FC2ブログ
全記事表示リンク

思いやりが無い!・・・イマドキの部員達の状況なのかなぁ~

 
Master Cheng Yen A heart of loving kindness enjoys greatest happiness / symphony of love



  あ!・・・・・上記の写真は心に思いやり、kindness・・・・という事で
サッカーには関係ないです。
ちょっと癒される写真だったので・・・・・ごめんなさい。

 あ~っ・・・・・コーチも・・・・・癒されたい


 今週木・金曜日と中間試験のため、昨日月曜日から部活練習は中止です。
コーチ!・・・・毎回ながら・・・・ただいま失業中!

 しかし、部活関係・・・・・・することはたくさんあるのです。
 
1年生の練習着・ソックス・競技用パンツの手配書作成。
「soccer通信創刊200号」・・・・記念記事作成。
6月末の中体連大会前の保護者懇親会案内作り。

 あ~っ!・・・・・体が2つ・・・・欲しい!
一つは女性でいいから・・・・・(ヘンな想像は無し!)
(なんで、そんな考えなの?・・・つて、女性面からの子供に対する心理が知りたい時があるから!)
ホントかなぁ~

あはっ

脱線でぇ~す。

 さて、こんな部活中止時にこそブログ更新して、数を稼がないと・・・・・焦ります。

 以前から練習試合や夕方の部活時に感じてはいたのですが・・・・・・・
負けたくない!勝ちたい!・・・・・そんな思いで、言葉が荒くなる時は誰だってあります。

 しかし最近よく耳にするのが、同じチームメートが試合で失敗したりすると、
「オマエのせいで決められた!」
「オマエがあそこで抜かれたから、パスを出された!」
「オマエがきちんとボールキャッチしてれば、点を入れられなかった!」
「オマエが、あそこで点を決めとけば勝ってた!」

         ・・・・・etc・・・・・・・・
 極めつけは・・・・

「キチンとやれよ!」
「なんで抜かれるの!」

 中学生では、まだまだ抽象的な、どんな取り方をしていいいのか分からない言い方ですよね。
好きでキチンとやってない訳じゃない!好きで抜かれた訳じゃない!
本人は一生懸命やっているはずなんです。

 対応が分からないから、経験値が少ないからキチンと対応出来なかったり抜かれる?んであって、
私から言うと「そんな無理な事・・・・・言うな!」・・・という場面にも使いたがります。

  数上げればまだまだ沢山の言い方があるでしょう。

 だいたいそんな風に言うヤツは、自分が少しくらいサッカーがウマくて(と、天狗になってるヤツ)、
自分が失敗しても、廻りが何も言わない、言わせない・・・・ヤツらです。

 反対にそうゆう事は言わない、人を思いやる、「頑張れ!」と激励してくれる部員ほどレベルが高く、
地区トレはもとより、県トレには受かっているでしょう。

 でもそれらの、いわば人をこき下ろすような、ヘタクソ扱いを言われた部員にとっては、
その言葉がそれからも頭の片隅に残っていますし、また失敗して言われたら
 っていう焦りも出てきます。

 それをきっかけにイジリ、イジラれ、イジメに発展する可能性は、こんなちょっとしたことから始まるのです。

残念ながら私は部活時間の時にしか、子供達と接することはありません。
でも試合中や練習中に、そんな言葉や態度が出てきた時には、注意もしますし、
人を思いやる心ハートの面でもフォローします。

 言った方、言われた方・・・・・どちらとも何気ない言葉で傷付けたり、付けられたり・・・・


 考えて頂きたいのが・・・・・・まずは保護者の方が我が子に言ってませんか?

 抽象的な、言葉で濁すような、また考えさせないような言葉で・・・・・逃げていませんか?

 キチンとしなさい!・・・・・・何をキチンと、どうすればいいのでしょう? 
 あなたがダラしないからでしょ!・・・・・・・何に対してダラしないの?

 日々、これらの言葉が、具体的な説明が、子供達を考えさせる、そして思いやる子供に変えていくのです。
もっと思いやりを大切にしてあげると、子供達も分かってきます。

 だから、ウチの部員もキチンと挨拶が出来る部員、思いやる事が出来る部員・・・います。

 子供を見れば親が分かる!  親を見れば子供が分かる!・・・・・・本当に名言です。

 躾を厳しく!・・・・という意味ではありません。
子供が理解できるように、対応出来るように、教えていくのが親の務めです。




















スポンサーサイト



もっとハングリー精神!出してみろ!

  
SPIRIT_5657 / Oregon Husky


 5月の最終週は木・金曜日と中学校の中間試験のため、月曜日から部活中止なります。
いよいよ、中体連夏季市内大会まで1ケ月チョイ!
 土日の練習試合を入れても10日あまり。

 特に梅雨時期に入ると、大雨で練習試合自体が中止になる事は当然あります。

 だから日頃の部活練習が大事なんだ!・・・・と部員に訴えるのですが・・・・・

 どうも今の子供達は、自分達のチーム状況や自分のポジション、その他・・・・
危機感を感じない?というか、本当にその場面に遭遇しないと、
アタフタしない・・・と言うか。

 その状況を想定して真剣に取り組まない、やろうとしない、なんとかなるさ、

 で、いざ試合になると、ドタバタして声が出なくなり、結局は元の黙阿弥・・・・

 でも、その時にはもうすでに遅し!・・・・になるんですけどね。

 おかげ様で十数年、外部指導者(コーチ)としてやってきてて思うのは、
すべてにおいて、やはり部員達は恵まれすぎ・・・・・・

 スパイクは常に最新型の1万2、3千円するものから、2万円近くするものを平気で買ってる?
買ってもらってる?・・・・で破れもしないのに、3~4ケ月もしないで、底がすり減って、
スベるから?、危ないから?・・・・でまた買ってもらう?

 何でも言えば買ってもらえる?、買ってあげる?、手に入る・・・・・という構造が
子供達の頭の中にすでにあります。

  私達も練習で甘やかしているのは十分に分かります。
子供達も部活途中で「コーチ!、塾があるので帰ります。」

「あ!・・・そうか、分かった!」・・・・これは仕方ない事ですが、
同学年でも塾が同じ所であれば、同じ日に同じような練習や帰らせ方があるのですが、
塾も時間もバラバラであれば・・・当然、残って練習している人数が少なくなり、
時には5~6人しかいなく、練習も甘くなったりすることは否めません。

 また負荷を掛けた練習をすると、特に体の小さい部員、ちょっと太めの部員、
やはりキツそうな顔をすると、最近は身も、心も、・・・まぁるくなったコーチ?ですから
ついつい20回やらせるつもりが半分になったり、特に走る事の負荷が極端に少なくなりました。

 以前ブログにも書きましたが、OB先輩達に「コーチ!最近どうですか?」なんて聞かれて、
走る練習量なんかを話すと・・・・「俺らの時と違うじゃないっスか!」
「はい!ごもっともで・・・・申し訳ありません

 部活指導においても、また様々な恵まれた環境の中、ヌクヌクと育った中で、
ウソを付いてまで部活を平気で休むことにも、何にも違和感なく、
また練習においても、一生懸命に「こうだよ!、どう思う?」・・・・って伝えたいけど、
しら~ッ ・・・・・・とした雰囲気がチームの中に漂い・・・・・


 本当にお前らはサッカーがしたいの?、勝ちたいの?
だったら自分達から動いて、全てのことをやってみろ!


 ハングリー精神が・・・・ここ数年来前から、部員から見られなくなりました。

 良い意味、昔は保護者の方も熱かったのですが、最近は大人しい、優しい方ばかりで。

みんなが、  A hungry spirit!・・・・・・無くなってきたのかなぁ~








雨の日のコーチの特別授業は楽しくてタメになる?

 
Concentration / MiikaS



 本当に、やばいよ・・・です。
ブログ更新もままならず、・・・・・今、乙女心が(誰が!)揺れている

 先週末には体育祭も終わり、いよいよ3年生には最後の中体連夏季大会に向かって
猛練習で頑張らなきゃいけないのに・・・・

 ごめん!・・・・コーチ・・・・何だかんだで、疲れてます。

 保護者の方からも、「コーチ!・・・・ブログが・・・・・・・」

 「わかっとります。  乙女心に・・・響いています。」・・・と答えるのが精いっぱい

 あ!・・・誰か・・・・飲みに誘って!・・・いっぱいコーチの愚痴!聞いて!
(オネエ系ではありません)

 私ごとですが・・・・家では、ウチの奥さんの前では一切、愚痴は言いません。
私が愚痴を言うと、3~5倍くらいの、私への愚痴が容赦なく帰ってきますからぁ

 いかん!・・・・本当に愚痴っぽくなってきた。

 さて、5月に入り、梅雨の前触れ・・・・・・、日本情緒豊かに、麦雨とか梅雨の走りとか・・・
最近雨が多くなりました。

 少々の部活に影響しないくらいの雨でしたら、部活後のグランド整備は大変ですが、
グランドで行います。

 しかし、「こりゃ、ダメだな!」・・・と判断すると室内練習に切り替わるのは
アウトドアの部活であればどこでも一緒でしょう。

 だから室内練習時は、校舎の廊下や階段は大変です。
野球部、陸上部、テニス部、もちろんサッカー部・・・・階段を掛け上がったり、廊下を走ったり、
リレーをしたり、筋トレしたり・・・・
 よくぶつからずに出来るな!・・・・と。

 特にウチのサッカー部のおぼっちゃま軍団は、走る事にはさほど抵抗は無いのです。
廊下の端から端までリレーなんかすると、もう盛り上がる盛り上がる

 で意外とダメなのが、やはり筋トレ・・・と称する腹筋・足上げ・・・・・
もうすぐゴマかしたがる!・・・1・・・2・・・・3・・・・と数えても2回に1回?、
横着なヤツは3回に1回しかやらないヤツも・・・腹が立つ

 だから・・・・私が部員にする腹筋と足上げは・・・・・むふっ・・・・ドSの世界

 はい!・・・足上げ!・・・1人でも下ろしたら、何回もやらせるぞぉ~
はい、1・・・2・・・・3・・・・     ・・・・8・・・9・・・・・・・・・・9.1・・・・9・2・・・・・9・3・・・・

 部員達は・・・・「コーチ!  お願い!やめて!・・・・」の悲鳴
だいたいせいぜい、2~3回はやらせますね。

 日頃、溜まったストレス発散を、子供達にぶつける、悪いコーチです。

 さて、その筋トレの前に、本当に3年ぶりなのでしょう。今の3年生にもしていなかった
「100マス数字を消していく、真剣勝負だ!テスト!」・・・・と今、勝手に名前を付けましたが、
この5月から始めました。

 簡単にいうと、00から99までの数字を枠にランダムに入れ、
それを3分間でいかに集中して消していくか!
 パソコンのエクセルでもワードでもいいですから、B5サイズの中に数字を、
乱数表にして入れていき、作成しておくのです。
数字を入れ替えて、たくさん作成しておいた方がいいかと・・・

 で子供達には、00・・・01・・・02・・03・・・てな具合にペンで消していくのです。
消し方は○でも×でも☑でも・・・・

 ただ、色がはっきり判る方が、消した所は2度見しなくて済みますから赤でも青でも。

 最初は探すのが一苦労!・・・3分間で17~8個、多い部員で23~5個。
しかし、これを2~3回繰り返すと、段々要領が分かり始め、消していく数字が確実に増えていきます。

そして、凄いのが部員たちが集中しているのです。真剣そのもの!
きっと家では、保護者の前では見せた事無いくらいの、机に向かっている姿を、私は知っています。
音、1つ立てたら、私がニラまれそうなくらい・・・そんな雰囲気です。
あはっ

 なぜ始めたか!・・・・・

 部員達には言いますが、試合の中で、得点できそうな流れの時間帯に、
いかに全員が集中して、同じ目標を持って得点するか!

 また逆に危ない時間帯に全員が集中して、危機を脱するか!・・・・
その時間帯は、そう長くは無いかもしれないが、3分間集中すれば流れは変わる!

その攻守の集中力を高めるための、君達自分自身への挑戦なんだよ!


 ですから、以前は、適当に数字を消していた部員もいましたが、今ではキチンと
00・・01・・02・・03・・・・・とゴマかすことなく全員が取り組んでいます。

 これはサッカーだけでなく、勉強や試験で、いかに集中するか!を目標にしています。
昨日、行った同じような問題でも、趣向をこらし、内容を少し変更して、時間を3分から5分へ・・・
それでも子供達は真剣に行うようになりました。

 今は、この100マス消し!を筋トレ始める前に1度行い、筋トレ後の、
今度はいかに疲れた後に集中して、取り組めるか!・・・・と日に2度行います。

 最初のころは、筋トレ後はさすがに消す数字も減ってはいましたが、
ここしばらくは、筋トレ前と変わらないくらいになってきたか?
 
 また今後は音や音楽を立てて、雑音の中でいかに集中して取り組めるか!までやろうと思います。
 
 以前、問題用紙を家に持ち帰り、保護者の方にやらせた部員が居たそうですが、
お父さんも真剣になって、20個くらいしか消せなかった!・・・・と悔しがられて、
その話で家族のコミュニケーションが取れた!・・・と言って頂きました。

 ただ、雨の日限定メニューのため、こんなことも平気でする指導者(コーチ)です。
筋トレではドSのコーチでも?・・・・・やる時はやります。

 ただ、悩みは・・・・・雨が降ると、室内練習がイヤ で、言い訳して休む部員が・・・・・

せっかくのチャンスを自分で潰しているんだけどなぁ~







 

練習試合中の“退場!”・・・その後の処理に間違いは無いと思います。

 
Yellow and red card / theglobalpanorama



 やばいよ~ やばいよぉ~ 

 もう20日、ブログの更新をしていませんでした。
その間に、もう数えきれないくらい、いろんな事・・・・有り過ぎて 疲れた!

 昨日、ホームグランドにて練習試合を行いました。
1年生が入部してきて、4月下旬から1年生の試合も多く組んでいます。
A戦・B戦の合間をぬって、わずか15分でも、試合をしています。

 子供達は試合をしたいんですね。
小さな体でチョコマカ走る姿は、かわいらしい です。

 その昨日の練習試合の合間に起こった事です。

 第一試合目が9:00スタート!
 私は、どうしても仕事が入ったので、試合開始時間には間に合いませんでした。
でもなんとか、前半戦途中には・・・・・

 で、第1試合目と同じチームとのB戦試合に私が主審をさせて頂きました。

 最近試合でも、相手チームの指導者の方も自分チームの試合をピッチ内で見たい、
その場面を指示したい!と言う事で審判も相互審判を取り入れるようになり
前後半での相互審判が増えてきました。

このB戦は30分試合を通して私が審判をしました。

B戦でもウチは数名の3年生を入れていましたが、今回はそのウチの3年生が・・・・

 前半開始して、しばらくしてからウチのMFの3年生が相手チーム部員、仮にA君としましょう・・
そのA君とボール際の奪い合いから、お互い体をぶつけ合い、・・・・お!手が・・・出るか?・・・

 あ!・・・出たぁ~・・・・・ぴっぴーぃ  完全にウチの部員が手を出した格好。
笛を吹いたあと、お互いが何かを言っている様子・・・・はい!はい!、気をつけて!

 お互いに注意を促し、A君チームのフリーキックで再開です。

 そのまま、しばらくは何事もなく試合が進んでいました。

 B戦は前後半30分試合で設定していたので、休憩時間は取らず、
ピッチの入れ替わりで、後半試合の再開です。

 その後半開始すぐ、またボールが来た所に先にウチの3年生が仕掛けました。

 当然、ぴっ!・・・・・

本人も分かっているだろうから、短い笛の音で再度の警告と、
口頭で「今の行為はイエローカードに値する!今度やったら退場だぞ!」と・・・

 それからしばらくしないうちに、今度は引っ張って、故意に足を掛けて・・・
これだけでも通常は1発退場もん!

 当然、その反スポーツマン行為に私も収まらず・・・
ぴっぴっぴ~~~~~~~~~~~~~~ぃ~~~~~~~ 

 公式戦等ではカードを上げて退場!を告げるのですが、
練習試合だったのでカードを持たなかったので、口頭で「出ろ!退場だ!」・・・と。

 やはり、いくら練習試合でもカードは必要です。
カードを掲げる事で、選手への抑止力と審判への敬意が示されるのです。
いわば、良く言われる、「審判がゲームをコントロールする事」なのです。

 ベンチから見ておられた、ウチの顧問の先生から「コーチ?交代ですか?~」の声!

 「いや!レッドカードです。」 

 試合後、控えに戻ったそのウチの部員に注意と、
反スポーツマン行為に相手チームへの謝罪を促しました・・
3年生ですから、何をしたか!十分分かっているものだろうと思っていましたが・・・返事が無い!

 きっと退場!・・・と告げられた事に戸惑っているのか、(私は最後までそう、思いたい!思ってやりたい!)、
もしくは「俺は悪くない!」と誤った考えを持っているのか?・・・・・真相は分かりません。

 いずれにしろ、いくら練習試合と言えど、次の試合には出れないからな!・・・と言っても、
「はい!」の返事すらない状態!

「先生かコーチが付いて行くから、相手選手と先生に謝りに行くぞ!」と声を掛けても・・・・・

「じゃあ、君が行かないんだったらチームとして責任がある。
キャプテン、副キャプテンに謝罪に行ってもらう事になるぞ!、
みんなに迷惑掛ける事になるんだぞ! それでもいいのか?」

 この辺りまで、私も「いつも微笑みのステキな 優しすぎる天使?・・・・のコーチ」
(だれも言ってくれないので言ったもん勝ち!

 で、居たのですが・・・そろそろ、血圧が、感情がヒートアップし始め・・・

 ただ、何も言わない事に、また反省の色も見えない事に、さすがの私もとうとうブチ切れ

 「ふざけるなぁ~ 反スポ行為だろうがぁ~」
 「自分がやった事もわからんかぁ~ 何で謝りに行こうと思わない
 「その事でキャプテンや副キャプテンを謝りに行かせるのかぁ~」・・・・・と。

 いつもの「天使の囁き 」が罵声になって周りに聞こえたようです。

 その後、私が注意した事の真相を顧問の先生、キャプテン・副キャプテンに話し、
ちょうどその最中に行っていた1年生の15分試合後に、
相手チームへ謝罪に本人とキャプテンが行く!
という事で納得してもらい、その15分間の間にもう一度、みんなで本人と話をさせてほしい!という
強い申し出の3年生に感銘しました。

 いいチームになったなぁ~ ・・・・

 しかし・・・・本人は勝手に家に帰ってしまいました。
3年生数名と保護者パパさんが彼の家にまで行って動いてくれて、説得してくれましたが、
最後まで本人の謝罪がない状態・・・・

 その日の最後に相手チームの顧問の先生の所に、その場で私が促した訳でも無かったのですが
自分達自ら、ウチのキャプテン・副キャプテンが謝罪に行きました。 m(__)m

 相手チームの顧問の先生も何でウチの部員が謝罪に来たか?、
分からなかったご様子だったので、事の説明を私がしました。

 「さすがですね!」とお褒めの言葉は頂きましたが、この辺りのスポーツマン行為にについては
スポーツマン行為のみならず、人としての行為を教える必要があります。

 なぜ、謝りに行かなきゃならないか!  なぜ、チームとして、またチームをまとめる責任者、
キャプテン・副キャプテンとしてどう動かなければいけないのか・・・・

人間形成を行う事として大事なことを、中学生にも教えるのが我々大人なのです。



 人の痛みは判らないと、自分の価値観でしか物事を見れなくなってくる・・・・
まさに井の中の蛙!では社会に出たら困るのです。

 (Iママさんのお言葉を拝借いたしました。)






 

 
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール