FC2ブログ
全記事表示リンク

中体連夏季大会前の最後の怒鳴り?・・・・であってくれ!

  
(本日、パソコンのigossoが動きません。写真がありません。 
今日 撮ったばかりの大好きな人の写真でも貼り付けようかな?)

 

 今週の金曜日から中体連夏季市内大会が始まります。

 予選リーグは市内18チームの戦いで、各パート3チームの三角形で6パート。
1日目終了時で各パート上位2位チームの12チームまでが、
翌日の土曜日の2日目2次リーグに進み、
最終は来週の土曜日3日目に地区大会に進む4チームが決定します。

 先週末の土曜日は3年生にとっては最後の練習試合をアウェーで2試合行いました。
本当に課題はまだまだ有りますが、・・・・・・

 ん~~~~~~後は彼ら達のヤル気の問題です。


 前々から口酸っぱく・・・負けたらそこで終わり! 何ともならんよ!・・・・
3年生の中学校でのサッカーはそれまで!
負けた時点で受験勉強頑張んなさいよ!・・・・と言っても・・・・

何か他人事のような雰囲気!

 なんとか、してくれろだろう!・・・・という甘い考えがまだ部員には有ります。

本当に勝ちたいのか! 見えてきませんね~。

 反対に昨日の午後からの部活練習の時に、私の方が熱く怒鳴ってしまいました。
事の発端は、高校1年生のOBも中体連前に胸を貸しに練習の相手に来てくれました。

 本当にうれしかったです。こんな光景がずっと続けばいいですよね。

1時間の基礎練習後に紅白戦!A戦メンバー対OBとB戦メンバーの50分試合!

 後半の残り少ない時間にA戦メンバーがコーナーキックを取り、キッカーを誰に?・・・
順当ならA君だろう・・・・・と、もしケガ等で蹴れなかったらB君かな?・・・・と思っていた矢先、
DFのクマチャンがキッカーをボールをセットし始めた・・・・・え~!・・・・そりゃないだろ!。

 ちょっと待てぇ~~~~~
キャプテン!・・・・オマエさんはコーチがお願いした事に対して、
みんなで何を話して決めたんだ!

本当に真剣にみんなで話して決めた事かぁ

 なんでコーナーを蹴るのがクマちゃんなんだよ~!
クマちゃんはゴール前に居てくれないと、こんな絶対の得点のチャンスを捨てる気か!
ただでさえ、ヘディングを怖がるばかりの君達が、ゴール前、逃げるだろ!
だったら、ガタイの強い、ヘディングの強いクマチャンはゴール前から外せんだろっ!
他の連中も何とも感じないか?・・・・それとも言えないか~?
 
 ふざけんなゃ~

 本気で怒鳴りつけました。

 どうしても私の方が思いが熱くなり、なんとか!何とか!・・・・点を取りたい!取らせたい!
それなのに、どうして部員達は相変わらず冷めた思いがシラ~・・・・・と流れるんでしょう。

もう今週はそれがピークになりそうです。

 私もW杯、メキシコ代表監督のミゲル・エレーラ監督と同じ?で
体で喜びや悔しさを表現したいタイプです。
 1点取ったら、ハデにガッツポーズ!したいですし、勝てば興奮して狂喜乱舞 
うん!・・・・判ります。

 それもあと4日後・・・・・
本当にこれが3年生にとっては最後の怒鳴り声と、コーチの熱い思いが響いてくれれば・・・
向かう所に敵なし・・・・・になれば良いのですが・・・・





スポンサーサイト



救急箱はゴミ入れか!(ー_ー)!!

 
001 / Quite Dark


 先週、体調を悪くしまして夕方の部活にも、週末の練習試合にも行けず、
“鬼の霍乱(かくらん)”・・・・・とウチの奥さんからも言われ、・・・

 顔で笑って、心で・・・・・・・ いやいや! また負けるケンカの元になりますから、
紳士でいましょう

 部員の誰1人も心配もしてくれず、心配頂いたのは・・・・・がみパパさんと・・・・フムフム!

まぁ!・・・・部員に言ったところで、・・・・「ふぅ~ん・・・・・・・」で終わりでしょう。 

 あ~!こんな時には女子の部活が良かったなぁ~・・・・
きっとコーチんとこに「コーチぃ~大丈夫ですかぁ~・・・」なんて言いながら
きっとお見舞いに・・・ ・・・・・・・中高年?の夢見ていますが・・・

 体調管理には気をつけましょう・・・・・なんて言っときながら、
不覚にも自分が管理出来てなかった

 さて、そうゆう事で今週は期末試験の部活休み期間!・・・・

  毎度ながらのコーチ・・・・ただ今、失業中!

 ただ、1年生のゲームシャツ・ゲームパンツ・ソックスの案内作りや、
いつもの「SOCCER通信」作り、・・・・・・やる事は多いんです。

 そんな中、以前から腹立つなぁ~・・・いつかウチの部員をブログで叩いてやろう!・・・と、
私の商用車である“ Lanborghini ? ”・・・・を運転中に思いだし、
ブログにしています。

 あれ?・・・・・書いたっけ?

 もう、・・・自分で書いたかどうかも・・・・忘れ始めてる! そろそろ痴ほう・・・が・・・

さて、どこの部活にもケガへの対処や、急にお腹が痛くなった時のために
救急箱を試合等に持って行かれる事が多いと思います。

 中には、冷却スプレー・湿布類・絆創膏カットバン類・テーピング用テープ類・
消毒液・整腸剤・頭痛薬・ピンセット・ハサミ・・・等々・・・
時々、中身を点検して無いものは補充していかないと、急に必要な時に無い!・・・・・
良くある話です。

 その補充点検の時に、いつも、毎回・・・・ブチ切れ 起こします。

 毎回、使った絆創膏の入っている袋や剥離テープのカラごみ・・・・血の付いた脱脂綿・・・・・
冷却スプレーの使い初めの破ったビニール・・・・・湿布の裏紙・・・・・等々がゴミ入れみたいに
救急バッグにいれたまま・・・・
 挙句の果てには、ハサミやピンセットは直してない、出しっぱなし!
テーピングのテープは、いくつもあるのに新品を出している!

 これじゃあ、いざ使う時に、アイシングバックが無かったらどうするの?
トゲが刺さって、トゲ抜きが無かったら・・・そのままか!
バッグに自分が使った、血の付いた脱脂綿入れていたら、次に使う人はどんな気持ち?

 言っても、言っても・・・・・その時だけのお構いなし!・・・・・・

本当に言いたくなります。

 オマエさんを育てた、親を呼べぇ~・・・・・・・と。
 
 トクトクと説教したくなります。

 家でも片付けもしない、出したら出しっ放し・・・・・・
そのままこんな時に、こんな所で出てしまうのです。

 ウチの会社の若いモン!・・・・・先輩がやっている仕事に、自ら進んで手伝おうともしない!
もう40近くもなろうと言うのに・・・・・

 私は、ウルさく言います。
「君が将来、ここの代表者になるんだよ!」・・・
気づき、気遣い、それこそ・・・・おもてなし・・・その気持ち、心がないと必ず商売は潰れていく。
 だから、ウルさく、しつこく、言うんだ!

 以前部活は先輩達が部室掃除から、整理整頓から決めごと・・・・等、いろんな事、
下級生に教えていたもんですが、最近はそんな事も少なくなり、
だから余計に、気づき、気遣いが出来ない
若い人が増えてきたんだろうと思います。

 しかし、その中でも、こちらから見ていてもキチンと出来ている人もいますし、
事実、ウチの部員の中にも、言わなくても進んでやってくれる部員も数名います。

 ちょっとした、気づきがその人の人生観を変える!・・・・というと大げさかもしれませんが、
見ている人はキチンと見ています。

 救急箱の話から、人生観まで大きく変化しましたが・・・・・









お弁当に込める愛情は・・・・・・変わらない?

 
Zaru Soba - Asatsuki / avlxyz


  今年の九州北部の梅雨は・・・・・梅雨入り後、ほとんど雨が降らず、
私の住む福岡は、先週まで10数ミリ程度の雨しか降りませんでした。

 同じ九州でも鹿児島やまた遠く離れた関東・紀伊では観測史上!の降水量・・・・・
また梅雨の無い北海道でも半月間、雨の降りっぱなし・・・

 これで今年の夏はエルニーニョ現象で冷夏になるとかならないとか・・・・・
異常気象がこれからまだまだ、どんな影響が出てくるのか測り知れませんが・・・

 やっぱり夏は、スカッと晴れて ビールが ウマい!・・・・
・・・サッカーコーチのブログでした。  失礼しました。

 さて、先般、ある保護者の方とお話いたしました。

 実は夏場のお昼ご飯の件でした。

 練習試合等で部員達のお昼ご飯時は、部員達同士のコミュニケーションの時間と思い、
特別にその中にまで私が入って行く事は無いのですが・・・・ 

 たまたま、ある日の練習試合、その日はアウェーの試合だったので
部員が食事をしている所の前を私が通過して、駐車場に向かっている最中でした。

 ある部員の食事が・・・・・
ん?・・・冷麺?、そうめん?・・・・と、おにぎりが、お昼ご飯?・・・・

 通過していたので、何とも思いませんでしたし、部員に声も掛けませんでした。

 ただ、後で思うと、本当にこの食事でいいんだろうか?・・・・・と。

 長い目で見ると、栄養的には良くありません。
ただ練習試合日だけの、たまたまその日だけだったのかもしれません。

 また昨今の異常な暑さの夏場の試合に、試合後の僅かの時間に、
暑さと試合後のバテと、まともな食事が取れない部員もいるようなのです。

 せっかくお母さんが作られたお昼のお弁当が、一口も入らずに、
そのまま残して帰ってくる!・・・という部員も夏場にはいるようです。

 こんな風にブログにしてしまうと、賛否両論あると思います。

 暑い中、食事が入らないくらいだったら、少しでも体に入るような食事でも・・・
また暑い中、作ったお弁当の管理や、それにより食中毒の心配が、・・・・

 いやいや、冷麺やそうめん・・・コンビニでも買ってくるようになって、
1人が持ってくればみんなが、それでいいんだ!って思って、
みんなそんな食事ばかりになってしまう・・・

 子供達がそう親にそう言えば、ついつい親も許してしまうし、
親にしてみればお弁当を作る手間も・・・・

 等々・・・・・

 昔の私達の頃比べると、気候から食事面から、利便性全てが変わってしまって、
冷麺やそうめん類の食事が良いとか、悪いとは言えないのです。

 ただ、やはり子供達が普段の食事に弱くなっている事は否めないでしょう。
好き嫌い、食物アレルギー、熱いもの・冷たいものが好きに選べる、・・・・の時代。
 
 私は知らなかったのですが、最近の小学校の給食は残していい!・・・とか。

 そうゆう事も影響しているのかもしれませんね。

 食べられない、受け入れない体質、体力、家庭環境、・・・・
子供達の体の問題も有るでしょうが、親の問題はないでしょうか?
そうゆう風に育ててこられなかったか?

 これらの事はこれからの部活や子供達を預かる指導者として
保護者の方や子供達と、話し合っていかなければいけない問題となるでしょう。

 いや!冷麺やそうめんの食事が悪いのではないのです。
それプラスαの量や質、・・・・何かが、育ち盛りの子供達の体に1食でも必要な事なのです。

 私達指導者はキツい部活練習後の、早い時間帯の食事が体を作る!・・・
と栄養面や食事面から知っています。

 特に食べざかり、伸び盛りの中学生には、本当にキツくてもしっかり食べさせる事が
体を作ってくるからです。

 男親からしてみると「夏でもしっかり食べんかぁ~!」・・・・の一喝で良いのでしょうが、
母親からするとやはり、自分のお腹を痛めた・・・・・・子供の事を優先的に考えるのです。
これは単なる甘やかし?ではないと思いますが・・・・・

 ただ、タイトルにもしましたが、夏場でもお弁当に愛情は注いでくださいね。

  ん~・・・・昔は夏場でも友達と弁当の取り合いをしていた、
暑いも何も関係なく、とにかく空腹を解消するのが先!だったのですが・・・








部室掃除をして栄光の宝物・・・・・発見!

 
Soccer uniform / kosabe


  先週の日曜日、そう、W杯日本代表の初戦コートジボアール戦で惜しくも負けた日。

この日は練習試合を入れず、朝からグランドで部活練習を1時間半程練習をしてから、
部員全員で教室の大型テレビでW杯試合観戦をしました。

 考えたら中学生3年~1年生、15歳~13歳・・・・・1998年の日本が初めてW杯に出場した
フランス大会・・・・・そう、16年前、生まれていないんです。
日本人初、W杯得点者がゴン中山・・・・・知らないんです。

 その前年の涙を流して喜んだ「ジョホールバルの歓喜!」の瞬間を・・・・・知らないんです。

今でさえ、日本がW杯に出場するのが当たり前だ!・・・・と子供達は誰も疑いません。

 ですからこの日もテレビ観戦しても、しっかり見る部員と、最初ちょこっと見て、あとは遊んでる・・・

当然、W杯の出場が大変だった頃を知っている人は、一喝!
「こらぁ~ しっかり日本代表を応援せんかぁ~  」

 その気持ち!・・・判るよなぁ~

 残念ながら初戦、先制しながらも2-1で負けて・・・・・ちょっと意気消沈
ハーフタイム時にお昼ご飯を食べ、試合終了後、グランドで練習と紅白戦を行いました。

 私は以前から気になっていた部室の掃除を何とかしないと
運が・・・逃げて行きそう!・・・と、紅白戦を顧問の先生にお願いして、
私と1年生全員で部室掃除の開始です。

 でも最近の部室って、ただの用具入れ?荷物入れ?になっています。

 以前はこの中で上級生が着替えたり、ご飯を食べたりして・・・・
また時には、ヘンな本が出てきたり、お菓子の袋が出てきたりで、
しょっちゅう大目玉喰らっていた部員が居た頃が懐かしい・・・・・

 だから常に上級生が下級生に、部室の掃除をさせていましたから、
ホウキで砂や泥をはきだすくらいでよかったんですけどね。

 そして3年生引退間近の頃になると、あそこのポジションは俺が座る!とか、
先輩のあの場所は俺が貰う!とか・・・そんなウキウキ感が下級生には有ったのですが・・・・

 さて、お掃除の話し・・・・

 まずは部室に有る全ての物を、全部部室外に出せぇ~!・・・・・の私の掛け声で始まりました。

 サッカー部部室両となりが野球部、そしてテニス部と並んでいますが、
出入りに邪魔にならない様、また今日は徹底的に、部室内床を水洗いまでして掃除をしますから、
部室の少し離れた場所まで、荷物を動かしてもらいました。

 パンクしたボール、コーナーフラッグの支柱の割れたヤツ、下に敷く破れたブルーシート。
固まったライン引き用の石灰、いつの?と言いたくなるサッカー教則本、・・・etc,etc・・・・・

 出るわ!でるわ!・・・
そのたびに「コーチ!?・・・・これは?」
「聞かんでもいいから・・・・・捨てろ!」

 極めつけは、部員数名が「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~・・・・・出たぁ~ぁぁぁぁ・・・・」

 かべちょろ(九州地方・福岡の方言で、ヤモリの事です。)が数匹・・・・
本棚の裏から出てきて、部室を出て行ってくれました。

 荷物を出した後は、まずははき出しから・・・・・部室出入り口とすぐ横の小さな窓しかなく、
まぁ~ホコリが・・・スゴい事に・・・・
タオルで口と鼻を覆いながら、数名が交代で一生懸命に掃いてくれました。
 
 その間に、他の部員に多くのバケツを探させて水を汲んでくるように指示をし、
部室を掃き終わったら、奥から砂やホコリ、泥、石灰の塊を全部流し出せ!・・・・・・と。

 バケツにして20数杯分・・・・いやいや!・・・・
きれいな下地のコンクリートが・・・・久々に?出てきました。

  で、ある1年生部員が・・・「あ!・・・コーチ!このユニフォームは、どうします?」
良く見るとビニール袋に入れてて、もう処分しようと思っていたユニフォーム。

 私が指導者として来る前からあった懐かしい赤のPUMAのユニフォーム・・・
数々の栄光を残してくれた先輩達の汗と涙が詰まったユニフォーム・・・・
しばらく・・・・・見入っていました。

 半袖のまだ背番号も完全じゃないけど付いてる、生地も当時のものだから、
今みたいに素材がいいものではなく、薄くは無い・・・・夏場は暑そう

 しかし今の1年生の、とりあえずは練習着になって生き帰ってくれれば、
そして、1年生に先輩達の伝統を伝えてくれれば・・・・・

 喜んで1年生は持って帰ってくれました。

 お~い! 帰ったら洗濯しろよ~

当時はユニフォームの方がデカかったのに、
今では「ユニフォームが小さくねッ?」・・・って部員も数名いました。

 またしばらくの間は、懐かしいユニフォームが復活致します。

学校横を通る当時のOBや保護者の方がいたら、
懐かしさで立ち止まって見入ってくれないかなぁ~





 


踵(かかと)が痛い!・・・・サッカーでは良くある事です。

 
/ J.J. Verhoef


  部活の中で、走ったり、動いたり足を使う部活は良く話を聞かれると思います。
後は、足にマメが出来た!・・・・足がツった!・・・・・股関節が痛い!・・・・・etc・・・・

 特にサッカー部員に多いのが、練習中や試合中にマメが出来た!・・・と言ってくる部員!
新品の履きなれないスパイクの原因も有りますが、スパイクの中に履いている
ソックスのヨレ・シワで出来る原因が多い時の方が有ります。

 きちんとソックスが足にフィットしない履き方で、そのソックスのヨレやシワ部分が
スパイクとの摩擦で、その部分だけがこすれてマメや水ぶくれになったり・・・・

 部員も試合に集中していますから、マメが大きくなって知らせてくる事が多いので、
その時点では、その後の試合に出さなかったりと対処しなければなりません。
  
 実は昔、私達がやっていたのですが、これを知って居られる方が今、いらっしゃるかな?

 もう私達も高校年代ともなると、マメが出来そうな時が分かってくるので、
先に自分達で、ソックスや足のマメが出来そうな部分に固型石鹸を塗って、
スベリをよくしていたのです。
 昔は固型石鹸はデカかった!

 今でも小さな固型石鹸をバックの中に入れてはいますが・・・・・

 そんな事するよりも、数ミリ厚のシール付きパットをその部分に当てて、
引き続き、プレーをしている部員が多くなっていますが・・・・・

 今みたいに合皮の靴が少なく本革のスパイクが多かったので、本革の伸びで
スパイクと足がフィットしていましたので、マメ自体が出来る事は少なかったと思います。

 さて、もうひとつの方!

 そう、よく部員たちが言ってくるのが、踵(かかと)が痛い!

 どうしても、ジャンプしたり、短距離を全力で走ったりの繰り返しが多いスポーツなので、
ましてクレーのグランドでは、スパイク特有の着地した時の、スパイクのポイントの突き上げ感?が・・・
何度も繰り返せば、踵が痛くなるのは当然だと思います。

 毎練習後や試合後にアイシングが必要なのですが、これが頻繁になってくると
各自が心配して、病院に行ったり・・・・・しかし痛みが取れるまで、しばらく休むか?
・・・・・となってくるのです。

 そのために各種スパイクの中に入れる中敷きが売っているのですが、
説明書をみると、「お!これ良さそう!」・・・・・しかし、これまた思っているように効かない! 
何のために千何百円も出して買ったの?・・・・・と言いたくなるくらい。

 うん!・・・・・・・、判る!判る!

 で、実はウチのOBのパパさんが、シューズメーカーさんとの共同開発で
中敷きを加工・製品化されたり、その加工する前の中敷きを取り扱って居られるような
大手商社に勤務されてあり、以前から私もサンプルで頂いたり、部員に痛くないように!・・・
と、たたみ1畳分はあろうか!と思うくらいサンプル試供品を何種類も頂きました。

 以前頂いた中敷きのピンクの色とクッション性の良さがお気に入りのウチ奥さんは
いまだに、そのスポーツシューズを手放すことが出来ないようです。

 で、今回も中体連夏季大会前の練習試合の時に・・・・・キャプテンが・・・・
「コーチ!、踵が・・・・・痛いッス! 」

 そのことを聞いていたので、お世話になっている吉田パパさん(実名ですみません)に
再度無理をお願いし、スッゴクいいクッション中敷きを、これまたロールでたくさん頂きました。

 それもウチのサッカー部カラーの赤(何で赤!・・・・・単なる私の好みかな?)

いやいや、闘争心の出る赤色ですよ。

 サッカースパイクの中敷きを外し、痛い部分、例えば踵部分やつま先部分に
中敷きに合わせてハサミでカットしてから、両面テープで中敷きの裏に張りつける
方法を教えて頂きました。

 中敷きの裏に張りつける事により、ソックスを履いた足で動いたり、ズレたりすることなく、
また中敷き全体に張りつけてないので、土ふまず部分には全く違和感無く、動けます。

 また、別の使用法で直接、痛い部分の小指や親指、
あるいはつま先部分に巻き付けたりする事によって
その痛みが軽減されるとも教えて頂きました。
 
 厚みも2mmでまたクッション性も非常によく、さっそく頂いた翌日にキャプテンのスパイクの
中敷きにカットして貼りつけました。

 ただ私のカットの仕方が悪かったのか、イチャモン 付けられましたが・・・
(そりゃあ、キミんちのパパさんみたいに、商売上のハサミの使い方はウマく無いさ!)

 で、実際に付けてスパイクを履いてもらうと・・・・・「あ!痛くない!  これだったら全然大丈夫!」と
喜んで、午後からのプレーに頑張ってくれていました。

 また、その後、同じように数名のメンバーの中敷きにも張りつけています。

 これでプレーの向上が出て、絶対に勝ちタイ!・・・・と思う気持ちが出てくれば、
頂いた吉田パパさんに、昨年来の恩返しが出来るのですが・・・・・・
 
 ありがとうございます。
 こうやってOB達・またOBの保護者の方々共、長くお付き合いが出来るのですね。

 しかし・・・クッション材、1m幅のロールで頂いた!・・・・いつまで私にコーチさせるつもり?





 




私にとっての One for all All for one (一人はみんなのため・・・)

 
All for one, One for all / achimh



 先般、部内発行の「soccer通信」が創刊200号を無事、迎えました。
当時の顧問の講師の先生が2006年4月始められ、翌年の4月に教師として
地区外の教師で赴任異動されて、・・・・・当時の保護者の方々から熱い?・・・・
いや!思いだすと、怖い視線を・・・・向けられて、引き継いだという記憶しかありません。

 そして2007年4月から第57号から私が引き継ぎ、やっとここに無事に200号を
迎える事が出来ました。

 ここまでに来る長い間の途中に、ウチの家内が亡くなり、
本当にサッカー指導すら辞めようと思いました。
でも当時の子供達のサッカーに対する情熱と、保護者の方からの熱い支援で、
それでもサッカーコーチ指導として戻るには、1ケ月近く掛かりましたが、「soccer通信」に戻るまで
半年近く休刊させて貰いました。

 そんな中での今回200号記念のカラー版(普段は経費節減で会社の白黒コピーなんですが・・・・)
で書き切れなかった事を、引き続き、このブログに載せようと思い、
週一ブロガーを脱しまして?、みんなが週末の金曜日、この忙しい中、
涼しい会社の事務所で作成しております。

 さて、その第200号に書いて、部員みんなに感じて貰いたかった事の引き続きです。

 私の3男・・・・今、私が外部コーチとして指導している中学校のサッカー部を出て、
高校は実家に近い福岡市内の高校に通いました。
 親としてみれば・・・・まぁ、サッカーを続けてくれれば・・・・との思いを無残に砕きやがって
高校ラグビーを始めました。

 今では福岡県内でも、有名なラグビー部ですが、当時はそこそこ・・・今まで最高が県のベスト16!
それでも息子はラグビー初心者で始めたのですが、中学校サッカーで活かした足の早さと、
上背が有ったために、なんとか付いて行けたようです。

 毎朝6時前に家を出て、自転車で片道50分!・・・雨の日も、冬場の明けきれない寒い朝も、
毎日部活、部活・・・・・
 当然、帰宅時間も練習でヘロヘロになりながら、さすがに自転車がイヤになった!・・・
と言っていましたが、とにかく疲れて、帰りは1時間!毎日ほぼ、21時過ぎ・・・・

 本当に休めたのは毎年のお正月の1~2日くらい?・・・・だったでしょう。
それでも3年間、勉強も含めて音を上げず、頑張り通してくれました。

 その我が息子、1年生時に今でいうイケメンで、頭も良く、ラグビーもカッコよく
学内女子からの告白も多くて、息子自信も先輩として憧れていた3年生がいました。

 その憧れの先輩が、交通事故で・・・・・・・若い命を・・・・・・・
もう、全員が打ち拉がれ・・・・・・地獄にたたき落とされた気持ちでした。

 当然、部内も練習をしよう!・・・という雰囲気にもならず、意気消沈ムードが続き・・・・
 で、3年生にとっては、全国選手権のキップを掛けた試合が始まったのですが、
その年の3年生は1回戦負け!で3年生は引退。

 続く後輩達に夢を託され、新チームになってもなかなか、ムードが上がって来ない。
我が息子も、50数名いる部員の中で、なんとか登録メンバーに選んで頂いたのですが、
憧れの先輩を亡くした思いが強く・・・・・練習にも身が入りません。

 ただ先輩の保護者の方が、お世話になった!という理由でお返しに新調ユニフォームを贈呈され、
そのユニフォームの袖の部分に、亡くなった3年生の名前の一部が小さくプリントされていて・・・・・

 ラグビーをしたくてもみんなと一緒に出来なかった息子の思いを、皆さんで叶えて欲しい!・・・
との思いが込められたユニフォームでした。
 
 その思いをユニフォームになって帰ってきた先輩と一緒になって戦いたい!
 
 我が息子にも、その思いが伝わったのでしょう。人が変わったように、とにかく頑張っていました。
一人の人間の影響ってこんなに人を、チームを変えるものなんだ!・・・・・と。

その全員の思いが、翌年の初めての県ベスト8!への道を切り開いてくれました。

 これが、私の One for all  All for one(一人はみんなのため、みんなはひとりのため・・・・)

 そして、「soccer通信」も過去の卒業した先輩達の思いと、ここまで支えて頂いた皆さんに対して
私なりの One for all All for one で続いています。

 これからも、私なりに、外部指導者(コーチ)として、指導していく!・・・・ではなく、
みんなのためにも頑張って指導させてもらう・・・・その気持ちで頑張って行きたいと思います。





 

スパイクの紐の左右色違いはコーチが広めた?

 
Copa Mundial / nikozz



 最近は本当に週一しか、ブログ更新出来ていない!
何がそんなに忙しいのか・・・・・本人も・・・・良くわかりません。(笑)
きっと恋する乙女心  ?みたいに・・・なにか夢膨らんでいるのでしょうか?

あはっ!

 さて部活をやっている部員達と違って、私達指導者(コーチ)は練習用、または
トレーニングシューズ・スパイクを購入しても、またすぐに購入することはめったにありません。

 余程のスパイク「オタク」  か、・・・・お!、これ!いい!・・・なんて
浮気心が出ない限り、どうでしょう?2年?3年?・・・・・もしかすると、それ以上の、
もう化石に近いくらいの?スパイクが生き残っているもあります。

 値段にしても、部員たちが買っている高級スパイクの半値の半値!・・・・くらいではないでしょうか?
私達もいかに値段が安く、かつ、ちょっとでもカッコイイスパイクを探しますが・・・・

 私の審判用のadidas copa mundial  (いや!こんな趣味は無い!)は
購入して8年?9年?・・・くらいになります。
 
 まぁ、芝生の時の審判用!なんて言いながら、なかなか履かなかった事も有りますが、
手入れだけはしっかり怠りなくしておりますから、常に表面は輝いて居ります。
私が引退するまで・・・・あと数年・・・・?(いや!今季かもしれない!)は、
しっかりともってくれるでしょう。

 さて、去年買った白のadidasのトレシュー、・・・購入時から、靴ひもの色がなんかイマイチ!
私のファッションセンスに?・・・・ビビッ  と、火が付き  (ホントかいな?)
で、ウチにあった赤い靴ひもを右のトレシューに紐を通し始め、
何らかの用があったのかは覚えていませんが、しばらくそのまま片方だけにしていました。

 購入した翌日?だったか練習試合があり、結局そのまま・・・・・で、
一つは面倒臭かった、(この私が、めんどう!と思った事は、後にも先にもこれだけ?)・・・
なんちゃって 、要は片方を通す時間が無かった!だけです。・・・・・(言い訳です。)

 でも・・・・・お!、このままでイケるじゃん!

足元を見た部員からは「え~!コーチ!・・・・・ それいいとぉ~?」  
(博多の方言で、「それ、いいの?」という意味です。・・・甘える?感じで語尾を上げてください)

 やかまし!・・・・コーチがいい!っておもっとるけん、それでいいと!・・・・・職権乱用か?


 そう言いながら、ここしばらくで、何名か同じようなマネをした部員が・・・・・
私が右のスパイクを赤にしていますから、逆の左を赤紐にした部員、
また私と同じく右にしている部員・・・・

 FIFAの審判ルールブック、「第4条競技者の用具」にも、靴ひもの色違いはイカン!・・・とは書いてないので。

でも常識的なものが有りますから、公式戦ややはり練習試合等では、部員にはキチンとさせましょう。

 そろそろ、紐の色にも飽き始めたんで、今度はフリル付きピンク?か、
ラメ入りの紫か何かにしようかな?
いよいよもって、部員から飽きられそうです! 


 

 

 

 


基礎体力と運動神経の無い中学生が多くなりました。

 
Hanford Jamboree - Boys 2m / GaryPaulson




  夕方の部活時、各部活の主力メンバーは場所・コートを使用して練習をしていますが、
1年生や主力組以外は使える場所の問題、人数の問題で
グランドの脇をよく走らされている風景を見ます。

 そこで最近思うのが・・・・・・・ちょっと太りすぎじゃない?・・・・ 

 可哀想になるくらい、また見てても・・・・部活出来るか?大丈夫か?

反対に心配になるくらい、お腹を胸をたっぷん・タップン 揺らして苦しそうに走っています。
本人は一生懸命に走っているのでしょうが、
この老いぼれた私の方が、どう見てもまだ・・・走れるぞ!

 部活練習!・・・・と言うより、強制的なダイエットで走らされている感がぬぐえない、
ここ数年・・・・・最近夕方の部活風景です。

 話が横道に逸れましたが・・・・
 先般の日曜日、練習試合を入れてなかったので、部員が近くの公園をトレイルラン!
朝、8時30分現地集合!・・・この日も暑かったので、15ℓ給水キーパータンク2つに
冷水とガンガンに冷やしたアクエリを作って持参しました。

 顧問の先生が、坂道と階段をうまく取り入れて、1周200~300mのコースを5周!とか、
坂道ダッシュを2人1組で競争させるとか、競争意識と持久力向上に
ほぼ毎回、第4ステージまであります。

 時間にして約2時間強。

 最後は緩やかな芝生の公園内にあるアスレチック?・・・丸太や遊具を使った遊び感覚での、
チーム協調、でもここでも競争意識を持つ大切さの練習場所でもあるのです。

 その中で高さ50cm~1mくらいの丸太を乗ったり、超えたりして行く遊具があるのですが、
やはり、へっぴり腰?足がグラグラ動く?体幹と言うか、芯がブレている・・・・・

 高所恐怖症?もあるかもしれませんが、やはり卒業していった3年生の中にも
たった1m強の丸太の上にも乗れない?、足が動かない?、そして動けない!
という部員もいました。

 昨年のブログにも書きましたが、小さい時からのこうゆう遊び感覚の体験をしていないのが
主な原因だと思います。
 
 ケガをしながら、自分の感覚で、そして体を作っていく。
そして、疲れたらグッスリ寝て、腹いっぱい食べる。

 昔ゲームとか無い時代の私達の遊びはこんなんばかりでした。

 近くの公園や神社やお寺の境内が遊び場で、木に登ったり、カン蹴りしたり、
鬼ごっこや馬乗り、ビー玉、コマ廻し、・・・・・

 そして、いっぱい遊んだ後は・・・「ただいまぁ~・・・お腹すいたぁ~」
間食すら無かったくらい遊びまくり、またご飯を腹いっぱい食べて
グッスリ寝て・・・・・自然と体も、筋肉も付いてきた!

 考えたら全てが体力、協調性、競争、集中力を養う遊び?を小さい時からやっていたわけです。
昔は当たり前のようにやってきた事が、今は当たり前のようでは無くなった時代。

 5月に行われた体育祭・・・・久々に最後まで見させて頂きましたが、
数年前まで騎馬戦や部活対抗リレーが有っていたのに・・・・・
危ないから?・・・・・形式ばった体育祭になって面白くありません。

 これからの中学生・・・・・どうなっていくのでしょう?

 ウチのグランドが広かったら、・・・・・・そうか 
この走り込みをやっている公園でやればいいんだ!

 カン蹴りから馬跳びからビー玉から・・・・・・
で、休みの日だから、保護者の方に来てもらって一緒にやればいいんだ。

 なんならお母さん方に着て頂いて、ゴム飛びを教えて貰おう! 
5~10人のチームに分けて交代で行う!

 きっと喜んで出てきて頂ける保護者の方も多いぞ!

 ただ来て頂いてケガの対応は致しますが、2~3日後の筋肉痛までは対応いたしませんので。





 

 
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール