FC2ブログ
全記事表示リンク

サッカー特待で行きたい?・・甘いぞ~!と進路で悩む時期になりました。

 
Soccer Trial / Bunches and Bits {Karina}


 
 引退した3年生達は3者面談等、本人も保護者の方も進路で悩んでいます。
少なからず数名は勉強ではなくサッカーで私立強豪校に行きたい、
もう一つ加えると特待生で行きたい!・・という甘い考えを保護者共々持っています(笑)

 毎年、地区トレセン・市内選抜に選ばれたくらいで「井の中の蛙」になっている1人~2人を
母校H高校に引き連れていくことがあります。本人達は喜んで行くのですが
夕方の高校練習内容を見て・・・あぜん! としています。 

 私としては「してやったり!  ・・・高校はそんなに甘かぁ~ないぞ!」
私達、悪ガキやんちゃ時代の昔と違って今の部員1/3は中学時代は県トレセン・
九州トレセンクラスの部員ばかりですからトラップ1つ、パス1つ、身体の入れ方1つ、
そりゃ~違うでしょ!

「これが強豪校だよ!、自分の技術と比較して、ここで特待生で取ってもらえそうか?
なんならS総監督に見てもらおうか?」

「本当に高校でサッカーするんだったら、せめてこれくらいは標準と思わなきゃ無理だな」

 と、強い口調で伝えます。 さすがぐうの音も出なくなり帰りの車の中はションボリ
でも日本代表GK川島の高校時代やインテル長友の高校・大学時代のエピソード等の
「努力は報われる」話をします。

 今、そのH高校3年生に中学校OBがいます。
彼(I君)は中学校時代技術・テクニックはたしかにありました。

 しかしトレセンには選ばれなかったのです。当時中学校時代の担任の先生からも
「H高校受験して合格する成績はあるけどサッカーで就いていけるかどうか?
 ・・・コーチ、どう思われます?」と聞かれた事があります。
「厳しいでしょうね」としか言いようがありませんでした。

 しかしI君は頑張って今年とうとう高校プレミアリーグ登録選手で出場もしました。
彼の一生懸命で、ひたむきな努力が報われたのです。
 H高校、S総監督にも以前「アイツは変わったよ。努力している!」と言われコーチとして
少なからずも嬉しいお言葉頂きました。

 他にも先輩達の進学時の苦労話や当時の保護者の話を3年生部員や
保護者の方にすることもあります。

 少しでも役に立てるように部活コーチ指導以外でも、忙しくなる進路最終決定時期まで
もうすぐです。





関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール