FC2ブログ
全記事表示リンク

えっ!・・?  ボールってこんなに飛ぶんだ! 錯覚の練習法?

 
KiCk / 2493™


  中学校から部活始めた子供や体が小さく、うまくボールが蹴れない部員って
どこの中学校にも何人かはいますよね。
 基礎練習からロングボールを蹴る練習に移っても、うまく飛ばないので
4~5回蹴ると本人も半ばあきらめ顔をして集中して練習しようとしません。

 だったらボールを蹴れるようにしよう!・・・という簡単な練習法です。

 頭に描いて頂きたいのがトイレットペーパー・アルミホイール・ラップ等の長い芯の部分。
この長い芯部分を幅10mmや30mmの円筒状長さに切ります。
この上にボールを置いて蹴るだけです。・・・・ん?とお思いでしょうが、これだけです。

 ただしトイレットペーパー・アルミホイール・ラップ等の芯は柔らかすぎて1回で
使えなくなりますから、硬い芯が必要です。

 私は仕事柄、建築材料が手に入りやすいのでお勧めなのが防水工事屋さん、塗装工事屋さん
内装工事屋さん(部屋のクロス貼り等の仕事)が使われる長尺シートの芯部分です。
 
 防水工事屋さん・内装工事屋さんだったら防水・長尺シートの芯、
塗装屋さんだったらポリ養生シートの芯。
ほとんどが廃棄処分されますから、お近くにあったら、もしなければタウンページ・ハローページで
業者さんを探して分けて頂いたらいいと思います。

 長さは1mくらい、径は20~50mmと色々あり半端なく固い!です。
(昔だったらチャンバラしてたかも。しかし当たったらかなり痛いです!)
ですから切る時はノコギリが必要なくらい。1本あれば50~60個作れます。
幅(厚)は30mm・10mmの2種類あればいいでしょう。
ただしノコギリで切ると手が痛くなりますから覚悟?が必要です。ご注意を。

 予備にたくさん確保しておいた方がいいでしょう。
紙質ですから、水を吸うとあまり長く持ちません。消耗品です。

 以前はマーカーでやろうと思いましたが・・・・その前に物を大事にするという
マーカーは蹴っちゃイカン!・・・気持ちが先決ですから使用しませんでした。
危うく使う所でした。

 さて最後に出来れば目立つ赤や黒等、原色で色を付けましょう。
ラッカースプレー等が乾燥が早いです。また耐久性もあります。
色を付けるのは練習場所がグランドであれば蹴ったあと
探しまわったりしなくて済むようにです。目立つように!

 なぜこれを取り入れたかというと、ご存じのように芝のグランドで
ボールを蹴ると思いもよらずボールが飛びます。
これは大人でもボールを蹴ると気持良いくらい感動しますよね。
芝でボールが浮いた状態になるからですね。

 これをグランドでボールを芝の上に置いた感覚で蹴らせる・・
今まであまりボールが飛ばなかった子供でも本人が驚くくらい飛びます。

 要は「すっげー!」「うっわ~!こんなに飛ぶんだ!」「こんなに蹴れるんだ!」
という錯覚から入って練習させるのです。
 上手にボールを蹴れる部員も、逆足で蹴る練習でも有効です。

 ただ今まで通り蹴ってもボールが逆回転しますから、回転しない方法と
正確なキックを教えるという練習だということです。
 
 ですから円筒状の長さも30mm・10mmと幅を変えて低くしていき
1ケ月後は・・・・無しでボールが蹴れる!

 こんな練習で?とか、いやまともに教えるべきだ!と賛否両論あるでしょうが
まずはボールを蹴れる状態まで、みんなに追いつく状態まで持っていくのも
コーチ(指導者)の仕事です。 

 特にジュニア世代からキチンとしたボールの蹴り方は大事ですから
ジュニアにもお勧めです。

 


関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール