FC2ブログ
全記事表示リンク

部活の専門分野を埋もれさす学校であってはならないのです!

 
Soccer Coach / skpy


 各中学校、部活指導の中で一番の悩みはやはり指導者(顧問・コーチ)の問題だと思います。
体育系・文化系を問わず専門の指導者がいるか、年度異動の問題、指導者の積極性・・・・他。

 公立中学校の場合、都道府県によって差はあると思いますが長くても7~8年。
短いと2~3年で異動の可能性はあります。

 中学校の場合専門分野、経験・実績が有無関係なく異動は付き物なのです。

極端な例が私の知っている中学校サッカー部の顧問の先生のケースです。

 S中学校に体育のN先生が赴任され、サッカー部顧問につかれました。
以前からの顧問の先生もいましたが経験なしのようだったみたいです。

 それまでサッカー部員数もままならない弱小チームでしたが学生時代にサッカーをされ、
経験豊富なN先生が就任されてから1年後にはメキメキ力をつけて、
さぁこれから!・・・という3年目に同じ市内のF中学校に臨時異動?されました。

 その後S中学校サッカー部顧問には経験なしの、以前からの顧問の先生と
一時、外部コーチもいたような気がしましたが・・・・不明です。

 残念ながらN先生は異動先のF中学校では部活指導は無かったようでした。

 そして1年後に「N先生が元のS中学校に戻る!」という内示の話を聞き、
4月の第1週目の練習試合にN先生共々S中学校と練習試合を・・・と
N先生に連絡をしましたが残念ながらS中学校に戻ってもサッカー部顧問ではなく、
別の部活顧問になるとの連絡を貰いました。

 「え~っ!何でですか~? 」

 N先生の専門が体育なので体育の先生は他の部活指導が出来る!・・・という事らしいです。

 結局はS中学校には以前からの顧問の先生と、これまた新たにサッカー経験なしの
若い女性顧問の2人と外部指導者(コーチ)1名の体制でスタートとなりました。

 専門教科の関係で学校間の異動は致し方ないのかもしれませんが、部活の専門分野においては
やはり専門に赴任された方が、子供(部員)や保護者にとっても喜ばしい事と思いますが。

 昨今、ただでさえ部活休部や廃止検討中の中学校が増えている中、
または先生の部活指導拒否等がある中で、専門分野の先生を埋もれさす学校のあり方等
問題の山積が出てきています。

 その中で色々な意味で外部指導者(コーチ)の地位も意外と低いものです。

今日は少しグチってしまいました。



 
スポンサーサイト



サッカー特待生決定!・・・しかし卒業まで決して気を緩めるな!

 
Soccer Player / Tobyotter



 昨日、部活練習終了後に中学校職員室内にて顧問の先生と
談笑中に3年生サッカー部員の担任の先生が来られて報告頂きました。

 「T君が私立○○高校に決定しました。本人と保護者から本日連絡がありましたので
  確認を取らせて頂いた上で先方の○○高校、サッカー部の顧問の方にも伝えております。」

 大変に嬉しく、有り難いことでコーチ(指導者)冥利につきます。

 完全なサッカー特待生として迎え入れて頂く訳ですが、当然特待生としての
高校サイドの入学試験及び面接もあります。

 特にT君については、別の高校からも特待生として受け入れたい申し出があって
高校顧問の先生が来校され、面談されておられました。

 それまではT君本人は頭も良く、偏差値も高いので地元サッカー強豪校の県立高校を
受験するつもりでいたようですが一転、サッカー環境の整った私立高校に決めたようです。

 もう1名、サッカー部員の中に県立高校のサッカー部顧問の先生から目を付けて頂き
「推薦入学でどうだろうか?」・・・という有り難いお言葉を頂いている部員がいるのですが、
チト推薦入学される限界の点数が足りないのと、仮に推薦入学させて頂いても
入学後の課外授業の多さと学力について行けるかどうか、担任の先生も憂慮されています。

 要は本人の今後のヤル気と努力次第なんでしょうが・・・・サッカーの場合、
個人個人の本人達のヤル気を起こさせるのは私自信、部員を約3年間
見てきている訳ですから「コーチ(指導者)マジック!」でなんとかなりそうなのですが・・・
・・ん~?コーチ(指導者)としては、学校・成績・推薦入学に
関する事には口出せる所ではないので対処は難しいですね。

 さて先ほどのT君に関しては、もうほぼ決まったようなもので今後中学卒業・高校入学までの
4~5ケ月間の間、問題を起こさない様、注意注視していかなければなりません。

 一番は日常生活態度が変わらないこと。服装や身なりが乱れたり、遊びまわったり等。
他の仲間は当然来年3月までは受験生ですから、決してジャマにならないよう。

 こうゆうのに引っかかったり、注意勧告を受けるといくら特待生であっても
中学校側から、もしくは高校側から取り消しされることはあります。
 
 事実、過去に授業料免除の私立高校特待生で決まっていたOBが「万引き」をしたために
中学校側から高校に報告が行き、残念ながら特待生取り消しになりました。
本人は特待生取り消しになっても、そこの高校でサッカーがしたく入学はしましたが
母子家庭だった保護者の方にとっては年間何十万も掛かる授業料負担が増える事になりました。

 別のOBも折角、県立高校推薦枠を受けられる手前で、いわゆる「まゆそり」をしたために
推薦枠の取り消しになりました。

 大げさな言い方かもしれませんが、ちょっとした心の緩みが人生を変えてしまったかもしれません。

今後、T君は高校特待生として正式に決まれば、中学校部活練習にも出てくるでしょう。
その時にT君にはコーチ(指導者)としての思いと、これからの注意点を人生の先輩として
伝えていこうと思っています。



 

2年生数名への愛のムチ?・・・も必要でしょう。

 
Portugal WM Training Gütersloh / schreiblockade



昨日の部活練習中、2年生だけを集めて怒り?叱り?イヤミ?・・・・注意かな? 
言ってしまいました。

 ここしばらく2年生の部活態度や学校生活態度が目立って悪く、
1年生に影響が出る前にシメておかないと同じように1年生がマネをし始めると困るので、
私なりの叱咤激励?です。

 その1つが部活終了約10分前に各種インターバル走を毎日、
種類を変えながらするのですが、その前まで1対1やシュート練習、ラインゴール等、
普段の普通の練習はするのに「走る」となると急にサボるヤツ 

 1周だけ走って、やれ股関節が痛いだの、足首が痛いだの、お腹が痛いだの
急にトイレに行く等々で休むヤツと大体同じ人間が多いです。

 チーム内にいませんか?

 普段あまりこーゆー事をしない部員だったら、判断して休ませたり等の対応はしますが
明らかに「コイツはいつものサボリだな!」と思ったら愛のムチをピシっと与え
あと1周余分に走らせます。

 次が宿題や課題提出をしてないための、居残りが多くなった事。
先生方に聞くとなぜかサッカー部が多い!・・・・以前のOBから多く、伝統か?
いやいや!そうゆう問題じゃない。

 クラスの他の人はしているのに、何で?・・・と問い詰めてみると
「昨日、塾の帰りが遅くなって・・・」 「ノートや教科書を学校に忘れて・・・」
極端なのが宿題や提出物、そのもの自体を忘れているふとどき者 

 最後に私が「何考えてるんだ?」と首かしげた課題。
顧問の先生が「試合や自分に勝つために努力をする12月の目標!」という事で
部員1人1人づつ用紙に書かせて部室に貼る!・・・という事をされました。

 これは非常に良い事で、毎日部室に入って練習前に見ることにより
「今日も頑張ろう!」という向上感を持たせる意味で大事なことです。
会社等にある社訓と同じ効果ですよね。

 その目標の中、2年生数名が「C・ロナウドより早く走る!」「フェルナンド・トーレスを超える!」
「セスク・ファブレカスよりパスセンスを上げる!」「プジョルを超える!」
「フッキみたいにフィジカルを強くする!」・・・・・等々他多数・・・

中学生年代、言いたい事が判らないでもないですが「12月のチームの、そのための個人の目標!」
であって、何故この場におよんでこんな事が上級生として書けるのか!と言いました。

 他の2年生や1年生のほとんどが「多くの突破する方法を身につける」
「正確なクロスを上げれる練習」「1対1に強くなる」「シュートを確実に決める」・・・
まともな、平平凡凡な回答でしょう。

 先ほどの上記の答えが悪いとは言いません。私も練習中に部員達にも
「自分が今、メッシになったつもりで仕掛けろ!」「シャビの気持ちでパスを出してみろ!」
と言って、部員の気持ちをのせる、高ぶらせる事はあります。

 目標というより明らかに理想を書いただけですぐ目の前の
12月の目標にはならない事を部員に言ったのです。

 再度、本日の部活時間まで自分なりの明確な目標を書いてくるように指示しました。

まともな事、書いてくれ~。


 

これからの練習は早い!簡単!温ったまる!ラインゴールがお勧めです。

 
winter soccer practice / woodleywonderworks


冬場の風雪や積雪する地方の部活って大変だろうな~って思います。
グランドは使えないだろうし、手や足がかじかんで野外ではとても
サッカーどころじゃないでしょうね。

 九州北部の福岡も年に数回は雪が積もりますが、とてもとても積雪と言えない
恥ずかしいくらいで高速道や都市高速がすぐストップ!します。

 寒くなってきて日暮れが早く、部活時間も無い時には全員が狭いコート内で
体を温める、動き回る、飽きないようにマーカー・コーンを使って2対2・1対1の
ラインゴールコートを数多く作ります。

 それも縦に長く、横が短い・また逆も作ります。(普通サイズも作りますがあまり人気なし!)
1対1では横2m×縦10m・・・体を当てて、ボールをキープして、
おしくらまんじゅう(もう死語かな?)みたいにゴリゴリ押し込んでいくサッカーや
横10m×縦5mの2対2でのワンタッチ・ツータッチ限定や右足のみ・左足のみだけのエリア等々。



 誰一人待たなくてもいいように10分~15分したら場所交代!を繰り返せば
終了時にはもう汗が

 結構部員は寒くてもハリキッて頑張ります。僅か1時間弱の練習時間でも
場の設定から全員がテキパキ動いて、スグに始められます。

 部員とのコミュニケーションを取るためにも
こうゆう時こそコーチ(指導者)も一緒にやりましょうよ。





 

練習時のコーン・マーカーは物じゃない! 人が立っていると思え!

 
Portugal WM Training Gütersloh / schreiblockade


 部活練習でコーン・マーカー等使用して練習している所も多いと思います。

 ドリブル・ダッシュ・スラローム・基礎練習等々・・・あらゆる練習に使えますが
このコーンやマーカーをコーチ(指導者)の方も、物としてお考えではないでしょうか?

 基礎練習の時、コーン2個を2m弱幅で立てて、一方がボールを投げて相手がコーンの左右に動き
左右インサイドキックからの基礎練習から始めるのですが、部員も理解していないのは
コーンの後で足を出して蹴る・トラップするのです。

 「このコーンが人だったら、今みたいなプレーしていたらどうなる?」・・・と聞きます。

 当然、コーン=人ですから、人の後ろから足だけ出してインサイドキックでボールを返す・・・
試合中のプレーでは絶対出来ませんし、ボールをカットされて奪われますよね。

 だったらコーンの横までキチンと動いてボールを蹴る・受ける・トラップするという
意識付けを教えないと単なる練習用という考えでは成長はないと思います。

 その時だけではダメです。毎回、毎回、口すっぱく言ってうるさいくらいに意識させましょう。

 マーカーも同じです。
スラローム練習やドリブル練習でも、マーカーを踏んだりコーンに当てたり・・・と。
相手チームや味方の人間だったら・・・・どうなっていたか?

「ドリブル練習のコーンは1個1個が全て人が立っていると思いなさい!
人(コーン)に取られないために、人(コーン)に当たらないようにするためには
どうすればうまく出来るか。まずはゆっくりでいいから確実に出来るように!」

という指示を出します。

 またゴール前PKマーク近くに、2m幅で縦に2個コーンを置いてシュート練習の時も同じです。
3~5m離れたサイドから1個目のコーンめがけて早いボールをパスし
それをトラップして1個目、2個目のコーン(人)をかわして即、ゴールへシュート!

 基本中の基本のシュート練習ですが、2個目のコーンをかわしての1歩・2歩目の
すぐのシュートはボールの置き所、蹴るタイミング、キーパーの位置、大人でも
難しい?練習ですが、これにもコーン(人)にボールを当てたり、
コーンに引っかかったりする部員が多いので、意識させてやらせましょう。

 ミニゲームやラインゴール形式等で使用する分には踏んだり、当たったりは仕方ないですが
それ以外での練習にはダラっとしないためにも、物を大事にする観点からも
そうゆう意識付けも大事な事をコーチ(指導者)としては教えてほしいと思います。






河川敷での試合は避ける場所が無い!・・・・これって怖い!です。

 
hells-gate-with-soccer-field / dandeluca


本日練習試合が中止になりました。

 昨日は当グランドで3校集まりB戦を含め夕方まで練習試合をしました。
期末試験明けで、また練習試合もほぼ1ケ月近くしていなかったので
コテンパン にヤラレました。

 その内の1校と本日また対戦予定で、今日こそは!と全員意気込んでいましたが
残念ながら明け方からの強い雨で中止となりました。

 「仕方ない! 今回はこれくらいで許しておこう! 」

 本日の練習試合は河川敷での予定でしたが、河川敷では雨を避ける場所がありません。
唯一、避けられる場所は河川敷上に国道が通っており、その下の橋脚横くらいしかなく
一番怖いのは、やはり雷雨になった時です。

 数年前の、丁度季節も11月下旬頃でした。
河川敷で練習試合の最中、その時は途中で遠くで雷鳴が鳴り始め
「もう少し大丈夫かなぁ~」と思いつつ、審判をしていました。
しばらくするといきなり、ピカッ と同時にド~ン・・・!
河川敷川対岸にある、国交省アンテナの避雷針に落ちたようでした。

 試合中を含め、全サッカー部員にホイッスルを吹いて全員橋脚下に避難!
それから「あられ」か「雹」がバシバシと地面をたたきつけ、
一部は地面に跳ね返って、避難した生徒に当たる始末。

 天候の急変で試合は中止としましたが、その後、一気に温度が下がり始め
雨にも濡れていたために体が冷えて、まして当サッカー部員が自転車で来ていたため
十数名が翌日風邪を引いた・・・という事がありました。

 これで何も避けるところがなかったら・・・と思うとゾッとしますよね。

それから、これを教訓に冬場の河川敷は風も冷たく寒いので極力、当グランドを
使用するようにしています。

 街中なので多少風が吹いても、あまり影響なく試合が進みますし、避難場所も
学校内に逃げる事も出来ます。

 河川敷は怖い!・・・・ お話でした。




銀行内にサッカー部を作ってしまった!・・・仕事の話し PartⅡ

 
Pitch of Dreams / Wha'ppen



 昨日、中学生と仕事のお話と言う記事にさせていただきました。
当サッカー部員に聞いても「公務員になる」「先生になりたい」「まだわからない」
・・・という答えしか返ってきませんでした。

 「じゃあ、何で公務員になりたいの?」 「先生になりたいの?」・・・・?

 明確な答えはなく「ただ良さそうだから」中には「安定しているから」という
今時の中学生の返答なのか、教わったのかわかりませんが鋭い返答でした。

 私は子供達にヒントを与えて、自分で考えようと言ってきました。
仕事の事、将来の事も一緒です。

 「じゃあ、君がしたい、やろうとしている仕事に、
               今やっている大好きなサッカーと結びつかないか?」

・・・?・・・・・・?・・・・?????・・・・・・・・

これだけでは子供達は理解できません。

「当然、サッカー選手や公認指導者(コーチ)もしくはJや世界で通用する国際審判員になる。」

「じゃあ公務員になろうと思うんだったら、例えばサッカーを誘致する部署や
サッカー場を作る、管理する建設課?公園課?管理課?」

「先生になるんだったら、当然サッカー部顧問や指導者を目指す。」

「旅行会社だったら、ヨーロッパサッカーツアーの専門者・・・当然語学勉強は大事だよな。」

「医者になるんだったらサッカー専門の外科医、歯科医、内科医・・・になる。」

「営業や物を売りたい、作りたいとかだったら、サッカー関係のメーカーとか、
スパイク・ユニフォーム、またはサッカー関係の薬や食品を専門に開発する技術者になる。」

「食事やレストラン関係だったら、サッカー選手が来るようなサッカー専門の食事を提供する。」

色々考えればサッカー関係と結びつく職業って、仕事ってあるものなんです。

要はそうするためにも、そうなりたいためにも、それに必要な勉強は必要だよ!・・という事。

 昨日、サッカー部OBが・・・というお話ですが、中学卒業して地元の商業高校に進学し
推薦で国立大学へ進みました。高校・大学とサッカー部で頑張ったようです。

 そして大学卒業間近に来てくれ、地元の地方銀行に就職が決まった事を報告に来てくれました。

「就職したらサッカーどうするんだ?」

「いやぁ~社会人チームに入ろうか、どうしようか迷っています。」との返事だったので

「じゃあ、就職が決まった銀行に社会人チーム作ったら?」・・・・の発言が彼の心に火をつけ
見事、この秋作ってしまいました。

 会社の中にそうゆう考えの人が多くいたようで、・・・一気に盛り上がり、会社の了解を得て
会社からも社会人チームとして援助してもらえるとか。

 極端な例かもしれませんが、意外と無い話しから大好きなサッカーへ話が
繋がるものなのです。

 だから子供達にも夢が、道が開けるような話をして、聞いて、希望を持たせてください。

今のままでは子供達がかわいそうです。










中学生と「将来なりたい仕事!」のことで話した事ありますか?

 
Urban Stereotype For CW / SmithGreg




 部活が期末試験中で休みのため、コーチ(指導者)も手持ち・・・
いや!足持ちぶたさでチト固いお話を・・・・しばらくお付き合いください。

 部活時間の中で雨でグランドが使用出来ない時や、少し練習や勉強に対して
モチベーションが下がってきた時に「将来どんな仕事をしたい、何になりたい?」と
部員全員に聞く事があります。

 これは「将来の夢は?」という聞き方では絵に描いた餅同様、何も努力しないで
単なる夢で終わったら困るので実際にしたい事、やりたい事を考えさせます。

 夢の実現!という点では以前記事にしましたが、野球のイチロー、サッカー日本代表
GK川島、インテル長友他・・・スポーツ選手の学生時代の努力した話しをしたり、
また有名人の努力・苦労した立身談を話したり・・・これも大事なことだと思います。

 ただ残念なことに今の中学生は夢もなければ、将来どうしたいという
考えも思いも持っていないのが現実です。
 せめて部活でスポーツしているのであれば「サッカー選手になりたい!」とか
「○○に絶対になる!」とか「△△をします!」とか・・・・

 家や保護者の職業がお医者さんだったり、商売をされて「後継ぎ(後継者)になる!」
という、「えらい!」・・な考えを持った中学生も少ないですね。

 ただこうゆう風に言える、考えるのは小学生や中学校1年生の途中までなんです。

 自分の信念を継続して持っていれば、途中でも諦めることはないのですが
中学生の大半が「なれそうにないから」「無理だ!とわかっているから」という
思考能力だけが先に出てしまい、TRYもせず、それだけで諦めてしまうのでしょう。

 それは我々、大人の責任でもある思います。

「夢のような事ばかり言って!」 「そんなの無理!無理!」 「あなたに出来る訳ないでしょ!」
「何でそんなくだらないことばかりするんだ!」 


 街中を通っていても小学生、中学生前後で同伴している保護者の会話から
ついつい聞こえる日常会話なのです。

 大人がこれから子供に芽生える芽を、勝手にもぎ取っているのです。

 ですから私は部員と「将来は?」と話す時には、まず具体的にどんな職業・仕事・何が・いつまで
・・・がしたいか考えてくるようにさせています。

 子供達は恥ずかしそうに、また笑われるんじゃないか?って思って話しますが
真剣に聞いてあげましょう。

 具体的なサッカー部OBの、事実、銀行マンがサッカー部を作る!・・・
となった話しを明日、記事にします。




高校入試に向けて「進路調査書」記入にコーチの微力をお貸しいたします。

 
Passed! / Mr Wabu


  昨日、引退した3年生保護者の方から電話を頂きました。

 内容は中学校に提出する「進路調査書」記入の件で、本人の性格や長・短所他、
部活での活躍等を記入して、高校入試のために担任の先生が資料として
内申書の記入項目に付け加えられる、いわば履歴書の「趣味・特技・賞罰」
項目みたいなものでしょう。

 ここ1~2年のサッカー部活躍状況を書きたいとの申し出だったので、
「昨年の市長旗杯が3位。今年が準優勝、昨年の中体連夏季大会地区大会出場!」・・・と
資料を見ながらお教えしました。

 保護者の方からすれば、少しでも高校入試の内申書評価UP!のためならば、
部活で活躍した試合等、書きたいのは親であれば当たり前の事ですよね。

 そうゆうご協力はやらせて頂くのもコーチ(指導者)の仕事・・・?・・かな?

 以前より「soccer通信」なるものを作成して練習試合から公式戦まで試合のコメントや
保護者の方にもコメントを書いていて、自分ながら「よく書いてたなぁ~」なんて、
引越しの際、アルバム整理していたら見入ってしまう時ように、しばらく眺めていました。(笑)

 最初に作成された、当時の顧問の先生から引き継いだのが2007年4月の第53号からで
早、5年半で今現在136号!、われながら凄いなぁ~なんて!(誰も言ってくれないので

 時にこう言った資料も役立つものです。

 3年生のサッカー部所属の各担任の先生方!
何卒、内申書評価点の方、コーチ(指導者)も頑張りました?から
コーチ(指導者)の分を含めよろしくお願いいたします。(笑)




 

 

 

HDビデオカメラで撮られた試合は中学生の試合でも細部にも迫力あり!

 
IMG_3777 / David Boyle in DC


 先週末に練習試合がなく、また大雨のため部活は室内練習とした記事を書きました。
約1時間筋トレメニュー中心に終わった後に、保護者の方が撮影された新人戦試合を
部員全員で鑑賞しました。

 最近購入されたと聞いたフルハイビジョンの小型でも「こんなにきれいなの?」と思うくらい
また望遠ズームでの撮影でもブレを起こさずに、綺麗なズームです。
顧問の先生担任のクラスにある大型テレビにビデオカメラと直接ケーブル1本で
つながって・・・・昔は色々配線が大変でしたけどね。

 試合当日のグランドが河川敷だったために土手からの撮影で、
その事がより判り易く、部員にも説明がしやすかったと思います。

 特にオフサイドポジションからの動き出しを待つタイミングのとり方や
相手DFの門(スペース)が出来た時のボールを出す場所、もらう場所と
スペースの確保や移動、動き出し等々のあらゆる事を想定して2~3の事例。

 また中盤でボールを奪われ、攻守の切り替え時の遅らせ方法やGKのポジショニング等々
1試合40分ゲームの撮影でしたが、スロー再生や何度も同じ場所からの巻き戻し等々・・・
なんだか日本代表ビデオを見ているような?錯覚が・・・

 保護者の方に価格を聞いても「これだったら部費でも買えるなぁ~」の声。

 今はメモリーカードに記録出来るのでどこでも、いつでも、時には別の中学校部活練習を
撮影させてもらう方法だってある。また部員の練習風景やボールの蹴り方、トラップ等を
チエックできる方法もある。

 使い勝手は様々ですが問題は、「おじさんには取説読むのめんどうだなぁ~!」



サッカー部員が「退部したい!」・・・・顧問先生と対応を考える。

 
Soccer Ball / Julian Carvajal



 数日前、2年生部員が1人「退部したい!」とサッカー部顧問の先生ではなく
担任の先生に言ったようです。

 担任の先生 ⇒ サッカー部顧問 ⇒ コーチ(指導者)・・・と伝わりました。

 彼(T君)は体も大きくキック力が高校生並みにあり、また足も早いので時にはFWとして
また危ない場面では、DFまで下がりゴール前を救ってくれた事も数多くありました。

 引退した3年生レギュラー陣の中で、唯一の2年生メンバーの1人で当時は
右サイドを駆け上がり、正確な早いクロスを上げたりで3年生からも信頼を得て
頑張っていましたが、その3年生引退後は部活を連絡なしに休んだり、
部活での練習もダラっと気合が入らないような練習をしていたので、
そのあたりは私がコーチ(指導者)として ダラっとした態度や行動が
他の2年生・1年生への影響を心配し、注意した事や叱った事も数回あります。

 他の部員は一生懸命に練習しているし、部活を黙って休んだり優柔不断な態度であれば
例え練習試合でもスターティングメンバーから外さなければなりません。

 T君としては「当然俺は試合に出れるんだ!」と思っていたでしょう。

 しかし練習試合でもレギュラーとしてではなく、サブメンバーからの出場。
部活を休んだりで仲間とのコミュニケーションも悪く、注意されたり、出来が悪かったり
ついには途中交代の途中交代となる始末。

 そうゆうのがT君本人の中に不満として段々と積み重なり、面白くない、楽しくない、
部活に出ても叱られる、試合に出してもらえない、意見が通らない・・・・
悪い方に悪い方に考えていくようになっていきます。

 今週は期末試験前のために話しが出来ず、期末試験明けに担任、顧問の先生と
再度話しの場を設けて話をするようです。

 今回のT君の「部活を辞めたい」は顧問の先生や私コーチ(指導者)なのか
部活が原因なのか、今現在はっきり理由がわかりません。

 ただ1つ考えられるのはT君本人の「甘え」からきているような気がします。

 もう何年もコーチ(指導者)をしていると1年生入部時以降から、1人1人見ていると
感じるものが出てきます。

 今回のT君の問題は一過性のものだと感じていますし、これを機会にひとつの殻を
破って進んでほしいものです。T君はサッカー部になくてはならない存在ですから。

 

 

学校内での室内練習って唯一、部活の特権?ですよね。

 
Soccer training / Håkan Dahlström


 本日K中学校で練習試合を行う予定だったのですが、K中学校サッカー部顧問の先生より
「サッカー部員が不祥事を起こし試合が出来なくなった!」という連絡が一昨日に入り、
そのために別の練習試合も組むことが出来ず、また当グランドも少年野球公式戦予定が入っており、
部活練習にも使えず、幸いに本日大雨のため室内練習としました。

 まずは3階~1階までの1周約250mをゆっくりしたジョグ程度の全員ランニングを3周。
その後5周のランニング、ウオーミングアップのストレッチ体操を、時間を掛けて念入りに行い、
いつものように廊下に紙テープを貼って各1年・2年と長めのラダートレーニング。

 1階~3階の階段を使って、1段ずつの階段ダッシュを5往復、1段飛ばしの階段ダッシュを
5往復後、ストレッチを入れて3分間の給水タイム。

 給水後、腹筋・腕立て・足上げ・背筋・スクワット等の自体重の負荷を活かし、
いわゆる筋トレに20分。

2人ひと組での柔軟ストレッチに時間を掛けて給水後に10月に行われた新人戦ビデオを
部員保護者の方が撮影して頂いたのを全員で見て、復習。

 そして午前中最後の筋トレ・20m廊下ダッシュ5往復、3階~1階を利用してのリレー・・・で
本日終了!・・・・・文章ではこんなものでしょうが、部員はヘロヘロになっていました。

 昔やった「うさぎ跳び」等まではしていませんが、かなり太ももと腰に
負荷を掛ける練習をしましたので終了後、全員足がカックン!カックン!

 まぁ明日から木曜日まで部活は期末試験休みに入りますので、
今日はこれくらいで許してあげよう

 考えると部活って休みの日、平日の雨の日でグランドが使えない時って
教室や廊下を使って室内練習出来る特権があるのですよね。・・・唯一、クラブチームとの差かな?


 

 


1ケ月もしないうちに、全員がこんなにボールが飛ぶとは予想外!・・・です。

 
Girls Varsity Soccer - Chenango Forks v Seton CC / jdanvers



 先月末に「ボールが飛ばない!」という事でボールを少し浮かせて・・・と記事にして
1ケ月も経ってないのですが、ほぼ全員が今まで以上に飛ぶようになってきました。

 私のブログに来て頂ける方で「背が小さくてボールが飛ばない」方や
体が大きくても蹴り方が判らない部員、ボールを蹴るのに体が前に突っ込んでしまう部員、
地面を蹴りそうでインステップではなく、インフロントキックしかしなかった部員、


 そうです!・・・コーチ(指導者)が言うのは変ですが? 全員蹴れるように、
飛ぶようになりました。

 最初2~3日はボール蹴れる部員、蹴れない部員とも興味と面白くボールが飛ぶので
夢中で、遊びくらいの気持ちでガンガン蹴って飛ばしていました。

 以前からボールを蹴れた部員はその後、その円筒状の紙筒「ボール飛ばし!」を外して、
「俺は以前からボールは蹴れるんだ!、飛ばせるんだ!」とエラそうに蹴っていましたが
まずは1ケ月間飛ばせるように!・・・の指示通りにしないため、また同じように
ボールの威力が落ちてきて・・・・

 指示通りにしていた部員の方がボールへの立ち足の位置、ボールインパクト時の蹴る位置、
ボール逆回転への対応・・・等々が良くなり今では外しても蹴れるようになりました。

 2年生で身長145cmくらいの背が小さく痩せた?部員でも最初は15m前後しか
蹴れなかったのに今では25~30mは蹴れるようになりました。
また1年生も覚えが早い、対応力がいいくらいです。

 今はロングボールを蹴る基礎練習でも最初の10~15球は「ボール飛ばし!」を使用し
慣れてから外してボールを蹴る!という方法で毎日練習しています。

 いずれ1~2ケ月後は「ボール飛ばし!」を完全に外して練習をしますが
予想外に早く、ボールを高く、また低いボールを蹴り分ける力がついてきたな~と
努力している部員に感謝!です。

                




試合中の温かい飲み物は選手も心が安らぎます。これも作戦上必要です。

 
Day 608 / 365 - Chilly house / xJason.Rogersx


 11月中旬を過ぎて今年も残すところ50日を切りました。
地元九州の高い山も冠雪したくらい、ここ2~3日は寒くなってきました。
まだまだ年内に公式戦・カップ戦・練習試合と数多く組んでいるチームが多いと思います。

 春~秋と汗ばむ季節には試合中や試合後、個人持参の大きな水筒で冷たい水で給水や
チームによっては10L~15Lの大型給水キーパーで氷の入った冷たい水や
スポーツ飲料を提供してきたチームも多いと思いますが

さて?・・・・これからの寒い冬場は給水での対策は何かされていますか?

 冬場でも暖かく試合で汗をかく時もあれば、逆に凍えるピッチでブルブル震える試合日って
必ずありますよね。

 個人持参の水筒はお茶や試合用のスポーツ飲料でもいいでしょうが
もしチームで大型給水キーパーが夏場だけしか活躍してないのであれば
冬場も冬眠?させず今冬からも活躍してもらいましょう。(笑)

 一番良いのは夏場と同じようにスポーツ飲料を水ではなく、お湯で溶かす事です。
グラグラ沸騰したお湯使用は、パッキン等傷めますから温度は60~70度程度でいいと思います。
その時に応じてお湯の温度調整は必要です。

 スポーツ飲料でなくても、例えば砂糖・ハチミツ・レモン果汁等を適量混ぜるとか、
夏場の麦茶パックの残りでもいいと思います。

 要は暖かく飲めるものであれば、中身にあまりこだわる必要はない時期です。

 あとは温かい飲み物を冷やさない工夫ですが、これはやはりあのプチプチシートが
一番でしょう。多少の破れや汚れも気にならないし、ホームセンターでも売っていますから
2重~3重にグルグル巻きにして必要時だけはずせば、ほぼ1日近くは温かいです。

 夏場と違って頻繁に飲みませんから15Lキーパー1個あれば
1日3試合あっても量は十分足りると思います。

 なぜ冬場の温かい給水か?・・・どうしても試合中は体が冷えて、ましてハーフタイム時には
寒くてもノドは渇いている、冷たいものはあまり飲みたくない(体が余計に冷える)
それよりも大人でもそうですがあの「わぁ~! 温かぁい~!ホっ 」とした
感覚が、部員本人もチームも温かい飲み物で和む・・・という大きなメリットがあります。

 もしこれがいつもの水や、ぬるいお茶だったら・・・・

 これは過去の経験上、特に試合直後のハーフタイム時に温かい飲み物で
体を温め、リラックスして部員の和む顔を見てきていますからよく判るのです。
ぜひともチームで取り入れてほしいものです。

 これからますます寒くなります。中学生でも寒いのです。
温かい飲み物で癒される大人の感覚を、試合で一生懸命に頑張っている部員にも
提供してあげてください。




そんな言い訳で部活休むなよ~! 部活を休む具体例。

 
dsc03239x / Benno Hansen


 部活を休む時の言い訳って聞いていると面白いのから、ハッキリうそ!だ・・・って
思わず笑いそうな言い訳など色々あります。

 体調不良・早退・忌引き等々緊急を要するものは別として休む理由の一つが
雨の日の室内トレーニング、試合日明けの月曜日のキツめの持久走日に
言ってくる部員です。

 雨の日の部活練習は誰でも憂鬱になります。まして室内での階段駆け上がりや
自分の体重を利用しての筋トレ、廊下でのラダーや短い距離のダッシュの繰り返し。

 試合日明けのグランドでの部活はL・S・D(Long・Slow ・Distance)
(部員の脈拍を測らせ、120~140回/分で長時間走らせています)や持久走中心に
練習しているためボールは使用しない日。

 こうゆう日に部員の言い訳休み?が多くなります。

具体例で
「今日、髪切りに行きます。」         ・・・・(別に今日じゃなくても試合のない日に行けよ!) 
「塾でテストがあるので早めに帰ります。」   ・・・・(同じ塾の部員は練習している?)
「家で用事があるので帰ります。」       ・・・・(具体的な内容は無し)

極端だったのはサッカー用ソックスを履かないと部活練習が出来ないので
「ソックス取りに帰ります」・・・・と言ってそのまま戻ってこないヤツ。

 あとは試合前日に「明日試合に行けないのは今日、言ってください。」と言って
確認しておきながら、翌朝「今日、家の用事があるので行けません。」と以前から分かってて
当日朝に連絡してくる部員。

 そして全てに共通して言えるのが、ウソだった事はあとで全てバレる!事です。

 その前に電話での言い方、また本人の伝え方がギコちなく「あ~?うそだなぁ~!」って
その時点で判る事です。

 練習や試合をサボって遊んでいたりしても、部員じゃなく同じクラスの子や
保護者の方から「あれ?部活休み?」と声を掛けられ、回り廻って耳に入ってくるのです。

 部員にいつも言うのは「つまらんウソ付いて部活休むくらいなら正々堂々と言って休め!
そっちの方が男らしいぞ!」

 私達、コーチ(外部指導者)も仕事があって指導に来れない日、遅れる日もあります。
前日から分かっている分には伝えますが、急遽クレームが出たり仕事や打ち合わせ等が
長引いたりした時には、電話で学校や顧問の先生に伝えるように心がけてます。

 ただ、1年に数回の嫁さんとデートの時は言いづらいですが・・・・
でも立派な理由ですから休ませてもらってます。

 どうだッ





持久走では走れるのに、試合では走れない!・・いや走らない!

 
In hot pursuit / Kelley Mari



 部活練習内の持久走や、例えば校内マラソン・駅伝大会等では
上位で走ってくるのに試合になると走れなくなる、いや走らない・・・って
コーチ(指導者)として、見ていて判ります。

 部活でもタイム設定して、例えば1周400mグランドを90秒×2周、
60秒のインターバル後、再度1周90秒×2周、そして30秒インターバル後に
1周90秒・・・とか部活終了10分前に持久走をしたりして走力でも90秒どころか
早い部員で75~85秒前後で走ってきたり、またクラス対抗マラソン大会や
駅伝大会の選手に選ばれたりと結構走れるはずなのですが、

 なぜか大好きなサッカー試合には走れなくなる・・・?  どうゆうこと?

走れるはずの部員に対してベンチから「上がれ~!」「下がって来い~!」の指示が常に出ています。
 
「あの時に右サイドが早めに上がって来ていれば、こぼれ球をシュート出来たのに!」

「左サイドが下がって相手8番に付いていれば崩されなかった!」

 後悔する事しきりです。(笑)

 特に両サイドは攻撃にディフェンスにと上がり下がりが多く、体力的にも
持久走で上位の走れる2年生をポジションとしているのですが、どうも自分で
上限を設けて「ここまでしか走れない!」・・・・と思っているようです。

 1つは持久走にしろマラソンにしろ、走り慣れた道であれば
自分で力の出し方タイムコントロールが出来る、またここまで走る!あと何Km・・という
目標と距離の設定が分かっているという事。

 仮に慣れない場所でも距離が設定されている事、また時計等で時間が分かる事。

 逆にサッカーの場合は1つは時間が分からない事。
競技場等、時計があればひとつの目安になるものがありますが、例えば前半残りがあとどれくらい?
後半残り時間は?・・・・ベンチに聞くわけにもいきません。(コーチが怒りそう?だから)
また気を利かせて審判に聞くのも勇気がいります。

 だからどれくらいの力で、どれくらいの時間で・・・っていうのが中学生ではまだ
理解とコントロールできないところでしょう。

 まぁ絶対に走り負けない自信と走力が付く練習をしていれば、余計な心配はしなくても
いいのですが、うまくマッチしないのがコーチ(指導者)として悩みの種です。




思いが詰まったスパイクは履けない!、捨てきれない!

 
These shoes were made for waiting / Marcus Hansson


 私が部活コーチ(指導者)になって十数年、毎年部員にやる気を起こさせる為に
言うことと実行することがあります。

 なかにはご批判の考えもあるでしょうが、ご察し頂きますようお願いいたします。

 毎年春、新1年生入部後にグランドに全員で輪になって、大きな声で挨拶と
簡単な自己紹介またはポジション、得意な事等10秒でも30秒でも話すようにしています。
 
 私自身も自己紹介をした後に必ず言うのが、
「県トレセンに合格したら、ご褒美としてコーチからスパイクをプレゼントします!」

 当然ながら入部したばかりの1年生は「おぅ~!」「やった~!」「よ~し!」
という歓喜?やる気?の雄たけび?が上がります。

 2年生~3年生は多少冷やかな目で見ますが、私自身の方針として
「努力をしない事には結果(ご褒美)は付いてこない」と言う事を教えたいのです。

 事実、過去数名が県トレセンまで進みスパイクをご褒美としてプレゼントしました。
以前でも2万円近くしたと思います。・・・・・

 何故このような事を始めたか、また記事にしたかをお話します。

 ここ数年努力している部員が少ないのも気がかりですが、
現高校2年生Y君が5年前に中学校部活に入部した頃でした。
Y君は小学校時代ジュニアチームでサッカーをしていて体格も大きい方でした。

 「俺はサッカーうまいんだ!」と多少鼻にかけて、天狗になっていたので
中学1年生時にとりあえず地区トレセンに出してみよう・・と顧問の先生了解で出してみました。

 ポジションはMF、案の定、うまい選手ばかりで特に試合形式の選考になると
緊張と失敗の繰り返しでことごとくボールをカットされ、奪われで、
また味方からもボールを出してもらえず、それに対して怒りだす始末。

 これにはショックだったようで、それからの努力は凄かったです。
部活後、帰宅して夕飯前に毎日約5Kmのランニングで下半身を鍛え、
夕飯後は当時キャプテンだった兄と、ボールを使っての練習と
兄、卒業後は1人黙々とドリブル、フェイント等練習していたようです。

 当然ながら当中学校を代表してトレセンに出しますから、サッカーだけでなく
日頃の勉強態度、試験結果、日常生活面を加味して全てのトレセン対象者を選びます。

 サッカーだけうまくても挨拶も出来ない、勉強の努力もしない、髪・服装・態度も悪い
・・・・では義務教育の中学校でOKであっても、高校~以降、大人になった時に彼らが困ります。
それを選ぶコーチ(指導者)も人格を見られますし、見透かされます。
「○○中学校はこんなの選んで出してきたか~!」・・・トレセン指導者方は案外思っていますよ。

 横道に逸れましたが、その結果Y君、サッカーだけでなく勉強も頑張り、
また全てにおいて謙虚に取り組むようになり、時には私とサッカーのポジション決めで
論争した事もあり(これは指導者として嬉しいことです)

 2年生時前期地区トレセン合格、そして3年生時前期に県トレセン合格!

 3年生中体連夏季大会後、各高校からの引き合いもありました。
現在Y君は熊本にある高校に特待生として頑張っています。

 先ほどのスパイクプレゼントの件、彼には県トレセン後、高校入学前の
3月下旬にプレゼントしました。

 後日保護者の方からお聞きしたところ、
「コーチの思いが詰まって履ききらん!」(履けない!)・・・と言っていたとの事でした。


 高校1年夏まで履けず、また今はボロボロになっているらしいですが
今度は逆に捨てきれない・・・・との事。

「お~い!前に進むんだったら、上を目指すんだったら思いだけではサッカーできないぞ~!」

「早く捨てろ~!」






テストの点が悪いのは部活のせいじゃない!・・・・その後が心配です。

  
Part IV [Tina] - 20/365 / StringsOfASoul



 学校によっては2学期制のところもあるかもしれませんが、
通常の3学期制の学校での話しとお考えください。

 毎年1年生で部活入部後に学校にも先生にも?十分慣れて、その上に勉強にも頑張り、
踏ん張りが効かなくなって「もう、これくらいでいいや!」・・・・と全てに甘え?が出始める
夏休み明け以降、2学期~3学期位の中間試験や期末試験、学年末試験、
その間にある学力試験等で段々と成績が下がり始め、終いには部活のせいで
「部活やめなさい~!」・・・と言われている保護者の方もおられるようです。

 この記事をお読みの部活保護者の方にお伝えしますが、こうゆう話はすぐ部活内で広まり
部員から学年内先生に広まり、また聞いた部員が各家庭で話していますから
すぐに広まります。あまり言われない方がいいかもしれません。・・・・本当のお話です。(笑)

 「A君、今度の期末試験で点数悪かったら(○○点以下だったら、という事もあり)
 お母さんから部活やめなさい!って言われているらしいよ。」・・とか。

 これが一般的に?部活内や先生内で聞かれる話しです。
本当は保護者の方は子供が進んで勉強するために、またやる気を起こさせるために
言われている子供向けの言葉だろうと思います。

 しかし、しかし、そのやる気を起こさせるための話から、いつの間にか
あれこれ尾が付き、ヒレが付き、時には羽までくっ付いて、
挙句の果てにとんでもない方角に話が行っている事がよくあります。

 以前部員から聞いたのは、全く逆の話で「A君、今度の期末試験で○○点以上だったら
○○のスパイク買ってもらえるんだって!」・・・・おいおい!どこから出た話しかよ!

 また時には保護者の悪口を言いふらす他の部員もいますよ。
「A君のお母さん、A君の成績が悪いのは○○塾の教え方が悪い!って言ってる。」

「だから今度の期末試験でA君の成績が悪かったら○○塾から△△塾に変わるって
 ○○塾の先生に言ってるらしい。」・・・・ホントかウソか。(笑)

 こうゆう話を平気で部活内外で子供達は発信しますから、お言葉には十分注意してください(笑)

 話が逸れてしまいましたが、それでも何らかの理由で部活を辞めていく部員はいます。
成績が下がったからという理由で部活を途中で辞めても成績が上がった・・・
という良い話はあまり聞いたことはありません。

 反対に部活を途中で辞めることにより素行が悪くなって夜遅くに遊びに行ったり、
友達関係が悪くなったりで中学3年時には、「こんなに変わってしまったのか~」と
こちらが心配する事があります。

 「辞めさせなければよかった、引きとめておけばよかった。」と後悔の念。

 せめて中学生時代には「部活やめなさぁ~い!」と言われても
多少の無理をしても部活は続けて貰いたいものです。 




高校スカウトご一行様、来校されました。!

 
chicharito being interviewed by mutv post-game / apasciuto


  一昨日、県内C高校サッカー部顧問の先生お二人が中学校に来校されました。
先日記事にしていた当中学校3年生部員T君と中学校に挨拶訪問です。

 今年第1号の高校側からの来校と言う事で 中学校側には校長・教頭・学年主任・担任
そして部活顧問の各先生方。そうそうたるメンバーで校長室でのお話です。

 お話説明前の校長室前廊下に待機していたT君の保護者であるお母さんは、
お話前から緊張気味で「コーチ!どうしましょう!」・・・

 どうしましょう!と言われても、どうしましょう?(笑)

 数分後、校長室の扉が開いて教頭・顧問の先生・高校の先生から
「コーチもよかったら同席を」とうれしいお言葉を頂きましたが
残念ながらコーチ(指導者)としては、学校進路問題なので以前から席を外させて頂いている旨を
中学校・高校側にお伝えし、了解して頂きました。

 中学校部活コーチ(指導者)といえど部外者、外部の人間ですからT君のサッカーに対して
高校や中学から回答や助言を求められても、話し過ぎて本人やご家族、また周りの方々に
ご迷惑をかける答弁をすると今までの事、全てが水の泡になります。

 ですからここは出しゃばらない方がいい!・・・という考え、これもコーチ(指導者)の仕事です。

 ただし以前お電話で話だけはさせていただきましたので、名刺交換はさせていただきました。
今週末にある選抜試合観戦にお見えになる、との事でそこでまたお会いする約束をしました。

 もし今回T君がC高校にお世話になれば、今後彼に続く後輩達のためにも高校の方針等
聞いておきたい事がコーチ(指導者)としてあります。

 今回、来校話の内容とすれば特待生(この場合はサッカー部か頭脳明晰の特進かは不明)としての
高校側受け入れ条件提示や質疑応答等だろうと予測がつきます。

 まだまだ1校目ですから焦る必要も無いし、じっくり考えてほしいものです。

私がコーチ(指導者)になりたての頃、以前から3年生には言っていた事があります。

【 「コーチ!・・実はA高校・B高校・C高校と来てほしいと
各高校からお呼びが掛かっているのですが、どこに行こうか迷っています。」
・・・くらい言ってみろよ~ 】

  ・・・・10数年立って現実味が増してきました。・・むふッ 

 


試合が少なくなった小学校6年生の部活参加が出来るか?

 
mini soccer / philipshannon


  この時期になると小学校6年生の公式戦や練習試合も少なくなり
5年生以下中心の新チーム主体で試合を組まれるジュニアチームが
多くなる頃だと思います。

 特に年内よりお正月過ぎて、また2月~3月となると、ほぼお別れ会や
ジュニアのOB戦等くらいの試合になるチームもあるかもしれません。

 クラブチームにジュニアユースがあって、在籍する分にはずっと練習出来るのでしょうが、
ジュニアまでのチームや上のジュニアユースチームに行かない子供達は
サッカーの試合が少ない・出来ないジレンマと、もどかしさで一杯でしょう。

 数年前の事ですが、当時中学2年生部員の弟達3~4名が新学期からサッカー部に入る!・・
という情報を部員保護者の方から聞いていました。

 それは2月くらいの話だったのですが、当時6年生弟達もサッカーがしたくて、したくて・・状態で
2年生の練習試合に金魚のふん同様、ボール持参で保護者にくっ付いて来ていました。

 その時に保護者のお母さんから
「コーチ!なんとか部活で見てもらえませんか?」・・えっ!  ドキっ!

「空いたグランドでミニゲームでもしていれば、弟たちは喜びますから放っておいてもいいです!」

 考えたら1月以降に試合等が少なくなり、いよいよ3月になって小学校卒業して
4月に中学校入学しても部活出来るのが4月も下旬近く。
部活の規律等に慣れるまでは、なかなかボールに触れなかったりと約4~5ケ月は
試合形式から離れる状態が続きます。

 また4月以降は各種大会やカップ戦・公式戦等で3年生中心の試合ばかりで
これまた1年生の練習試合どころではないかもしれません。
特に顧問の先生やコーチ(指導者)が数名いる所の部活であれば、
A戦担当・B戦や1年生担当で別れて試合ができるでしょうが、
そのように恵まれたチームは少ないと思います。

 うちは4月から練習試合でホームに来て頂くチームの顧問の先生に
「A戦の中に1年生だけの試合を見たいから10分でも15分でも入れていいですか?」と頼むと、
喜んで了解して頂くチームばかりですから4月の入部後の一発目から1年生の試合を組みます。

 一番大事なゴールデンエイジ終盤時の4~5・6ケ月は習得出来ないモッタイナイ時期ですよね。
これが全部の部活チームではないと思いますが、一部現状かと思います。

 それで先ほどの話の続きですが6年生部活参加の件、
まず顧問の先生、教頭先生、校長先生にお話しました。

 教頭先生・校長先生お二人共サッカーにご理解があり、またこれまでの指導評価?を頂きましたが
春休みまで参加を待ってもらう、春休みはOK!の許可を得ました。

 ただし今後も出来るかどうか、また学校によっては、また校長・教頭先生がダメっ!・・と言われると
どうしようもないです。
こうゆう時に役立つ?日頃から大事な人間関係を作っておきましょう。(笑)

 ただ練習中のケガや学校の行き帰りの事故等については、まだ正式な中学生になっていない、
部員ではないということで学校や指導者は責任は取らない、請求しない。
傷害保険は各自で加入して頂く。
・・・・という参加する子供の保護者の誓約書がなければ練習参加出来ない。
・・・趣旨の件を伝えました。

 保護者にはご理解頂き、弟君たちを含め7~8名が春休み期間中参加してくれ、
またケガも無く思いっきり当時の新2年生と毎日ミニゲームを楽しんでいました。

 その後、今日まで年の近い部員の弟君がいないので実施していませんが、
またいつか春休みのサッカー体験?という名目で、少しでも子供達が楽しんでサッカーをしてくれれば
サッカーの原石を少しでも早く磨くお手伝いが、コーチ(指導者)として出来れば最高です。



 

 

高校総体や選手権・大学で活躍した人材が部活現場指導に増えてきた!

 
IMG_3462 / cjnoof


 昨日は中学3年生の高校スカウトの件で記事にしましたが
今日は逆に来年中学校サッカー部に入部する小学6年生の件です。
 
 当地域は中学校部活と3~4のクラブチームがあり
それぞれが本人、保護者と同意の元にジュニアユースクラブチームへ、
また部活へと進む道を迷いながら決めていく、昔ながらの進み方です。

 近年、当地区サッカー状況は、部活公式戦中体連の各試合に
地区・県大会に優勝、準優勝はもとより、数年前の新人戦では
県大会ベスト4の1~3位を当地区で占めたくらいの部活レベルが高い地区です。

 そのレベルの高い中学校部活が地区各所に点在しているため
部活に進み、活躍している部員も多い状況です。

 ではなぜ近年部活のレベルが上がってきたか?

 1つは中学校の若い新しい新任の先生や講師やコーチ(指導者)の
サッカー実経験が部活現場で、活かされ始めてきた事です。
 すべてとはいえませんが当地区は部活に携わる先生方が
部活に熱心で部活拒否とか放棄とか、とても信じられません。(笑)

 思い当たるのは、5~8年前の高校サッカー選手権で
九州の高校チームが大活躍した時、長崎国見高校・鹿児島実業他・
当県では東福岡・筑陽・東海第五・・・他等々大勢の高校で活躍した選手たちが、
今度は新たに教職の現場で、ハイレベルなサッカーを教えている状況だと思います。

 もしかすると当地区だけ?なのかもしれませんが、ここ2~3年の間
「○○中学校のA先生は高校選手権に出て準優勝した時のレギュラーメンバー!」・・とか
「△△中学校B講師はT高校総監督の教え子!」とか
そうゆう先生や講師の方が多くなりました。
地域や地区のサッカーを盛り上げるためにも喜ばしい事です。

 そして最近その部活やジュニアユースチーム(JY)に入るために
下部のジュニアのチームとの連携も大切になりました。
 
 ジュニア・JYが一緒にあるクラブチームは別ですが、
ジュニアチームしかない所は、その地域の中学校部活に進む子も多いでしょうから
指導者同士が連携、連帯して同じコンセプトで教えていかないと
ジュニアではこう教わった、部活では別な教え方・・・では部員も戸惑うでしょうし
小さな迷いや戸惑いが指導者不信になっていきます。

 そんな事がないようにコーチ(指導者)も、初めての方を含め
ジュニアチームに顔出し、挨拶訪問をして見られては如何でしょう。

 あっ! その時に部活用の名刺は必要ですよ。
最近はパソコンで自分で作れますから、ぜひ作って常に持参してくださいね。


 ○○市立△△中学校サッカー部外部指導者コーチ  ・・・・先生は(サッカー部顧問)

   玉尾 蹴太郎   日本サッカー協会公認C級コーチ
              日本サッカー協会3級審判員

 学校住所   ・・・・・・・・・
 学校電話&FAX ・・・・・・・・
 携帯番号   ・・・・・・・・・





3年生体力が落ちた中でどれだけ高校スカウトにアピール出来るか?

 
IMG_1311 / cjnoof


  今週末の土日に3年生最後の地区トレセンU-15選抜大会があります。
2日間とも他地区トレセン選抜チームとのサッカー大会ですが、
3年生にとっては普段以上に気合が入る試合になるでしょう。

 毎年この選抜大会には、近県より各高校の顧問の先生や指導者の方が来られ
スカウト対象になる3年生をピックアップされています。
開催時期も11月でほぼ高校選手権が終わる頃で、また先般も記事にしましたが
11月から特待生優遇等の中学校訪問が出来るため恰好の試合となるからです。

 すでに各有名高校では1~2名の特待生候補は、ほぼ決定している時期ですが
高校はそれ以外で可能性のある、サッカープレーヤーの原石を探しています。

 当中学校3年生部員も2名が選抜研修生として参加させていただきますが
心配なのは夏季中体連後、体力が落ちている事です。

 選抜されたどこの中学校部員も同じでしょうが、その落ちた体力の中で
いかに自分をアピール出来るかが、選考の対象になるでしょう。

 当3年生部員は比較的部活練習には出てきていた方ですが、
やはり部活後に少し太り、反対に身長が急激に伸びました。
それが選抜試合にどう影響するかが心配です。

 1人はFW・1人はCBでそれぞれの特徴を持っています。

 FWのTA君はまず足がめっちゃ速い! 1対1だとほぼ相手DFを置き去りにします。(笑)
ですからTA君を捕まえるためにはDFが2~3人交互に付かなければ止められないかも?
各市内中学校の先生や指導者の方は試合時には「M中の10番は2名付く!」が合言葉?でした。

 CBのTU君はやはり足が速いのと、DFとしての読みと判断が良かったので
DFにしましたが、本来はMFのポジションが彼の定位置でしょう。
残念ながら当中学校に適正なDFが育たなかったので、やむなくTU君をCBとして使いました。
コーナーキックからのヘディングシュートの読みと破壊力・決定率は群を抜いていました。

 きっと高校に行ったら指導者の方からMFとして起用して頂きましょう。

 また二人とも持久力もありました。市内陸上大会では2人とも中長距離で
選ばれていました。サッカー練習試合等でも1日3~4試合しても体力落ちませんでした。

 先般の記事にも書きましたがTA君は2校ほど引き合いは来ています。
まだ彼はどこに行くかは決定していません。この選抜大会でまた別の高校から
お話があれば進路を悩む嬉しい報告となるでしょう。

 ここで見られる高校指導者の方もいらっしゃると思いますので
3年間コーチ(指導者)として、指導させて頂いた彼ら2人を先にアピールしておきます。(笑)




 

サッカー選手を作る前に人を成長させる事も指導です。

 
Soccer All Star Lionel Messi / Rafael Amado Deras
 


「サッカー部コーチ(外部指導者)です!」・・・と挨拶したり紹介されると
サッカーは全部知っている、知識がある、国内サッカーから海外サッカーまで
戦術から理論まで全て分かっている!(多少大げさですが)・・・と思われている
保護者の方や学校内の先生方等たくさんがおられます。(笑)

 
 また「サッカー部コーチ(外部指導者)です!」・・・と初対面挨拶の保護者の方々、
特にお母さん方は必ずと言っていいほど、何かホッ とした安心した表情をされます。
どうゆうホッとした笑顔なのか理由は判りませんが、顧問の先生より民間人?の方が
サッカーが専門だから?、ましてコーチ(指導者)だから?・・・・?

 そうゆう期待を込めてのホッ!・・・であれば残念ながら私は裏切っています。(笑)
私年代のサッカーは「キック&ダッシュ!」で走れ!、走れ!の時代でしたから
良い悪いは別に、まだその影響のサッカーもします。

 最近の皆さんのサッカーブログを見ていると、プロ・監督顔負けの戦術論や
ドイツブンデスリーガー・イングランドプレミアリーグ、リーガ・・・等々の選手個人の
得意技、性格、こんな事まで!・・・と、詳しい方がたくさんいて驚く事ばかりです。
 それも男性ばかりでなく、女性の方が多い事。感激しますね。

 私もサッカー部コーチ(外部指導者)になってすぐは指導!戦術!コーチングだ!・・・と
色々な考え方を持って接しよう、海外のサッカーも知って国内のJリーグプレーヤーの名前くらいは
せめて知っておかなければ中学生部員からバカにされそう・・・くらいの気持ちは十分ありました。
今でこそサッカー協会指導者講習ですが、私達は「準指」と言われていた時の講習です。

 しかし部活は、サッカーだけを教える!と思うとなかなかうまくはいきません。
特に中学生年代はサッカーを教える前に、
1人前の人間として成長すれば自分達も一緒に成長する。そしてサッカーも成長すると思っています。

 人の、サッカーの成長する過程の中に挨拶があり、整理整頓があり、チーム機能があり、
時に厳しく叱ったり、泣いたり、感動したり・・・成長の証しと思います。

 そしてサッカー選手へ・・・ゆくゆくは有名プレーヤーに・・・

 まだまだ部員と一緒に自分が成長する為には、自分も是日々勉強です。





 

中学生でフィールド・アスレチックが出来ない?

 
アスレチック / Kazutaka NAKANO


 本日、練習試合を組んでいなかったので部員全員で
中学校から自転車で20分くらい行った所にある公園で
クロスカントリーをするようにしました。

 朝、現地9:00集合! すぐにストレッチ体操をして体を温め
そのままブラジル体操で体をほぐした後に1周約700mの池の周りを
5周ランニングしてから、ラダー・マーカー・コーンを使用して1周100mの
サーキットトレーニング5往復で1クルー終了!

 水分補給で10分休憩後に2~1年生混成3名1チームを9チーム作り
50m先にコーンを遠近ランダムに置き、その上にマーカーを色違いに置いていく
チーム競争でお遊び! 当然、最下位3チームは罰ゲームあり~!

 その後場所を移動してフィールドアスレチック場に行き、ここもまた
チーム分けして要領を話して、いざスタート!・・・・

 ところが!・・ところが!・・・・なんと!・・・ナント!・・・・驚く事に
2年生部員2~3名が高所恐怖症?で木枠で段々に組んである木に登れない・・・?

 足がすくんで、約3mの高さで止まってる!・・・ウソだろ!
あいつボールも蹴れる、ドリブルもうまい!、他のスポーツも万能のはずだけど・・・?

 いるんです!・・・そうゆうのが!
どーしよーもなく高い所がコワイ!、だから教室3階の窓際がイヤなやつ!下が見えるから。

 仕方なくその2~3名はクロスカントリーのアップダウンを余分に走らせました。

笑っちゃいけないけど・・・・やっぱり笑っちゃいます。アイツがねぇ~ 

 その後は坂道あり、階段あり、のクロスカントリーで。みんなヘトヘト走りつかれていました。

「コーチ!は悪魔だぁ~」と言われた試合のない日の休日?でした。

 お疲れ様。明日は休養日です。







ボールってこんなに飛ぶんだ! 錯覚の練習法?・・・・その後!

 
kick it / loop_oh


 2~3日前に錯覚の練習法としてボールを紙質円筒の上に置いて・・・
という練習法を報告しました。

 数日間、仕事の関係で部活指導には行けませんでしたが、顧問の先生や
練習指示を頼んでいた2年生に昨夜電話をかけて聞くと、ボールが蹴れなかった1年生や
2年生数名が飛距離が伸び、ボールの回転も少なくなってきている・・・との事。

 そして逆足で蹴っていた2年生も、後は方向性と距離の強弱の問題くらいでしょう・・とも。

 1週間以内でボールが蹴れる結果が出てきているようですが、
30mm⇒10mmと高さを変えて来週から行う予定です。

 10mm高さにすると、まずはキック精度を上げる問題と
次にハイボールとローボールの蹴り分けに時間をたくさん掛ける予定です。

 また今まではインステップキックオンリーでしたから、
これからはインフロントキックも取り入れてボールを蹴れるように指導しましょう。

 最終的には前回お話しましたように、1ケ月先にボールをグランドに置いて
蹴れるようにするための練習なのです。

 数年前にも1度試したのですが、これも数名は結果は出ました。
今回、ほとんどの部員が良かったのはボールの進化か技術的なものか
部員のハートの問題か? 

 今日部活練習に行きますので確認してきましょう。楽しみです。




主審試合開始時のトスはコインかメダルか?・・・・審判の方!大事ですよ。

 
The Coin Toss / John Kratz



 まず最初に謝っておきます。ミミッチい事、記事にしてしまいました。 

 数年前、3級審判講習会時に当日お見えになったインストラクターの方から
こんな意地悪な?質問がありました。

 「今日審判講習会にお越しの審判員の方、試合及びPK戦、または公式戦延長開始時の
  キックオフ前にトスをしてエンドを決めますが、皆さんトスは何をお使いでしょうか?」

 ほとんどの方が自分で購入されたaddidas・puma等、他メーカーのメダルや
日本サッカー協会から送ってきたメダル等を使用していました。
コイントスに特別気にするようなことではなかったのですが・・・

 
  サッカー競技規則の「第8条プレーの開始および再開」進め方の中で
 試合及び延長戦開始時のキックオフ前の欄
  
   ● コインをトスし、勝ったチームが試合の前半に攻めるゴールを決める。

 ・・・・となっており、インストラクターの方いわく、

コインとなっています!」

「厳密にいえば、また競技規則に照らし合わせれば、皆さんが使用されているのはメダルであって
 コインではない。」・・・・失笑ですが、なるほど!

 ややブーイングが出て、「そこまで気にしなくていいでしょう!」との声も出ました。
事実メダルが出てくる前までの、昔のサッカーの試合はコインでのトスだったのでしょうから
そのまま引用されたようです。

 しかし実際にはFIFA公式戦で使用されたメダルがオークションに出されていますし、
日本サッカー協会からも数年前に「DREAM」のメダルが送られています。

 まぁ話題にするほどでもないのですが、もしお持ちであれば、手に入るようであれば
公式戦やカップ戦・練習試合でも本物のコインでトスをしてみてはどうですか?

 大きい物は重みがありますし、やはり厚みが全然違います。

 外国のコインであれば、トスの時に中学生でも見たがりますので
誇らしげにもなります。  (私だけ?)

 またご存じと思いますが、英国エリザベス女王コインの顔が数年ごとに変わっていますから
昔のコインは若いですし歴史を感じます。

 1度でいいから金貨でコイントスをやってみたい!・・・もったいないかなぁ~



検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール