FC2ブログ
全記事表示リンク

公立中学校にも移籍金の一部が入ってくる?・・・「連帯貢献金?」

 
Money / 401(K) 2012
 

  日本代表の欧州遠征から来月のW杯最終予選まで、
またアジア最終予選A組の熾烈な戦い等・・サッカーの話に
話題が尽きない毎日ですが、今朝もまたすごい話が・・・

 清水エスパルスユースに所属する高校3年生がマンCから4億円のオファーが・・・!

 日本代表から海外移籍のオファーはもう驚く事ではなくなりました。
またアーセナル宮市選手のように海外チームへ練習参加からオファーへ・・・
今後も多くの日本人プレーヤーがアピールする場所へ変わると思います。

 ご存じの方も多いと思いますが、インテル長友選手・マンU香川選手移籍時に
国際サッカー連盟(FIFA)が定める「連帯貢献金」が選手を育てたチームに支払われる
育成費が有名になった事は事実の通りです。

 海外進出をするほど優秀な選手が国際移籍をした場合に移籍金の5%を12歳~23歳まで
所属したクラブに分配する制度ですが12歳~15歳まで所属したクラブ(部活もOK?)には
1年あたり移籍金の0.25%を、16歳~23歳までのクラブには0.5%が配分されるというものです。

あのマンU香川選手が所属し香川選手のドリブル確立となった「みやぎFCバルセロナ」には
何んと、ナント約2000万円の育成費が支払われるのです!!

 またインテル長友選手が所属した小学校チームには約42万円・中学校には約127万円が・・・

そしてその「連帯貢献金」には海外移籍するたびに育成費が支払われる仕組みになっていて
今後、香川選手や多くの海外組がビッククラブに移籍するたびに育成費が・・・

 しかしここでフト?・ん?・・公立の高校や中学校に所属していた場合は?・・・で調べました。

やはり私立高校・中学校なら問題ないのですが公立の場合、一体誰のお金になるのか?
学校なのか?・自治体なのか?・・・・もちろん部活でしょ!、と言いたい!
 
 あ~あっ!あと3~4年先でも部活から誰か出てくれないかな~

と言いながら、本日も部活指導に燃えるコーチです。

     「こら~ぁ! そんなプレーじゃ、海外に通用しないぞ~」

 もうここまできたら皆さん、とらぬの何とかの皮算用でしょうね(笑)


関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール