FC2ブログ
全記事表示リンク

部活動停止になりました!

 
清掃 / HIRAOKA,Yasunobu



今日は取り入れてる練習メニューのことを少しお話しようか・・・と思いましたが
急きょ部活動停止(部停)処分m(__)mになりましたのでそのことについてお知らせいたします。

 中学校、高校と色々な意味で部停ってあると思います。いじめ、暴力行為、万引き、喫煙、etc・・・重大処分から軽い処分までさまざまです。その処分方法は○○月間対外試合禁止とか
ボランティア活動とか。内容によって違いますよね。 私も未だかってわからないのですが、
この処分例は学校の過去の判例から決められるのでしょうか?どうなんでしょうね。

 今回は3年生2人の喫煙で部停になりました。
「中体連夏季大会前だから部停になって、みんなに迷惑かけるようなことはするなよ!」と
口すっぱく言っていた矢先でした。連帯責任でサッカー部全員が学校周辺と学校内の
1週間清掃奉仕活動です。

 2年生と何も知らない1年生も練習すらできませんしこちらも指導できません。
学校生活での問題なので生活指導の先生、担任の先生、そして顧問の先生の決定に
素直に従うしかありません。1週間は長いです!(>_<)
スポンサーサイト



テーマ : 部活
ジャンル : 学校・教育

期末試験中!です。 部活動は休みです。

 

教室 / 【J】
 


 今週は1学期期末試験前と後半から試験なので部活動はすべて試験休みになります。
私達の学生の頃は(遠い昔ですが)中間試験と期末試験、3学期は期末試験のみでしたが、
最近は期末試験のみという学校も多くなってきたようです。 

 問題はその試験休み期間中前後の約1週間、体を動かしているかどうかで試験休み明け
練習パフォーマンスが変わってきます。 体の動かし方、どうゆう事をすればいいかとか指示をして
試験休みにはいるのですが、それが わかるのが練習開始当日の紅白戦で判ります。

 キチンとこなしていたか、勉強ばかりして?体すら動かさなかったか、勉強を始め自己管理が多少
出来るようになると 試験勉強の合間の10分~15分、ストレス解消も含めてストレッチや少しの
筋トレができればモチベーションも上がります。 

 でもやはりボール蹴りたいだろうなぁ~、サッカーしたいだろうなぁ~っていつも思います。
しかし試験は学生の本業ですから逃げるわけにはいきません
(昔よく言われた事が今になってよく判ります)

本日の練習試合は中止になりました~!

  
Teenagers playing soccer in the rain / marlon.net


 本日、当校主催の練習試合は雨天中止になりました。 
各中学校顧問の先生に午前7時までに連絡して、それから生徒へ連絡網で回さないと
遠方の中学校は困りますので結構降っていた時点で中止としたのですが・・・・・

 午前9時を過ぎたあたりから天気が回復、グランド状態も水はけよく最高の状態・・・あや~ッ!
この判断って難しいんですよね~。 降水確率60%、まして雷注意報も出てたし中止の電話
入れた時、各中学校の先生方も「これだけ降れば仕方ないですよね~」って言ってもらったのに・・・

 1~2年前はまるっきり逆の事がありました。小雨決行で各中学校がグランドに集合、アップを
始めたころから雨が降り始め、だんだん強くなり、待っている間に雷も鳴りだすしまつ。
結局、来ていた3校とも何もせずに2時間後、中止となった事もあります。

 その数年前は当時保護者の方に役所勤めの方がおられて、雨雲の流れを
解析レーダーで見てもらいながら「あと30分前後でこの雨やみますよ」
「あと1時間くらいしたら雷雲がそちらの方角に」・・なんてやりとりした事もありました。

 最近は異常気象でいつドカ雨が降るか急に雷がなるかわからないし、すごく不安です。
特にグランドは何もないので急に雷がゴロゴロ鳴りだすと笛を吹いて退去させなきゃ
ならないですから、空を見上げての判断も勉強ですし指導者の仕事です。


 


中体連夏季大会終了

 
SPORT SOCCER WORLD / NaturalBlu



 先週末に中体連市内大会が終了しました。結果は残念ながらあと1勝すれば
地区大会へ進めましたが、力及ばず市内大会にて敗戦しました。

 やはり各中学校共、公式戦の新人戦や夏季大会に合わせてチームを最良状態に
作ってきますから指導者(コーチ)の指導も一段と熱が入ります。

 しかしそれでもグランド(ピッチ)には魔物がいて、今まで練習試合で勝っていたチームや
負けそうにないチームにコロっと敗れるってことや辛うじて1点差で勝った!・・なんて
しょっちゅうあります。 

 ここぞという時にやはりメンタル面の力は大きいので指導者にもメンタル強化は必要ですね。
そして試合で相手チームに押し込まれている時や、1点取られたあと指導者の気持ちが
揺れ動いては行けません。ブレなく動じない事が大切ですし、作戦や戦術、ポジションチェンジ、
選手交代ところころ気持ちが変わると中学生には慌てていることや落ち着かない事が
伝わってしまいます。

 ここまで育てたチームですから最後まで子供達をチームを信じましょう。
勝敗結果は自ずから付いてきます。

 

ロンドン五輪 サッカーの事

 
w00t! / coccodrillo

 


 「大金星!」「グラスゴーの奇跡!」「グラスゴーの歓喜!」「歴史的1勝!」
ロンドン五輪男子サッカー予選のスペイン戦で新聞各紙1面に書かれた表現です。

 優勝候補のスペインを1-0で勝利し、それ以上にあと2~3点は十分に取れた
試合内容ではなかったでしょうか。 
 実際に試合内容は前線からのプレスが組織的に機能しスペインにパスを通させない、
ボールをリターンさせる・・・強豪国相手に日本も十分に対応出来る証明の試合でした。

 今朝の新聞では「スペイン予選リーグ敗退!」

 予選リーグでも格下相手に負ければメイディアからはバッシングされる
非難・評価はすごいものです。 仮にこれが日本代表だったら・・・・
 監督、選手、etc・・・新聞・雑誌・討論等での内容はお察しの通りだと思います。
「・・・たら・・」「・・・れば・・」良く言われるタラレバ論争ですよね。

「ここであの選手を起用していたら!

「あの場面でのFKが決まっていれば!

 中学生の試合ではタラレバはいつもありうる事だらけです。
しかし私達指導者も部活動ではありますが、
今は原石でも将来を担う可能性のある選手を、
育てているという少なくとも自負はあります。

 「大金星」や「奇跡」とかの表現は今やキッズを育てておられる指導者から
中学・高校・大学・社会人・J関係にいたるまでの指導者にしてみれば
当てはまらない言葉・表現と思います。

今の日本サッカーはどこの強豪国と当たっても「勝ちにいくゲーム」をするチーム
だと思っていますし、「なでしこ」の活躍しかり、男子U-23も
必ず結果は残してくれると信じています。

 



検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール