FC2ブログ
全記事表示リンク

コーチ(指導者)が指導者としてあるべき姿とは?・・・1人を育てる難しさ!

 
Soccer running / bzo


 今日は私のお友達の子供さんの件で書きます。

 しかし事実、監督、コーチ(指導者)に携わっている方なら
サッカーに限らずあらゆるスポーツにおいて関係してくると思われます。

 ジュニアサッカーチームに在籍する1人の少年のお話です。

 現在、小学校6年生で来年4月から中学生になります。

 少年D君は小さいころからサッカーをしており、年々少しづつ個性に磨きが掛かり始め、
今ではD君の優れた技術、判断力、統率力、また体格の良さも加わり、他のクラブチームからも
お誘いが来るようになり来年以降、彼の今後の動向が注目されていました。

 ここまで書くと中学校部活にするか、Jユースに進むか迷っているの?
・・・とお思いかもしれません、関係もあるのですが話しの内容はそうではないのです。

 D君の噂と実際にD君のプレーを見られた、とある有名中学校の監督から
「ぜひウチでサッカーをやってほしい!」というお誘いを受け、D君自身悩んだようです。

 今まで一緒にプレーしてきた仲間の事、お父さん、お母さんの事、
今のジュニアチームで指導頂いている監督、コーチの事・・・・「どうしようか?」

 体は大きくなってもまだ小学生です。ハートの問題はすぐには大きくはならず
本人始めご家族で話し、相談して決めたのが中学校でサッカーをしたい!という最終判断でした。

 小学校時代から今現在もお世話になっているクラブチームにもJユースチームがあり
一部指導者の方から、当然D君はJユースに進むのだろう!という思いもあったようで
D君が中学校に進む趣旨を話すと、喜んでくれたコーチと、そうでなかったコーチとで
意見が分かれたようです。

 もうお分かりだと思います。

 先ほどにも書きましたが、サッカーに限らず、コーチ(指導者)の仕事は
ある一定の所までしか人を育てる事が出来ません。
例えそれが1年間であろうと3年間であろうと6年間であろうと、それから先は
本人が悩んで、相談して最終選択する事なのです。

 それだけ悩んで、決断したD君がサッカーと共に
ここまで成長した証しですし、彼のためにも喜んで
送り出してあげるべきだろうと思います。

 私は中学校部活でコーチ(指導者)として1人を指導出来るのは2年半弱なのです。
サッカー経験者でも全くの初心者であろうと同じ日数なのです。

 その中で高校からお誘い、スカウトがあれば喜んで次の指導者の方に
バトンタッチをしなければならない事実があります。
それが私の使命であり役割と思って指導者としてやらせてもらっています。
 
(きっとサッカーの神様からの依頼なのかもしれない!・・と自負していますが(笑))

 ですから多くのコーチ(指導者)の方にはぜひとも、サッカーの指導だけでなく
岐路に来た時、進むべき方向性での話しあえる、相談できる、また一緒に悩んで、
本人の良い選択が出来るような環境作りを、場の設定を考えて頂きたいと思います。
指導者の一時的な悦楽的判断は本人をダメにしてしまう可能性をも含んでいます。

 よ~く、良~く、話しを聞いてあげてください。
怒らないで、叱らないで、本人の意見を、小さいハートながら思ってる事を
聞いてあげてください。

 小学生でも監督やコーチに言う事、自体がとても勇気がいる事なのです。

 そして最後に心配なのが小学校卒業までのあと3~4ケ月の事です。
本人やご家族はそうゆう判断、選択をされた勇気と決断を今まで通りのお付き合いを
関係する周りの皆さんの支えで、温かく見守って上げてほしいと思います。

 どうも人間というのは別の所に行く、別の人と遊ぶ、人と違う事をし始めると
今まで通りのお付き合いをしなくなります。  あれ!良くないです。
人が変わる訳でもないし、いままで通りのお付き合いをしてあげてください。

 サッカーの指導だけでなく、自分を含めた心の指導もしましょう!・・・

 

 

 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール