FC2ブログ
全記事表示リンク

部室の中には男のロマンと夢が・・・・詰まってないか!

 
Dressing Room 9 / Abeeeer


 今日夕方、中学校へ部室内に置いていた特大氷を作る
プラスチック容器を取りに行きました。

 今週末の試合のために、氷を今日から作っておかないと間に合わないためです。

 部室入口が西側に向いているために、ドアを空けた途端、
・・・室内の熱気・・・と言うより熱波がムワっ

 ここ数年の中では、片付いている部室内ですね。

 と言うより、やはりボールは散らかってる・ビブスはたたまれていない、
ラダー・マーカーの整頓が出来ていなく、荷物を入れるカートからはみ出している、

 室内もグランドから持ち込まれた砂でザラザラ・・・・
アウトドア運動部の特有かもしれません。

  Sキャプテン!・・・・1年生に指示をして今週金曜日までに綺麗にさせてください。
 床もホウキで掃いて砂を出し、バケツに水を組んで給水器横にあるデッキブラシでこする事。

 そして2年生全員でビブスの洗濯! 汗臭いとモテないぞ~!

 我々の青春時代(完璧に死語ですな)、部室といえば、高校時代はやはり、
ちょっとHな本があったり、汗臭いタオルがそのまま部室内に掛けてあったり
部室内で食べたパン袋、牛乳の紙の蓋のゴミ、
その紙の蓋を突き刺して開ける針の廻りが丸いプラスチックが部室内にぶら下がり、
誰のか判らないくらいヨゴレた練習着が無造作に置いてあり・・・・
あんまりいいイメージがありません。

 当然、後輩が部室内外の掃除をし、先輩のスパイクを磨き、
椅子や机までキレイに雑巾で磨き上げていました。

 それを怠ると、部活後のシゴキと称する、今は無き「ウサギ飛び」のグランド10周!や
いつまで続くか判らないくらいのタッチラインダッシュの繰り返し!

 イヤだから、お昼休みとか下級生はサボらず真剣に掃除していましたね。
 
 部室内の先輩達の座る位置が決まっていたので、特にコワイ先輩の所や
一番目立ちそうな所は本当に手を抜かず、ホコリ1つ付いていないくらいピカピカに

 先輩のちょっとHな本を見つけて覗いてみたり、平凡パンチや日本版プレーボーイがあったり、
そこで初めてあんな事やこんな事 いろんな事知ったり、
奥手な  高校時代でした。

 ですから、今でも掃除は苦にはならないし、キレイになることは良い事ですし、
ウチの若手社員35歳?T君に、口すっぱく言うのです。

 当時は、今みたいにサッカースパイクなんてたくさんある訳でもなく
プーマ・アディタスそして日本製の安田(古い世代には懐かしいメーカーです。)
 そしてオニツカタイガーが出てきたくらいか?

 スパイクの色も黒のみ! 
当時スパイクは化繊・合皮なんてものは無く、全て本革! 
取り変え式のアルミポイントで、先輩の古くなったポイントを貰うのが
本当にうれしい時代です。

 当時の県立高校の1ケ月の授業料が¥2000円前後? 私立高校が¥8000~¥9000円、
サッカースパイクが新品で¥4000円~・・・の時代ですから、
裕福ではなかったウチには、先輩からのアルミポイントを貰う事で
本当に本当に擦り切れて、アルミ以外の下地が出るくらいまで使っていました。

 当然スパイクも破れると畳を縫う時に使用するようなブッ太い針で
「これでもか!」ってくらい頑丈に、何重にも母が縫っていた記憶があります。

 ここでも物を大事にする事を学んだ気がします。

 今はそんなことは無いかもしれませんが、本当に良い意味「部室に教えられ、部室に育てられた!」
という記憶が残っています。

 今でも時々、部室を覗くのはそんな思いからかもしれません。

 ただチョコっとHな本が無いのに、寂しい思いは私だけか? (まだ中学生ですよ!)

 そんな事書くと、お母さん方からクレームが来そう!





 
 
スポンサーサイト



仕事上でも・・・・キレました!・・・・PartⅡ

 
Soccer Beijing / IvanWalsh.com



 イカン!と思いつつも、夏休みの部活に行けないのと、
今週から仕事が本格的に忙しくなって、何のために近くに引っ越したのか?

 サッカー関連・部活関連の記事も現在、ネタ切れ!
ウチの社員の35歳の若者?T君の毎日が、話題が尽きない、
事欠かないため、ネタ切れの際はついつい記事にしてしまいます。

 ただ笑い者、さらし者にするつもりはありません。
彼を営業所の所長にしなければならない(なれるのか?)
私の使命?もあり、また今指導している中学校サッカー部員たちが
そうなってほしくない?ためにも私自信が獅子奮闘しながら
部員とT君の指導育成ブログ?になっています。

 毎日が「・・・・・ウソでしょ!?」「考えろ!中学生の方が知ってるぞ!」
「何回同じ事、言わすの?」「知らない?・知らんのか!」

 ・・・・の繰り返し劇場が、先般のブログ更新以来の日々続いています。

 朝、トイレ掃除は私がずっとしています。私が掃除していても
「変わります! やります!」の一言も無く彼は机に座ってパソコンの立ち上げが
彼の1日の始まりなのです。

 先日とうとう、「おい!T君、俺がトイレ掃除してて何も感じないか?」
トイレ掃除の仕方から教えなければなりません。
ブラシで便器をしっかり擦り、雑巾で床から全て綺麗にふきあげる・・・一般でしょう。

 彼の場合、ブラシでこすって・・・・はい!終わり!・・・・・

  ん?ブラシの水で掃除した所、濡れた所は拭かないのか?
 「雑巾で拭くんですよね」・・・・「当たり前でしょ!」

 トイレ掃除用バケツに台所から汲んだ水を入れ、ふきあげました。
そして掃除後、今度はトイレ掃除、便器を拭いた雑巾を洗い、
その水をなんと!なんと!台所の排水に流そうとしているではありませんか!

 「おい!待て~~~っ!・・・その水をどこに捨てようとしてるの?」
 「えっ!・・・・・・・・」・・・・・・何か悪いですか?って顔してます。

 「その台所の流しでコップやお茶椀洗うでしょ? 
 いわば、直接口にする、口に関わっているのが台所の流しでしょ!
 今、君が捨てようとしている水は、体から排泄する所を、
 その便器を雑巾で拭いて洗った一種の汚水!・・・・何にも思わないか?」

 そして、今朝あった事。

 朝から私は数件の配達伝票を書いて、バタバタ用意していました。
T君の口から出た言葉は急に「お孫さんおられましたよね!」

 「ん?・・・いるよ。」
 それから先、何か言ってきてキレたもので、覚えていませんが、
私が言ったのは

 「あのな!上司のプライベーな事は部下から絶対に口にするものじゃない!」

「君と同じ年代や君の部下にプライベートな話をするのはいいだろう。」
「上司やお客さん、言いたくない、聞かれたくない人だっているよ。」
「特に家族の事、家庭の事、は自分から聞くもんじゃない!」
「言ってもいいか、T・P・O その人を見抜くことが先決だ。」

 T君曰く、「いや! コミュニケーションを取ろうと思って・・・・・」

・・・・・・・返す言葉もありませんが、ついつい言ってしまいました。

「見て判ると思うけど、俺今、今日の仕事の段取りでバタバタしているのが判らんかなぁ?」
「そんな時、そんな話でコミュニケーション取りたい!っておかしくないか?」

 まだまだ、たくさんあります。ブログにすると毎日、何万文字でも記事に出来そう!

 T君はムチャクチャ頭いいのです。
お隣の佐賀県のトップ3に入る進学高校出身らしい?のですが、
その分、すべてに甘えさせられて育てられた感があります。

 トイレ掃除にしても、ご飯を食べる時のマナーにしても、その他、
注意もされず、叱られもせず、良いとこのお坊ちゃんで育てられたか?

 小さい時から、人はたくさんの経験して打たれ強くなっておかないと
社会に出てからついていけないって、よ~~~~~~く判ります。

 先般ブログ更新したように、T君をイジメている訳では無いのです。
彼を営業所長にしなければならないのです。 

 親が甘やかすから、大人になっても何も出来ない、人がやってくれるものだろう、
何も出来ないからどう対処していいのかすら、またその相手の気持ちも判らない。

 自分が自ら経験していないからなのです。

 親が経験させようとしていないからです。

 そして親が子離れしようとしないからなのです。

 子供は勝手に親離れしていきますが、親にしてみればいくつになっても子供は子供なので

 子離れ出来ないのです。特にお母さん!

 そのうち、子供がマザコン(死語かなぁ~)になってしまいますよ。

 難しい子離れ・子育てとしての中学生年代です。

 今週末の土・日は1ケ月ぶりに練習試合に顔出せそうです。

 あっ! それと部活向上委員会があります!・・・・との事でした。(単なる飲み会)

 名誉会長から先ほど連絡があり、主題は「部員のサッカー向上に関する委員会」
副題は「コーチの奥さんお披露目会」だそうです。・・・・なんじゃ!そりゃ!

 コーチの奥さん出て来られるのであれば・・・・・とお母さん方、申し込み者殺到!らしいのですが?
・・・・本当は卒倒の間違いじゃないの?

 それまで仕事でストレスためないようにしょ~っと!  (笑)









 

ハードな夏休み部活練習・・・・・少し問題が発生しました。


本日はFlickrの画像が利用できませんので、写真なしの文面だけです。
ご勘弁を。



 昨日は会社内で、朝から商品の「袋詰め」と言う
単純一連作業ハードな家内操業?をしていたので
ブログも更新出来ず、疲れを取るためにサプリを飲みながら頑張っていました。

 数日前に、「夏休みの部活練習はハード!」という内容のブログを作り、
毎日、部活の行き帰りに会う数名の部員に「頑張れよ~ 絶対に強くなる!」と
ゲキを飛ばしていたのですが、少し無理があったのか、
学校方針で部活練習メニューの一部変更となりました。

 夏休み前、顧問のH先生が作成された「夏休み練習計画表」を保護者の方が見られ
「わぉ~!練習ハードじゃない?」・・・とご指摘があったようです。

 かなりキツいメニューとは判っていましたが、顧問のH先生の煮えたぎるくらいの
熱い情熱、また担当学年である2年生を強くしたい、そして今年の3年生が中体連予選敗退という
一番悔しい思いをされていたので、保護者の方、私達も十分判ってはいました。

  8:00~11:30 午前の練習
 11:30~12:30 昼食休憩
 12:30~14:30 勉強会
 14:30~17:00 午後の練習

 土日は練習試合で8月13日~15日のお盆休み以外は休み無し。

 休みが無いことが、気にはなっていましたので、1週間~10日前後経過して
H先生に進言しようと考えてはいました。

 まして連日の猛暑日が続き、保健室の先生もグランド、特にサッカー部員が
倒れていないか気になって、保健室の窓から頻繁に見て頂いていたようです。

 これは保護者からのクレームとか文句?とかでは無く、
何かしら事故が起こってからでは遅いので、正当な抗議だったと私は思います。

 多分・・・というより、この練習メニューが続けば、事故は必ず起きていたでしょう。
熱中症や熱射病等、脱力感での事故(骨折・外傷等)、練習中の事故はもとより、
疲れによる体調不良が原因の例えば心筋梗塞、
部活行き帰りの注意力散漫による車との接触事故や急に倒れる・・・・その他等々。

 そのような事が起きれば、原因を突き止めると部活による疲れが原因!・・・
なんてすぐ新聞報道は書いてしまいます。

 いまさら遅かったのですが、午後の練習はせめて1日おきか2日おき、
試合翌日の休日設定、お盆休みはお盆明けての日曜日までの休み設定。

 やはり夏休みの暑い日ばかりですから、リフレッシュする時間・期間も大事で
予定を組みいれるべきだったかと。

 ただし保護者お母さん方にしてみれば、部活もある、まして勉強宿題会もある!
と言う事で好評な部分もあり、一概には良い悪いの判断は付きませんが
中学生という身体の判断からすると、やや適切性が掛けていたかな?と。

 今後は顧問の先生方、私を含め練習メニュー等はオープンに協議致しましょう。
そこで訂正・修正を繰り返し、立派な練習メニューを組んで、
保護者の方に納得して頂ければいい事ですから。

 H先生今回の件でかなり凹んである!・・・・とお聞きいたしてます。

 皆さんで元気付けてあげてください。

 まぁ、先般ブログにしたように、H先生の彼女の願いが叶うように
サッカーの神様が 仕組んだ事かもしれません。

 考えを良い方にとりましょう。

 さて明日は練習試合ですが、引越しのため試合観戦、ブログの更新も出来そうにありません。
あしからず。











 


 

「セクシーな魅せるサッカー!」・・・・健在でした。

 
Juggle / jamiejohndavies


 昨夜遅く帰宅して、何気なくパソコンを開くと
Yahoo!画面の、それこそ普段はあまり気にも止めない、
映像トピックスに「野洲高校サッカー部のスゴいPV」と言う題名で
you tubeに流されていました。

 おっ! 気になる? どんな物?・・・・しばらく見入ってました。

 ほぉ! 面白い!やるじゃん!・・・・教室にサッカーボールが転がって
リフティングする所から始まります。 そして最後は華麗なテクニック・・・・

 これ本当に高校生?と思うくらいの高等なテクニックでの
ヒールキックや教室の壁を活かした突破だったり、短い映像ですが
やはり野洲高校のセクシーなサッカーは健在ですね。

 映像を見る限りは、やはりあどけないニキビ顔や幼い顔立ちですから
野洲高校のサッカー部員と思われます。

 私が時々部内で発行する「soccer通信」にも部員に
「セクシーなサッカーを」「面白いサッカーで驚かせよう!」・・という記事を
時々載せます。

 中学生レベルですから、まだまだテクニックや高度な技術を要求しても
ままならないことはありますが、カッコイイ! ウマい!でマネをさせる事は
上手になる秘訣の第1歩です。

 「練習したら俺にも出来るんじゃないか?」という錯覚から始めさせれば
多分夢中になって練習するでしょう。

 夢中になれるから練習する、そしてウマくなる! 

 当たり前の事ですが、そこにはヤル気と出来るまでする!という
忍耐力も必要になります。

 途中で止めるから、決してウマくならない、中途半端で終わってしまう。

 なにか見つけさせて熱中するくらいやらせてみましょうよ。
時にはご飯の1食くらい抜いても練習するくらいの集中力も大事です。

 そうゆう時は、応援と褒め言葉を子供達に掛けてあげてください。

 面白いyou tubeでしたからお気に入りに入れています。
また丁度、素敵な知り合いの方にメールしようとしていた最中だったので
お教えしました。

 こうゆうのは自分のみならず、多くの方に見て頂いた方がいいですね。




仕事上でも・・・・・・キレました!

 
Soccer / Wisconsin Department of Natural Resources
 

 昨日、月曜日の朝からキレ・・・・ました。

 いやいや! ウチのサッカー部員ではありません。ご安心を。
ウチの会社の若手にキレました。

 昨日、朝からドタバタしていて、学校改修現場へ建築資材納品に行った時の事です。

 お役所工事のため、定められた商品を数量確認して、また現地にて
現場監督・建築設計士の方々立合いの元、現物写真を撮られるのですが、
こちらが汗ダクダクになりながら、材料を指定された場所に移動、
またその材料を写真撮影しやすいように、積んだり出したりと
気を使ってしているのに、若者?はただ、ぼ~~~~~~っ  と
私がやっている事を見ているだけ。

 入って間もないから仕事のやり方が判らない事は仕方ないにしても、
上司が動いているんだから何か感じとって、

 「自分がやります!」とか「手伝います!」とか察知せいよ~~!

 結局は指示をして動かしましたが・・・・・

 次はその帰りの車中の中での会話。

 彼が判らないことを質問してきたので、答えていました。

その中の会話で、「えっ!マジっすか?」 「いや~!わからないっス?」

        「そんな事ないっスよ!」・・・・いわゆる若者言葉。

 彼は年齢35歳。若者言葉を使う年齢かどうかは限界?線引き出来ませんが、
年上のまして上司に使う言葉なんでしょうか?

 何も意識せず使っているのでしょう。関係ない?暑さのせいと
先ほどの現場での動きの事があったので、・・・・・キレました。

 「おい! その言葉使い止めろ!」「年上の人、上司に対して失礼と思わんか!」
「まして、それを得意先、お得意さんに使ったら非常識だ!、不愉快に感じる!」


 ・・・・はっ!としたかどうか「すみません。」の言葉が返ってきました。

 若者全員がそうとは言いませんが、何気なく使っている言葉使い1つにも
若い年寄りに限らず、相手に不愉快にさせる事、大いにあり!です。

 残念ながら、私が採用した若者では無いのですが、なぜか私が彼の教育担当?で
数年後には彼を会社の所長にまで、育てなければならない使命を受けています。

 反対に今、教えている中学校サッカー部の部員に厳しく、
挨拶や敬語、言葉の使い方、接し方、積極性、また日常生活全般を教えなきゃいけない!って事が、
やはりこの時点で、よ~~~~~くわかります。

 指示待ち人間が多い中、少しでも積極的に、そして相手を思いやる心、気持ち、
敬意を払う、・・・・やはり小さな時から、遅くとも中学生年代までには
教える・・・・いや!たたき込む気持ちで教えていかないと、
 今の日本、ただでさえ犯罪が多くなって、簡単に人を殺したり、
訳判らなく無差別に傷つけたりと、一昔まで考えられない事件が多くなっています。

 キチンと礼儀作法は教えましょう。 それも伝える大事な文化だと思います。

 今日はサッカー記事ではなく申し訳ありません。
夏休み、仕事で部活にも行けないフラストレーションが・・・・
文章にも現れてきたか?



 





今日からスタートする夏休み部活練習!・・・・・ハードです。


 
Soccer Schedule / i.m.indraneel
  

 昨日、部活終了後に部員に渡された夏休み部活練習日程表を見ました。

 8月の3日間のお盆を除く、ほぼ毎日、それも午前の部は8:00~11:30
午後の部は14:30~17:00。 昼食・休憩が1時間あって
昼食休憩後の12:30~14:30は毎日、2時間の学習勉強会と毎週土・日は練習試合。

 部員は超ハード  な夏休みを迎えます。  
私も平日は仕事があるために、毎年ながら休み期間中は練習指導には行けません。

 頑張って顧問のH先生にお任せするしかありません。

保護者の方、中には「家で宿題もせず、ゲームやダラっ!としているよりいい!」と好評?な方や
昨年までなかった斬新な取り組み?で全てに結果が出ればOK!と言う事です。

 これを続けられたら、夏休み終わるころには一皮も二皮も剥けて頼もしくなるでしょうね。

 新チームになって、技術的にも体力的にもまだまだですが
ハードな練習を積み重ねることによって、人は作られていきます。

 そして耐えるうる力、メンタル面の強化等 サッカーのみならず
人間育成・形成にも部員にとっては大きなものを得るようになるでしょう。

 ただ気に成る事が・・・・・  H先生! 彼女とのデートの時間が取れていませんが
               大丈夫ですか?

 「サッカーと私とどっちが大事なの?」・・・・と言われる前に手を打っておきましょう。
そこんとこウチの保護者の方、味方してくれる方が多いので・・・(ほんとかな?)

 反対に私が裏切るかもしれません。

「いや!サッカー命!とか本人言ってましたよ~」・・・なんて   むふっ!

 部員にもH先生にも?ハードな2013年夏休み部活練習予定の始まりです。





 

 





 

チームの要のキャプテンが決定!・・・・しました。 


 
The football pitch / Gene Hunt
 

 昨日のブログに記載しましたように
昨日、中学校お昼休み時間にサッカー部員2年生、1年生を集めて
新キャプテンを決めるための立候補と表明演説、
その後に全部員による投票が行われたようです。

 仕事が遅くなったために、部活へは17:30を過ぎたころに行きました。
夕方までの急な夕立、雷雨で練習が出来るかどうか?疑問でしたが
部活終了後にはグランドも完全に乾いて、トンボ掛けが楽になったようです。

 ウチの中学校グランドは大雨が降っても、水はけが良く
雨が上がると同時に、水たまりはほぼ無くなり、
1時間程度は部分的にぬかるむ所はあっても
その後は最高のグランドコンディションとなります。・・・・(但しクレーですが。)

 街中でこれだけのグランドのコンディション・広さはなかなかありません。
唯一、私の脚の長さと、自慢できるグランドです。・・・・・・
(恥かしくも無く、言えるお年頃になりました。

 おっと! 今日はキャプテンの話でした。

 部活終了後、顧問のH先生に今日の立候補からの内容を
大まかにお聞きいたしました。

 キャプテン立候補者は過去にない5名!
各人がキャプテンになった時の抱負・思いをアピールして語ったようです。

 中には場違いな話をしたキャプテン候補もいたとか?

 その後、全員による投票が行われ集計数を見せて頂きました。

 「ほぉ~!アイツがねぇ~!」 「えっ! 彼はこんなに少ないの?」
意外な投票展開がありました。

 単なる候補者キャラで選んだ者、しっかりこの1年を見通して投票した者、
思いは様々でしょうが、ともあれキャプテンを選ぶ資料は揃いました。

 H先生と議論を交わしながら、ああじゃない!・こうじゃない!
A君をキャプテンにしたら、B君を副キャプテンでコミュニケーションが取れるか?
じゃあB君をキャプテンにしたら、C君と調和が取れるか?

 では、副キャプテンはこの中の候補者以外から選ぶ?
副キャプテンは1人?2人?・・・・本当に悩みました。

 サッカー技術ウンヌンは別として、当然、学校の部活ですから宿題・提出物は忘れない、必ず出す、
学校生活や日常生活で問題をおこさない。(人を守る・助けるケンカはコーチはOK!と思っています。)
 
 そしてチームの目標のために身を粉にして、例え汚れ役になってもまとめる勇気とヤル気ために
チームを引っ張ってくれるリーダー・・・・等々・・・・・

 しかし、当然ながら昨日ブログに記載したように責任感を持って
みんなをまとめてくれなければなりません。

 キャプテンが悪くなくても、部が悪かったりするとキャプテンの資質が問われます。
しっかりとケジメを付ける覚悟も時には必要です。


   選ばさせていただきました。   

 但し、この場で発表するとフライングに成りますので、関係各者の方、また保護者の方は
子供達が本日帰ってき次第、お聞きになられてください。

 全員で選んだ(最終判断は先生や学校の了承)キャプテンと副キャプテンです。

 ある保護者の方からも新チームに対する、ご指摘と期待感を含めたコメントを頂きました。

 5年分の忘れ物を取り戻しに行くための新たな新チームであり、
新キャプテンの誕生です。

 何卒、温かい目と対応をよろしくお願いいたします。














 

 

再起の1年間を掲げるキャプテン選出!・・・・今日、立候補と演説?

 
Team Captain / Rashan J


 毎日、毎日の夕方の部活でもまだ陽が高く、
夕日を背にして、日陰で自分の脚が長く見える事に錯覚し?満足してニヤけている、
そしてそのつまらんせいか、首あたりが異常に日焼けしている?コーチです。(わけわからん?)

 昨日の部活終了後、顧問のH先生から本日昼休みに
2年生にキャプテン決めのための立候補と
それに伴う、キャプテンになりたい理由を述べる演説会を行う
主旨の通達がありました。

 新チーム、2年生21名・1年生19名、合計40名を束ねる
また来春にはやはり20名近くが入部してくるでしょうから
来年夏までの1年間、キチンとまとめてくれる存在でなくてはなりません。

 技術ウンヌンは別にしても、やはり積極的・ヤル気・結束力・
そして、みんなからの信頼と仲間をかばう、思いやるハートの持ち主。

 時には先生やコーチと対立してまでも曲げない信念!・・・頑固者!
良く言われる尻が軽く、動きまわり、即実行で細かい気遣いも必要。

 リーダーとなるにはこれくらいは必要かなぁ~・・・・なんて欲を言うと
当たりそうな、部員が何人いるか?

 今日の立候補と部員全員の前で、演説をする、と言う事で
残念ながらその場所にはいないでしょうが、そのあと
顧問のH先生から状況を聞きたいと思います。

 最終判断は顧問のI先生・H先生、そして私と話して、夏休み初めまでには
決定したいと思います。

 サッカー部のカジ取りが不在では、みんなも不安でしょうし
なにせ、号令1つ掛けるにも迫力がありません。

 すでに陸上部は新キャプテンが決定したとか。
これからも各部活の新キャプテンが、ぞくぞく決まって行くでしょう。

 その時に、「サッカー部のキャプテンは迫力ないなぁ~。」と思われたくないんで
みんなには絶大なる信頼のキャプテンを選んでもらいましょう。

 先ほどにも書きましたが、チームのキャプテンと言う事は
チームもまとめて貰わなければなりません。

 当然、何かあった場合はキャプテンの責任ともなるのです。

 今から6年前の当時のキャプテンに、私からグランドのど真ん中で、
大声で怒鳴られたH君がいました。

 翌日がホームでの練習試合で、全員でコート引きをしていたのですが
最上級生である2年生数名がライン引きも行わず、テレっとフザけていたので
注意しました。

 そしてHキャプテンにも注意するようお願いし、全員であと少しで終わる・・・
と、言う時にまた別の2年生が、今度は遊んで追いかけっこをし、
遊んでいる本人達とキャプテンを呼んで再度注意しました。

 その中でキャプテンが、「注意したけど言う事を聞きてくれません!」
この時点で私の頭の中の糸が プッツン 

 「どんな時にも、キャプテンとして言い訳は言うな!」

 チームをまとめるのも、言い聞かせるのもキャプテンの仕事であり
Hキャプテンを選んだ部員の責任でもある。
 リーダーとして、キャプテンシーが無ければ、
そしてまとめきれないキャプテンくらいだったら

 「キャプテン辞めてくれ!」

 言い切った思い出があります。

  大声で言ったものだから、本人はオロオロ 

 しかしその後からは、キャプテンとして、チームをいかにまとめるのか、
引き上げていけばいいのか、またそのためにキャプテンとしての誇りと献身的な行動を
少しづつ、私と話しながら進めてくれ、理解と判断との繰り返しで、翌年の中体連大会には
勝ちたい!、勝つために、私と試合中に議論した思い出もあります。
 
 あの時は嬉しかったですね。

 1年前までは頼りなかったけど、ここまでまとめて、それもキチンと
言えるようになってくれて・・・・

 たとえ中学生でもキャプテンの存在は大きいのです。
しかし、半面まだ中学生でもあるのです。

 ここは私達大人がフォローしてあげないと、みんなから慕われる人材の
キャプテンを潰すわけにはいきません。

 だれがキャプテンになろうとも、この先1年を決定する重要な人物です。
特に再起を掛けた、あの黄金時代?のサッカー部を取り戻すための
大事なキャプテン選びが、今日始まります。






 

 

大事なことはこの新チームをまとめる事なんだ!


  
IMG_0176 / wjarrettc


 連休明けの昨日、久々に部活を早い時間から見る事が出来て嬉しかったです。
車をいつもの所に止めて、着替えをして、さぁ~て!・・・と気合をいれていると
2年生部員がひとり、私を見つけて近くに来ました。

 連休最後の日、新チーム初陣の試合の事で私に言いたい事があって
待っていたようです。

 残念ながら、新チームの初試合には私の都合で試合には同行出来ませんでした。
しかし、新会長?からの試合経過メールを何度か頂き、試合結果は負けたようですが
良い試合内容だったようです。

 その試合のフォーメーション及びポジショニングの上がり下がりに
本人自ら不満があったようで、真剣なまなざしで話かけてきました。

 以前からもそうですが、パスを出したいけど廻りがパス貰える所に動かない、
動いてくれない!・・・・だから自分で仕掛けるしかない!・・・それでボールを奪われ、
チャンスを潰す事を3年生がいたころから、本人は言っていた事なのです。

 デフェンシブなポジショニングはOKだけど、当日の試合は、あまり上がりすぎるな!
・・・という指示を受けた?本人の思いこみ?・・・どちらか分かりませんが、
それに対し、オフェンシブMFでもありたい!という自信が、この日は消されたようです。

 ブツブツ・・・・・・・・・・ブツブツ・・・・10分程度?
本人が言いたい事・こうしたかった!・・・を私にぶつけてきました。


 本人には

 「新チームを勝たせるために、勝つために、試合に出てない人・応援に来てくれている保護者の方
  みんながチームとして、それが新しい1つの組織として動き始めたばかり。」

 「それを君1人がこうしたい!ああしたい! ではまとまるチームもまとまらなくなる。」

 「今、大事なのは君がこの新チームをまとめる事じゃないかな?」
 「H先生も君達に勝たせたいから、采配してあるんだ。
  だったらまず、指示に従ってそして言いたい事はハーフ時や試合後に
  君達が考えている事を反省としてまとめて、話をしに行く事じゃないかな?」

 「時には交代して、ベンチから試合観戦してみろ。何かが見えてくるはずだから。」

 彼との話は毎回ある程度、戦術的面な話もあるのですが、
昨日は私がいなかったという事で試合の流れ、今までとは違うフォーメーションでの戸惑いが
彼の中に「違う!」と感じたのだと察しました。

 しかし新チームとなり、私がB戦メンバー主体になる事を
まだ部員達には伝えていない、体制が変わった事も伝えていない事で、
これからもフォーメーション・ポジションも迷う事もあるでしょうが
これはいかなる場合でも、大人であれ子供であれ、対処してもらわなければなりません。

 彼に限らず、私は他の部員が聞いてきたときにも聞くようにしています。

 指導者(コーチ)の方によっては、「ああ~!めんどうくさい!」と
答えだけ出す指導者(コーチ)の方もおられるかもしれません。

 しかし、子供が、部員が聞いてくる、話してくるという事は本人にとって
とても勇気がいることなんです。

 何言われるか分からない・相手にされないかもしれない、期待感と恐怖感とが
交わって聞きに来るのです。

 まずは真剣に聞いてあげてください。そして答えは言わずに考えさせる事。

そうする事によって、子供達・部員は「コーチが聞いてくれた!宿題くれた!」と
良い勘違い?をしてくれて、また分からない事・疑問な事話に来ます。

 子供達・部員達とはそうやって距離を縮めていきましょう。

 そして、それらの事を保護者の方に伝える事により、
保護者の方との距離も縮まってきます。
 
 さて今回は言いに来てくれた彼を、納得させるまで
ちと時間がかかるかもしれませんが、相手に話をさせる事8割・私が2割で
言わせる事により、本人も言った事で少し和らぐことが多いのです。

 そして、肝心な事を1つ2つ言ってあげれば、本人は納得すると思います。

 デキと頭が悪い私も、長年の営業で?身に付けた、
「相手に納得させる対策と傾向」?をご伝授いたしました。 (ほんとかな?)

 ただし、中学生年代までしか通用しません。(笑)
くれぐれも女性には通用しない事、多々ありますので
使用並びに効能に責任は取れませんので十分注意をお願いいたします。・・・・あはっ!











もう夏休みも目の前!・・・・夏休みこそ基礎の徹底練習をするぞ!

 
Women's Soccer Team Practice / Parker Knight


 早いもので7月も半ばを過ぎ、今週末には夏休みに入ります。
保護者のお母さん方には、1年に数回の長い長い休みの恐怖?の日々が
また!やってくるのです。

 ただでさえウルサイのに、部活に行く前から
ぼーっと起きてきて、やれ朝ごはんはまだ?だの、水筒の水が急ぐだの!
部活から帰ってくれば、腹減った~! ご飯まだ?・・・って催促するし、

 学校に行っててくれていた方が、手が掛からずに済んだのに!
なんで夏休みなんかがあるのよ~!

 あなたが子供のころ、あなたのお母さんも同じ思いだったと思います。
子供を持って、初めて親の“有難み”が判るのです。

 お昼終わったかと思ったら、友達数人がウチに来て、涼しい部屋で
パソコンやゲームしてるし、うるさいし、あ~もう!イライラする!

 いつの間にかいないかと思うと、他の家に遊びに行ったり、
外でサッカーしているかと・・・・夕飯時はまたウルサく催促するし、

 ところで、いつ宿題や課題は終わるの?・・・・と聞いても、右から左に流すし・・・
最後は子供本人が泣く目に合うのか、毎年おんなじよ~にパパさんか、ママさんがお手伝い?

 こんな状態が40日、それも毎年続くと思うと、いやですよね~。

 出来のいい子を持つと違うものでしょうが、それはほんの一握りの子供だけ!
 
 全国子供がいる世帯の、90数パーセントの家庭が、
おんなじよ~に、毎年変わらない夏休みを過ごしてきているんです。

 あなたのお宅だけでは有りません。日本の平均家庭と言う事で
ここは良し!・・・・としたくは有りませんけどね。

 それに輪を掛けて同じような?子供と変わらないくらい手が掛かる?
パパさんがいるから、余計にウザい!

 ママの私にもたまの女子会があったり、買いたいものあるから給料くれっ!~~~~~ 

    (全国のママさんの味方ですよ~)

 と、前置きが長くなりましたが・・・・

 なんとか私の仕事もほんのチョっとだけ、要領が判り始めてきて
今週は夏休み前まで、部活に行ける時間が出来るかな?・・・・の状態が出来そうです。

 先週、新チームの部員にも言いましたが、この夏休み期間中にボールをキチンと
トラップ(止める・保持する)できる練習をやろう!と言いましたので
この数日間で夏休み期間中に継続して、その練習ができるメニューを教えておく必要があります。

 まずは2~3人ひと組でのチームを作り、パス交換からキチンとトラップしてボールを相手に返す。
そして、ボールを出したらプレッシャーを掛けに行き、ボールを受けた人は左右のどちらかに
ボールをトラップして、ダイレクトもしくはワンタッチでボールを出す(パス)をする。

 また太腿でのトラップも左右の足でどちらにボールを落としてパスを出すのか。

 胸トラップもキチンと怖がらずに綺麗にトラップしどちらに落とすのか、
またはダイレクトパスやダイレクトなシュート練習・・・・・等々。

 本当の基本中の基本をやらせようと思います。

 部員にとっては単純な、途中から飽きそうな練習かもしれませんが
高校の監督はいかにボールを大事にトラップ出来るか、そしてどこに
どんな風にパスやボールを出すのか見られて、スカウトを判断するぞ!と
伝えようと思います。

 こうゆう基礎は、本当にこの年代が出来る最後になるでしょう。
夏休み期間中は、午前中が部活練習になりますから
私達、仕事を他に持っている指導者(コーチ)は指導出来ません。

 顧問の先生、キャプテン・または上級生に練習内容の意図を話して、
そして何故この練習が君達に必要なんだ!と言う事を伝えておかないと
暑さの影響もあって、飽きる・ダラっ!とした練習にしかなりません。

 ここ2~3日は頑張って部活に顔を出してきます。





忙中閑・・・・・・・・・・あり?

 
Playing soccer / Kitty Terwolbeck


 今日、明日と完全にサッカーから離れます。
今日も仕事で知り合いの所2件、新しい仕事の展開を
話して、一部仕事も進めてきました。

 これまた面白いくらい仕事が展開しそうで、
仕事とすれば忙しいくらいがいいのでしょうが
半面、部活に行けるかどうか、難しい問題も含みます。

 明日は新チームの初練習試合と聞きました。
残念ながら明日も仕事と、明日東京から実妹が来福
そして今、京都から三男が夏休みで帰福中で
これまた忙しくなりそうです。

 明後日からの仕事も、本格的に忙しくなりそうで
正直、体が2つほしいです。

 1つは完璧な仕事用で、サッカーは一切、考えない身体。
もう一つは部活・サッカー・そして保護者宴会要員?用・・・時々・たまに仕事。

 明日も天気が不安定という予報です。
明日の河川敷はなぁ~~~~~んにも、雨が降っても隠れる所も無く、
その上、雷が鳴ったら隠れる場所すらありません。

 遭遇しないように祈るだけです。
そして初試合、結果が気に成ります。

 グチを言うだけの何にも出来ない、今の自分が悔しいですね。

 引退した3年生には最後の「soccer通信」を作らなきゃいけない!という焦り!
新チーム部員には、これからの目標と、しなきゃいけない事の通信作り!

 それが今出来ない状態で、焦りと虚脱と悲壮感と入り乱れ・・・・
せっかく保護者の方からもお誘いがあっても、仕事と引越し準備の予定で
自分の時間すら、今は厳しい状態がしばらく続きそうで・・・・

 こんなの俺じゃない!・・・・と、すっごく落ち込んでいる  指導者(コーチ)です。





新体制の内容を少し・・・・・ただし部員にはまだナイショに!

 
first practice / woodleywonderworks
 


 今日は中体連夏季市内大会の決勝リーグ及び地区大会出場を掛けた
各パート決めの試合が陸上競技場で行われています。

 顧問のH先生と2年・1年生が試合観戦と
競技場近くでの練習で、朝早くから会場へ向かいました。

 なぜか私は向かう気が出てきません。
まだ「負けた!」という尾を引きずっているのか?
試合を見に行こうという気迫すら出ません。

 本日土曜日も、少し仕事も有りますが・・・・なんでだろう?
社会復帰するまでリハビリしなきゃいけないかな?

 そんな中、顧問のH先生と先般少し話をして、新体制でのチームをどうするか?
部活はあくまでも学校行事ですから、外部指導者(コーチ)があれこれ、
また、どうだこうだ・・・は一切言えません。

 昨年4月にH先生が新任で赴任され、まだ右も左も分からない状況の中、
卒業していった現高校1年生や先般まで所属していた3年生のA戦メンバーは私が見ていました。


 今年はH先生部活2年目で、また担当学年も現在の2年生と言う事で、
A戦メンバー(一部1年生も含む)をH先生が主体に見てもらえるように決まりました。

 と言う事で、私は ①楽しく ②キツく ③厳しく の“3苦”?で1年生中心のB戦メンバー
担当に成りました。

 
 逆を言えばA戦メンバーを引きずり下ろすくらいの勢いで、B戦メンバーを
強くしたい気持ちでいっぱいです。

 「待ってろよ~A戦メンバー! 必ず押しのけてでも2~3人は新人戦までに入れるからな~」

 特に癒羽(唯一の女の子)は付きっきりでも教えるぞ~  
(ひいきだぁ~!と言うな! コーチの特権です。  (笑)  )

 この事で、ある保護者の方にはお話いたしました。

 私がA戦メンバーを指導・見ないという訳でなく、A戦メンバーを外から見た方が
客観的に判る、見れるという事です。

 どうしても私がA戦メンバーばかりを見てしまうと、A戦の子供達が頼ってきてしまい
その結論だけを、結果だけを求める人間にはなってほしくないのです。

 コーチがA戦を見ない!と言う事で、頼らないで、まずは自分達で思考錯誤して、
どうしても!の時にコーチのドアをノックしてほしいのです。

 (ノックは3回に限ります。・・・これ判る人はスゴイ!)

 
 だから私も常にA戦メンバーの練習・試合も含めて視野に入れておかなければ
ならないという事です。(女の子を視野に入れるのは得意なのですが・・・むふっ!  )

 それとH先生にも、ユニフォームや用具の管理、注文・保護者対応と、して頂けなければ
私に何かあった場合、知らなかった!では困る事もあるので
今後少しづつ若い方に移行していかなければ、と思っていた時でもありました。

 しかし、部を良くするためには2年生・A戦メンバー、ウンヌン関係なく
要望やお願いをすることは今まで通りやりますし、
保護者の方からの電話や対応、メールのやり取り、ブログのやり取りは
今まで通りですのでご安心を。 

 いつかは「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」の日がやってきます。
その時は気兼ねなく、応援に徹しますか・・・・出来ないだろうなぁ~

 いつものように大声で 「こら~っ! 走らんか~!」




 

嬉しい事に最近、保護者の方とのやり取りが多くなりました。

 
fired up with coach / popofatticus


 昨日は、部員が好きな木曜日?・・・・大ゲームが出来る日なのです。
引退していった先輩やOB達もこの木曜日が、
横でやっている2つの少年野球チームが休みのため、
グランドいっぱい使って、紅白戦が出来る日と分かっているので、
普段は来なくても、この日だけは昔から誰かしらやってきます。  (笑)

 2年生にとっては、初めての自分達だけの紅白戦でした。
 ゴールを移動したり、マーカーでフィールド作ったり、チーム分けしたり、と
普段は取りかかるまで時間がかかっていましたが、昨日は2年生S君中心にパッ!と
手際良く進み、試合開始まで今まで3年生がいた時より半分くらいの時間で進みました。

 私は足が痛かったため、GKの1年生に指示しながら
ゴール横で椅子に座って観戦と指示出し係?です。

 紅白戦ということもあり内容的には、今はまだこれくらいの出来かな?と。

 ただ、攻撃への拡がり・危険エリア内での両チームの指示の声・の不足が気になる所です。
あとは点を取るための、または取らせないためのゴールへのボールへの嗅覚、

「絶対にここにボールが来る!」という読みが備わった時には、守備も攻撃も
一気に爆発しそうな雰囲気があるチームに変わりそうです。

 (私の読みが当たれば・・・・の話ですが・・・・宝くじにも当たらんから、
  せめてサッカーの試合くらいは当たらせてくれぃ~   )

 紅白戦前半終了後のハーフタイム時にS君とH君が私の所に来て
「コーチ!試合はどうでしたか?」と聞きに来ました。

 チームとしての攻撃時や守備時において、みんなの方向性が1つになっていない事。
そのために声が、動きが必要な事を分かりやすく、噛み砕いて伝えました。

 その後S君は「あのぅ~僕自身の悪かった所を教えてください!」とズバリ!聞いてきました。

 答えそのものを出すのではなく、考えさせるのが大事な年代です。

 5+5=○○ではなく、○○+○○=10の方がたくさんの答えがでますよね。

だからS君には、「あそこでのプレーは君はこうしたけど、他に何か策は考えなかった?」

 ですから1人1人のプレーを見ておかないと、コーチとして部員から突っ込まれた時、
問われた時に、言い返し・答えが出来ません。

 特にこの2年生は必ず数名、聞きに来るようになりました。

いや!聞きに来ないと上達しないと分かっているから、聞きに来るのです。
そうゆう風に私が仕向けました。(してやったり! )

 1年生のユニフォーム背番号決めを行います。
今年は80~99番までで好きな背番号、第3希望まで書いて持ってくるように
指示して、あと数名残すのみです。

 多いのがなぜか99番!・・・少ないのは88番?なんで?
さて8月のお盆明けまでには新しいユニフォームで1年生も試合に参加します。

 A戦メンバーにも1年生数名が加わるでしょう!

レギュラー取られるな~ 2年生! ふんどしのヒモ締めてかかれよ~  (古いなぁ~)

 さてさて最近このブログを通じて、ウチの保護者の方々や、多くの日本のファンの方々・・?
または世界各国のにっし~ファンの方々(嘘つけ!)から、メール頂いたり、
コメント欄に頂いたりと、いやいや!スター(古っ!昭和!)は対応に忙しいものです。

 福山君の気持ちがよ~く判る!  ウンウン!  

 そのなかで、まさに保護者の方々とのやり取りが指導者という立場で私を変えて頂き、
また保護者の方も部活の内容が分かるブログだ!と好評頂き?(ホントかな?)

 指導者(コーチ)と保護者の方々との距離を多少縮めたブログになったと自負しています。

 携帯電話もオープンにしていますし、しかし私のメアドは1~2人の保護者の方しか知りません。
誰も「教えて~!」って来ないから、部員と一緒で聞きに来ないと教えない主義でして。 あはっ!

 こんな面白いA型特有のオヤジがコーチでいてくれて。

 だからもう賛同頂くオヤジさん方から、嬉しい悲鳴が・・・・(たまには若い女の子でも来い!

 というのも以前から書いていましたように、中学生という扱いに苦慮する年代。

 親も当たらずさわらず、子供も同じように親には関わりたくない、触られたくない時代。
お互いがギクシャクする中で、第3者の立場から見た部活なり、部員なり、子供なりを
最近は多く発信するようになりました。

 最初は部活のコーチになりたい人へのアドバイスだったのですが・・・・
しかし見方を変えれば、コーチや指導者になる方にも、部員や子供、また
部活を支えて頂く、学校や保護者の方との接し方が判れば、私の経験が活かされれば
いいのかな?・・・・と今現在も続いていますし、しばらくはあれこれ問題提起・解決、
または投げかける事で、部活が良くなれば、子供達が良くなれば、
これから部活指導者を目指す方には、ブログを開設した意義があったかな~と。

 部活に行ける楽しさ・喜び・子供達が汗を流し、て懸命にサッカーをしている姿が好きだから、
そして子供達が好きだから歳をとっても、続けさせて頂いているんでしょうね。

 子供達にも感謝・感謝です。


 なんか今日は文章・文面・繋がらない・バラバラ・支離滅裂・・・・まぁ読めればいいかなぁ~って。






誰もが、どう対応していいのか分からない新チームの現状。

 
Soccer season has begun / ·tlc∙
 


 今朝、うちのちっぽけな事務所前を掃除していたら、
反対車線に白い車が1台ピタっ!と止まり・・・・こちらを窺うような男性の、
まして何か殺気だった視線  を感じた気がしましたが
・・・・・保護者の、がみパパさんでした。  あはっ!失礼しました。

 朝から少し立ち話をして、2年生数名が朝連に来なかったり、遅れたりと
部員ともども、保護者の方も気にかけておられるようです。

 3年生の中体連夏季大会終了後、2年生・1年生の新チームになってから
これから先の事がまだ決まらず、練習試合予定も今現在入っておらず、
まして、この毎日の暑さに身体が慣れず、体が付いてこないのが現状ではないかと思います。

 今まで引っ張ってきてくれた3年生がいない事と、言われた練習メニューはあるけれど
自分達でそれをどうこなしていけばいいのか、また先生や指導者(コーチ)が部活に
付けない時、緊張感持たずに中にはフザケて練習する者に注意や指示が出来ないこと。

 先生が、コーチが、誰かがなんとかしてくれるだろう。
大人でもそうですが、目標が無い時、見つからない時って
何かに頼りたい、またはただ流されて生きていく、

 そうゆう心境かな?

 はっきり分かっている試合が8月後半にしかなく、それまでの間夏休みを含めて
まだこれといった目標を持てず、ただ毎日が言われた練習をこなすだけでは
時間の無駄かな・・・・と思います。

 いっそのこと、夏休みまであまり時間は有りませんが、朝連だけを取り止めにするとか
1週間の決めた曜日だけにするとかの方が効率は上がると思います。

 だらっ~と練習するよりも、月・水・金とか火・木のみ朝連にするとか。

 要は全てがメリハリを持ってやれば、短時間でも部員なりが
キチンと対応が出来るのではないかとも。

 やはりキャプテンを早急に決めましょう! と昨日顧問の先生にも進言しました。

キャプテンの存在1つで大きく変わるし、今、ウチのチームは変わらなきゃいけない時なんです。

 今も、ある保護者の方からメールを頂きました。

 何か今までとちょっと違う、自分の子供を感じる保護者の方も
おられるようです。

 これは男親より、ちょっとの仕草、態度、行動に気づかれる母親の方が
わかるのです。

 以前ブログにも書きましたが、部活は上級生がいなくなった後、
まして夏休み期間中のちょっとした解放感・浮かれた気分が、
過去に様々な問題を引き起こしている年代なのです。

 ですから中学2年生時のこの数ケ月間は、保護者の方が
より目を光らせて監視して頂く、大事な時期でもあります。
ここで放任して間違った方向にいくと、
大きくなっても修正が難しい年代と言っても、過言ではないと思います。

 早急に部員を集めて、キャプテン決めと消去法での目標を決めていきましょう。

 予定で行くと来年7月4日(金)~5日(土)が中体連夏季大会予定です。(鬼が笑うか?)

今年は10月4日(金)・5日(土)(わぉ~My Birthday!)が新人戦!

 これに向かってじゃあ、7月は、8月はこんな練習して、1ケ月間の練習試合で○○勝目標!
そのためにはここのストロングポイントの強化! そのためには○○君と△△君が頑張って・・・

 そのためには毎日、または週何回のこんな練習! それをクリアする為に
こんな個人練習をして、そのために体力を付けるために走らなきゃいけない!
そのためには夜走る!

 少しの努力で出来る事は目標ではない!
夢や目標は、それをやるまで出来るまで、諦めずに真剣にすれば達成できる事。

 しかし、今は出来る事の、達成感を味わうための努力をみんなでしよう!

   
        Good Luck!







熱中症対策に気配り・目配り・心配りが必要です。

 
10-03-08 / Fort Worth Squatch


九州地方も今週初めに梅雨が明け、いよいよ夏本番 

 仕事も忙しくなってきて昨日もとうとう部活に行けず、
ただ1年生のユニフォーム背番号決め用紙だけは部活に持参し、
顧問のH先生にお願いしました。

 その足で福岡市内まで仕事に行く予定があったので、
ウチの奥さん持参?で部活にも連れて行き、
初めてH先生に挨拶致しました。

 いやいや、これだけ可愛い・・・・・・・?奥さん連れて、
人前で挨拶させると、こっちの方がテレるぜい!

 さてさて、連日日本全国、梅雨明けの猛暑・酷暑の報道が取りざたされ、
中学校や高校の部活動でも熱中症で救急搬送  がTVでも報道されます。

 部活の場合1人では済まず、2~3人、多い時には10人近くが搬送されたりと
一度にたくさんの熱中症症状でが出て、人数が多いのが特徴です。

 部員達も「ウマくなりたい!」「レギュラーとりたい!」という一心不乱の気持ちで
無理してでも頑張ろうとしますし、指導者(コーチ)も「それぐらいでバテるな!」と
ハッパ・叱咤激励するし熱中症にかかる限界・線引きが判らない時が有ります。

 部員も「これくらいは頑張らないと!」という思いと
指導者(コーチ)にしてみれば、「給水(休憩)はキチンと取ってるからその間は頑張れ!」という
お互いの相乗効果が、時には熱中症症候群を少しづつ、生まれさせているのかもしれません。


 特に中学校部活で初めての夏の部活、まして20日過ぎからは夏休みで
連日暑い中のギラギラ太陽の下で、1年生にとってはキツい  はずです。

 今でも暑さに身体が慣れていない上に、日頃の勉強や毎日の夕方の部活、
そして疲れた身体に、部活終了後には遅くまでの塾と、大人でも大変で
そこに疲れが蓄積されてきて、また食欲が落ちたりと悪循環な環境を経験しているのです。

 こまめに水分補給といっても、いつ取っていいかわからない部員達。
良く言われるのどがカラカラでは遅いのですが、ここで一気に飲むと
身体にも、気持ちにもいい影響はありません。

 特に夏休みの部活練習にはパフォーマンスが落ちないように
きめ細やかな部員達の顔を見ながら、体を見ながら、配慮が必要です。

 「頭が痛い」「吐き気がする」「気分が悪い」・・・では遅い状態になるかもしれません。
そうなる前に、指導者(コーチ)の方も気配り、目配り、心配りが大切だという事です。

 昔みたいにこんな所での「根性論」では済まされず危険です。

地域にもよりますが我々、世代での夏の気温は30℃越すと「すごい!」と言っていたのが
最近は35℃を超える猛暑日が普通になりました。

 そのうち40℃でも部活練習! 公式戦試合!・・・給水タイムは前半で2回!なんてありえそう。

 どこまで温暖化の影響が出るのやら。




 

やはりいつもとは何かが違う新チーム?・・・・・なんだろ?

 
Soccer players getting instruction / GraceFamily


 昨日は新チームになって初めての練習日となりました。
遅ればせながら、17:30頃に部活練習に行きました。

 昨日は顧問のH先生が出張で不在だったために、部員たちが
先生の指示を受けて練習に取り組んでいたようなので、
昨日は黙って見ていました。

 新チーム初練習を見ていて、この新チームには早急にキャプテン・
副キャプテンを決めないと全ての事が進まないと感じました。
 
 昨日も2~3人が中心になって、練習の進め具合を決めごと
指示をしていましたが、数名がよそ向いている始末。

 案の定、H先生からの指示でグランド10周走る事も
キチンと頑張って走っている者、ダラダラと走っている者の差が出て、
その事に核となる者がいないのでだれも注意しない!

 例年は夏休み期間中くらいまでには決めるのですが、
今年は昨年の事が有るので、早い見極めでキャプテンを遅くとも8月上旬までに
決めた方がいいと思いました。

 そして2年生の中にも、昨日の朝連や夕方の部活にダラっとしているのがいた!と
数名の部員が言ってきました。

 言われた部員を部活終了後に、私の得意な?廻りくどい言い回しで?
「何かあったのか?」と問いただしてみたのですが、いつもの部員のいつもの態度です。

 すでに2年生の仲よし子よしグループの中にも亀裂が入ってきたか?

 そして1年生にも一部、ウマい部員と中学生になってから部活を始めた部員の
格差が言葉で攻撃?言われる?様になっているようです。

 これは注意して聞いたり、見たりしておかないと問題になる事があるので
要注意です。 今度1年生だけに注意しようかな、と思います。

 しかし、しかし、今までいた3年生がグランドで練習していない寂しさ 

 なにかポカァ~ンと穴があいたような寂しさを、グランドで感じたのは私だけかな~

 横で練習している野球部も中体連大会で負け、サッカー部同様、
1年生・2年生だけのチームで何か覇気が感じられない。

 

 静かな、静かな、新チームによる初始動・初練習の風景でした。








  

意味は違うけど「ならぬことはならぬものです。」・・・どこかで聞いた?

 
pouring - halftime scrimmage at the maryland soccer match / woodleywonderworks



 先週の中体連夏季大会での2日目に珍事?な試合運営が起きたようです。

 当中学校は1日目の予選敗退となったので影響は有りませんが、
2日目の懇親会時にその話を聞き、疑問符?が付く結果論で終わった感がしました。

 それは2日目、雷雨と大雨のため陸上競技場とサブグランドにての両試合が
一時中断となりました。

 陸上競技場の試合の方は雷が治まった後に試合再開となった次第ですが
サブグランド下が雨水集積場となっているため、大雨による雨量警報機作動により
試合続行が出来ず、1時間半の中断が続いたようです。

 その時点でサブグランド側の試合H中学校とR中学校は0-0の試合で前半を終わっており、
後半の再開が気に成っていたようです。

 しかし、その場におられなかった中体連上層部は、電話連絡を受けられただけで
この日に終わる試合時刻と各中学校部員の帰宅時間を考えると、
陸上競技場とサブグランドの残り2試合ずつを月曜日(8日)に変更せざるを得ない状況と判断。

 しかし、サブグランドのH中学校とR中学校の後半だけは、本日中に終わらせたい旨を
判断し、試合続行となったのです。

 結局、H中学校とR中学校の後半の試合を移動して陸上競技場で行うようになったわけです。

 結果1-0でH中学校の勝利になったものだから、R中学校の顧問の先生は納得できない状況。
また試合をされたH中学校の先生からも、試合のおこない方、取り扱い方がまずくなかったか?
数々の意見が出ました。

 審議内容は、同じ条件で両中学校部員達にも同じく他の試合同様、
月曜日(8日)に後半からの再試合でもよかった?
いや、試合自体のやり直し?  いや、やはりやっていて良かった!
あと細かい意見がたくさんあったようですが。

 私も聞いていて、また他の中学校の外部指導者の方も考えはほぼ同じようなものでした。

 本来ならば、中断時に2日目に陸上競技場で試合をしている4チームと
サブグランドで試合をしている4チームの合計8チームが、今後の事を話し合い、
全チームが納得した上で中体連市内大会上層部に報告、相談し、指示を待つ、
・・・・と言うのが本来のスジでしょう。

 それを今回は話し合いも内容もうまく伝わらず、いきなり上層部にお伺い?を立てたようですから、
腑に落ちない先生方やコーチもいたわけなのです。

 ただその中体連上層部も中学校の顧問の先生で、自分のチームも他のグランドでの試合で、
陸上競技場とサブグランドの状況が判らずに、上記の判断をされたようなので、
ましてこうゆう判例が過去になく、その時の判断がよかったか悪かったかは
結果でしか残りません。

 まさに今回は上層部の 「ならぬことはならぬものです。」の判断が招いた結果なのです。

 これからも雨の時期・強風下・雷雨、また積雪等で色々な試合の想定が考えられます。

以前にも雨の影響だったか? 2校両校優勝!があり、
地区出場パート1位・2位決めをじゃんけん?で行ったり、
これからも予測が付かない不測な事は絶対に起こりうるのです。

 その時に当然、過去の判例、もしくは全チームでの話し合い等の納得した上で
上層部の判断を得るというのが、正しい判断とは誰でも思うのですが。










気持ちの切り替えがうまくいきません。

 
New soccer shoes / erink_photography


 中体連前までは、保護者の方も盛り上がって盛り上がって、
こんなに部員以上盛り上がって、どうするの?・・・・ってくらいあったのに、
急に保護者の方も、我が事のようにしぼんでしまわれたようで・・・・・。

 それは私も同じです。
私にとっては毎年、毎年の事で切り替えてやらなければ前に進みませんが、
今年は、思い入れが近年と違っていたこともあり、
明日からエンジンがまだ掛かりそうにありません。

 以前、保護者の方も言われていましたが、本当にキャプテンが過去にいないくらい
責任感が強かっただけに、なんとかしたい、なんとかしてあげたい!という思いが
私自信強かっただけに、今もそのショックが尾を引いています。

 スパイクを新しくして、切り替えようかな。
縁起担ぎも大事ですね。

 人情と感動と根性?が好きな世代ですから、今は何か魂を抜かれた気分?

 保護者の方からのコメントにも、お返しの返事も出来ず、
この場をお借りいたしまして m(__)m すみません。

 ただ、新チームの公式戦が8月24日・25日と入りました。
2年生・1年生には3年生が今年置き忘れてきた、借りを取り戻してもらうためにも、
早くも夏休みから気合を入れて、練習に取り組んでもらいましょう。

 ただし、ただし、前日まで夏休み宿題・課題が終わらない部員は
いくらウマくても試合に出しませんが。






また新たな気持ちでチーム作りが始まります。

 
"Del Piero for ever! Ma.... W Granata" (Turin, November 2012) / Denis Bocquet


 昨日から中体連夏季市内大会が始まりました・・・・・・・・・が、
神様の微笑空しく、予選トーナメント1日目で終わってしまい
これで残念ながら3年生のサッカー部としての、練習及び試合は終了となり、
昨日をもって“引退”となりました。

 昨日の試合開始時の天気は曇りで、多少蒸し暑かった事は仕方ないとしても
ゴールポストが少し後ろに下がるくらい、またベンチから指示の声で立ちあがると、
グラっと身体を振られるくらいの強風下、2試合ともコイントスで風下での立ち上がり、
不利な展開の上、両試合ともキックオフ早々に先制点を奪われ、
陸上競技場という異様な雰囲気と、観衆の声援にのまれた感がありました。

 先制点のダメージはやはり中学生公式戦では大きく、
以前練習試合で大量点で負けたチームだったので「また負けるんじゃないか!」という
ハートの部分の弱さが露呈した、試合展開になってしまいました。

 ただ1試合目前半終了間際に右サイドからの崩しで1点取って折り返した事は
大きかったのですが、後半早々の相手チームの追加点が
より一層のダメージと心の傷口を大きくしてしまいました。

 1試合終了後、すぐに以前ブログに書いた、保護者の方によるブルーシートを使った
足のアイシングが効果あったようで、次の試合は市内2~3位に属するチームと
前半は互角の試合運びだったのですがこれまた先制点を奪われると・・・・・・・

 今年の3年生主体のチームはこの1年間、それぞれの個性と問題とが、ぶつかりあって
かつ色々な事が有りすぎて、戦う!・勝ちたい!・そして喜びたい!・・・という
スピリットが残念ながら、過去の先輩達より感じられなかった感が有ります。

 例え負けても、「次、頑張ろう!」という意欲があれば、負けた経験を生かして
次はこうしよう!ああしよう!という学習能力が付いてきて、
そしてまずは1勝、1勝の小さな積み重ねが自信になり、勝つために声を掛け合い、
メンバー同士が叱咤激励、時にはチームとして勝つために怒鳴りケンカしてでも、
そして1点ゴールを決めた時には、みんなが選手がベンチが1つになり、
さらに高みを目指していく。

 だから、より試合をしたい! 休みたくない! ケガを早く治してでも出たい! 
そして大きな大会に全員が、その過去に数多く掴んだ自信を持って臨む!

 と言うのが、ウチの中学生に必要な事だったのですが・・・・・・。

 残念ですが、昨日という日は2度と戻って来ません。時計も戻せません。

 3年生には次の「受験」という全員の試合が待ち受けています。
この1年間の、ましてまだ興奮さめ非ずの昨日の悔しさを思い出して
受験に臨んでもらうしかありません。

 全員とはいかないでしょうが、高校でもサッカーを続けてほしいと思いますし、
社会に出てもサッカーに関する仕事に付いてくれる事を願います。

 本当にお疲れさん! コーチはいつでもグランドに居ます。

 これからは人生の先輩として、君達に教えられる事も多いと思います。
時々顔を見せに、会いに来てくれると嬉しいですね。

 指導者(コーチ)も気持ちを切り替えて、新チームを描く準備をします。
3年生に教えて貰った指導の難しさを活かして、チーム作りからまた1歩が始まります。

 ただ、これまた新チーム主体の2年生は、仲良しこよしのメンバーばかりだから
ライバル心が出るかなぁ~





最近「そんな事、コーチに電話で聞く?」って保護者が多くなりました。

 
portable telephones / conskeptical



 中体連前にして、久々に笑える?いやもう少し考えてよ!・・・・保護者ブログです。

中体連前日の部活動中、それもフォーメーションで私も部員も必死に、声を張り上げ
“よし!いいぞ!そうだ!OK!・・・”なんて集中している時に
携帯電話「FIFA ANTHEM」の呼び出しが・・・・・

 ん?誰だ?・・・・・知らない、登録していない番号? 
もしかすると、私の所属する秘密特殊部隊の・・・・・・・はい!はい!

 「あの~サッカー部1年生○×の保護者なんですが、今日用事があって早く帰るように
  本人に言ったのですが、もう帰りましたでしょうか?・・・・・・・・

 一瞬、“はぁ?”・・・・もしかしたら声に出したかもしれません。

 ただご本人は現状が判らず、確認の電話を私にされたのでしょうから
丁寧、かつ!普段これ以上無いくらいに親切に お教え差し上げました。

 「申し訳ありません。 明日が大事な!大事な!  3年生最後の中体連大会なので、
残念ながら今日、1年生を見る事が出来ませんでした。確認いたしますので少しお待ちください。」

 「あっ!他の1年生に聞きましたら○×君は帰ったようですね。 よろしいですか?」

 「あっ!そうですか。わかりました・・・・ブツっ!・・・・・ツ~~~~~~~~~」

 先に切られちまったぜい!・・・・携帯電話、空高く放り投げようか迷いました。
しかし、私もいち指導者のはしくれ? ここは大人の理性がまだ残っていました。


 しかし普通こんな事を、立場から考えて、私に聞いてこられるでしょうか?

 保護者の方には、どんなご相談でも!・・・と携帯電話もオープンにしています。
しかし、相談と聞くことと、何か違うような感じがするのは私だけ?

 今後ブログネームを“サッカー部のアッシーコーチ!”と名前変えようかな?

 他にも、??・・・・!!!・・・なんて他の人が聞いてもおかしいんじゃない?
・・・電話あります。

 本当にうれしいのは、いつも来て頂ける大人の感性と理性をお持ち合わせの、
試合観戦も懇親会も品格、優雅でセレブで静か、例えカラオケでも騒がず・・・? 

  (何!コーチこれ! ケンカ売ってんのか~~~~っ!)

 ウチの部活だけに限らず、中学校部活にご協力・ご支援・ご参加頂ける保護者の方は
必ずといっていいほど常識的な方ばかりです。


 自分が用がある時だけの、そして参加したがらず、関わりたがらず、文句だけ言う!

そうゆう部活保護者だけには、なって頂きたくないですね。


先生も指導者(コーチ)もその時の感情、感性・理性・・・いろいろ有ります。

 ただ一言 「ありがとうございました。お世話掛けました。」くらいは
相手が見えないだけに、相手の事を思って言って頂きたいものです。

 自分で判っておられるのか、いないのか、はたまたそれは自分の常識、周りは非常識!
“いつまでも子供”の保護者の方が増えていくのか?


 きょうはこれくらいで許してやろう!  はっは・・・









中体連大会とは別に余計な心配事もたくさん出てきました。

 


 やっとやっと「soccer通信」が出来上がり、無理矢理夕方に顧問のI先生にコピーをお願いし、
昨日部員に渡す事が出来ました。   ほっ!

 しかし、昨日はなぜか2年生1年生がグランドをずっと走っている・・・・ん?
中体連前、ボール拾いは大丈夫か?

 気になりながら、グランドに向かうと3年生が「こんにちは~!」・・・・
そしてキャプテンが近くに来てくれて、2年・1年生の授業態度の悪さが露呈して
今日は走っています。・・・との連絡を受けました。  なるほど!そうかい!

 ただその2年生の中にA戦レギュラー数名いるので、そのままグランド数周後に
A戦メンバーと合流し練習をさせました。

 ん~! 中体連大会前でピリピリしている中、困ったもんです。

 あまり考えたくない余計な問題が、必ず何か出てくるんですよね。
そちらに神経が傾くと、こちらがおろそかになる矛盾。

 実際に言えない他の事も有るんですが、それは3年生に関係ない事なので
中体連大会の来週以降に部員の前で話す予定です。

 H先生からの相談を受け、ヤル気のある部員からの提案で「それはいいことだ!」と直感し、
来週にしましょ!・・・・・で終わり!


 明日はいよいよ中体連夏季大会です。
保護者の方は準備万端・かつ万全なサポート態勢で、部員以上に?
ヤル気マンマン  の方ばかりで助かります。

 ただ、私の方が・・・・・・いつもは配達用のバンで荷物を積んで行くのですが、
今回はウチの社員用に配達車として会社においておかなければなりません。

 だから営業用の軽自動車で行けるし、審判用具を積むだけだからいいか!・・・・なんて
考えていたら、車の故障で今朝、修理依頼・・・・・日にち掛かるぞ!・・・と友人から脅しを受け
今現在、明日の足が無い状態!・・・・イザとなれば試合会場の陸上競技場まで歩きます。

・・・・いやいや!ウォーミングアップでは走れない距離と歳! 途中でバテてる!

 ここに来て小さな心配事が、だんだん積もってきました。






喝!・・・・魂込めたPKはこうやって蹴るんだ!


PK Save / arianravan


 またまた昨日は、それこそ部活終了近くにグランドに行けました。ほっ

丁度シュート練習も終わり、今からまさに最後のPKの練習を行う時間だったのです。
GKも定位置に立ち・・・・あれ?・11m位置のペナルティマークも無く、ゴールラインすら引いてない!

 

 おいおい!そうゆう緊張感が無いから、いかんのだ!・・・
下級生にラインカーを部室から持ってこさせ、キチンとゴールライン・ペナルティマークを引きなさい!

 その間、時間にして2~3分間。  
さて他の中学校サッカー部、もしくはクラブチームの指導者の方、
PK練習中の部員の態度は如何でしょう?

 実は一昨日もPK練習をしたのですが、ボールを蹴って枠を外してしまったり、
キーパーに取られたり・弾かれたり、バーやポストに嫌われたりして自分から笑っている者。

 またそれを見ていた他の部員が、そのキッカーをヤジったり、ボロかす文句言ったり、
けなしたり、時には大声で数名が笑ったり・・・


実際の公式戦、いや、練習試合でもPK戦があったとしましょう。
そんな時、部員が笑える、ヤジる、けなす雰囲気になりますか?
PK練習1つ部員達は真剣な雰囲気でしょうか?

 だから、一昨日も怒りました。
いくら練習とはいえ、私はPK練習の笛1つ、真剣に大きく、メリハリ持って吹きます。

 1人のキッカーがゴールを外しても、試合が決まるんだぞ!・・・・
そんな緊張感が試合会場全体にヒシヒシと伝わって、大人でもキッカーなんぞなりたくないのに、
そんな時お前ら、仲間をチームの人間を笑うか?、ヤジれるか?・・・よく考えろ!

 これは練習じゃないんだ!  この場が実戦の場! やるか・やられるか、なんだ!・・・と。

 そして昨日のPK練習時、今度はペナルティマークにボールを置く時に
あまりにも雑な置き方をして、数名が立て続けに何も考えず即、蹴りたがるので、・・・・


 おい!おい!待て!待て!・・・・

 PKの大事なボールを蹴るのに、そんな雑にボールを置くと
絶対にサッカーの神様は振り向かない!

 この前のコンフェデ杯PK戦でも、ボールを大事に両手に持って、願い事していた選手居ただろ?


 この俺が決めるんだ!そして絶対に上に行くんだ!・・という思いをボールに込めてるんだ!

 そしてボールを蹴る部分・位置を決めて、大事にピッチの上にゆっくり置いているんだ!

 “お願い! 神様!”・・・・の祈りを込めて。

 そして自分の間合いを取って、審判の笛が鳴ったらキチンとインサイドキックでゴール隅に決める!

 そして ゴ~~~~~ル   歓喜のあの瞬間が待っているんだ!


 だから、真剣に緊張感持ってやろうぜ!・・・・と私が切羽詰まった話をしたら
昨日は全員に伝わったようです。

 本当に時間が無い! そのような時こそ、思いは伝わるようです。

 不思議なもので、過去にも同じような経験をした話し方があったように感じます。

 どんな時・事、どんな話し方だったかは、あやふやで覚えていませんが
部員の、選手への思いが伝わり、その時の雰囲気と真剣な話で、
私自信が感動?、伝わったかな?の雰囲気が伝わる時があるのです。

 それもやはり中体連夏季大会前でした。

それは “コイツらと少しでも長く、サッカーしていたい!”

・・・・と思えた時だったのかもしれません。






中体連前だと言うのに・・・・・あ~ぁ!仕事が・・・・

 
Sliding Off the Pitch / joncandy
 
 

 仕事の関係でウチのちっぽけな会社も新たに、この7月から様変わりし、
今まで通り、ウマくブログが更新出来そうにない不安が・・・・

 部員や気になる数名の部員のケア、中体連前の色々な準備、いかんせん「soccer通信」が出来てない!

 昨日の部活に行けたのも18:00を廻ってから・・・・・練習日も今日含めてあと3日!

 シュート練習はなんとかこなせるけど、フォーメーションのインスピレーション連携が・・・・

くっそ~! こうなったら夜間練習を20:00くらいからするか!


 (・・・・と、書くといつものお父さん方が見学・観戦・お手伝いに来られ、
その後毎日が向上委員会称する・・・・パターンになりそ!  ああじゃない!・こうじゃない!)


 だからコーチ! ・・・今、焦っています。 

 試合当日の金曜日は、審判や試合ギリギリの時刻には間に合わせたいのです。

この大事な3日間、部員とともに、部活練習始めっから、付きっきりでいたいのですが。 

今日はコチラに宿泊の予定なので、夜になんとか「soccer通信」・・・・・と思っていたら
そうか! 今思いだした! パソコンが容量不足で先週土曜日にパンクしたんだった。

 あれ~ このブログ終えたら、お友達の所に行って
パソコン見て貰わなきゃ!

  と、言う事で、全てに焦っております。 余裕がありません。

 ついでに、余裕が無い分、右横のブログ村、ランキングもランク外におちそうです。


   Oh! my God!







 



検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール