FC2ブログ
全記事表示リンク

レッドカード提示せず「退場!」・・・と言ってしまいました。 その続き。

 
Blackpool Argue with the Referee / joncandy


  昨日、練習試合でレッドカードを出さずに「退場!」と告げグランドから
出しました。・・・実はこの続きが指導者(コーチ)にとって大事な仕事と思い
そのために題名を「その続き」とさせて書かせてもらいました。

 練習試合であっても審判として、カード不携帯の言葉での退場でしたから
チームベンチに残る事までは何も言いませんでした。
 
 本来の退場処分であればベンチにも残れず退席となりますが、
新人戦前の大事な試合で「退場!」を言われたA中学校、FW・B君が
何を反省してくれるか、またチームメンバーがどう彼をフォローするかが
FW・B君を変えるキッカケの反省の場となればと思いました。

 練習試合後、A中学校顧問の先生はFW・B君の退場を大声で責めておられました。

 チーム事情により退場処分後の取られる行動が大きく分かれるところかもしれませんが、
過去十数年、中学生の各試合を見てきましたが練習試合、公式戦を問わず
試合後に退場処分になった部員と一緒に先生か指導者(コーチ)の方が
主審の所に誤りにくるチーム、また異を唱えて誤りにもこないチームと千差万別です。

 退場処分を受けた部員の心情は察しすればお分かりのように大変な状況です。
頭の中が真っ白で何も考えられない状況でしょう。まだ中学生なのです。
その部員のプレー以外の、中学生としての心のフォロー、指導をしないといけません。

 「1人の中学生の人生の一端を担っているんだ!」・・くらいの気持ちが必要でしょう。

 そこで私は練習試合後A中学校FW・A君の所に行き、退場処分にした明確な理由と
1人が抜ける事でどれだけチームに迷惑がかかるか、またFWとしてチームの点取り屋の
要として任されているということは技術的にいいものがあり、それだけの長所を持っていても
執拗な異議を唱えると退場処分の1発で取り消されてしまう事、

 だったら今後はボールを奪われない、取られない、技術(足技)をもっと磨いて
反対にファウルでしか止められないような、それに対し異議を唱えないような
プレーヤーになってほしいと促しました。


 ほんのわずか2~3分の話でした。悔しさと歯がゆさだったかもしれませんが
話をしている最中にFW・B君の目に涙が潤っていました。

 その後B君は私の所に1人で来て誤りにきました。
これを機会にB君が大きく変わり伸びていくことを願って、またB君が何年後かに
「あの時叱っていただいてよかったです。」と言ってくれるよう
たとえ別の中学校であっても分け隔てなく指導者(コーチ)でよかったな!
と思えた1日でした。


関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール