FC2ブログ
全記事表示リンク

「ねぇ? 部活にする?・クラブチームにする?」・・・そんな話もそろそろ。

 
Soccer 1978 / Ken_Mayer


 ここからの話はJリーグ下部ジュニアユースや県内有名クラブチームに
セレクション合格できる・すでに入っている方や上記チームに対応出来るような
技術とテクニックを持ち合わせておられる方はどうぞご遠慮ください。(笑)

 とある地域の中学校とクラブチームのお話とお考えください。

 毎年秋以降、小学6年生の公式戦や殆どの試合が終わる頃、保護者の方の話内容が
「ねぇ!おたくの○○君、部活でサッカーするの?、それとも△△クラブチーム?」
こうゆう話が出始める頃です。

 当の6年生本人達がすでにそこまで考えているかどうか?、今時点で自分のはっきりした
明確なブレない目標持っていたら将来スゴい選手になるでしょうね。

 クラブチームも体験入部や有名チームになると優秀な人材を確保されるために
セレクション(選抜)方式でチーム員を募集される事もあります。
またセレクションもなくチーム員を確保する為、そのまま受け入れるチームもあり
クラブチームと言えど募集人数はバラバラです。

 また中学校は秋頃6年生対象に1日オープンスクールを土曜日に行い、
中学校の体験授業やその中で部活体験入部と称し顧問の先生やコーチ(指導者)が
約1時間程度、部活指導される事があります。

 中学校も市内校区によりマンモス校(最近は死語かなぁ~)や人数の少ない中学校もあり
それにより例えばサッカー部員が1学年30~40名で全部員が100名前後になる中学校や、
反対にチームでギリギリの12~15名しかいない中学校部活もあります。

 ここで保護者の方や子供達は部活にするか、クラブチームに行くか
選択基準のひとつになると思います。

 特に保護者の方はこの辺りの情報収集と子供の技術と対応度を見極めておかないと
部活でよかった!・クラブチームに行っててよかった!・・・と言えるようになるか。
 
 子供の先輩お母さんやお父さんに例えばクラブチームに入っていればチームの情報、
部活に入っていれば部活の情報等、大事です。
 
 特に中学校の場合、部活に長年、コーチ(指導者)の方がおられれば良いのですが、
顧問の先生は必ず2~3年、長くて5~7年で移動されます。

 反対に自分が思っていたクラブチームではなかった(技術的・送迎・時間他等)事で
部活に戻ってくる中学生が多くなりました。
そのままスンナリとチーム員から受け入れられればいいですが、逆にクラブチームに行っていたことで
イジめられて、その後部活もやめた・・という報告例も増えています。

 保護者の方も最初はクラブチームでよかったのが部活に戻って、今まで仲が良かった
保護者との付き合いが無くなってしまい、保護者同士の出ごとにも出にくくなった・・というお話も。

 まだあと5ケ月ありますから、十分に吟味して子供の将来を考えてあげてください。
親の自己満足だけではかわいそうです。

 私は部活体験に来た6年生には「試験や学校行事以外は毎日サッカー出来るぞ!」と言います。 (笑)

 子供の顔は「うわっ~! やった~!   」 に変わります。




 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール