FC2ブログ
全記事表示リンク

試合が少なくなった小学校6年生の部活参加が出来るか?

 
mini soccer / philipshannon


  この時期になると小学校6年生の公式戦や練習試合も少なくなり
5年生以下中心の新チーム主体で試合を組まれるジュニアチームが
多くなる頃だと思います。

 特に年内よりお正月過ぎて、また2月~3月となると、ほぼお別れ会や
ジュニアのOB戦等くらいの試合になるチームもあるかもしれません。

 クラブチームにジュニアユースがあって、在籍する分にはずっと練習出来るのでしょうが、
ジュニアまでのチームや上のジュニアユースチームに行かない子供達は
サッカーの試合が少ない・出来ないジレンマと、もどかしさで一杯でしょう。

 数年前の事ですが、当時中学2年生部員の弟達3~4名が新学期からサッカー部に入る!・・
という情報を部員保護者の方から聞いていました。

 それは2月くらいの話だったのですが、当時6年生弟達もサッカーがしたくて、したくて・・状態で
2年生の練習試合に金魚のふん同様、ボール持参で保護者にくっ付いて来ていました。

 その時に保護者のお母さんから
「コーチ!なんとか部活で見てもらえませんか?」・・えっ!  ドキっ!

「空いたグランドでミニゲームでもしていれば、弟たちは喜びますから放っておいてもいいです!」

 考えたら1月以降に試合等が少なくなり、いよいよ3月になって小学校卒業して
4月に中学校入学しても部活出来るのが4月も下旬近く。
部活の規律等に慣れるまでは、なかなかボールに触れなかったりと約4~5ケ月は
試合形式から離れる状態が続きます。

 また4月以降は各種大会やカップ戦・公式戦等で3年生中心の試合ばかりで
これまた1年生の練習試合どころではないかもしれません。
特に顧問の先生やコーチ(指導者)が数名いる所の部活であれば、
A戦担当・B戦や1年生担当で別れて試合ができるでしょうが、
そのように恵まれたチームは少ないと思います。

 うちは4月から練習試合でホームに来て頂くチームの顧問の先生に
「A戦の中に1年生だけの試合を見たいから10分でも15分でも入れていいですか?」と頼むと、
喜んで了解して頂くチームばかりですから4月の入部後の一発目から1年生の試合を組みます。

 一番大事なゴールデンエイジ終盤時の4~5・6ケ月は習得出来ないモッタイナイ時期ですよね。
これが全部の部活チームではないと思いますが、一部現状かと思います。

 それで先ほどの話の続きですが6年生部活参加の件、
まず顧問の先生、教頭先生、校長先生にお話しました。

 教頭先生・校長先生お二人共サッカーにご理解があり、またこれまでの指導評価?を頂きましたが
春休みまで参加を待ってもらう、春休みはOK!の許可を得ました。

 ただし今後も出来るかどうか、また学校によっては、また校長・教頭先生がダメっ!・・と言われると
どうしようもないです。
こうゆう時に役立つ?日頃から大事な人間関係を作っておきましょう。(笑)

 ただ練習中のケガや学校の行き帰りの事故等については、まだ正式な中学生になっていない、
部員ではないということで学校や指導者は責任は取らない、請求しない。
傷害保険は各自で加入して頂く。
・・・・という参加する子供の保護者の誓約書がなければ練習参加出来ない。
・・・趣旨の件を伝えました。

 保護者にはご理解頂き、弟君たちを含め7~8名が春休み期間中参加してくれ、
またケガも無く思いっきり当時の新2年生と毎日ミニゲームを楽しんでいました。

 その後、今日まで年の近い部員の弟君がいないので実施していませんが、
またいつか春休みのサッカー体験?という名目で、少しでも子供達が楽しんでサッカーをしてくれれば
サッカーの原石を少しでも早く磨くお手伝いが、コーチ(指導者)として出来れば最高です。



 

 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール