FC2ブログ
全記事表示リンク

中学生年代でプロティン飲ませてもいい?・・・食事と愛情を込めて。

 
365/301 Supplements and Weights and Shakes oh my! / Noodles and Beef


 中学から高校年代にかけて体が目覚ましく大きくなり
1~3ケ月も会わなくなると、体つきから顔つきまで変わって
久々に部活に顔を出してくれた高校生OBに
「えっ!? お前誰だったっけ?」・・・冗談みたいな本当の話です。

 特に中学生年代は身長が1年間で10数センチも伸びる事もあり
中学3年までに20数センチ、30cm近く伸びた部員もいます。

 当然、身長が伸びることにより、色々な弊害も出てきます。
一般的に言われている、いわゆる「成長痛」・・・実はこの「成長痛」は
病名としては無く、正式名称は「骨端症(こったんしょう)」

 成長期の子供に多く、成長に関する骨組織の障害ということから「成長痛」と
呼ばれるようになったようです。

 このように成長期に部活して、しっかりガツガツ食事してくれたら
親としては食事代が痛い?でしょうが嬉しいものですよね。
体も心も成長してくれたら、親としての安心・責任を果たした安ど感があります。

 ただ逆に、いくら食べても太らない(ダイエット中の方には羨ましいでしょうが)
身長が伸びない中学生もいるのです。(案外高校で伸びる可能性大)

 そんな時に「栄養補助食品のプロティンはどうですか?」・・って部活保護者の方から
聞かれることも度々あります。
 飲ませるか、飲ませないかは保護者の判断でしょうが、決して安いものではありません。

 また中学生年代で飲ませることで、どんな効果を期待しているのか。
体を大きくしたい・・1ケ月後・・6ケ月後・・・1年後・・・その効果が出るまで
ずっと飲ませ続けるのか。
 
 飲ませることで安心感が出て日頃の食事がおろそかになったら、
また子供も「プロテイン飲んでるから」と同じような考えを持ったら
何のためのプロテインなんでしょう?・・・と保護者の方に聞くこともあります。
 
 保護者の方には、まず3食しっかり取らせる事と、タンパク質とカルシウムと摂取を助ける
ビタミンDに気をつけてあとはお母さんの愛情です。・・と伝えています。

 最近つまずいたり身体当てられて、グランドに倒れたくらいで骨折や骨にひびがはいったりと
やたら多くなりました。まずは骨を大きくすることです。そうすれば血となり肉となり体は
自然に大きくなるものです。

 私のブログにリンクして頂いている友達のお母さんは食事にすごく気を付けてあります。
自営業の仕事で大変お忙しい中、「よくこれだけ、本当に愛情込めて作ってあるなぁ~」と感心!
またそれをしっかり食べるご子息さん達も立派です。
長男君、小学校6年生のGKで170cm近く! 理想ですね。


 小さい時から愛情込めた食事がいかに大事か!

 ・・・・・って典型だと思います。


 



関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール