FC2ブログ
全記事表示リンク

年内最後の部活練習と部室大掃除とOBの話しです。

 
The Kit Laundry Room / joncandy


 学校が明日から休みになるために、本日が年内最後の練習日となりました。
・・・ところが早朝から雨が激しくなっていて
グランドが使えず室内トレーニングとなる予定です。

 そしてその後、1年間お世話になった部室掃除をして今年の練習が終了します。

 ・・・・と、まるで自分がするような書き方をしましたが本日もコーチ(指導者)は
仕事のため、顧問の先生と部員全員にお願いしました。(笑)

 昨日、午前中に学校に用事があり、グランドを何気なく覗くと・・・? あれ?
高校3年生のOB3人が練習に来てくれていました。

 冬休み中の部活練習には顔を出すまい!・・と思っていたのですが
ついつい、グランドへ足を向けてしまいました。

 3人共高校は別ですが、福岡県ではかなりの強豪高校でサッカーをして
1人は高校プレミアリーグに出場している我が母校H高校でメンバーにも
選ばれ出場もしています。

 すでに高校選手権終了後に部活は引退し、大学の推薦入学や
専門学校への進路が決まったりで、また冬休みですから、
後輩の練習相手に来てくれたようです。

 まさに彼らが中学生時代前後1~2年がプラチナ世代で強かったですし、
1人1人個性が在りすぎました。

 私と練習試合中のピッチ上での起用方で大ゲンカしてみたり、キャプテンがダメだから
変えてくれ!とタンカきってくる者もいたし、そんな荒っぽい部員がいたからこそ
チームがまとまって来たような感じがしました。

 だからサッカーに関しては平日の部活練習にしろ、全員が緊張感があって
今考えると手を抜かなかったですね。1対1のゴール前シュート練習にしても、
相手を倒してまでシュートをしていました。

 練習最後のランニングは、グランド5周後は1周ずつ1位抜け!・・

という事を自分達で決めて、やってましたから走らされた
下級生はかわいそうでした。
中には20数周、毎日走らされる部員もいた結果があったからこそ、
その下級生が持久力は無茶苦茶付いてました。(笑)

 その下級生の現高校2年生が各高校でレギュラー張って頑張っています。

その懐かしい年代とも1月のOB戦で久々に会えそうで楽しみですが

最近コーチは涙腺がゆるくなっているので、会った瞬間、「おおっ!お前は!・・」

なんてことなりそうです。



 
スポンサーサイト



高校A特待生でも使ってもらえない!・・・・潰される、こわいお話です。

 
Soccer Game Hill School / Montgomery County Planning Commission


 先日、サッカー部OBの保護者の方とお話をしました。
電話に出られたOB保護者に1月のOB戦案内を話していましたが、
そのOBの現在の現状を話して頂きました。

 そのOB、高校2年生のY君は中学時代県トレセンに受かり、
県内高校から2校、県外高校1校から特待生としてお誘いを受けました。

 現在そのうちの1校で親元を離れ、寮生活をしながら頑張ってサッカーをしているのですが、
昨年入部後から監督である先生の選手起用方法に問題アリ!・・
と保護者の方が言われているようです。

 Y君は中学生の頃から体格も大きく、ずっとMFで頑張ってくれていたので
このまま筋トレやキチンとした食事管理等して頂ければ、品行方正で頭も良かったので
サッカー強豪高校でも十分通用する素質のある部員でした。

 それが入部後、一転してA特待生でもない、またそれほどまで技術があるとは思えない
部員がレギュラーになって、2年生になってもY君はベンチを温める事が多い状況らしいのです。

 その現状が今回の高校サッカー大会県大会での早々の敗退につながったようです。
過去までは県内ベスト4・5位以内には必ず入る高校だったようですから、
一気に起用方法での問題に膨れ上がったようです。

 入学時にY君をほしがっていた他の高校の監督さんも
Y君が行った高校の監督さんをよくご存じみたいで
「あそこにいったら潰されるかもしれないな~・・・と思っていた。」とか
「Y君の起用方法がまずいですよ。あれじゃ飼い殺しもいいとこだ!」と話をしておられたとか。

 適切なポジション、また起用方法については中学校と高校では違うと思いますし
また1人1人の監督、コーチの考え方ひとつで全てが変わっていきます。

 コンバートされて良い事や悪い事もたくさんあります。

 ただA特待生として、お誘いを受け入学・入部して1年生時は別にしても
その後は監督・コーチ(指導者)の指導者として、サッカー選手としての
資質の見分けはお分かりになるはずです。・・・としか言いようがありません。

 本人の努力の問題もあります。努力だけではかなわない、きれいごとを
言っておられない厳しいスポーツの勝負事の世界です。

 A特待生だから!とか、県トレに受かっていた!とか、大人の考えでは
その時点ではもうすでに過去の事ですから、そんな甘っちょろい考えは
いつまでも持たないように指導もしていかなければなりません。

 中学・高校年代の難しい時期には厳しい話しかもしれません。

 特にこれを読まれている保護者の方や高校進路を迷っている
中学生には、よくよく考えて自分の道を開いてください。



 

 

コーチ(指導者)は年末でも忙中閑あり・・・? サッカーしたい!

 
Zo komt ADO door de winter / FaceMePLS


 クリスマスを過ぎるとショーウインドー内も一気に年末・年始モードに突入する日々です。
冬休みの部活練習は顧問の先生にお任せしていますが、時々先生から判らない事での電話が
はいることもあります。

 そうゆう時に限って車の運転中だったり、得意先との商談中だったりと、
こちらとして電話に出られない時も多々あります。
しかし2度~3度と催促コールが鳴ると「何だろ?」と気になって
すぐ電話に出るようにしていますが、内容が急ぐ要件ではなかったり、
そんな事で電話?・・・と言いたくなる内容もありますが、慣れていない新米先生には
グっ!・・・と堪えて辛抱、辛抱・・と自分に言い聞かせています(笑)

 特に年末近くになると街中は車の渋滞や荷物の遅配等、世間がバタバタしているから
こちらまで吊られて、なにかドタバタしている状況の中にも忙中閑あり・・・

  「あ!冬休みの練習メニューに、これ入れとけばよかった~! 
  「1月の練習試合の予定は?、グランド空いてたっけ?」
  「アイツをDFから右サイドに上げてみようかな?」

 フト!、何気ない時に思いつく時があるので車の中には常にメモノートを入れていて
気付いた時に書くようにしています。
 本当は仕事用のメモ帳なのですが・・・というかサッカー用のメモみたいになっています。

 本当は部活練習を見ていたいのですが仕事ですから仕方ありません。
こうゆう時って民間人って暇無しだよなぁ~なんてゼイタク言っています。

 仕事が無い方、健康を害されている方等々から見れば、健康で働けてそれにもまして
サッカーも出来て・・・なんて幸せですよね。

 忙しい中にもサッカー指導出来る部員に感謝して、残されたあと数日の今年を
しっかりがんばりましょ。





サッカーではなく駅伝での高校からのお誘い?・・・それもアリ!ですね。

 
Media Maratón de Béjar 2008 / espinr


 先週末に交流サッカー大会があり1勝1敗の成績で
来年3月にある2次交流大会には2位パートリーグに進みます。
1試合目が新人戦県大会ベスト8のチームと当たり、なんとか1点は取りましたが
後半3点も入れられ惨敗でした。

 当中学校はインフルエンザやケガで休むレギュラー部員もいる中で、
よく3点で踏ん張ったなぁ~と思いました。

 前半は1-1で健闘したのですが、後半は完全に走り負けです!
試合後、相手チームの顧問の先生を知っているので走りの事をお聞きしたら

 「朝連は毎日5km走らせています。ほぼ360日、それだけです。」
「朝からボールを使わせていたら、片付けやグランドのトンボ掛けだけで時間が
終わってしまうので、ランニングだったら体ひとつで、いいですからね~」・・・と。

「そうしたら、走る事に目覚めて、卒業したOBは高校でサッカーじゃなく
陸上の長距離や駅伝に進む子が多くなっちゃって、またサッカー部員なのに
高校の陸上部からのお誘いが多くてね・・・・あははは!」

 なるほど! 理解できました。

スピードといい、持久力といい、他のチームより群を抜いていました。

 サッカーを活かしながら陸上長距離や駅伝に進む方向もありますよね。



 

 

「never give up!」・・コーチ(指導者)に求められるものです・・・が!


 最近週末になると必ず天気が悪くなります。
先週土曜日も雨で、その中で練習試合をして月曜日の部活には
風邪、インフルエンザで数名が学校欠席や早退。

 昨日も1~2年生全員でのマラソン大会やクラス対抗駅伝大会後に
気分が悪くなって「部活休みまぁ~す!」でまた2年生数名が欠席。

 明日、当中学校グランドで交流サッカー大会がありますが
過去10数年来、外部コーチ(指導者)をやってきて部活で初めて

       「give up!」  しそうです。

 レギュラー陣3名がインフルエンザでOUT! 家の用事で休むのが1名。
ケガで戦列を離れるのが1名の合計5名・・・それもすべて2年生!

 レギュラー11名の内3名が1年生なので、11-3 = 8名が2年生・・その中で5名OUT!

 1年生も同じように先週土曜日に練習試合をして、同じように今週も部活練習して
同じようにマラソン、駅伝して・・・・

 誰1人とも学校も部活も休んでいないのに

       どうゆう事? 
 サッカー部全部で2年生部員17名、1年生部員21名・・・・悩むなぁ~!

 どうゆう布陣でいこうかなぁ~? 
何せ対戦相手の1つが県大会ベスト8で地区大会準優勝チーム!
ただでさえ厳しい試合なのに、どれだけ踏ん張れるか!

 切羽詰まって明日にならないとポジションが思いつかないでしょう。

そう、私は追い込まれると強くなれるタイプのコーチ(指導者)です! あはっ!(笑)




部活バスでの事故!・・・重すぎる!・・・判決が出ました。

 
Socceroos Team Bus / AsianFC


 今朝の福岡地方版の朝刊3面で大きく記載されていました。
今、一番問題になっている車出しの件で昨日、福岡高裁で判決が出ました。

 昨年7月、県高校野球大会開会式後に学校に戻る途中、野球部のマイクロバスが
高速道路で大型トラックに追突し1人が死亡、6人がケガをした事故でした。

 運転していたのが部員の父親で、死亡したのが助手席にいた野球部の監督さん。

 居眠りが原因での、自動車運転過失致死傷の罪に問われていた被告に出された判決内容が
地裁の1審の量刑は「罰金100万円(求刑禁錮2年6月)」が軽過ぎて不当として破棄し、
高裁が「禁錮2年6月、執行猶予3年」を言い渡した。となっています。

 1審判決は「学校に戻って練習が予定されており被告本人も休息を取りにくい状況にあり
被告1人を責めることはできない。」とした上に、禁錮刑になれば被告職業である自衛官を
失職するという事情も考慮して罰金刑にしたが、検察側が控訴していた・・・ようです。

 子供のため、みんなのためと思い善意で運転された上の事故で、そして禁錮刑に失職!

 昨日の高裁判決状況の記事だけですが、この内容を見る限りには指導者として保護者として、
また1人の人間として1審の地裁判決を支持したいですね。

 何故それをわざわざ、重い判決に覆さなければならないのか?・・・不思議です。

 実は以前からもこういった問題があったのですが、この事故以降、高校、中学の部活を始め
子供達のスポーツ活動での遠征や試合で保護者の方の車出し問題が大きくなりました。

 当部活でも保護者報告会時に「ここまでくらいの距離だったら、なんとか1台に運転保護者
2人同乗で相乗り協力して頂き、それ以上の距離になったらバスの手配」ということにしていますが、
以前参加していた県リーグの試合に1日1試合出場のために遠方になった場合、
バス1台チャーターして運転手付きで安くて4万円弱。

 部員全員から1人当たりバス代として2千円徴収しても、試合に出られない部員もいます。
それが数年前まであったので、その後県リーグを辞退しました。

 公式戦の重要な大会、カップ戦、地区大会、県大会出場以外には、とても学校や部費から
毎回補助出来る台所事情ではありません。

 試合には出してあげたい!遠方に行って強豪と試合をさせてあげたい!

コーチ(指導者)、保護者、みんなの思いですし、いつまでも結論の出ない事案でもあります。

 しかし出された判決結果を受け止めなけらばなりません。



 




 

サッカー部練習メニューって?・・・Simple is the best!が一番です。

 
mini soccer / philipshannon


 タイトルに目が行くような、ワザとらしい題名ですが
最近私のブログに来て頂く方のキーワードの多くが

「サッカー練習メニュー」・「冬季練習メニュー」・「部活練習」
あるいは以前記事にしました「雨の日の廊下での練習」
「室内練習」等々で検索されブログにお見えになります。

 コーチ(指導者)の方の多くが色々な練習メニューをお考えだと思います。
また、ネットのユーチーブでも市販のDVDでもたくさんの練習メニューがあって
どれにしようか?、この練習メニューは良さそうだ!、取り入れよう!

 そう考えると私みたいな頭が悪い、覚えきれない人間にとっては
苦痛になってくる時ってあるのです。

 時にはT-M-Tにつながらない、反映しない練習メニューを入れてしまい、
「あれ?ここにこの練習入れたら、部員は分からんだろうなぁ~」
「何かせっかく繋がってた、盛り上がってた練習が途切れてシラけたなぁ~」
なんて過去頻繁にありました。

 simple is the best!

結果が大事なことであって、難しい事は一切なし!・・・が練習メニューです。

 あくまでもサッカーをするのは部員ですから、サッカー協会公認指導者講習会に
ご出席の方はよくお分かりだと思いますが、与えられた課題を子供達に指導し、
練習メニューを盛り上げなければならないのです。

 それで特に冬場は時間もありません。日が落ちるのも早いです。
待ち時間がないような心がけた練習メニューが必要です。

 時間がない!、盛り上がる、待ち時間がない!・・ゲーム主体で良いのではないですか。

1対1・2対2・3対3・・・・あちこちにマーカーとコーンを使って、広さを変えて
ミニゲーム主体の練習でいいと思いますよ。

 その中で、体の向き、キープの仕方、パスの方向性、攻守の切り替え・・etcを
教えていく方が実践形式ですから、部員にも、す~っと入りやすいと思います。
 
 5~10分程度で場所とメンバーやチームを変えるとかすれば、盛り上がりますし
部員もゲーム主体だったら、早めに部活に出てきます(笑)


 




 

冬休み部活練習とOB戦と豚汁会・初練習の計画を早急に!・・その前に。

 
Line up / Spencer Jarvis


 もう街中は、あちこちからchristmas songが・・・
あと3日もすると終業式で冬休みに入ります。

 私達、一般の部活コーチ(外部指導者)は学校が長期休みになると
午前中の部活練習に就いて指導する事はなかなか容易ではありません。

 特に年末は年末の挨拶回り等、仕事上でもまた街中の混雑からでも、
夕方の部活練習に最近はこと欠きます。

 それでも部員は毎日練習を行いますので、毎年恒例の「冬休み部活練習メニュー」
なるものを作成し部員全員にコピーして配布、そのメニューの説明と具体的な
指示を終業式日の部活練習後に行います。

 冬休み期間中の部活の良い所は毎日グランドでの練習が2~3時間行え、
特に10月の新人戦以降、部活終了時間が早くなって、また暗くなるのが早いため、
普段平日の部活時間内に試合形式の紅白戦やミニゲーム等が出来ないというジレンマがあります。

 それをこの2週間に徹底的に行うため、普段の練習メニュープラス、30分試合×4本。
毎年、1年生でレギュラーに入ってくる部員は「もう!ダメ!キツい!走れない~!」で
最初はネを上げますが、3~4日もすると慣れて2年生にしっかり付いてきます。

 それと寒いので部員全員が出来るよう、ミニゲームを含むゲーム形式を多く取り入れて
練習メニューを組みます。

 そして恒例のOB戦と初練習を兼ねて、来年は1月4日に行います。
保護者参加型でお昼は全員で、豚汁会みたいな食事会となります。
総勢80名前後で、昔の話や今の部員の状況やいろいろな角度でOB達も見てくれます。

 案外こうゆう機会に保護者の方も出てきやすい様で、皆さん仲良く楽しくされています。
昨今のネットでも、やれ部活保護者会に出たくも無いのに!・・・とか、こうゆう出ごと、
催しに消極的、不平不満を言われる方もたくさんおられます。

 しかし、まずは騙された!と思って積極的に1度だけでも出られてはいかがでしょう?
「なんか、思っていた、感じていたものと違う!」と思われる方が多いと思います。

 自分の殻に閉じこまっていないで、積極的に参加される事をお勧めいたします。

 しかし、しかしその前の今週末に公式戦である地域交流サッカー大会があります。
当中学校も会場校になっているので、公式戦用にコートを引かなければなりません。

 普段当中学校ホームグランドでの練習試合では少年野球の練習の関係で、
グランドの縦が短い長さ92mで練習試合をするのですが、公式戦のため
また少年野球も練習が休みのため縦100m長さで行います。

 年に2~3回このグランドで公式戦をする程度なので、毎回地面に埋め込んだ
マーカーを探すのが一苦労なのです。

 コーナーの四角が分かれば楽ですが、トンボやスコップを持ちこんで
部員はまるで畑仕事をしているかのように、あちこち耕します(笑)

 毎年恒例の冬休み公式試合の直前リポートでした。



 

部員から保護者へ、連絡は伝わっていますか?・・子供は隠したがります。

 
Over the line? / diongillard


 時々、保護者の方から電話連絡が入ります。
「○月○日は試合は無いんでしょうか?」「試合予定表は配布されました?」
「試合時間が分からなかったので電話しました。」「冬休みの部活は?」

 だいたい見当がつきます。

 今現在分かっている今後1~2ケ月先の試合予定表や配布物を保護者に渡していないのです。
その配布物には保護者への車出しのお願いや、OB会・保護者懇親会等々の
予定を一緒に渡しているのですが、それも見せていない部員が必ず数名はいます。

 理由は保護者のお父さん、お母さんに子供としてはあまり部活催しに
関わってほしくないからです。
時には練習試合をも「見に来ないで!」中には「見に来るな!」と脅迫まがい?な
言い方をする部員も過去にいました。

 高校年代になると考えも大人になって来ますが、まだ中学生は
反抗期と、もう親と一緒に行動したくない!という恥ずかしさから
親離れをエラそうに?したがるのです。

 コーチ(指導者)からしてみると大そうな事ではないかもしれませんが
保護者や子供からしてみると、これまた大変なことなのです。
こんな小さなことから親子ゲンカになり、はたまたお家騒動?にまで発展するかもしれません(笑)

 仮に保護者の方からこんなご相談があったら、配布物の確認とその対応をしてから後
まずは部員(子供)を叱らず何事も話を聞いてあげましょう。

 「おい!○○君、この前渡した試合予定表さぁ。家の人に見せたか?」
本人「ヤバっ!なんか言われる!」と思って身構えするかもしれませんが
そこは柔らかく、甘くして話を聞き出してください。

 そして保護者の方が君の事で心配してくれてる事、
お父さん、お母さんが一生懸命に汗して働いて
高価なボールや靴を買って応援してくれている事。

 ご自分の経験談でも聞いたお話でもいいと思います。
部員を、人をジ~ン!と感動させるような話を1つ2つ持ちましょう。

 そしてそうゆう話を保護者の方にも「彼にはこんな話をしましたよ!」と
伝えましょう。

 それで部員(子供)の気持ち、態度に変化が現れれば大成功ですし
保護者からも熱い信頼を得るかも?・・・しれません。

 ただ親子関係が優先です。OVER LINE 一線を越えないように!

 時にはガミガミ怒る、叱るコーチ(指導者)よりも優しさ、温かさの必要な時が
この年代だろうと思います。

 

 

今、小雨が降っていて翌日が試合の時、小雨の中のライン引き方法って?

 
Last Minute Line Painting / joncandy


 最近の天気予報って微妙な食い違いがある時や
腹立たしいくらい 外れてしまう時もありますが
それでもアメダス予報の正確性が増してきたか、結構頼りにしています。

 そんな中まさに明日、当ホームグランドでの練習試合があるのに
小雨でラインが引けない!、このまま小雨でも引いてしまうと消えてしまう可能性大!
・・しかし今日少しでも引いておかないと明日試合が行われる場合、
試合時間までには間に合うけど、1試合目がウチの試合なのに
ウォーミングアップの時間が無い!・・・・

・・・・なんて、どこでも良くある試合前日の光景です。

 夏場だったら朝早くても明るいし、涼しいし、それでも構わないのですが
冬場の福岡の日の出時間が朝の7時過ぎなので、それ以降でないと明るくならない! まして寒い!

 そんな中でのライン引きってツラいです。

 今日は小雨でこれ以上は本降りしないだろう!・・・と予測を立てた時は
ライン引き自体は諦めて翌日に行います。 では今日は何もしないで帰るの?

 いえいえ、サッカーコートの隅々の角にライン用パウダータンカルを
量にして手のひら一杯くらいを山型に積み、足で良いですから固めておくのです。
 
 ペナ・ゴールエリア、ハーフライン等などの、しいて言えば90°に曲がるライン、
またラインの引き始める場所の、ほぼすべての所において固めていけば、多少は雨で流れても
よほどザァザァと大雨にならない限り、翌日朝まではなんとか残っています。

 翌日残っていればしめたもの!
後はその目印に向かってラインカーでラインを引くだけの簡単作業。

 これに慣れた部員であれば、ラインカー1台で30分前後もあれば十分に間に合います。

 正式な公式戦であれば、メジャー等で正確に当てていく必要はありますが
今まであまり大きく食い違った事はありませんでした。

 今までこんな経験をされて何度も泣かされた?コーチ(指導者)の方は
よかったらどうぞお試しください。

 しかし、グランドの水はけが良い事に越したことはありません。
雨が上がったら水もスーッと引いて行くようなグランドに限ります。

 いつまでも水たまりが残るようなグランドでは試した事がありませんので

          あしからず!




乳酸菌ヨーグルトが風邪やインフルエンザ予防に良い!・・知らなかった!

 
Face masks / kimubert


 寒い時期になると必ず1~2人が風邪で学校や部活を休みます。
1つのピークは急に寒くなり始めの12月、次が1月中旬以降の本格的な
寒さが訪れた時、最後は暖かくなり始めの3月前後。

 風邪だけなら良いのですが、急速にインフルエンザが広がり始め
また毎年、TVや報道で紹介される鳥インフルエンザから新種ウィルスが
変化・発生して猛威をふるってもおかしくない情勢だと思います。

 特に部活の屋外競技は汗をかいた後、タオル等で汗を拭かずに、
そのままの状態で冷たい風に当たったり、また雨で部活が室内練習に変わって
汗をかいた後、体を冷やすために廊下の窓を開けて冷たい風に当たりたがります。

 本当は夏の暑い時以上に冬場の練習時にはタオルが必要なのです。
 
 今朝、いつものようにPCを開いて見ていたら最近の乳酸菌ヨーグルトって
スゴい機能を持った種類が増えたようですね。

 やれプラズマ乳酸菌とかリスクと戦う乳酸菌とか強さ引き出す乳酸菌とか
まるでTVの「○○レンジャー戦闘隊!」みたなヨーグルトばかりです(笑)

 どうしても我々、おじさん連中は乳酸菌やヨーグルトからのイメージは
「お腹の調子を良くしてくれる」とか「腸内環境を良くして便秘にいい」とかの
発想しか持ち合わせていませんでした。

 よくよく読むと何千種類もある乳酸菌の中でラクトバチルス菌・LGG菌・LG21菌等を含む
ヨーグルトは風邪やインフルエンザほか、様々なリスクを低減させることで話題になっているとの事。

 健康志向からヨーグルト市場は好調に売り上げ推移して、特に最近は飲むヨーグルトの
売上の伸び率が200%以上と驚異的に伸びているみたいです。

 そういえば最近のコンビニにもヨーグルト売り場って種類が多くなりました。
気軽に買えて飲めるってことですよね。

 日本にも古来から漬物、味噌、最近は韓国キムチ等が乳酸菌が多く
含まれていますからどちらをメインにするかは別にプラスアルファで
冬場は多く取り入れるべきでしょう。

 ただしあくまでも上記に記載した事は予防対策の一環ですし
急に飲んだり食べたりして即効果が表れるものではありません。

 しかし今のうちから乳酸菌を多く取り入れることにより、
1月くらいからの部活練習や試合続きの時、休まずに出れる体作りは
十分できると思います。

 食事や乳酸菌を取り入れる事も大事ですが、必ず近くにタオルを置いておき、
汗をかいたら、こまめに意識して汗をふく!

 ・・・部員に体調管理を自分で意識させるためにも実行させましょう。
そのためには保護者の協力も大事ですから、連絡網や文章にタオル持参の
要項を示して協力して頂きましょう。

 そしてまずはコーチ(指導者)の方が風邪を引かないように細心の注意を払い
タオル持参での実行を示す事です。


 

キャプテンのお父さんが亡くなられ・・サポーターを失った痛恨の思いです。

 
Tree near soccer field / A P B


 昨日、部活顧問の先生からメールが入り
「3年生Tキャプテンのお父さんが亡くなられたそうです。
今朝、学校に連絡がありました。」

 !・・・一瞬、「なんで?」・・・・それ以上の言葉が見つかりませんでした。

 以前からガンで療養中というのは聞いていました。
大きな大会や今夏中体連にも、いつもご夫婦で応援に来て頂き、
また懇親会にもいつもお2人顔を出してもらったり、
またこの1ケ月前にも学校近くを歩いておられるのを見ていました。

 病状は良くなってきているとも聞いていましたし、良かったな!~なんて
私自信が喜んでいたばかりだったのに。
お母さんの献身的な看護も空しく、ここ3~4日の間に容態が急変したとのことでした。
まだ50歳前後の若さです。

 Tキャプテンは男ばかり3兄弟の真ん中で、3年生ですから受験生の宿命でもあります。
まだ、お父さんが亡くなったという、本人達の実感がわいてこないと思います。

 また気がかりなのは、Tキャプテンは評価点・偏差値の高さ・また頭が良いだけでなく、
性格的な良さも学校から評価されていただけに
今後の受験時期にかけての影響が一番心配されます。

 残念なことに、本当に今は何も彼のお役には立てそうにもありません。

 部員が落ち込んだり、何かやらかしたり、なんかおかしいいな?と思ったら
「おい!サッカーやろうぜ!」・・・が私の部員への合言葉みたいなものでした。
たとえOBでも街中で見かけたら、車の中から「おい!サッカーしに来いよ!」

  や  が  に変わってくれればサッカーだけでなく、
少しだけ人生経験を積んでいる先輩として、私なりの精一杯の愛情表現です。

 サッカーには人を楽しくさせる、勇気を出させる、それだけの力があると思うのです。

 ただ残念ながら、今彼にその言葉か掛けられません。

 本日、学校の先生方と通夜に参列させていただきます。
Tキャプテンご家族も辛いでしょうが、1人のサポーターを亡くしたコーチ(指導者)としても
しばらくは辛い日々になりそうです。

 お父さん、あなたの息子がキャプテンとして責任と任務をもとに教えてくれた後輩達が
グランドで、あなたの息子と同じように一生懸命ボールを追っかけています。
 どうぞ、いつものように、ゴール近くのあの木の下で、木陰に座って今後も応援して頂けますか?
あの木陰はいつものように椅子をおいて空けておきます。
                              ・・・・・合掌・・・・
                         

 

 






「サッカーがウマくなりたかったら2人のライバルを作れ!」・・・と言います。

 
Two Soccer Players Heading Into The Gym After A Game. / EaglebrookSchool


 部員にはたくさんの言葉で、気持ちの、士気の高揚(モチベーション)を
しておられるコーチ(指導者)の方もおられると思います。

 特に試合等には絶対に必要ですし、ベンチ全体がモチベーションが上がらないと
結果が悪くなる事ってあります。

 では、普段の部活練習等ではどうゆう風にしてチームの、部員の、個人の
モチベーション上げられていますか?

 部員を褒めてモチベーションを上げておられる事もあるでしょう。
大人でもそうですが褒められると嬉しいものです。

 「おっ!いいね~今のナイスプレー!」「Good! いいよ~出来るじゃん!」
「キーパー!ありがとう! ナイスセーブ!」・・・・・

 こうゆう風に褒めてモチベーションを上げる方法と、私は「ライバルを2人作れ!」
ということで、部員の、個人のモチベーションが上がるように言っています。

 部員達の、子供達の中では「アイツはサッカー、ウマいからな~」
「メッチャ!足早いからな~」「アイツは駅伝に選ばれてるもんな~」・・・他。

 どう見ても自分と比較して、それに秀でている部分しか見ない傾向があります。
(大人もでしょうが。)

 じゃあ、アイツに出来て、自分に出来ないもの、反対にアイツが出来なくて自分の方が
ウマいと思っているもの、それを取り上げさせてはいかがでしょう?

 具体的には
「アイツは足は早いけど、持久走は俺の方が得意!」
「ドリブルはウマいけど、ボールキープは断然、俺の方がウマい!」
「サッカーはウマいけど、試合中の声は俺の方が大きく指示もしている!」・・・

たくさん出てくると思います。

 すべてにおいてスーパーマン(古いかな?)みたいな存在はいないと思いますし、
1つでも何か、特徴を見つけてみればそれが長所となり、生きてくるのです。

「A君には足の速さで負けるけど、持久力では勝つ!しかしB君の持久力には負けるけど
俺の方が遠くにボールが蹴れる!」とか自分とは別の2人をライバル視して競わせるのです。

 そうすることにより、もうチョイ!あと少しで手が届くんだけど!・・・
その意識が士気を高めることになり、モチベーションが上がり、ウマくなっていく。

という仕組みなのです。

 顕著なのがサッカー経験者と未経験者で中学校部活に入部してきても
そうゆう意識があれば早くて半年~1年後にはある程度技術的にも
追いつくことはあります。

 チーム内にライバルを作らせて、切磋琢磨させましょう。

それをコーチ(指導者)がしっかりと見極めをしてあげてください。





 





「これくらいは、大丈夫!」・・・ 冬場は指導者もご安全に。

 
Parana Cast Shot / liberalmind1012


 本当に今年の12月は異常なくらい寒い日が続きます。
まして積雪で部活や練習が出来ない所は大変だろうと思います。

 積雪が無い地方でも冬場の練習は体が温まらない、手足が冷たい等で
部員の練習にも動きが鈍いと思います。

 ウォーミングアップでボールを使ってパス練習や鳥カゴしたり等の
まずは体を動かす、温めるなど工夫してあるチームも多いでしょう。

 しかし、まずは部員と一緒にコーチ(指導者)も、ゆっくり足首や腕回り等の
関節を少しづつほぐしてから始めましょう。

 昨年3月に私もこのウォーミングアップを怠ったためにケガをしました。
前日に当時の1年生が大会だったので2年生のみの部活練習とし、人数が揃うまで
軽くミニゲームをしていました。

 ついつい、よせばいいのに年甲斐も無く?私も加わっていきなり始めたので
10分後くらいに右足後ふくらはぎに野球ボールが当たったような衝撃が・・・・

 「痛って~! ボールか何か投げつけただろう!」・・・と近くにいた部員にあたり、
そのままうずくまってしまいました。本当につらかったです。

 近くに部員がよくお世話になっている?整形外科があり、知り合いの先生に
診断して頂くと「右足内側腓復筋断裂」・・・・!

 先生に笑われながら「コーチ!何してたんですか?」「サッカーに決まっとるでしょ!」の
やり取りをしながら即、その場でギブス着用!の松葉つえ仕様!

生を受けてウン十年!過去、病院と警察?には1度もお世話になった事無かったのに

 よく知っている病院長は「コーチ! これ2~3週間ギブスとれんよ!」の脅し?を受け、
もうガックリ! 

 部員から笑われるわ、みんなから、やれ歳のせいだ!、老体にムチ打ってするからだ!とか
非難轟々受けました。(笑)

 実はその日が寒かったので、ピステズボンの下にジャージ履いて、またその下に厚手の
アンダータイツの3枚!も履いていて、ウォーミングアップもろくにせず
足の筋肉は締め付けているし、無理に動くとタイツが足を引っ張っているしの状態ですから、

今考えるとケガしてもおかしくはない状態でした。

 しかし、日頃の行いが良いのか?、神様の思し召しか10日目でギブスが取れ、
病院の先生もビックリしていました。

 当然、その後は足を中心にウォーミングアップをするように、部員にも指導しています。

そこの、コーチ(指導者)のみなさん!  若いから!って、俺は大丈夫だ!・・・は禁物です。

特に最近の若い人は骨がモロくなっていますから、十分なアップをしないとポキっ!って事
あり得ますよ。

 みなさん冬場は特に注意いたしましょう。部員に笑われちゃあ指導者としてメンツなしです。






 

コーチ(指導者)が指導者としてあるべき姿とは?・・・1人を育てる難しさ!

 
Soccer running / bzo


 今日は私のお友達の子供さんの件で書きます。

 しかし事実、監督、コーチ(指導者)に携わっている方なら
サッカーに限らずあらゆるスポーツにおいて関係してくると思われます。

 ジュニアサッカーチームに在籍する1人の少年のお話です。

 現在、小学校6年生で来年4月から中学生になります。

 少年D君は小さいころからサッカーをしており、年々少しづつ個性に磨きが掛かり始め、
今ではD君の優れた技術、判断力、統率力、また体格の良さも加わり、他のクラブチームからも
お誘いが来るようになり来年以降、彼の今後の動向が注目されていました。

 ここまで書くと中学校部活にするか、Jユースに進むか迷っているの?
・・・とお思いかもしれません、関係もあるのですが話しの内容はそうではないのです。

 D君の噂と実際にD君のプレーを見られた、とある有名中学校の監督から
「ぜひウチでサッカーをやってほしい!」というお誘いを受け、D君自身悩んだようです。

 今まで一緒にプレーしてきた仲間の事、お父さん、お母さんの事、
今のジュニアチームで指導頂いている監督、コーチの事・・・・「どうしようか?」

 体は大きくなってもまだ小学生です。ハートの問題はすぐには大きくはならず
本人始めご家族で話し、相談して決めたのが中学校でサッカーをしたい!という最終判断でした。

 小学校時代から今現在もお世話になっているクラブチームにもJユースチームがあり
一部指導者の方から、当然D君はJユースに進むのだろう!という思いもあったようで
D君が中学校に進む趣旨を話すと、喜んでくれたコーチと、そうでなかったコーチとで
意見が分かれたようです。

 もうお分かりだと思います。

 先ほどにも書きましたが、サッカーに限らず、コーチ(指導者)の仕事は
ある一定の所までしか人を育てる事が出来ません。
例えそれが1年間であろうと3年間であろうと6年間であろうと、それから先は
本人が悩んで、相談して最終選択する事なのです。

 それだけ悩んで、決断したD君がサッカーと共に
ここまで成長した証しですし、彼のためにも喜んで
送り出してあげるべきだろうと思います。

 私は中学校部活でコーチ(指導者)として1人を指導出来るのは2年半弱なのです。
サッカー経験者でも全くの初心者であろうと同じ日数なのです。

 その中で高校からお誘い、スカウトがあれば喜んで次の指導者の方に
バトンタッチをしなければならない事実があります。
それが私の使命であり役割と思って指導者としてやらせてもらっています。
 
(きっとサッカーの神様からの依頼なのかもしれない!・・と自負していますが(笑))

 ですから多くのコーチ(指導者)の方にはぜひとも、サッカーの指導だけでなく
岐路に来た時、進むべき方向性での話しあえる、相談できる、また一緒に悩んで、
本人の良い選択が出来るような環境作りを、場の設定を考えて頂きたいと思います。
指導者の一時的な悦楽的判断は本人をダメにしてしまう可能性をも含んでいます。

 よ~く、良~く、話しを聞いてあげてください。
怒らないで、叱らないで、本人の意見を、小さいハートながら思ってる事を
聞いてあげてください。

 小学生でも監督やコーチに言う事、自体がとても勇気がいる事なのです。

 そして最後に心配なのが小学校卒業までのあと3~4ケ月の事です。
本人やご家族はそうゆう判断、選択をされた勇気と決断を今まで通りのお付き合いを
関係する周りの皆さんの支えで、温かく見守って上げてほしいと思います。

 どうも人間というのは別の所に行く、別の人と遊ぶ、人と違う事をし始めると
今まで通りのお付き合いをしなくなります。  あれ!良くないです。
人が変わる訳でもないし、いままで通りのお付き合いをしてあげてください。

 サッカーの指導だけでなく、自分を含めた心の指導もしましょう!・・・

 

 

 

部活は毎日、喜怒哀楽が詰まっている!・・だからコーチはやめられない!

 
Practice Makes Perfect / wjarrettc

 

 昨日のホームグランドでの練習試合のため
一昨日、全員で部活練習後にコート引きにに取りかかり、
ライン引きをし始め直後に雨になり始め、その後すぐに雷雨に変わり
即!中止!

 全員学校を出る頃には本降りの雷雨になり、帰宅の心配をしましたが
2年生、1年生が今、学校を出た事を連絡網を使い保護者に伝えました。
なんとか全員無事に帰りついたようで、ホッと しました。

 昨日朝は雨も上がり、グランドは水はけも良く7時30分学校集合でライン引きの再開。
それから1日色々な事がありました。

 まずは遅刻者3名、内2名が完全な寝坊、もう一人が家を出てレガースを忘れたのに気付き
家に取りに戻っての遅刻。その3名がレギュラーだったので一喝
用意は昨日のうちに!・・・毎回口酸っぱく言っていますがなぜか出来ない?

 ライン引きでもキチンとこなしている者、遊んでいる者、バラバラです。
ここでもキャプテンが特に1年生中心に指示を出していない、
全体をまとめていない事で私から注意!

 試合になっても相互審判だったので、副審も部員にさせていましたが
誰がする、しない、でモメて、またここで一喝
もう毎回わかっているんだから試合始まる前に決めとけよ~ 

 1試合目前半終了後交代させられた2年生FWの部員が初めて
「コーチ!なぜ途中交代させられたんですか?」と、うれしい質問が・・・・! 
トクトクと説明して納得していました。こうゆう事を聞きに来る部員は
自分のポジションを取られるんじゃないか!・・・という危機感を持っている証拠です。

 私はコーチ(指導者)として競わせるようにしています。(甘いところもありますが)
そこにこうゆう風に聞きに来るという事は、本人は真剣でなんとかしたい!と思っているはずです。

 1日の全て試合が終了後、グランドのトンボ掛け、イスやテントの片づけ、移動も終わり、
最後全員が集合して、今日の反省をする前に今日最大の一喝が・・・・

 2年生の1人が「お~い!ボールが残っているぞ~」と片付いた、トンボが綺麗に掛かった
グランドに向かって大きく蹴り込みました。

 誰が取りに行くの? ましてボールが残っていた所は2年生が場所使っていた所でしょ?
じゃあ2年生が持って行って、遊んで、そのままかい? そして誰かに片づけさせようとしている!

      ふざけるなぁ~  

 とばっちりを1年生まで喰らってしまい、かわいそうでしたが全体の問題でしたので
2年生中心に叱ってしまいました。

 毎日の部活練習や練習試合には中学生の日々の喜怒哀楽が凝縮しています。

 それに接して、刺激を受けるためにも、これだからコーチ(指導者)は辞められない!
 

 

師走!・忙しさに先生も一息したい日もありますよ。コーチが応援します!

 
Teacher's Office, Korea / watchsmart


 12月になると世間は気ぜわしくなってきます。「師走」と言うくらいですから
言われの通り、学校の先生、部活の顧問の先生、それに加え担任クラスの先生は大変です。

 時期的に2学期の成績表・評価点(我々古い人間には通信簿)の書き込み、
また3年生は今時期、1月下旬から始まる私立高校受験に向けての最終3者面談が
毎日あっており、部活に出られない、指導出来ない顧問の先生は大変です。

 数年前までの顧問の先生は12月に入ると、週末の練習試合は、
やたら当中学校グランドでの試合を毎週組んでありました。
冬季には野球部や少年野球の大会もほとんどなく私達もホームグランドの方がやりやすい、
また街中ですから河川敷や何もない所に比べると風も弱く、あまり寒い思いをしない・・・
と言う利点もあります。

 しかし当時の顧問の先生は実は、
「コーチ!ちょっと職員室で1~2時間仕事してますから、何かあったら来てください。」

「先生! 1日OK! 大丈夫ですから、仕事してきてください~。」

 そう!成績表を作成してあったのです。その成績表も提出日が決まっていますから
遅れるわけにもいかず、また顧問の先生もまだ若くて、上記のように3年生の担任クラスを
持ってあり、連日夜遅くまで3者面談が重なっていたようで本当に大変なようでした。

 まして練習試合を組む週末は、学校も休みで生徒もいない、誰にもジャマされず
仕事をするには最高の日なのです。

 我々コーチ(外部指導者)だけでは例え練習試合でも部活でも勝手に行うことはできません。
想定外の事故等が起きて、その時に対応する顧問の先生等、学校関係者がいないと
責任問題等で大変なことになります。
 
 ですから、部員が多く2チームや3チームに分かれて別々の試合会場に行く場合は
コーチ(外部指導者)のみで引率は出来ません。
必ず顧問もしくは学校関係者の同行が必要なのです。

 外部指導者規定等にはそのような事は記載されてはいないと思いますが、
本当に今、想定外の事故という事は十分にあり得ますから気をつけましょう。

 そうゆうことで顧問の先生達の応援をコーチ(指導者)だけでなく、
ご協力頂く、保護者の方にもお願いしていくように12月はしています。

 最後に余談ですが、昨日の記事にした「お父さんとの約束を破って・・・」の主人公K君、
昨日から再度、部活復帰しました。

 部活練習中に「コーチ!有難うございました。」と言って嬉しそうに
練習に加わっていました。 

 子供には笑顔が最高です。

 今度は自分でしっかり勉強しろよ~!

 


「父さんとの約束で部活、辞めます。」・・・・涙目で言ってきました

 
R0011736 / duck75


 昨日の夕方いつものように部活練習に向かい、部員がカバンを置いている近くに
1年生のK君が制服姿で1人立って、グランドで練習しているみんなを見ていました。

 「おう!どうした?。着替えて早く練習しようよ!時間かぎられているからね。」

 K君がポツンと漏らした言葉が
「お父さんとの約束を破ったので部活を辞めなければなりません・・・・」 

 辞める理由を聞いてみると
「2学期の中間試験が学年の平均点以下だったので怒られ、頑張るから期末試験まで待って!
と言ったものの11月下旬の期末試験も、やはり平均点以下・・・これにお父さんが怒り、
今日、担任であるサッカー部顧問の先生に退部届書をもらいに来た」・・・・との事。

 K君本人は当然部活は続けたい!、しかしお父さんとの約束は破ってしまった!
どうしたらいいかわからない!、顧問の先生にも言ったが・・・・

 本当に、本当に、良くある話しです。
 そこでK君本人に再度聞きました。
「じゃあ、どの教科がニガテなの?、何が悪かったの?」

 K君いわく、「数学と英語です。」
丁度、うまい具合にK君の数学の先生がサッカー部顧問の女性の先生だったので
部活練習は顧問の先生に任せて、そのまま即、職員室にK君と行きました。

 数学のY先生、英語のT先生が職員室におられたので話しをして
今後、毎日何が分からないか聞きに行くようK君と約束をし、また両先生には
K君のために1年入学時の時からのドリル?、小テスト?のような
問題プリントを渡してやって頂けるようになりました。

 また両先生のお話だと授業中もキョロキョロしている様子。
授業内容が分からない、面白くないから・・・誰でも一緒です。
しかし、解らないから・・といってそのままにしていたら
余計に判らなくなるぞ!・・・と私からキツくお仕置きで言いました。

 1つは解決しましたが、さて問題は保護者のお父さんの説得です。

昨夜のうちに、と思い電話を掛け、お父さんの思いと今日あった一部始終の事を
お話して、なんとかもう一度学年末試験まで待って頂くよう話しをし了解を得ました。

 お父さんも故意にやっているのではなく、K君本人の約束を破った事、
その約束に対し努力を怠った事に怒られているので、こちらとしても安心しました。 

 学校の先生でもないのに、なぜここまで?・・・とも言われます。
昨日も数学のY先生からも「部活だけでなく、子供達の事を思って頂いて・・・・」
とも言われましたが、私自信がやはり黙って見ていられない損な?性格なんでしょうね。

 せっかく、縁があって部活に入って頑張っている子供達を何とかしてあげたい!と思うのは
私だけではなく、指導者の方全員が思っておられる事だと思います。

 「もっと勉強しとけばよかったなぁ~」・・・・親の言葉が胸に沁みます。





「よし! アイツを出そう!」・・試合中の交代ってこんな事も考えています。

 
Sub #soccer / claydevoute


 昨日は「どうして試合に出してもらえないの?」という
保護者サイトから考えられる事を記事にしました。

 今日はコーチ(指導者)サイトから試合に出場させる部員(選手)の
話しをしましょう。

 やはり誰もが練習試合・公式戦の「試合には勝ちたい!」と思うのは当然です。

 試合に勝つためにコーチ(指導者)は部員(選手)の人選をしなければなりません。
サッカーセンス、足が速い、的確な指示が出来る、ドリブルがうまい、
持久体力がある、パスセンス、走り出し、得点力(決定力)、声が出てる、
キックがうまい、判断力、クロスが上げれる、みんなを盛り上げる、キーマン、
体が大きい(背が高い)、簡単に倒れない、当たりに行く、ボールを追っかける、他・・・

 色々な要因で適切なポジション配置を心掛け、最高のチームを作り、勝利に浸って
部員、保護者、先生等を含む全員で喜び、その時が指導者冥利につきるのです。

 しかし、それでも、どーしても試合の先発として試合に出れない、
その日1日の試合に出せない上級生部員っているのですよね。

 部活もあまり休まない、学校の成績も悪くはない、そこそこ良い。
ウマくはないけど、ヘタっていうわけでもない、教えても理解はしている。
雑用や指示にはキチンと対応してくれる。
基礎練習でもする相手がいなかったら、自分でリフティングをしたり、
しかしそのリフティングもあまりウマくない?長続きしない。
ただ日頃から口数は少なく、黙ってモクモクするタイプの部員。


 どのポジションにどう使っていいやら?・・・こちらが迷う時ってあります。
レフティか否かによって交代要員でFWやMFをさせたり、時にはDFの穴埋めで
サイド起用したりもあります。

 そうゆう部員でも先発起用は厳しいけど、試合後半からや大量得点で勝ちそうな時に
最初に呼んで途中交代させ、試合経験を積ませ、こちらも今後の試合での
起用判断をすることはあります。

 またそうゆう部員でも、例えばいつもその部員の保護者の方が
試合観戦に来られている場合や、または日頃から車出し、催し事等に積極的に
部活運営や部員に対して色々ご協力頂いている保護者の方等・・・
早い段階で試合に出すことはコーチ(指導者)采配で当然あります。

 選り好み、不公平、えこひいき等、ご批判も多々あるでしょうが
そうゆう事で選手を選ぶ事もあるのです。

 しかし試合に出すことによって部員も保護者の前で張り切ってプレー出来るでしょうし
保護者の方も「試合に出れた!」「来たかいがあった!」と思われていいと思います。

 まだ中学生年代、何かの、たった1つのプレーや出来事で次の日から
サッカーにおいても勉強においても、ゴロっと大変身することもあるのです。

 コーチ(指導者)としてそうゆう試合選手人選もある事をご理解ください。






 



 

 

 



 

「なぜウチの子供は試合に出れないのですか?」「出してもらえないの?」

  
 
DSC_0802 / keithminer


 「なぜウチの子供は試合に出れないんですか?」・・「出してもらえないんですか?」

 ジュニア世代では十分に考えられますが
中学校部活でもあり得る保護者からの苦情?、熱望?、訴え?・・・・です。
事実、中学年代でも過去に2度程、電話で言われた事がありました。

 色々な諸事情が重なって試合に出せない、出れない事はコーチ(指導者)の方も
その時の判断でお分かりの事と思います。

 部活の場合、勝ちたい!、勝たせたい!という勝利主義(今や死語か?)も必要ですが
やはり「宿題、提出物等の頻繁な未提出、部活練習を休む、日常規律生活問題等が悪かったら
試合には出さない!」と部員に伝えていますから、その事が中心になります。

 あとは練習試合であればいいのですが、公式戦となると出場選手枠があり
部員が多いために、全選手が登録出場出来ない時。
 特に困るのが下級生にレギュラークラスが数名いて、上級生出場をどうするか?
それが上級生にとって中学最後の大会等の場合・・・割り切るか、悩むかの判断。

 人情として難しい所ですよね。

 それをどう保護者にうまく伝えられるか、説明出来るかによって、
ヘタすると後日、校長先生や教頭先生に直談判されるケースもあります。
いわゆるモンスターペアレンツの誕生の瞬間です。

 こうゆう事を言われても校長先生や教頭先生は非常に困りますよね。
試合に出た、出ないの対処の方法がわからないのですから。

 中には「ウチの子はヘタクソだから試合に出してもらえないのよ~」と言われる
保護者もおられますが、内心「出してくれ~!」「出てくれ~!」が誰しもの本音です。

 その中でも一番困るのが、「あの子が試合に出てて、なんでウチの子が出れないの?」
または「ウチの子だけ先発メンバーから外されている」「サブでしか出れない!」等々・・

 保護者のエゴというか、保護者同士でも、いや!コチラの方が強烈な、火花の飛び散る?
負けられない戦いがここにもあります。(笑)・・案外子供の方がシラっ!としてます。

 もし保護者の方や学校側から聞かれてもキチンとした、明確な答えをもって
対応をしましょう。あやふやな態度や答えだと信用、信頼を無くし、ついては
子供達にも影響しかねない事になるかもしれません。







高校サッカー特待生の悩み!・・勉強と部活の両立は難しい? 赤点? 

 
Soccer uniform / kosabe



 先般、当中学3年生サッカー部員の高校特待生が決定!・・・と記事にしましたが、
今日は逆のお話を致します。

 先週末土曜日に数名のOBが部活練習に参加してくれて、
後輩にトラップ・パス・ボールの蹴り方等を指導してくれました。
 そして恒例の現レギュラーメンバー VS OBの50分試合をして部活練習終了後に
遅れて高校1年生のH君が学校帰りに、学生服姿で中学校に来ました。

 最初はなんかモジモジしてて、話しにくそうな感じだったので、
「おう!、どうした? 彼女でも出来たか?」なんて冗談を言っていましたが
H君の方から切り出して言ってきました。

 「コーチ!実は高校のサッカー部を辞めました!」・・・・・ん!・・?

 H君は今年4月に、私立C高校からサッカー特待生GKとして受け入れて頂きました。
話しの内容は以下の通りです。

 ① 高校部活全体終了が午後8時くらいで、グランドに夜間照明があり
  先輩達が居残り練習をするので先輩達より先に帰れない ⇒
  終わって電車に乗って家に着くのが、毎日午後10時~10時30分くらい。

 ② 土日は練習試合、公式戦で休みはほとんどなく、また朝も課外授業で
  家を早く出るのでキツく、なかなか勉強、授業について行けず、試験結果も赤点だらけ。
  結局、親からも赤点が続くくらいならサッカー辞めろ!・・・と言われた。

 高校になるとみんな同じ悩みで部活を辞めていくものです。十分、分かっていました。

 H君は頭が悪い(失礼!)訳でもなく、中学校時代は中の上くらいの成績だったと思います。
通学も家を出てから電車を乗り継いでも1時間弱。

 やはりいくら特待生と言え、他の1年生同様に雑用はこなさなければいけません。
当然、先輩が帰った後に帰るわけですからクタクタでしょう。
家に帰っても、ご飯を食べてお風呂に入るのが精いっぱいで、後は寝るだけ!の生活!!

 宿題もままならない状態で、もしかしたら授業中も寝てる?可能性大!
試験前休みもあまりなく、土日は毎週試合に付いて行く、または少し試合に出れるくらいで
年間に数日だけの休み!のみ。

 試験結果も悪く、赤点を取る ⇒ 当然、親も黙って見ているわけいかないでしょう。

 高校の部によっては、赤点取ったら「坊主頭!」・・・の高校部活もあります。

 それはH君が特待生だから・・・という理由ではありませんが、高校部活とは
そうゆうものです。 まだ、凄い高校もたくさんあります。

 練習場まで学校から自転車で片道1時間掛かって行き、クタクタで練習終わって、
また1時間の自転車で学校寮まで帰ってくる当中学校OB特待生もいます。

 練習後に、電車帰宅2時間前後等はみんなザラだと思います。

 要は「高校部活とはそうゆうものなんだ!」という腹積もりを持って臨まないと
「こんなんじゃなかった!」と後で後悔します。

 ですから高校特待生だから!とか、かっこいい高校サッカー部!とか甘えた気持ちで
臨むと続かないという事です。

 特に特待生として高校を選ぶ時には保護者の方、中学校、高校とキチンと話しあった上で
選ばないと、名前で、有名強豪校だけで踊らされて選択しないように。

 



サッカー部からアイドル誕生!・・・・やれば出来るんだ!

 
Corner Kick / Eric Irish


 今日は卒業した1人のOBのお話を致します。

 彼が当中学校サッカー部に入部したのが6年前になります。
新1年生で入部したのは当時8~9名で1チーム11名にならず
2年時、3年時にも下の学年からメンバーを入れて11名で試合をしていました。

 彼、B君はジュニア時代のポジションはFWとDFをしていたと聞いていました。
体型的には当時ポチャッとした感じで、今とはまったく別人です。(笑)

 当時の保護者の方々に聞くと、ジュニア時代からみんなほとんどが同じチーム出身で
また仲も良く反対に良すぎて競争感が無く、ジュニア時代のサッカー大会では賞も
貰った経験がなかった子供達だったとか。

 私はB君含めこのチームがまとまった時は、いい味出すチームに変わるだろうなぁ~と
ある意味確信は持っていました。

 事実、2年時冬までレギュラーメンバーとして定着させなかったB君をボランチに据え
彼の周りを見る判断と指示の出し方、B君の仲間に対し思いのあるボールの出し方、
フワッとしたやさしいクロス等、当時の日本代表の小野伸二に似たタイプで
B君を中心にチームがまとまり始めてきたような感じがしていました。

 ただその分、B君にもかなり厳しい事、キツイ事も言ったと思います。
また持久走にも最初は遅かったのが、頑張ってレギュラーを取ってからは
みんなを引っ張って、良く付いてきてくれたなと思います。

 それが効して、B君達が3年時の4月市長旗杯で3位になり、
彼らに取ってサッカーで初めての賞を貰い、その夏の中体連でもベスト4に入り
念願の地区大会まで進む結果になりました。

 その3年時にB君含め3~4名の弟君達が入部してきたのも
彼らに刺激を与えたのかもしれません。

 B君達先輩の活躍を皮切りに、後に続く後輩たちが今年までに特待生で
毎年どこかの高校にお世話になったり、またあと少しで九州トレセンに受かる、
または県トレに受かったりと活躍してくれる部員が多くなりました。

 その後、B君は高校でも特進クラスで頭も良く、サッカーも3年間頑張って
続けて、その間に時々中学校にも顔を出してくれていました。

 その高校時代にイケメンとして地元紙に取り上げられ、今年高校卒業後は
東京の大学へ進み、地元紙の紹介でなんと!なんと!芸能界入り!

 そして!そして! 本日、「はなまるマーケット」でTVデビューを飾りました。


 彼の名前は「永松文太」君!  これから辛い事、厳しい事があっても
中学・高校と一生懸命にサッカーに汗して走った事、思い出せ!。

 九州の地から、君の「7」を受け継ぐ、後輩をまだまだ作りたいと思います。
 

 
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール