FC2ブログ
全記事表示リンク

キャプテンのお父さんが亡くなられ・・サポーターを失った痛恨の思いです。

 
Tree near soccer field / A P B


 昨日、部活顧問の先生からメールが入り
「3年生Tキャプテンのお父さんが亡くなられたそうです。
今朝、学校に連絡がありました。」

 !・・・一瞬、「なんで?」・・・・それ以上の言葉が見つかりませんでした。

 以前からガンで療養中というのは聞いていました。
大きな大会や今夏中体連にも、いつもご夫婦で応援に来て頂き、
また懇親会にもいつもお2人顔を出してもらったり、
またこの1ケ月前にも学校近くを歩いておられるのを見ていました。

 病状は良くなってきているとも聞いていましたし、良かったな!~なんて
私自信が喜んでいたばかりだったのに。
お母さんの献身的な看護も空しく、ここ3~4日の間に容態が急変したとのことでした。
まだ50歳前後の若さです。

 Tキャプテンは男ばかり3兄弟の真ん中で、3年生ですから受験生の宿命でもあります。
まだ、お父さんが亡くなったという、本人達の実感がわいてこないと思います。

 また気がかりなのは、Tキャプテンは評価点・偏差値の高さ・また頭が良いだけでなく、
性格的な良さも学校から評価されていただけに
今後の受験時期にかけての影響が一番心配されます。

 残念なことに、本当に今は何も彼のお役には立てそうにもありません。

 部員が落ち込んだり、何かやらかしたり、なんかおかしいいな?と思ったら
「おい!サッカーやろうぜ!」・・・が私の部員への合言葉みたいなものでした。
たとえOBでも街中で見かけたら、車の中から「おい!サッカーしに来いよ!」

  や  が  に変わってくれればサッカーだけでなく、
少しだけ人生経験を積んでいる先輩として、私なりの精一杯の愛情表現です。

 サッカーには人を楽しくさせる、勇気を出させる、それだけの力があると思うのです。

 ただ残念ながら、今彼にその言葉か掛けられません。

 本日、学校の先生方と通夜に参列させていただきます。
Tキャプテンご家族も辛いでしょうが、1人のサポーターを亡くしたコーチ(指導者)としても
しばらくは辛い日々になりそうです。

 お父さん、あなたの息子がキャプテンとして責任と任務をもとに教えてくれた後輩達が
グランドで、あなたの息子と同じように一生懸命ボールを追っかけています。
 どうぞ、いつものように、ゴール近くのあの木の下で、木陰に座って今後も応援して頂けますか?
あの木陰はいつものように椅子をおいて空けておきます。
                              ・・・・・合掌・・・・
                         

 

 





関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール