったですし、
子供達の日頃の部活動練習一部でも判って頂けたかな?と思います。

 少年少女、ジュニアサッカーの時と違って中学年代、
特に部活動やクラブチームになった途端に保護者の方の応援、ご協力が少なくなるのです。
 遠方試合の時、車出しをして頂くこともありますが、試合を見られずに朝夕の送り迎えだけで
帰られる方も多いです。

 保護者のお仕事上の関係や兄弟がいるとか家の問題等々あると思われます。
また原因の一つは子供から「うちだけだから来ないで!」とか
「恥ずかしい!」の声が出始めるのです。

 もう一つは先生や指導者(コーチ)が怖いのか、声掛けにくい話しづらいのか、当たりづらいのか?

 ひねくれた先生や指導者(コーチ)であればそれも致し方ないでしょう?が
出来れば今までジュニアサッカー時期にしてこられた様にほんの少しでも
お手伝いして頂ければ、どこの学校の先生でも指導者でも大変に助かるのです。
人出が足りません。


 もしボランティア精神旺盛な保護者の方がおられましたら該当する中学校部活に
気軽にお声をかけてお手伝いしてみてください。

 ただし、練習内容や指示等は口を挟まない事。

・・・が条件です。

それに困るのは先生や指導者(コーチ)だけでなく中学生も大変困ります。

 どんどん顔を出してお手伝いできる所から始めてください。
お手伝い仕事はたくさんありますから~!






 
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール