FC2ブログ
全記事表示リンク

乳酸菌ヨーグルトが風邪やインフルエンザ予防に良い!・・知らなかった!

 
Face masks / kimubert


 寒い時期になると必ず1~2人が風邪で学校や部活を休みます。
1つのピークは急に寒くなり始めの12月、次が1月中旬以降の本格的な
寒さが訪れた時、最後は暖かくなり始めの3月前後。

 風邪だけなら良いのですが、急速にインフルエンザが広がり始め
また毎年、TVや報道で紹介される鳥インフルエンザから新種ウィルスが
変化・発生して猛威をふるってもおかしくない情勢だと思います。

 特に部活の屋外競技は汗をかいた後、タオル等で汗を拭かずに、
そのままの状態で冷たい風に当たったり、また雨で部活が室内練習に変わって
汗をかいた後、体を冷やすために廊下の窓を開けて冷たい風に当たりたがります。

 本当は夏の暑い時以上に冬場の練習時にはタオルが必要なのです。
 
 今朝、いつものようにPCを開いて見ていたら最近の乳酸菌ヨーグルトって
スゴい機能を持った種類が増えたようですね。

 やれプラズマ乳酸菌とかリスクと戦う乳酸菌とか強さ引き出す乳酸菌とか
まるでTVの「○○レンジャー戦闘隊!」みたなヨーグルトばかりです(笑)

 どうしても我々、おじさん連中は乳酸菌やヨーグルトからのイメージは
「お腹の調子を良くしてくれる」とか「腸内環境を良くして便秘にいい」とかの
発想しか持ち合わせていませんでした。

 よくよく読むと何千種類もある乳酸菌の中でラクトバチルス菌・LGG菌・LG21菌等を含む
ヨーグルトは風邪やインフルエンザほか、様々なリスクを低減させることで話題になっているとの事。

 健康志向からヨーグルト市場は好調に売り上げ推移して、特に最近は飲むヨーグルトの
売上の伸び率が200%以上と驚異的に伸びているみたいです。

 そういえば最近のコンビニにもヨーグルト売り場って種類が多くなりました。
気軽に買えて飲めるってことですよね。

 日本にも古来から漬物、味噌、最近は韓国キムチ等が乳酸菌が多く
含まれていますからどちらをメインにするかは別にプラスアルファで
冬場は多く取り入れるべきでしょう。

 ただしあくまでも上記に記載した事は予防対策の一環ですし
急に飲んだり食べたりして即効果が表れるものではありません。

 しかし今のうちから乳酸菌を多く取り入れることにより、
1月くらいからの部活練習や試合続きの時、休まずに出れる体作りは
十分できると思います。

 食事や乳酸菌を取り入れる事も大事ですが、必ず近くにタオルを置いておき、
汗をかいたら、こまめに意識して汗をふく!

 ・・・部員に体調管理を自分で意識させるためにも実行させましょう。
そのためには保護者の協力も大事ですから、連絡網や文章にタオル持参の
要項を示して協力して頂きましょう。

 そしてまずはコーチ(指導者)の方が風邪を引かないように細心の注意を払い
タオル持参での実行を示す事です。


 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール