FC2ブログ
全記事表示リンク

「いい選手を育てたい!」・・・・名将ならぬ“迷将?”になる!!

 
Lionel Messi / wonker


 27日~28日とホームとアウェーでの試合を行いました。
1年生も初めての試合を組んで頂き、「ん~!ウマい!」と
つい、うなずきたくなる選手が数名いました。

 まだ、名前も顔も分かりません。
体操服に名字が書いてあるので、名前を見てから言うしかないでしょう。

 指導者(コーチ)の方によっては、個人のウマさ、まぁ技術的問題等と身体能力と
見られる所は指導者(コーチ)千差万別です。

 今を見られるか、これから先の、例えば半年先・1年~3年先を見据えるか。
それにより指導して育てられる度合いが、変わってくるでしょう。

 まぁ中学部活での3年間となると、あまりにも短い感がありますが、
クラブチームでのジュニア~ユースなど長い期間指導されることは
1人を育てる事については、本当に羨ましい限りです。

 以前、Yahooニュース、スポーツ記事で
「メッシと遠藤保仁の才能を見抜いた名将レシャク」という
記事があり、興味があったので保存していました。

 その中で、最強クラブ「バルセロナ」の監督であったカルロス・レシャク氏は
1998年Jリーグ横浜Fの監督に就任してすぐ、まだ鹿児島実業高校をしたての
遠藤の才能に注目し、なんと開幕戦からスタメン起用!

 高卒新人がJの開幕から試合に出る事自体が今でも異例な事で、
廻りからも「もうすこし慣れてから・・・」の声にも耳を貸さず、
その才能に期待し、起用し続けた事で、いまや日本代表には欠かせない存在は
皆さんお分かりの事です。

 メッシについてもバルセロナで育成をしていた時、入団テストを受けに来た
身長140cmにも満たない13歳の少年を一目見ただけで
「彼は天才だ!今すぐに紙ナプキンでもなんでもいいから、サインをさせろ!」と
即、合格を決めたとか。

 この13歳の少年こそアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。
このメッシを見抜いた事、そして遠藤の才能と、これにより全世界に
レシャクの名前が拡がった・・・・・

 比較する事自体が部活等では違いますが、やはり人を育てる、我慢して起用し続ける、
じゃあ、何を基準にするか・・・?

 やはり、技術は多少ヘタでも一生懸命!・ガッツさ!・
ここを伸ばしてあげれば・・・我慢して起用!
長所を理解させ、それを武器にヤル気を起こさせて・・・・等々

 ん~~~~!・・・名将になるには難しいものがありますが、
私は“迷将”くらいにはなれるかも。(笑)


 毎年入部してくる1年生は、良い選手がたくさんいます。

 「へぇ~!こんな事できるんだ!」「すっげ~良く見てるな~!」
「わぉ~!そこにボール出す~!!」「この時点でこれだけボール蹴れるのか~」・・・・

 それらを見出し、開花させ(いや?開花は高校~でいいからツボミかな?)
またその中で、部活として人間性にも磨きを掛けたい!・・・・欲張りかなぁ~?

 今日は連休明け、月末のクッソ!忙しさ の中、
まとまらない他愛もいない記事で、ごめんなさい!





 




 
スポンサーサイト



新メンバーを含む25年度目標は「ヤル気!情熱!」をスローガンに!

  
Embassy Soccer Team Plays Afghan Presidential Protective Service / U.S Embassy Kabul Afghanistan


 昨日、授業の6時限目に1年生を含む、部活発足会が開かれ
1年生19名・2年生21名・3年生16名の59名で
今年度M中サッカー部はスタートです。

 さっそくゴールデンウィークスタートの本日、ホームに強豪H中学校を迎え、
A戦・B戦・1年生の試合もさっそく行いました。

 とにかく先般の公式戦で何が悪かったのか、A戦メンバーは
判っていると思い、試合スタート前のベンチにて指示・確認をしました。

 しかし、無残にも試合開始1分も立たないうちに1点先行され、
それでハッ!としたのか、その後は押されながらもイーブンに進みます。

 しかし、ウチの強化ポイントである「球際の激しさ」が相変わらずもどかしく
相手選手がボールキープ時や、ボールを受ける時の背中を見せてい時に、
振り向かせないように体を当てに行かない、振り向かせて取りに行こうとする、


 また足だけで取りに行こうとするから、ワンタッチでかわされて抜かれる、
ハイボールに競らない・・・・技術以前のハートの課題がまだまだ多いです。

 「ここを絶対に抜かせない!」「倒してでも止めてやる!」「絶対に奪う!」
「この1本通せばシュートにつなぐ!」「空中戦は負けない!」

 そうする、そうさせるためには廻りの、指示の声・アドバイス等が
必要なのも十分、口を酸っぱくして言っているから判っているはず!・・・・

 「当たれ!」「体当てろ!」「奪いに行け!」「ディレイ!(遅らせろ)」

 1つの試合に勝つための、共通意識が、それも3年生の大事な数名のキーマンに無い!

 だから、ハーフタイム時の給水をしながら指示を行おうと「集合!」の声が
かかってもすぐに集まらない。

 指導者(コーチ)が見た試合内容を、みんなで考えさせる事を目的に
集めようとしているのに、ダラ~~~~~~っ!・・・・ついつい一喝!してしまいます。

 それが最近2年生にも飛び火・感染してしまっているようで一部のA戦メンバーも
以前より動きが、悪くなった? 感が見られます。(私の気のせいであってほしい!

 そうゆうことをまったく気にしない1年生は、もう!ハツラツ!と動く!動く!・・・

このままだと、秋の新人戦は1年生が2~3名メンバーに加えても“いいんでないかい?”と
思えるくらいです。

 明日、また今度はアウェーで練習試合があります。先般の公式戦で引き分けて
悔しい思いをさせられたチームにリベンジです。

 今日の事を1人、1人が反省をして明日にどう生かすのか・・・・
おいしいお酒を飲みながら、1人反省会しようかな?







2年生の個性と個性のぶつかり合い?・・・大いに結構! どんどんやれ!

 
MAORI AND ABORIGINAL PLAYERS BRAWL / paddynapper


 毎年4月の公式戦過ぎた頃から、中体連夏季大会までの2ケ月半は
練習内容にもあまり事細かく口出しせずに、
自分達で考えて練習を進めるように指示します。

 練習内容進行内容は分かっているので、例えば
「はい!シュート練習!どうしたらいいか、自分達で全て考えてやろう!。」

 当然、誰がゴールの移動・どの位置からボールを出すのか・どこからスタートするのか・
シュートしたボールの回収から・・・と練習する部員がスムーズに進行するように
全員で考え、全員で実行させます。(この時にサボっていたら、雷が落ちます)

 練習ラストの持久走もI君マネージャー?の指示で、その日の走りが変わります。

自分達で、考えてやらせる。足りない所、これをやろう!・・・

 みんなが試合で不足している部分を感じとって、それをフォローするのが
指導者(コーチ)であり、押しつけがましく、「はい・・あれ!これ!」と指示ばかりして、
自分はその指導に自己満足して、子供達はその指示を待つ・・・・指示待ち人間の完成です。

 そうゆう人間は育てたくない!・・・・ポリシーです。

 そんな中、昨日2年生の練習中に有る出来事が起こりました。
昨日は45分授業で、部活開始も普段より1時間早く始められました。

 私も仕事の関係上、部活指導に行けるのはいつもの時間になるので、
部員達は基礎練習や全ての練習が終わり、ミニゲームが始まろうとしていた時間に
なりました。

 先に3年生がコート内に入り、2年生がボール拾いがてらコート廻りに
座っていました。

 しかし良く見ると、なんかいつものは違う雰囲気?・・・なんか変?
あっちで固まり、こっちで固まり、中には1人でポツンといる者も・・・・

 3年生I君に尋ねたら、
「2年生の自分達でのフォーメーション練習でモメたみたいです。」
「ん? なにかあったか?」

 そこで2年生H君を呼んで、内容を確認しました。
「フォーメーション練習を始めるのに、オフェンス側とディフェエンス側で別れたんですが
みんなバラバラで始められない、そして○○と●●が××な事、し始めて・・・・そしたら
△△が、それにキレて、また◎◎もヤル気を無くして・・・」等々・・・・延々と続きそうでした。

 的確な判断をするH君でさえ、悔しさでショックでチト涙目っぽい、余程のことだったのでしょう、
「分かった!分かった! じゃあみんなを集めろ!」・・・で、3年生ミニゲーム中に
2年生だけを集めて話をしました。

 「あと2ケ月半で夏季大会だ! 2年生の何人かはA戦メンバーで試合にも出ます。
3年生最後の試合は、M中学校の代表として2年生も出るのです。
今は技術の差が有ってA戦に出られない人もいますが、3年生引退後は
今の2年生全員が、A代表候補ですし、反対に今度は下の1年生がÅ代表候補に上がってくるゾ!」

 「今までみんなでこの1年間、H先生と一緒に苦しい練習を懸命にやっただろ?
休みの日も●○公園の坂道ダッシュやトレイルランニングで、汗してさッ!
今の2年生みんなが“○○大会出場したい!”という、1つの高い・大きな目標があるから、
休まず練習してきたんでしょ?
それなのに、そんな低い時限でモメてたらどうなる? これからは君達が主役になるんだよ!
これから、その大きな目標に向かって、まとまらなきゃいけない時を迎えているんだよ!」

 「だったら、そんな事でモメたり、遊んだりしている時間は無いんじゃないか?」

 話しの最中に、職員会議が終わられたばかりの顧問のH先生も来られ、
一緒に話を聞かれ、その後に先生からも話を頂きました。

 

 1年生時はまだ分からずに、学校・日常生活、部活もそうですが
言われた事を、こなすので一杯でしょう。

 しかし2年生時になると1年生が入ってきて、今までの下仕事からも少しづつ放され、
3年生引退後は2年生の天下?となり、その解放感から毎年2年生の夏休み中心に
色々問題や騒動を起こしやすくなります。

 個人個人の個性が出てきて、その個性が自分の考えているものと
違うと、個性と個性のぶつかり合いが始まり、そして「アイツと合わん!」
・・・と部活でさえ一丁前に、エラそうな口をきき始めるのです。(笑)

 それが不思議な事に男子では中学2年生頃から、
女子は成熟の影響か小学5~6年頃?から
ナマイキな口をきいてくると思います。(もっと前?)・・それも個性が出始めた成長の証しです。

 押さえつけなきゃいけない悪い?個性と、伸ばしてあげなきゃいけない個性と
ガミガミ!言ってはダメです。見極めが大事!

 今後、ウチの2年生がどんな個性のぶつかり合いをしてくれるか?
私は非常に楽しみであり、その個性のぶつかり合いを練習に試合に出してくれたら
“大化け”することは十分にありますし、そこを利用?するのも指導者(コーチ)の仕事です。

 今まで「仲良し、こよし」だった連中が、突然サッカーの事で口論!・ケンカ!・・・・
とはいきませんが、これも個性の表れです。  (いいな!これが青春!)

 保護者の方(特にお母さん方)はハラハラ・ドキドキかもしれませんが
まぁここは落ち着いてしばらく様子を見ましょうか。

 やっぱ、指導者(コーチ)は面白い!・・・・

 今まで3年生ブログ記事ばかりでにぎやか?だったのに、突然の2年生!
昨日、それをしり目に見ながら、3年生は楽しそうにミニゲームで盛り上がっていました。
(普段の試合にそれくらい盛り上がれよ~ )

 毎回、毎回、長い、長い、そして重たぁ~い記事にお付き合い頂き有難うございます。



 

 

 


別名「なにくそ!根性特訓走り!」・・・・少しは効いたか?

 
Foot Control! / TheBusyBrain


 
  昨日も、相変わらず3年生8名・・そして2名が体育祭準備での遅れで
10名のみの参加。4名が負傷見学、2名が部活休み。

 2年生は21名中、2名が病欠で1年生は、広々とグランド使って
楽しそうに練習しています。 3年生が勢いに負けて、端の方に寄せられてる!

 最近の練習は基礎練習が終わった後に、2年生も別のゴールを動かして
シュート練習を取り組んでいます。

 また1年生はマーカー・コーンを使ってドリブル・ボールタッチの練習を
顧問のH先生が指示をして行っています。
 
 3年生は?・・・・というと、
これだけの人数では本人達も盛り上がらないだろう!・・・と思い・・・・ むふッ!

 シュート練習後、別名「くっそ~!コーチのやろう! 覚えとけ!特訓!!」
・・・・いわゆる“愛のこもった、コーチからのプレゼント”を久々?に行いました。

 ここ1年くらいやってなかったと思います。

 ゴール前30m前後1ケ所にボールを集め、そこから1人の部員に対し
ボールを1球ずつあらゆる方向に投げて、ゴールへシュート!(キーパーも付けます。)

 ボールを投げ、それに追いつきシュートまで。
ゴールに入っても入らなくても、シュートすれば次のボールが投げられます。

 また追っかけて、ボールを取りに行き、シュート!・・・・の繰り返し。
これを10ゴール出来るまで・・・・・いわば昔風の“シゴキ”です。

 時には逆方向や左右に振られ、3~5本くらいまではなんとか走れます。・・・・が、
当然キーパーを付けてますから、シュートを塞がれると1本にはなりません。

 まずはウチの背番号“10”I君から・・・・
「おら~!走れ~ぃ!何のためにウチの“10番”付けてるんだぁ~!
 格好だけの10番だったら、また2年生にユニフォーム取られるぞ~!」

 「頑張れ~ぃ!、そんなんじゃ~あ~ 夏は走れないぞぉ~! まだまだあと8本~!」

・・・・てな、具合です。いきなり大声で始めたものだから、陸上部や野球部部員も
ウチの2年生もぽか~ん?・・・・えっ?・・・ という顔!

 シュート打っても入らず、またはキーパーにハジかれ・・・・延々と終わらない・・・
5分、10分と容赦なく私が叱咤激励?しながら、ボールをアチコチに出すものですから
追いつくのがやっと!・・・ヘロヘロになりながら、よろよろしながら・・・

 またそこに私から罵声が
「こらぁ~! この前負けた試合思いだせ~! 
日頃の練習態度が甘いから、こんな時に走れんだろうが~!」

「くっそ~!コーチのやつ!、覚えとけよ~!くらい悔しい思いで走れ~!!」

 昨日は夕日もとてもキレイ
もう、私にとっては昔の「青春ドラマ」そのものです。
 まさに夕日に向かってモクモクと走り、汗を流し、ドロだらけになりながら・・・
終わった瞬間、グランドに倒れ込み・・・・まで行きませんでしたが、

 部員による、拍手!でした。「おつかれ~ぃ~!」 
陸上部の女子からも私がずっとボールを投げていたので、
「コーチ!頑張って~!」と、思わず張り切ってしまう、ピンクの声援を貰い、
余計に、走らせた感があります。  でへっ!

 そして、同じくN君・T君・I君・H君と続き、
時間の関係で全員終了しませんでしたが、
「よくやった!~」と終わった後の、連続しての拍手! 
なにか昨日はチームとして少しだけ、1つになった感じがします。

 カタい人の見方によっては「体罰じゃないの?」と思われるかも?
いえいえ!・・・指導者(コーチ)の「心の成長」に絶対必要な、愛情表現です。

 部員の走り終わった後の、充実した笑顔?を見て頂ければ・・・お分かりです。
そしてまた、「コーチ!また今度も・・・」と志願した部員もいました。
また今回出来なかった部員からも、次回はお願いします・・・とも。

 昨夜、私はお風呂上りに「オムロン低周波治療器」を肩、腕、首と1時間掛けて
お世話になった事を最後にご報告いたします。

 いつもいつもお世話になっております。オムロン様!



 

「おい、おい!身体が硬いと絶対に骨折・ケガするぞ~!」何度言ったか。

 
Stretch / emilio labrador


 最近は部活時間に起きた内容が、翌日のブログ記事になって
もう話題が絶えない当サッカー部ですから?、当面は続くでしょう。 (笑)

 昨日も部活時間に行って、車から降りた時に、
ある3年生が「コーチ! 今日リハビリで病院に行きますから休みます。」

 「ん? どうした?」
 「この前、背中を痛めてマッサージです。」
 「俺が施術しようか?」・・・
 ・・・・・・・「いや!結構です。」とあっさり断られました。ごもっとも!

 今、3年生部員は1人が腕の骨折でギブス中、
1週間前に別の3年生は手首の骨折から復帰したばかり。
キャプテンが再度の肉離れを起こし、別の3年生は足の付け根付近の負傷で・・・・
 
 また別の3年生は成長痛?で足が痛いと!(嘘つけ!と本人には警告中!)

 どうも3年生の戦線離脱者が多く、まともな練習が出来ない状況!
昨日も部活練習に来た3年生は7人+2人(この2人は体育祭応援団で遅れた)

 すべての原因は、その離脱者全員が体が硬い事が共通しています。

 前屈で手が足の先に付かない・体を後ろに反らしてもウマく反れない。
座って足の開脚をしても90°開かない。・・「イタタタ!」・・・と悲鳴を上げる!
 反復飛びをしても、当然反応が少し遅れる。スタートダュシュが僅かに遅れる。
 
 体が大きくても、身長が高い子でも、体が柔らかいと反応は比較的速いです。

 過去のウチの例でもそうですが、骨折の原因が試合中の接触プレーで倒れ、
転び方が悪くて、手を、肩を、足の着き方が悪くケガ・・・・悪ければ骨折!

 それこそ柔道の「受け身」では有りませんが、体が硬いと体を守ろうという反応が遅いのです。
柔らかい子は、こちらが「大丈夫かな?」と心配する接触で倒れても、案外ケガもしません。

 これから先の気温が上がってくる時期は、さほど心配しなくてもいいのですが
寒くなる時期には極端にケガ・骨折が増えてくる。

 試合前や部活練習時間が取れる時は、ブラジル体操等で全員声を出す!
協調性を求める!で可動域を広げるためにも大いに取り入れていますが、
時間が取れない冬場部活はどうしてもアップの時間が取りにくい状況が続きます。

 当然、部員も寒いので士気が下がって、ヤリたがらない。
余計にケガするリスクが大きい。
 
 「お風呂上りに3分~5分でもいいから、毎日自分でストレッチをしなさい!」
・・・と言ってもやっていないのが現状だと思います。
大人でも続かない、意識が有るかどうかの問題でもあります。

 昨日の身長が伸びる件も同じですが、自分の体と向き合ってやっていく意識付けを
中学生年代にやっていかないと、高校年代部活になると動きがより激しくなり、
常にケガして治らない体状況を作りだす可能性は有ります。
 そしてケガで続かない・・・せっかく才能が有って特待生で行っても部活を辞めざるを得ない・・・と。

 そうゆう卒業生を数多く見てきました。

 出来れば小学生や低学年からでも運動の出来る、体が柔らかい子供を育てて貰いたいです。

 昔は「酢を飲んだら、体が柔らかくなる?」と言われていた時があり、
今でいう都市伝説的なものでも、部員は飲んでいましたね。(笑)
 最近よく飲む、私の黒酢は単なる健康のためですが・・・・

 最新医療技術でも体が柔らかくなるような、サプリとか薬とか出来ないのでしょうかね?

 今度ウチの部員に学校プール横の大きな木に登らせようかな?
足の掛けどころ、体の使い方で登れないかも?・・・

 出来れば今、流行りのポルタリングをやらせたい! アチコチの筋肉・体を使うからいいでしょうね。


・・・・・P/S
 慌てて追加です。 
保護者の皆様! 5月2日の部活向上討論会(飲み会!)・・・独断と偏見で3日に変更です。
ご予定を!・・・・会場は後日に連絡!





 

今まで出来ていたプレーが出来なくなる!・・・よくある話です。

 
Soccer / Wisconsin Department of Natural Resources


 昨日は私の仕事の都合で、夕方の部活練習には顔出しと副キャプテンに
練習の指示を出して、学校を後にしました。

 その中で・・・・・先週末の試合後、風邪を引いて3年生休みが2人・・・なに?
この私でさえジャンジャン降る雨の中、 ガタガタ震えながら主審して
手も凍えて審判カードに得点記入すら出来ない、アゴが寒さでホイッスルもロクに吹けない、
ドロンコなグランドに足を取られ、あげくには選手が蹴りあげたスパイクのドロが顔面直撃!

 そのなか走って行く老馬・・・いや老体にムチ打って・・・・走って何ともないのに・・・
普段の体調管理の意識の差か、まだ自分でコントロール出来ないのか・・・・?
しかし試合に出ていた2年生は、全員部活に来てたぞ!・・・・意識の差?
 
 そして1年生体験仮入部期間が今週末26日までですが、
なんと!その中に女子が4人!
このまま残ってくれたらいいけどなぁ~。でも何か腫れものにでも触るような気持ちです。

 実生活でも子供は男ばかり! 男だったらガンガン言えるけど、女の子なんて実感ないもので
グランド内でも大声で怒る時、叱る時は女子は別にしようかなぁ~・・・・なんて!

  日頃の練習や練習試合の中で「あれ?○○は最近プレーに精彩がないな~?」
「もっと○○はトラップが、ボールタッチがウマいはずなのに何で出来ないの~、出来なくなったの~?」とお思いの指導者の方もいらっしゃるかもしれません。

 事実、ウチの部員の中にも、以前までレギュラーメンバーだったのに、
今、そのメンバー中から外されて、控えに回って・・・・というのが1~2名います。

 プレーをしている本人は、普段通りのプレーをしているのでしょうが、
例えば、自分が思うようにボールが飛ばないな~?、いつもと同じトラップしているのに
何でハジくのかな~?・・・くらいなもので案外意識して気付かないものなのです。

 これは中学年代の背が伸びる時期に、一時的に起こりうる現象で
この前まで出来ていたプレーが、一時、出来なくなる事もままあります。

 先般3年生・2年生に、身体測定があった日に、1年前に比べて
どれくらい伸びたか、聞いたところ3cm?しか伸びなかった部員や
中には12cm伸びた部員もいました。

 仮に5cm身長が伸びたとしましょう。その5cmの感覚のズレがプレーの最中に
「今までこの辺りにボールを移動させて蹴れば、飛んでいたハズなのに!」
頭の中の感覚と5cmのズレが違う所を蹴っていた。

 本人はまったく今までのままですから、意識も何も感じないでしょう。
ただ身長が伸びた!くらいの感覚でしょうから。

 またトラップにしても同じです。5cm身長が伸びただけでも
当たる部分がズレて、違う所に当たっていた。
腰が引けていた! という感覚もあるのです。

 それが10cm近くも身長が伸びたら・・・・まるっきり違うでしょうね。
中学年代は急速に身長が伸びていきますから当然、
別名“成長痛”と言われる現象も伴います。

 心配も何も要りません。成長過程であることですから。
ただ、レギュラーを外された!・・・というハートの問題は
上記のような説明をしてあげた方が、心配せず納得するハズです。

 この時期に覚えた感覚は仮に60歳、70歳になっても
体が覚えていますから自然にボールに対して反応します。

 ウチの部員には、火が付いた言い方の方が 余計に本人のためにいいかな?

「○○君さぁ~、最近ウマくなってきて、オマエさんとポジションがダブるからさぁ~、
しばらくアイツを試そうと思うけど?・・・・いいかなぁ~?」

 これで本人のヤル気に火が付けばしてやったり、なのですが・・・・弱いもんなぁ~

 最近強いのは、保護者のハートの方だもんな~ぁ!
嬉しい事に、私にフォローしてくださる方が多くて~!    むふっ!


 Sな指導者(コーチ)です。 あはっ!

 

 

 

コーチとして足りない部分がたくさん出てしまった・・・ん!反省会開こう!

 
The Arctic Council observers meeting 02 / PolandMFA


 先週末の公式戦での、予想内?・・・いや、ある程度の覚悟はありましたが
予想外も含めての敗退でした。

 雨で気温が12~13℃くらいまで下がり、風も出てきて
グランドコンディションも最悪の雨の中、選手・審判までもが
ガタガタ震えながらの試合となりました。

 とは言え、相手チームも同じ条件です。その中でいかに戦うか
指導者としてチームを、個人を戦わせるか・・・・・残念ながら
それをさせる事が出来なかった私の責任です。

 昔ならば「切腹を申しつける!」・・・・と言われたでしょうし、
今ならば、即!解任!!・・・・・どうしようか?  サッカー以外趣味ない!

 昨日、日曜夜の「NHKサンデースポーツ」で、久光製薬バレーボール監督に
就任1年でリーグ優勝に導いた元日本代表、中田久美監督の指導について特集がありました。

 以前にも一部テレビで取り上げられていましたが、就任直後に始めたのが
練習後の体育館の清掃を全員で行う事。

 自分達が使う物を大事に、大切にする心を養う事。

 私も以前から、この辺りを口酸っぱく言っているのですが、
なかなかすぐに実行できるものではありません。

 先週、サッカー部が最終下校当番でした。
2年生部員一部が部活終了前後に各階段・教室の戸締りの見回りと
下校時の時間超過生徒の、指導注意が主な仕事です。

 その中で残る3年生と2年生で、部活練習の後片付けをしますが、
顧問のH先生が、人数が足りないからと2年生と一緒に
グランドでトンボ掛けしているのに気づく・・・・いや!知らないふりをする、
俺、関係ない!、俺達の仕事じゃない!・・・と3年生が異常に多いのです。

 さすがにキャプテンが気づいて交代していましたが
本来ならば、先を争ってでも「先生!変わります!」と言って良いほど。

 H先生には申し訳なかったですが、3年生の誰が先に動き出すか、
普段であれば、私からも「おい! H先生が今、何してる?」と注意を促しますが
今回は観察していました。

ん~! やっぱり自主性・協調性・積極性・助け合い・・・・

 まして自分のスパイク・ボールの管理・自分達の使用するマーカーやコーン、
そして部室内・・・・・

 全てにおいて足りないものだらけ。

 サッカーの技術指導だけでは、ウマくなりきれない部分が、
点を入れられても、協調、助け合い、まだ出来る!・・・というハートの部分が
今回は甘えとして出てきました。

 近々、「保護者によるサッカー部ヤル気向上委員会」を発足させて
第1回部活練習調査団による査察?視察?を検討したいと思います。  (笑)

 査察なので一気に乗り込み、現場を押さえなければなりません(何のこっちゃ!)

つきましては部員・子供達には情報が漏れぬよう口外禁止と致します。

 案内内容は、
 ゴミ屋敷か?・・・と見間違う部室内の現状・・・・・砂だらけ!、ゴミだらけ!
部員のカバン等荷物置き場における、まやかし?と誤魔化しの荷物の整頓状況。

 なおオプショナルツアーにて、コーチ同行案内の部員のシュートをバンバン外す?
練習風景も、今なら期間限定!特別価格にてご覧になれます。(笑)

 独断と偏見が大好きな指導者(コーチ)推薦?で、委員長に3年生O会長・副委員長にGK、Yパパ
同補佐2年生Iパパ・同じくHパパ・・・・(なんか“飲みに行こう会!”メンバーみたい?)
後は、同行保護者ご一行様!

 勝手ながら日時は5月2日(木) 部活保護者会終了後のグランド!
なお、パパさんお仕事時には委任状は要りませんが、ママの代理出席でもOKです。

 そして夜、各自、懸案議題を持ち込んで検討会を行います。(もしかしたらこれを飲み会と言う?)
なおこの検討議題討論会ご出席は、どなたでもOK!です。(飲みたい方、いらっしゃい!)

 公の場ではないので「soccer通信」では廻しませんが、
お誘い合わせの上、たくさんの方をお待ちいたします。

 当然、いつもおみえになる?方は来られるでしょうし、・・・そう!ブログ見ているあなたです。
いつもの2年生ママ連?は(パパ連もどうぞ、お誘いください)
来られるでしょうし・・・・・・あはっ!

 O会長! ご子息1号アルバイトバイト先でOK? 


 すみません。今日は先週負けた試合で、ず~~~~~~~~~~~~~~~と
尾を引いて、まだ何もサッカー関連のサッカー頭に成っておらず・・・・
こんな記事になって、飲み会のお誘いブログになっちまったゼイ!

 今日は仕事で夕方から打ち合わせのため、部活にも行けません。
あ~~~~~~~~あ! ショック!   
切り替え! 切り替え!・・・・・・・
 




 

%!*`#&!?~$*!!・・・・・わっけ(訳)わからん! 懲りない面々!

 
Angels with Scrolls / Waiting For The Word


 先般、ブログを見て頂いている保護者の方から
「最近、コーチの怒りが伝わってくる! 飲みに行かなきゃ!」・・・

 まぁまぁ ・・・言って頂いて有り難いなぁ~と思っていました。

今週末は大事な試合があるので、部員の多少の事は片目つぶってでも、抑えとこうかなぁ~・・・が!。

 やっぱり、“角が生えた可愛い?天使”に成り変わって・・・・・イカった!

 今週月曜日は部活休みでな~んにもなく無事平穏~(但し、携帯電話事件の発端!)
 火曜日はその携帯電話事件?に関わる話を初めて聞いて、イラっ!
 水曜日は3年生レギュラー1人体調不良?・・・で部活のみ休みぃ~? 
大事なフォーメーション練習が組めず ムカっ!
 這ってでも出てこい!・・・・そうゆう気持ちが大事!

また2人の3年生は遅れて、それも話しながら、笑いながら
ゆっくり歩いてグランドに向かっている!・・・・・・・緊張感無し!

 それで、グラっ!・くっそ!~ ばかたれ!

 そして昨日、木曜日での出来事!

 部活練習になんとか間に合い、用意をしてグランド方向へ歩いて行く最中、
3年生、1人が部活もせずに帰ろうとしていたので「おい!部活は?」・・・と聞いたら
「明日、試合前にマナーチエックがあるので、散髪で帰ります。」・・・・・はぁ?

 また別の3年生2人は、いつも部活練習中、ゴール横に荷物を置いている場所で、
学生服姿のまま、骨折して見学している3年生と話をしていたので
 
 「おい!着替えて部活練習しないのか?」・・・・と、これまた聞いたら、
「いや! あのぅ~・・・・散髪で帰ります。」


・・・・・・一気に どっか~ん  
 

 以前からマナーチエック有る事はわかっているだろ~!

 そもそも、散髪に行くんだったら、なぜ休みの日か部活後の夜に行かない?
 何時間も掛かるのか?~ 

 コーチがシュータんち借りて、バリカン持って5分で終わらせてやるよ!

 チームの事、仲間の事、フォーメーション練習の事、
一切何にも考えてない! ジコチュー(自己中心)じゃん!

 今週は大事だよ!って言ったよな~! 大事だからコーチも時間割いて
今週は練習の開始時間から、部活練習に間に合うように遅れないようにしてる!
 
 火曜日もそう、福岡市内で仕事だったから、部活に間に合うように高速道路使って、
お金払ってでも帰ってきて、君達との部活練習を一緒にやろう!・・・
と思っているのに、ましてこの3日間、それも3年生だけ人数も揃わず、
2年生レギュラーは誰1人休んでないぞ!・・なんなんだこのザマは!

 ついつい、コーチ大声度数(別名“天使のささやき”か“悪魔の呪い”)が「レベル5」のうち、
グランドで「レベル4」まで出してイカってしまいました。

 それを聞いて、3年生シュート君は残って着替えて練習を始めたので・・・エライ!
あとの2人はそれでも帰りました。・・・・

 この差は何なんでしょう?

 散髪に行くのに部活を休むってことは、子供にとってどうでもいいことなのでしょう。
しかし、大事な試合だ!ってこと気付かないのかなぁ~。

 ですから今週はレギュラー全員が揃って、フォーメーション練習を行っていません。

 自己中心的な考えも子供が小さな時から、親が教えないと修正が利きません。
親が自己中心的な考えだと、子供もそうなるのかもしれません。

 ちなみに「自己中」をWikipediaで調べたら

 「自分自身を物事の中心と定義して、世の中の物事を解釈する。
(本人がそれを自覚していない事が多い)
またそのような考えを元に他人の事を考慮しない行動をする性質の事」・・・

 なんかこれって、私の事も、当たっている!気がする!

そして最後に「そのような性格の人を“お山の大将”と呼ぶこともある」・・・まさに俺じゃん!

 読まなきゃ良かった!・・・・と自己嫌悪に陥りました。 (笑)

 
 人や時間の価値をお金だけで、悪い意味でのケチくさい考えを
親は教えるものではありません。

 例えお金が無くても、教える事はたくさんあります。
人を思う心、人を支える心、もてなす心、・・・これも大事な強い心です。

 3年生Kキャプテンが「チームがまとまらない!」で悩む理由が分かるなぁ~。
大丈夫! キャプテンだけの責任じゃないから!

 しかし、頼むよ~3年生!  明日だよ!明日!

明日、時間が空いてる時にO会長に説教してもらおう!


 


昨日の記事の反響が大きくて・・・・それも指導者(コーチ)です。

 
Coach / luisar


 昨日、外部指導者(コーチ)としての立場をブログ記事にした所、
大変にたくさんのコメントを頂き、反響の大きさにビックリ!しています。

「指導者(コーチ)をしたいのだけど!」「学校との確執が・・・!」
「指導者になったけど、仕事との関係であまり行けなく申し訳なくて・・・」
「保護者と連携がウマく築けない!」「ジュニアを卒業した子が気がかりで部活が心配で・・・」

 どれもみなさん1歩・2歩引いてからのお考えと行動で、
自分がお考えになった指導者像に伴ってなく、「こんなもんかな~?」と
半ば諦めて、今現在に至っておられる方もおられました。

 中には、「こう思っているんだけど、学校や保護者等が融通がきかなくて!」と
歯がゆい思いをしておられる指導者の方もおられます。

 実はある方に頂いたコメントに、お返事を差し上げました。

その中には、やはり指導の問題で部活に対する、歯がゆい思いをされて・・・

 それに対し、この地域の実績作りからの、ご返答をしました。

 今までの私達の地域での指導者実績、勝利主義だけではない、
部員や人(学校・先生・保護者)との、また指導者同士でもコミュニケーション作り等々で、
地域指導者の方々が、ご尽力され「これならば外部指導者制度もいいのでは?・・・」
という実績作りで、それが時間を掛けて県内に広がって行った・・・・事。

 しかしそこに至るまでには、やはり地域指導者みなさんが、
学校に対し、部員に対し、保護者の方に対し、同じような思いをされて、
時間がかかってもその困難・難局を乗り越えられた事。

 諦めず、腐りもせず、成長過程で心も体も不安定な時期でもある
中学生年代部員1人を育てる難しさ。
 技術があっても、心の奥に何か引っかかるものがある。(友達?学校?イジメ?勉強?)・・・
逆に陽気で元気がある、しかし技術が今一歩・・・・
それが1人ならず、何十人もいて・・・・・

 私達指導者もいくつになっても勉強だと、思います。
 
 いい勉強を、サッカーという好きな競技を通じてさせて頂く、
それも時には怒り・叱り、また時には一緒に笑って、1点差で一緒に泣いて。
りっぱな人生勉強を指導者という名のもとに、させて頂いている。

 地域の指導者のみなさん、ほとんどが無報酬で、自腹を切ってまでも
一生懸命に頑張っておられます。

 本来ならばこうゆう人生勉強は、お金を払ってまでもするべきことで
有り難い事に、無報酬でやらせていただいている・・・私の勝手な持論ですが!(文句あっか!)

 そうゆう思いを今後、外部指導者(コーチ)になりたい!という
若い世代につないでいきたいと思いますし、指導者を育てる、と言うのも
今の私達の今後の課題でもあり、仕事でしょう。

 以前にも書きましたが、中学生年代に指導卒業した部員が、
学校の教師・講師となって部活現場に戻ってきた事。
また同じように外部指導者としてやってみたい!と意欲有る卒業生がいる事。

 私にとっては嬉しい宝物です。例え学校が違っても、指導者対決!でいいじゃないですか。
お互いが切磋琢磨で、老若関係ありません。(私も負けると悔しい!タイプですから・・・)

 また数年前、卒業したOB部員、数名がグランドに来て
中学生に練習を教えてくれた後にコメントを求めた時、部員にアドバイスの一言。

「このコーチ(私の事)は、本当にウザい!です。ウザいけど、当時言われた事が
今になってよく分かります。今もウザいと思いますが、信じて付いて行ってください!」

 ・・・・なんちゅう!ヤツかい!・・・と嬉しく?思いました。

 こうゆうOBもいますので(笑)
外部指導者は、忍耐と感動と人生勉強を積極的に進んでする!・・・・
これだけでどなたでも十分出来ます。







部活動外部指導者の位置と立場・・・境目・線引き?

 
Blues Brothers Soccer Coach / mikecogh


 今朝、私が部活動外部指導者(コーチ)として、
指導している中学校に行ってきました。

 先般来に教頭先生にお願いしていた件が実現し、
意気揚々と、ここはビシっ!とジャケットを着てキメて
朝の職員会議途中の先生方の前で、挨拶させて頂きました。

 毎年4月に先生方の異動で、数名の先生が新たにお見えになりますが
お互いの存在をその先生方も、私も知らない!では、挨拶も出来ない、
“この人、誰なの?”と思われてもいけないと思い、
出来れば新任の先生方と、ご挨拶をさせて頂き、
知っていたい、との申し入れをしていました。

 それで昨日に「今朝にしましょう。」、という事に決まったのですが、
てっきり私は新任の先生方数名と、職員室前廊下とか職員室内で
簡単な自己紹介くらいで、と考えていたのですが
職員室上座中央にて、全先生方も立ってお迎えを頂き、こちらが緊張しました。

 実は部活動外部指導者(教育職員外指導者)の学校内外での立場、位置が
微妙なところにあるので、外部指導者になられても
「どこまで突っ込んでやれば、教えればいいの?」と戸惑われる方もいるかもしれません。

 当然、学校の先生では有りません。無報酬の方がほとんどでしょう。
部活動指導だけに専念、それ以外は関わらなくても・・・・・でいいのでしょうが
部活保護者の方、また部員から電話連絡や相談、挨拶・礼儀・生活指導等々・・・・

 結局は学校の先生、顧問の先生以上の事を、部活指導のみならず
いい意味でやっておられる外部指導者の方も、日本全国に大勢いらっしゃると思います。

 (残念なことに、せっかく良き外部指導者の方がたくさんおられる中で
いわゆる「体罰問題」で外部指導者の地位・品格を下げられる方もおられますが。)

 学校や保護者に取ってみれば「いや~!とても良い指導者(コーチ)です。」と
言って頂ける分には、指導者冥利に尽きますが、
ある部分では一緒にやりましょう!と盛り上がっても、またある部分では外部指導者だから、
と、学校行事や学校内でも線引きされている部分もあると思います。

 極端な私だけの例かもしれませんが、
体育祭や特に指導した部員の卒業式、その他行事等に
1度もお声を掛けて頂いた事はありません。

 仕事の都合や「いや~ニガテです。」と言ってお断りするかもしれませんが、
「お声すら掛からないのか~」・・・なんて寂しく思う事も過去ありました。

 来賓でエラい方が参列されますが、少なくとも俺の方が学校に出入りしてるぞ~!と
空に向かって、自分の唾を吐いてます。

 これが境目なんだろうな~と。

しかし市町村・学校によっては「来て頂けますか?」という所もあるかもしれません。

 蛇足な話ばかりですが、
それが今回、十数年来の中で初めて学校内で「外部指導者」として紹介頂いた事なのです。

ただそれだけの・そんな小さな事か?・・と思われるかもしれませんが、大事な事なのです。

ですから今日は職員室に響き渡るような“天使の美声”で?自分をアピール・・・してきました。

 私を周知の先生方は多いのですが、その中で勝手に職員室にふてぶてしい?態度で
入って行き、サッカー部先生の横に座っているあのオッサンは誰なの?・・・と
思われる方は、今日からいなくなるでしょう。

 苦節、外部指導者となって十数年来のやっとの思いが、
昔、奥さんに告白した時のトキメキと同じ感動が、思いだされました。
・・・・(と、日記には書いておこう!)

 何だかんだ、言ってもサッカーで1点取る事にこだわる感動を、みんなで味わいたいたい!

 そんな思いをしたいがために、外部指導者(コーチ)になり、
部員や時には保護者の方にまで、日常生活から挨拶等々その他多くに口うるさく、
「イヤなやつ!・めんどーなコーチ!」と思われつつ、私も日々精進!をモットーに

 部活動外部指導者(コーチ)は面白い!










 

 今日はサッカー記事になりませんでした。  あしからず!

  
Sleeping / Moyan_Brenn


 昨日から今日に掛けて、私も部内でもいろいろあったようです。

 今日午前中に、先週末に亡くなった“愛犬コロ”の火葬をしてきました。
家から15分程度の所に動物霊園があり、人様並みにお経を上げて、
火葬してもらい、時間にして2時間強。・・・料金も・・・・・!!・・・・

 で、その後福岡市内で仕事と商品の引き取り等で、会社に着いたのが
16:30・・・・やばっ!・・・・部活・部活!とそのまま着替えもせずに行きました。

 で、昨日いろいろな事があったようで、記事にすると今日寝れなくなりそうなので、

今日はこれでお開きにさせていただきます。サッカー記事にならなかった~


  ・・・・・今日は疲れました。・・・・・

 


闘争心を呼び起こせ! 甘えを与えるな!・・・保護者へのメッセージです。

 
WAR CRIMES COMMITTED BY BOTH JAPAN AND USA / roberthuffstutter


 昨日はアウェーで練習試合を行いました。
今週末に市長旗杯があるので、見極め最後の練習調整試合です。

 他の中学校チームは順調な仕上がり状態は、目に見えて良くなってきているのに
なぜ?・・・と思うくらいにウチはパフォーマンスが上がらないのかなぁ~???

 考えられる理由はたくさんあります。
そのほとんどが3年生理由で、本当に3年生保護者の方には申し訳ないくらい!

 試合当日もそうですが、集合時間に遅れる! 連絡も無しに勝手に休む!
また日頃から部活練習を休む、部活に遅れる部員の口実がすぐバレる!・・・・・(笑)
昨日もスパイクを忘れて、家に取りに帰った部員がいたりと。

 毎回、前日もしくは以前から口酸っぱくして言っているのが、
“スパイク・レガース忘れない様、試合前日、家に帰ってすぐにバックに入れとくように”
“人の物を借りるようでは、例えウマくてA戦にでる者でも試合には出さない”

“ウソついて練習を休むくらいだったら、正々堂々とハッキリした利用を言え!
「今日は練習したくないので休みます!」「家でゲームする日なので休みます!」
・・・そっちの方が気持ちがいい!”

 まだまだ、部員の気持ちが上がらない理由はたくさんあります。これでもかっ!てくらい。
気持ちが上がらないのと同様に闘争心が無いのです。

 “何で競り合わない!”・“何でボール取られたら取り返しに、奪いに行かない!”
毎試合、必ず言います。言わない試合は無いくらい。

 そのうち疲れてきたらボイスレコーダーに録音したヤツを、
試合中にボタン1つでピッ!・・・・楽だろうな~

 私達世代は一家に兄弟も家族も多かったので、生まれた瞬間から全てが闘争?でした。(笑)
食べ物も今みたいに「おやつ」も少ない時代です。

 みかん、リンゴ1つにしても、やれ!あっちの方が大きいだの、量が少ないだの!
切ったリンゴ1個は口に入れ、両手に1個ずつ持って逃げる!
 例え母さんの分まであっても持って逃げる!

 先に取られたらケンカ越しに行くと頭抑えられて、転がされて、それでも必死に抵抗し、・・・・
食べたいがための、奪うための権力闘争?でもありました。

 それを黙って見ていた、親からはゲンコツをくらい・・・・日常茶飯事の良き時代。

 またよくある話ですが、私には3つ下の妹がいて、
中学後半~高校生くらい?に、部屋の机の中に今で言う・・・昔もか?・・・・
つまり成長期に必要な?・・・いわゆるHな本を妹が掃除中見つけてからは、

 妹が天下を取ったかのような喜びと、しもべになり下がった兄貴と・・・・
何かしら「母さんに言うよ!」・・・・が私に対する殺し文句!
おやつにしろ、何にしろ優位な立場を奪われた、牙を抜かれたライオン・・・・?

 それ以来妹に対する闘争心は、時代を経た今でも奪われたままですが?、
子供達には、それでも教えなきゃ!・・・・・・と。

 そして教える内容も「例え兄弟でも負けるな!」が決めゼリフになっています。

 またまた話がアチコチと・・・・

 やはり最近は兄弟が少ない事と、なんでも手に入る飽和な時代でもあり、
また親がキチンと1個づつ公平に振り分け、時には駄々をこねれば
兄弟各自に買ってくれるゲームやおもちゃ、小学校では競争させないようにさせたり、
闘争心も忍耐力も無くなってくるのも、当たり前かな?と思います。

 ウチの息子3人兄弟には、おもちゃを買ってあげた・・・という記憶があまり有りません。
妻があまりおもちゃを買わなかったと言ってもいいのかな?
仮に長男に1つ買ってあげても、長男は大事にして遊び、次男がそれを壊して遊び、
3男がその壊れたおもちゃで遊ぶ・・・・ウチの自然な成りゆきでした。

 つい先日も3男が引越しの準備中に会話して発した言葉が
「俺!おもちゃ買ってもらった!って記憶は、クリスマスの時くらいしかない!」

 ですから、当時流行っていた超合金○○のおもちゃはないし、カード集め?もないし
あったのは今で言うリバーシとサッカーゲームと
おじいちゃんと息子達が対戦していた将棋くらい?

 それで闘争心・忍耐力と鍛えられたようです   (笑)

それ以外は毎日のようにサッカーに野球に木のぼりに・・・遅くまでやっていました。

 どんなスポーツにしろ、これから社会に出ていくにしろ、その前の学生にしろ
競技や社会で生き抜くため、受験に勝つため闘争心と忍耐力は必要で有るはずです。

 それを今まで生き抜いてきた、勝ち抜いてきた親が、
自ら闘争心と言う“ハート”を育てなくなっている?
「いいよ! いいよ! 大丈夫だよ!」で甘やかし、
 
それってなにか矛盾がありません?・・・ということです。

 中学生年代までにそうゆう風にしつけられてきた部員は、
技術やテクニックがあっても、最後のところで甘えが出てきます。

 まして眠っていた闘争心を呼び起こすには、この年代になると難しくなります。
 
 サッカーで闘争心が必要な事はみなさんお分かりの事ですが、
コーチ(指導者)でも闘争心を芽生えさせるのは一苦労です。






 

ナーバスになっても、部活と授業参観と・・・・気合と・・・・

 
Soccer goal / ewiemann



 今朝、奥さんからのメール「コロチャン! おそらへいきました。悲しいです。」
愛犬“コロ”・・・シバの雑種・オス・15歳7ケ月の生涯を閉じました。
ウチの家の番犬として、しっかり役目を全うしてくれました。

 本当に本当に家族の一員だったので、来週手厚く葬ってあげたいと思います。

 ちょっと今朝は、ナーバスになってしまいました。

・・・・・・が、サプライズで今日、中学校に部員の授業参観に行ってきました。

 3年生~2年生と各クラスに約5分前後の短い時間でした。
顧問のH先生に言っていただけなので、他の先生方からも
「えっ! コーチ!どうされたんですか?」・・・・むふっ

 当然、教室内で授業を受けていた部員は「・・・・!・・なっ、何でコーチがここに?」
みたいな顔していました。・・・・してやったり!

 保護者の方にもお知らせして無かったので、教室入り口で「えっ! 何事ですか???」

 午後から部活練習です。今日は部員に“魂”を注入してもらうために
サッカー部O会長自らのご出陣を頂き、部員にご伝授いただきました。

 3年生、2名が13:00練習スタートに遅刻です。
彼らはグランド10周ランニンングからスタートです。

 明日が練習試合、来週が公式戦と言うのに、緊張感が感じられません。
明日はいつもの練習試合とは違う! 今日の部活練習も違うぞ!と予告していたのに
このザマです。

 約2時間強の練習でしたが、最後に3年生を残して言いました。
 「君達より、今日来て頂いたOさん、H先生・コーチの方が、勝たなきゃいけない!・勝つんだ!
・・・という気持ちがあるから真剣なのです。神経がピリピリしています。」

 「キツい!・だるい!・士気が無いもの!やりたくない者は去ってくれ!辞めて貰って結構!」

「絶対に勝つ!・・・その情熱ある者だけでいい! 変わりは2年生にたくさんいる!」


 明日は試合内容にこだわります。 絶対にこだわります。
いつものコーチじゃない! 甘い顔しないコーチになります。
コーチ(指導者)が勝負にこだわっている所、部員にお見せしましょう!

 ただし、いつものコーチですから、逃げないように・・・・(別に噛みつきません?から)
保護者の方はいつものようにお願いします。



 

今日1日、コーチ(指導者)の部活反省ノート?

 
Red Carpet / Alan Light


 何か調子がいい日には、ブログ作成してます。

 記事にした今日の部活紹介の件、3年生に聞くと
「良かったですよ。」「ん~!まぁまぁ・・かな?」

 2年生に聞くと「・・?・・無言・・」 「・・・イマイチ!」

賛否両論です。

 しかし終了後は、すでに10人近くの1年生が学生服のシャツ姿で
体験入部らしからぬ、ミニゲームを3年生2~3名と行っていました。

 体操服を持って来ていない・今日は帰ります・途中で帰った・・・を含めると
やはり20数名の入部希望者か?・・・そしてそのミニゲームしていた近くで
女子が3~4名程見ていましたが・・・・・・

 おっ!・・・・おっ!・・・・・待望の女子部作る時が来たか?

 今月26日が部活発足会で、それまで体験入部が出来るそうです。

 ぜひ保護者の方で、お知り合いや知っている1年生がいたら
夕日に向かって指を差し
「M中学校サッカー部で世界を目指そう!君なら出来る!」と
涙を流しながら  勧誘をよろしくお願いいたします。  (笑) 

 と、しばらくして素敵なゲストが部活練習にお見えになりました。
本当なら赤い絨毯(red carpet)・・・・(爆笑!レッドカーペットじゃないぞ!)を引いて
お招きしなければいけなかったのでしょうが、予算の関係で今年度は見送りです。

 しばらくゴール裏で練習風景を見ながら、お話しておりました。

どうぞ、いつでもオープンな部活ですので、保護者の方は遠慮なさらず
練習風景を見学に来てください。
ただし、レッドカーペットは有りませんが、キーパー練習用の人工芝は有りますので。
 
 私がブログにする記事の内容が分かるほどの、
他愛もないコーチと懲りない部員の面々!の部活練習風景です。

 さて明日、土曜日は2時間授業の授業参観日になっています。
部活練習は13:00~2時間程度で中身の濃い・・・練習だぁ~!

 その前に・・・・・むふっ・・・サプライズな事で部員を驚かそう!

 顧問のH先生には、内容を伝えて「コーチ! それ最高です!」

明日をご期待ください。   今夜眠れそうにないかも?





 
 
 

入部希望者と部の存続のためにもキチンとやろうよ!

 
Juggling / NathanF


 部活練習が始まると、何かしら問題や話題で尽きることなく、
春休みで枯渇寸前だったブログ内容記事が、またまた一気に増えました。(笑っていいのか・・・

 今日、学校の5・6時限目に新1年生に対する部活紹介があり、
各部活共、趣向を凝らしたアピールで入部希望者を募ります。

 中学校に入って何かの部活に入りたい!・・と言うのは
すでに大半の1年生は決めているでしょうが
中学から競技や文化部等、始める1年生も多いはずなので
ここは是が非でも、また1人でも多くの部員導入をお願いするためにも
絶対的なアピールが必要なところです。・・・(人数により部費も変わります。)

 実は先週、Kキャプテンより「コーチ!来週部活紹介があって・・・」と
聞いていました。キャプテンも何か相談したいような素振りでしたが
今まで部活紹介等は本来顧問の先生方が、対応されていたので
今回も「ああ!そう~。」くらいしか思っていませんでした。

 で、今週初めにキャプテンから、部活紹介の内容文章等の流れだけは聞きました。

・・・が!・・・また、・・が!・・・です。

 昨日、「おい!明日の部活紹介の件、大丈夫か?」と3年生数名に聞くと
「○○が紹介の時に、ステージ上で行うリフティングはイヤだ!とか、
 △△が俺はしたくないから、後ろで見ておく、とかまとまりません。」

 「おい!おい! 大丈夫かよ? じゃあリハーサルやるぞ! 
  でも各自、何をするのかくらいは決めてるんだろ?」

 ・・・・・もう、見ていたら中学生ですから大雑把!、おおざっぱ!
聞いたら、使った道具片づけまで入れて、1部活紹介時間は2分30秒!

 グランドにマーカーを置いてステージに見立て、練習です!!

 もう、とても部活指導、練習どころじゃない!状態!!

 誰がボール何個手に持って、ミニゴールは誰がどこに置いて、
出場人数の並び方、立ち位置から、紹介文章はこの位置でマイクを持って読み、
ボールの置き場所、リフティングをどの位置で行う、
ココで拍手を貰う、1対1をここで行って、最後はこの位置で全員が挨拶・・ etc・・etc・・
 
車のetcの方がもっと気が利くぞ!・・(今日はまだオチがありませんのでこの辺りで1発!)
                   そうゆうオチャラケなコーチなんであしからず!

 何でコーチが部活紹介のリハーサルに付き合わされるの?
それもタイマー持って、2分30秒測って!

 昨日は木曜日で唯一、横のグランドでやっている少年野球が練習休みの日で
本来ならグランド一杯使っての、大ゲーム出来る日なのです。

 せっかくグランド広々と使って、3年生中心のA戦組で
市長旗杯に向けたフォーメーション練習をしようと思っていたのに・・・・! 

 仕方なく、3年生はリハーサル、2年生のみが自分達でゴール等用意させて
2年生だけが、楽しいゲームをやっていました。

 サッカー部のすぐ横では陸上部も男女共、同じようにリハーサルをやっています。
ここは女子キャプテンが常日頃キビキビと動きまわり、
日頃の練習も男子を含む全員をうまくまとめていて、陸上部顧問のA先生の信頼も厚く、
私も以前「ねぇ? サッカー部のキャプテンにならない?」と
スカウト?までした女の子なのです。

 陸上部のリハーサルは、さすがに見事なものです。

結局、部活練習終了ギリギリまで掛かり、3~4回リハーサルをこなしました。 

 やって良かったと思います。このリハーサルをやらなかったら、
「ステージ上でドタバタして、サッカー部は何をやったの?」・・と言われる所でした。

 顧問のI先生・H先生に恥をかかせる訳にいかんでしょう!

 これで今日の成果期待をして?、入部希望者が1人でも増えるように、
今日は気合で頑張れ~

 ・・・・あ~あ! 要らぬ事で疲れた~・・・・・

                          by 演劇指導も?するコーチ








「待つな!、常にTRY!・TRYだ!」・・・意識改革が必要です。

 
Nice try! / danr0ts



 来週行われる市長旗杯に向けて昨日3年生は、あらゆる方向から出されたボールに対し、
必ずゴールを意識し、シュートをする練習を行いました。

 サイドからの少し強めのパス・浮いたボールをトラップし時間を掛けない・ヘディング等々
これを左右からのボール配給と左右の足でシュートまで。

 これを時間を掛けて行いました。・・・が!・・・・が!・・・相変わらず・・・が!です。
(最近何があっても驚かなくなった自分がコワイです。)

 絶対にシュート決める!・・・・の意識がまるっきり見られません。

 自分がうまく打てる体制までボールを待つ、自分からボールを迎えに行こうとしない、
 先にコントロールしようとしない、GKを見てないからキーパー正面・ボールが枠にいかない。

  結局は今まで通りの堂々巡りの怒る事になる。
「絶対にゴール前は相手も詰めてくるから、ボール待ってたんじゃ先に取られるさ!」
「無理な体勢からでもシュート打つ意識が無い!」
「キーパーにシュートしてどうするの? キーパー見えたらインサイドでゴール隅に押し込め!」
「競り合いを怖がってたらサッカーにならない! 競り合いを怖いのは相手も一緒!」
 
 そしてそれらのことを、指示・注意しても聞いているのか、聞いていないのか?

 2年生に対しても、今度入部してくる1年生に対しても同じですが
私は「出来ない事」に対して怒ったり、叱ったりしません。

 リフテイングが1回も出来ない子に「なんで出来ないんだ!」って怒れますか?

 出来ない子には、まず地面にワンバウンドさせてからでもいいから10回続けよう!
10回出来る子には、じゃあ30回続けれるまで頑張れ!
100回以上出来る子には、とりあえず1000回を○月○日まで出来るように頑張れ!

 当然、リフテイング1つにしても出来る子・出来ない子の要求度は違ってきます。
それが努力させる事であり、努力によって「出来る!・出来た!」という自信を付けさせる事なのです。

 ですから私は「出来る」のにしない、また「なぜ?と考えようとしない」事に怒ったり叱ったりします。
部員に対して「じゃあ、どうすればいい? どうしたらいい? 自分で、自分達で考えろ!」と
突き放す事はよくある事です。一辺倒な答えは安易に出さない主義です。

 考えて考えて、そして悩んで言いに来た時、聞きに来た時にヒントを与えます。
ましてサッカーも勉強も答えは1つではありません。
私達指導者も部員から言われた事に「そうか!それもありだよな!」と思う事しきり。

 今の子供、若い人は我々古い人間と違って「指示待ち」「答え待ち」が多いのです。
全てとは全員とは言えませんが、見ていても「答えを待ってるな!・指示待ってるな!」が
分かるのです。

 ウチの2年生部員H君! 彼はレベルの高い聞き方をしてきます。
技術・テクニックと県トレセンクラスでしょう。

 しかし彼の聞き方・質問に対しても
「MFはお前さんに任せてるから、まず自分でどうしたいか考えろ!」としか言った事ありません。
そして、どうしても?と聞きに来た時に、3年生への指示・チームを盛り上げる・
俺のチームだ!という意識・・・をヒントとして与えたくらいです。 

 その中で、いっぱい・たくさん積極的な失敗をどんどんして、経験を積ませた方が
場数を踏んで、次に活かせるのです。
 そして今、彼はそのポジションを不動なものにしています。
それでも常にハングリー精神旺盛です。(これが大事!)

100回失敗しても101回目に成功するかもしれない。
かの、トーマス・エジソンの名言に

 「私達の最大の弱点は諦める事にある。

 常にもう1回だけ試してみる事だ。」


 私達、大人にも響く言葉です。
「soccer通信」にも、TRY!・TRY!・TRY!を常に掲げています。

 TRY!する気持ちを忘れてはいけません。
 
 保護者の方も遠い昔? お母さんに、お父さんにTRYしたから今があるんでしょ?(笑)

 さて余談ばかりで、相変わらずの長々とですが、ここは1発!

 3年生の試合に対する意識改革・・・当サッカー部、O会長のお出まし、出番かな?~





「勝てるアスリートの食事学」から、朝ごはんの大事さ!

 
fd-bnk.west-end.non-disabled.vegetarian.2011-nov-16.1200x900 / vancouverbcfoodbank


 今日は嬉しい事にウチの保護者の方から、励ましのコメントをたくさん頂きました。
ですから1日2つのブログ作成なんて、多分最初で最後・・・? 
いや、今後4年に1回有るか無いか・・・・ん~ わからん!

 お礼に次のアドレスを開いて頂ければ・・・

 これは中・高校生のスポーツ競技選手部員が「体を大きくしたい!」という
元に書かれた記事です。

 どうしても体が小さい、細いと保護者の方も何かと気になると思います。

素晴らしい内容だったので以前から「お気に入り」の中に入れておりました。

 http://www.japantopleague.jp/column/nutrition/nutrition_0045.html

 (コピーして貼り付けてください。)

 実はもう4年くらい前の記事なのですが、
社団法人 日本トップリーグ連帯機構(JTL)の記事で

 (株)レオックジャパン スポーツ事業担当管理栄養士の河谷彰子さんが書かれた
「勝てるアスリートの食事学」という内容で、
ぜひ保護者の方、中・高校生も実践してほしい内容です。
なにも難しい事は書かれていません。

 「アイスより冷凍バナナ・・・」

 何をするにも、今までと違う事をするには、そこに強烈なエネルギーが必要です。
これを見て頂いて、朝10分でも早く起きて
まずそこにエネルギーを注ぎましょう。明日からでも出来る内容だと思います。

 子供任せ、親任せにせず、まずは3日間取り組んでみる事!
そして1週間、2週間・・・・1ケ月・・・・

 そりゃ変わるでしょう!

 朝食をしっかり摂取する子と、取らない子の成績の違いは明白です。
スポーツでも寝坊して朝食を取ってきてない日は「あれ? いつもの動きと違うぞ?」と
はっきりパフォーマンスが違います。

 まずは実戦・実行からスタート!



はっきり言わせていただきます!・・・その考え、親が間違ってる!!

 
IMG_9867 / OttoKristensen


 昨日から部活指導再開!・・・・・です。
昨日朝から、「部活に行ける!」というウキウキ・ワクワク遠足気分の
単純・単気筒・単細胞のコーチ(指導者)でしたが、部活終了間際まで
仕事が終わらず、結局部活終了40分前に行きました。 


 グランドでは数チームに分かれミニゲームを行っていました。
3年生VS3年生・3年生VS2年生・2年生VS2年生・・・・

 10分マッチ、もしくは2点先取勝ちの5対5でのゲーム。

 遅い時間だったので、あまり口出しせずゲームを見ておこうと。

 だから部員の数名は私が来た事が分からず、部活終了後に
「あ!コーチ、こんにちは!」・・・の挨拶でした。
 普段だったらグランドの何処かしらで、悪魔・・・いや!天使のささやきで
私の存在を気付くのに、おとなしくしていたので解らなかったようです。

 これからは変装でもして、グランド隅で観察しとこうかな? 
時には女装して・・・・・・・・ひぇ~

 試合をしている合間に、待っているチーム部員同士の会話です。

「お父さんから“お前が試合に出るんだったら見に行く、出ないんだったら見に行かない!”
 ・・・・って、この前言われた。」

「微妙~!な、とこ突くよな~」

・・・・てな会話が、私の横で話始めました。 

 さて、どう思われますか? 
まぁ普通の保護者の方だったら、正当なお言葉でしょう。

 試合に出始めた・・・から、見に行こう!

同じように、勉強ヤル気出始めた、から、ご褒美をあげよう!

 “・・・たら・・・” “・・・れば・・・” これもよく言われる、タラレバ結果現象言葉なのですが
部員の会話内容は、親の、保護者のあくまでも一方的な上から目線なのです。

 私が部内で出している「soccer通信」やブログにも「どうぞグランドに足を運んで応援を・・・」と
いつも保護者の方にお願いするのは、部員や子供と一緒に応援してもらい
ハラハラ・ドキドキ・一喜一憂して、時には勝って笑い、負けて泣き、
子供も保護者も我々指導者も、一緒になって成長して貰いたいから
お願いしているのです。

 ですから私は試合に応援でお見えになった保護者の方には、
子供に見つからないようにとか、遠くで試合観戦するのではなく
「どうぞ、ピッチサイドや選手席裏で、試合を見てください。」
「選手と一緒に、私達指導者がどんな指示、叱り、指導をしているか
 一緒の雰囲気で見て、感じてほしいです。」
と、言っています。

 以前は遠慮がちな保護者の方も多かったのですが、
最近はベンチ後ろに殺気 とプレッシャーが・・・! いやいや
 「ゴルゴ13」になった気分です。
 
 こうゆう事で一緒になる機会がないと、親も成長しません。
それも僅か数年です。試合にしたら何日でしょう。

 仮に自分が試合に出ていなくても、子供は親が試合を見に来ている事は分かっています。
子供心にも、「親に良いとこ見せよう!」と思って一生懸命頑張っているのです。
努力をするのです。 努力をすることで全てに実を結び・・・・となるのです。

 そして私達、指導者も「あの、保護者の方は?どなたの?」・・・と聞いたりして、
人情的にも、その子を試合に出してあげたいじゃないですか!

 それが今の2年生数名がその機会を得て、ウマくハマって「レギュラーとったど~!」
となったのです。

 だから「試合に出なくても試合観戦・応援に行きましょうよ」と 大きく 言いたい! (小心者!)




 

入学式とお金と食事と・・・・・関係ない?

 
Money / 401(K) 2013


 昨日にも記事にしましたが、今日は市内中学校の入学式です。
朝9時過ぎに仕事に向かう途中、保護者の方に連れられた新1年生が
ちょっと大きめの、真新しい学生服が歩いている光景があちこちで見れました。

 「今の2年生も3年生も、入学時はこんなんだったんだろうなぁ~」なんて。

 ウチのサッカー部員も入部時は、ほとんど小さいイメージしかありませんでした。

 仕事で遠方や打ち合わせ等、また夏休み等の長期休暇以外の
夕方の部活練習時間には、ほとんど顔を出していますので、
さほど大きくなった!というイメージが湧きませんが、
先般、気にかけて見たら“ん~、やっぱみんな大きくなってるわ!”

 3年生なんか、170cm超えが6~7名? 2年生もこの1年で10cm強
身長が伸びた部員もいました。

 以前からブログ内でも、またウチのサッカー部員と保護者向けの「soccer通信」の中にも
ご飯の量が少ない、という事を載せました。

 おかげ様でウチのご理解ある、保護者の方はすぐに実行して頂き、
翌週の練習試合時のお昼弁当は、御飯の量を増やして頂きました。

 しかしまだ全員ではなく、一部の方だけであって、
部員が「soccer通信」を見せていない?ので、保護者の方が知らないのか、
「うちは関係ない。」と思われているのか。

 とにかく中学生~高校生は、一番お腹がすく年代です。
常に何か食べている、さっきご飯食べたのに、もうお腹すいた?・・・・
・・・保護者の方も経験有るはずなのです。 いつの時代でもこの年代はお腹がすく!

 今のご時世、アベノミクスで株高・円安・・・・見た目は期待できるのでしょうが、
まだまだ一般庶民の所得にはすぐ反映しません。
 
 それでも子供を家族を養うためにも、保護者の方は汗水流して働かねばなりません。
まして育ち盛りの子供がいる家庭は「量を減らせ!」とは言えません。
 たとえ10Kg¥3000~¥4000円のお米を、
¥2000円のお米に変えてでも、育てていくのが親の務めであり、義務であり。

 そうは言っても食費はかさむ、塾代もばかにならない、
子供が2~3人いたら本当に大変です。
これに身内に病人でもいたら薬代・病院代・・・・

 仮にお米を安いものに変えても、子供は何ら感じないかもしれませんが、
ウチの家庭の現状を知らしめておく、必要はあると思います。

 お金があればなぁ~!  宝くじでも当たらないかなぁ~!・・・誰でも口にする愚痴です。

 本当は学校での授業に、本気でお金のノウハウ、稼ぎ方?、
例えば生活保護受給を受けると、こんなデメリットがある。ローンで破産したら?
・・・なんてお金の大切さ、怖さをこの年代でキッチリ教えていないから
社会に出てお金で失敗!・・・・多いと思うのです。

 1ケ月に1度でも2度でも専門家を講師に招いて、先生も勉強してもらう・・・一石二鳥です。

 お年玉をたくさんもらった!・・・ん!だったら勉強のために
何かしらで運用する機会を与えて、増えた!・減った!・・・実践勉強でしょう。

 そうしたらもう少し子供達もお金の大切さ、食費・食事の大切さ、ムダをなくす等々
大事な事が今以上に理解して、そして次の世代へ教えてくれると思います。


 またまた余分な話になりましたが、今年何人、サッカー部に入部してくるか?
・・・・今からコーチ(指導者)はウキウキです。
 
 またしっかり食事して、体力作りから始めましょう。








 

躾?・指導者の役目?・・・・ごちゃごちゃのブログになってしまいました。


On the Pitch / robinrimbaud


 先週末の始業式で、中学校今年度生活が始まり
今週から子供達も本格的に色々動き始めます。

 早速、明日が市内中学校入学式のため、本日は入学式準備で
夕方の部活練習は無し。

 明日は夕方近くから部活練習です。

 毎年どこの中学校でも、どの部でも「今年は何人くらい入部するかなぁ~?」と
指導者は気がかりになります。

 3~4年くらい前までは、毎年当サッカー部も1学年7~8人と
「う~ん! 厳しいな~」なんて時もありました。

 お分かりのように、テレビアニメやオリンピック・サッカーW杯・WBC野球・・
等々の競技に影響されて、
翌年にその関連する部活に どっ! と入部があったり
左右される時期もありました。

 しかし最近は毎年15~20名近くが、コンスタントに入部してくれて嬉しい限りです。
後はこれに実力が伴えば、まだ入部希望が増えるだろうし部費も増える? (笑)

 今日、当サッカー部保護者の方からうれしいコメントを頂きました。
このブログをご存じのウチの部活保護者の方から、まだ頂いて無かったので、

 繰り返します、  「まだ1回もコメント頂いてなかった!」  ので(催促ですよ~)

 本当にうれしかったです。 (もし他の方に読まれたくなかったら非公開コメントでもOKです。)

 なにせウチの部員と一緒で、おとなしい保護者の方も多く?、
ブログ観戦のみの参加・・・ではダメです。

やっぱ!本音で話しましょう。 これでO会長・I君パパさんと飲みに行けそ!
(どなたでもいつでもどうぞ、お誘いください。)

 毎回話がすぐ逸れるコーチです。

 さて、その頂いたブログの中でコーチ(指導者)の役目は、
やはり1人の大人として部員を見守る、と言う事です。

 毎年、入部してくる新1年生に言うのが
「3月まではバスや電車は子供料金でよかったけど、
 中学生になったら大人料金を支払わなければいけません。
 同じように、部活でも君達を大人扱いでコーチは見ますから、
 時には厳しく叱られる事もあるからね。」

・・から始まり新入部員には毎年「サッカー部へようこそ!」と規律内容を書いた文面を渡します。

 成長するための食事や挨拶の大切さ・宿題、提出物の件・・・等々、

 当然、成長する段階で大人として見ていかなきゃいけないし、
責任感・忍耐力・仲間意識・競争力等々、
毎回言いますが、彼等が社会に出た時に困らないように教えていくのが、大人であり、
中学校という組織の中では先生であり、部活の指導者だと思います。

 ただし間違った考えをされるのが、 “躾”だけは学校ではなく各家庭で教えるものなのです。

 以前は大家族でおじいちゃん・おばあちゃんから教えて貰いましたが
今は教えて貰う機会が少なく、保護者の中には「学校が教えるもの」と、
勘違いしておられる方もいます。

 だから私のブログの中でも「それくらいは親が教えといてよ~!」なんてたまに出てきます。(笑)

 新1年生でも上記に書いたそれぞれの事が、少しづつ理解してくれる部員の方が
仮に中学校からサッカーや他の競技を始めるにしても、早く理解して覚える部員が多く、
2年生後半から3年生初めにかけて、技術・テクニック・戦術等 グン!・・・と伸びます。

 人として、人間として子供が成長する段階での一番大切な時に、サッカーを通じて
指導者として触れさせて頂けるこの幸せな時、・・・・あ~ぁ! カ~イ~カ~ン

  (最近自分のキャラがよく解らなくなる時が、たまにあります。) ・・・・・・・・

 ですから、こんなコーチ(指導者)ですが、
最近は他県のブログ仲間・お友達から励ましや応援のコメント頂く事が多いです。

 親として保護者の方が、もっともっと本音でコーチ(指導者)と話しをしないと。

 We are glat to see you !

 春休み部活に行けなかった!、先週末、試合が出来なかった! 今日も部活休み!・・・
フラストレーションが溜まってしまった今日のコーチ(指導者)のブログに長々と
お付き合い頂き、感謝!感謝!です。









 

部活メンバー登録選考基準は・・・・サボらない事と熱いハートの持ち主!

 
“I am a member of a team, and I rely on the team, I defer to it and sacrifice for it, because the team, not the individual, is the ultimate champion.” / cursedthing


 4月20日~21日に行われる市長旗杯の登録メンバー18名のリストを
昨日部活終了後、顧問の先生にお渡ししました。

 もし他の部活、クラブチームの指導者の方々が登録メンバーを選ぶ基準として
何を基準にされるか?

 当然、サッカーの技術面や走力・体力的なもの、また「コイツが居てくれなければ!」的な
キーマンになる人物・・・・等々、指導者の見方によっては「えっ!何でコイツが入るの?」
なんて事有ると思います。

 昨日も顧問の先生と作成したメンバー表を見て頂きながら、
「コーチ、この2年生選びますか?・・・ここは足の早い3年生じゃないと・・・」
「絶対にコーチはこの子を選ばれますよね~」・・・etc・・・・

 実際、技術ウンヌン必要ですが、まずは部活動ですから部活や練習・試合に出てこないと
話になりません。
 
 技術はあっても1週間に2~3日休んだり、連絡無しの休みだったり、サボリだったり・・・
宿題や提出物をしない、服装や態度が悪い事や日頃の学校生活面が良くないなどは
当然メンバー選考以前の問題です。

 反対にケガをしていて、ケガが治るまで部活練習や試合に出られなくても、
キチンと部活には出てきて、試合にも付いて来て、みんなのサポートや応援、
そうゆう部員は喜んでメンバーに選びます。

 そうゆう風に、外から見る事も勉強ですし必ず必要です。

 先日も3年生が部活途中で、病院に治療に行き、治療後また部活に参加してくれました。

 また今は技術はそんなに無くても、例え練習が苦しくキツくてもみんなと一緒に
頑張っている、これからも頑張りそうだ、

 担任の先生からも「少しづつ頑張っていますよ。」とか評価もいい、
選ぶ基準となります。

 そうゆう事で今回登録メンバー18名中、残念ながら3年生5~6名外します。
ユニフォームを渡せません。

 その分、今まで頑張ってきた人、春休み頑張った部員をメンバーに入れました。

 ただし、まだ日にちはあります。メンバーに入った部員でも問題を起こしたり
今後の生活態度を見て変更、外される可能性は十分にあります。

 そのメンバーで本日の練習試合に臨む予定でしたが・・・・雨で試合中止となりました。

 私の気合 でも雨は止みません。(笑)

 以前ウチの部活顧問で、今はS中学校に行かれたT先生に、
ここは1発、S中にハリ手を入れて・・・ウチの気合を高めようと思っていましたが、
(反対に4~5発ハツリ返される?)

 残念!


 来週は入学式あり、土曜日は授業参観で試合無しの日曜日に試合と、
また、家庭訪問等が入ってきたり、体育祭の準備やらで予定がきつくなり
部活練習もままならなくなってきます。

 ここは気合で乗り越えましょう。




 





 

保護者の方にも注意喚起・警告!出したい時もあります。

 
Yellow Card / NathanF


 今日は2つのタイトルです。

 昨日のブログにて、2年生春休み宿題問題?で“喝~”を入れましたが
それでも数名の2年生が、宿題提出で甘えそう?なので昨夜、部活連絡網を使い、
「保護者の方への連絡」で直接保護者の方に伝わるように廻して貰いました。

 これは私自信も不注意だった点もあります。
 
 春休み期間中、以前は宿題・提出物は無かったはず・・・・という観念があり、
そのことを春休み前に、部員や顧問の先生に確認しておけばよかったのですが、
宿題・提出物があると分かったのが、昨日の部活練習終了後だったので
この点はコーチ(指導者)として反省です。

 その後、部員に聞くと来週11日(木)までの春休み宿題提出期限!とのことでしたので、

 「10日(水)までに終わらないと、20日~21日に行われる
  市長旗杯の登録メンバー18名から外します。」・・・・(実際これでは甘いのですが。)

 本当は今日5日(金)がメンバー表提出期限なのです。
部員にはウソをついた格好ですが、そうでもしないと宿題もしない・提出しないという
甘えた考えを持たれると困ります。

 時間を守る・約束を守る・・・小学生レベルでは困るのですが
彼らが成長していく上で必要なことです。決して甘やかすつもりはありません。

 ですから保護者の方も子供を甘やかせない様、厳しくご指導をお願いいたします。

先ほど書いた今日がメンバー登録表提出・・・・コーチ!・・・悩んでいます。

 それこそ2年生メンバーを先に登録して、3年生を後に・・・なんて考えすると
どうしてもメンバーに入れたい2年生○○名・・・残り△△枠を3年生? 少ないか~?

 今日の始業式後、部活練習終了時までに、顧問の先生あて私の考えたメンバー表を出します。

 そう考えたら今日、仕事にならんぜよ~ 
 
 もう1つ。保護者の方ネタ?

 最近、ある保護者の方から時々電話があります。
「子供の体の調子が良くないので、練習試合は休ませます。」

 またある時は、
「病院で診察してもらったら○○と言われたので、しばらく部活は見学させます。」

 これも部員の甘えです。・・・・いや!親の甘やかしかな?

 熱を出して声も出せない、お腹が痛くて動けない状況等々、
緊急状態であれば保護者の方から、電話して頂く分には問題ありません。

 中学生であれば電話掛けられる状況ならば、まずは自分から顧問の先生や
指導者の方にその旨を伝えさせてください。

 私を含め指導者によっては部員の話の内容で「あっ! サボリだな?」なんて
分かる指導者の方もおられます。

 また部活練習や試合(練習試合を含む)等で骨折や緊急を要するケガ・病気等は
部活で起きた、いわば学校生活時のケガ・病気等になり
学校の傷害保険支払い対象になる場合があります。

 顧問の先生や指導者に確認した上で、
掛かった病院等の治療費の領収書等は取っておいてください。

 もう1つ!
 
 緊急な病気等は電話等の対応で構いませんが、
このような病気・ケガ等治療、リハビリなど長くなりそうな時は
出来れば保護者の方は、顧問の先生や指導者の方の所に1度お見えになり
状況をお話頂ければ・・・・と思います。

 なんでもかんでも電話1本で済ます・・・と言うのは、
どうも私みたいに古いアナログ人間?には、心に響かないものがある世代でして、
今後の状況等、コチラもお聞きしたい事もあったりするものですから、
お忙しいとは思いますが、部活練習中でも学校にでも伝えに来て頂ければ

 “あっ! ○○君のお母さんは(お父さんは)さすがだなぁ~”・・・と思わせてください。


 めんど~!、めいわく~!、ウザイ~!・・・とは言わず、
人との繋がり、コミュニケーション等「こうゆう事も大事なんだ!」
という事も子供達に教えていきましょう。


 



 

“喝~!”・・・・・あきれた2年生部員達。

 
Study study. / lethaargic



 春休みも今日で終わり、明日から新学期が始まります。
午前中少し時間が取れたので、春休み初めて1時間程度、部活練習に顔を出しました。

 持久走は、みんな頑張って走ってきました。春休みの練習成果が出てきたようです。

 ただ2週間後、市長旗杯なのにこのままでは、ハッキリ言って
翌日の決勝トーナメントに残れません。

 3名のズル休みとしか思えない行動と、高校2年生OB達が来てくれているのに
ボールを奪う、先輩でも「倒してでも!」・・・という気迫すら感じません。

 ましてまして、春休みが終わるというのに2年生のほぼ全員が
宿題していない!・残っている!・・・・・どうゆうこと?

 1年生数名も宿題していないのがいましたが、2年生はそれ以下のレベルの問題です。

明日が始業式、明後日が練習試合、分かっているのだから、
ここまできたら消去法で宿題を進めてくれないと終わりません。

 8日(月)提出するためには明日が始業式、午後から部活練習・・・じゃあ明日
夜○○を何時までにここまで終わらせて、土曜日は試合だから土曜の夜に△△を
何時から○○まで必ず終わらせて・・・・残りは日曜日に・・・・という具合にしないと
絶対に終わらないぞ~ 


 もし、未提出・宿題忘れ・やって無い!・・・・論外ですから、容赦なくメンバー登録から外します。

 “いつまでも甘えてんじゃねぇ~ぞ

 新1年生入部してきたらどうするの?・・・示しがつかんだろ!

 最悪の部活練習観戦とイライラ  しながらのブログ作成日となりました。

 あしからず!




特待生サッカー部OBの思惑は現実とはかけ離れています。

 
High School Soccer / JamieL.WilliamsPhoto


今日、お昼に近くのスーパーの駐車場にて
サッカー部OBの保護者の方と偶然、バッタリ!

 「あら~? コォーチ~!」・・・・・と延々30分くらい話していました。

 この4月から高校3年生、進学か就職か・・・の大事な時期になりました。

 OB本人曰く、“俺、勉強より就職する!”・・・と言ったらしく、
「まだ時間はあるので、気が変わる可能性は十分あるでしょう?」と言ったら
本人はもう就職希望で固めている様子、とのことでした。

 進学しても就職しても、サッカーから離れたい!・・と予想外な事を言っているようです。

 せっかく、サッカー特待生で福岡を離れ、頑張っていたのに
高校サッカー部顧問の先生と、本人の起用方での思惑が違っていたようで、
高校総体終了後に、引退を決めているとの事でした。

 中学時代は、地元私立高校と県立高校からもオファがありましたが、
その2校をお断りし、今の県外の高校にA特待生として入学しました。

 中学校部活引退後に、この県外高校に決まるまでの間の経緯を、
私が知らなかったために彼に助言も出来ず、今でも悔やまれる結果となっています。

 残念ながら私は中学校先生では無いので、言えない立場でありますが
せめて当時の顧問の先生からでも「○○は××高校からオファがきてますが・・・」くらい
情報がほしかったです。

 本人は地元より、喜んで県外の高校を選んだのですが・・・・
概要と実際にはやはり差が有る事が多く、
特に高校卒業後のあとの事が心配になっていました。・・・・・

 今回それが現実のものとなり、やはり心配した通りの結果になるようです。

 事実、以前から彼を知って、地元県立高校推薦入試を進めて頂いたサッカー部顧問の先生から、
つい先日も越境して練習試合をした時に、その先生のもとへ挨拶に行った時、
今でも「帰ってきて、ウチに編入しろよ~!」・・・なんて言われていたようでした。

 せっかくサッカーという競技で繋がった関係が、1つ無くなるかもしれません。

 優れた才能が活かされきれない事は、私達指導者として残念なことです。

 もう少し、小学校~中学校~高校とスムーズに情報交換出来るようなシステムが、
何かしら出来ないものかと、悔まれるものです。




 
 

外部指導者仲間も「保護者が一生懸命であれば・・・」と、同じ意見でした。

 
Soccer family / salimfadhley


 3月下旬に市内中学校に「サッカー部外部指導者」として登録・指導、
在籍されているコーチの方々との懇親会がありました。

 普段は皆さん、色々なお仕事に従事されているので
なかなか懇親会日程・時間が合わず、S中学校外部指導のHさんには
みなさんの調整等で、本当にご苦労をおかけいたしました。

 それでも全員参加とはいかないまでも、8名にて中身の濃い、色々な情報と
意見とがアチコチで錯綜し、面白い話だと首を突っ込んで聞いたり話したりと
有意義な意見交換が出来ました。

 試合のこと・学校のこと・顧問の先生、部員、保護者のこと等々・・・・

“え~っ!”や“へぇ~”・・・時には“うっそ!でしょう”・・・なんて話もあったりして。

 いろいろ皆さん、御苦労されている事が多いんだなぁ~・・・なんて感心しきり。

 それを考えるとウチの中学校サッカー部は、すべてにおいて恵まれてるなぁ~。

 学校のグランドは街中なのに広々使える、声を掛ければどこのチームも来てくれる、
顧問の先生方もみなさん一生懸命にやってもらえる、

 それらを考えると、こんな私みたいな楽な?コーチはいないよなぁ~・・・なんて。むふっ


 ・・・・・いちおう、余計な謙遜ですが・・・・・・

 その懇親会中、私が話始めた
「どうですか? 例えサッカーがド素人の部員でも、試合応援だけでなく、
親が何事も一生懸命だったら、その子供も一生懸命に取り組んでいませんか? 
そう思える事ないですか?」

 これには皆さん、同じ意見だったようです。
サッカーがウマくても、たとえヘタであっても、
「一生懸命にやる事自体を親が教えてる!、見てるよ!、だから頑張りなさい!」・・・
これは甘やかしではなく、躾の一環として親が一生懸命になってあるのです。

 親が一生懸命だから、それをずっとみて育ってきた子供も一生懸命になる!・・・
・・・当たり前の事です。

 サッカー試合観戦に行くだけに限らず、例えお仕事や体の具合で観戦に行けなくても
挨拶の仕方、弁当を作ったり、靴の並べ方、荷物の置き方、先生やコーチに対して敬語の使い方、
・・・等々、全てが躾のために、その子供が大人になった時に困らない様、恥をかかない様、
一生懸命に教えてあるから、子供も分かってくるのです。

 人生80年近くのうち、本当に中学校で一生懸命に躾を教える時間は、わずか数年足らずです。
13歳~15歳の間の躾が、子供の残りの人生60年~70年の価値を決めるのです。

 私達年代の昔は、世間がまだ裕福じゃない時代だったので、親が部活試合応援観戦なんて、
ほとんどない時代でした。

 うちの親父も農協職員で機械技術者だったので、年がら田畑・山に入り浸り、
おふくろも働いていましたから、試合観戦なんて、とてもとても・・・・

 本当に今の子供達は恵まれた環境の中で育っています。

 だからこそ、その恵まれた環境の中で育ててもらった親や環境に
今度は一生懸命になって、恩返しをしてもらわなきゃ。

 過去、十数年指導者をしてきて、ずっと同じなのです。

チャランポラン親は、やはり子供もダラシないです。

 だから以前から言ってますが

「親を見れば子供が分かる」 「子供を見れば親が分かる」法則です。

 これには他の外部指導者の方も納得して頂きました。「そうですよねぇ~」って。

 とにかく何かに一生懸命になりましょうよ。親も子供も。

 私は、まだまだ会社のトイレ掃除を「一生懸命」にほぼ毎日、がんばってます。






 

頭の中は1m先をしっかり走っているつもりなのですが・・・・体が!

 
Dribble / Gui Seiz


 気づきもしなかったのですが、ここ数カ月、毎月22記事で推移している?・・・・
別に受け狙いで数字合わせではありません。あしからず! (笑)

 先週末、OB戦なう! (若い人だったらこれで分かるのか!・・・不思議な日本語です。)

 卒業した3年生の、ほぼ全員と高校生~高校卒業まで、結構集まってくれました。

 3年ぶりに会う、日本代表?に成り損ねた幻のGK!。
今日、引っ越しであと15分後に親が迎えに来る!その15分のOB戦のために来てくれたヤツ!
残念ながら東京へ就職のため、前日に故郷を離れ「OB戦に来たかった!」と言っていたヤツ!
一浪が決まり1月のOB戦はセンター最中で来れないから、今日来た!・・と意気込みできたヤツ!

 懐かしい連中と人数が足りない分、しっかり私コーチ!が走らされました。  (笑)

 それも、高校時代“右ウイング”と呼ばれたポジションを、
同じ様な高校生になった気分で?歳取ったオッサンが走りました。

 当時は今みたいに前線からプレスを掛けなくても、自分の仕事をしておけば
何も言われない時代でしたから、走って走って、とにかく走ってボールを上げる役目の
仕事でした。ですから、足が多少早くないと出来ないポジションでもあったため
天狗にもなってたかもしれません。

 ましてOB戦! OBの連中がコーチを走らせよう!走らせよう!としっかりボールを出してくるので
付いて行くのが・・・・・

 ゼイゼイ息を切らし、何本か走ったのは良いのですが、今度は戻って来れない!

 部員の練習や試合には「走って戻って来んかい!」・・・みたいな事言って、
いざ、自分になると「戻れるかい!」

 頭の中では1m先を走っている“つもり”なのに、まして筋肉の衰えや
何本かの走り疲れで、ボールすら上がりゃあしない!
 挙句の果てには、疲れでトラップさえ満足に出来ず、自分では「ボールはここにある!」
「ここでボールをインサイドであげれば!」・・・・

  思うだけで体が動かず、付いて来ず・・・・・まぁ~この、情けなさ!

 しかし、20分×3本?2本?  走りました。
それでも、まだまだサイドの駆け引きは、中坊連中には負けませんよ!
裏を走る駆け引き・味方がボールを持ってからサイドへの開き・
オフサイドギリギリの飛び出し等は、まだまだ健在! (自分ながらの自己満足です?)

 おかげ様で足も筋肉痛にもならず・・・・(あと2~3日後に来るか?)

 “ん?  あと1~2本は走れるよ!”・・・・部員に言ってみたい言葉です。

 


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール