FC2ブログ
全記事表示リンク

部活で保護者・先生方とコミュニケーションをウマくする始め方・・・・その1

 
Soccer mums / Spree2010



 私のブログに検索されてお見えになる方で多いのが
練習方法・最近の体罰問題・そしてその次に保護者との関わり(お付き合い)と
部活において保護者の方との関わりが、依然難しい問題でお悩み?の
部活指導者の方が多いようです。

 考えられる色々なシュチエーションがあると思います。
保護者の方が、たくさんご協力、ご支援して頂ける部活。
逆にまるっきり保護者の反応がない部活。
いわゆる部活にまで、モンスターペアレンツ妖怪?が介入してくる部活。

 今度は学校側で、顧問の先生が部活指導に熱心で部員より熱いハートの先生。(体罰とは無関係)
顧問の先生があまり顔を出さず、全てを任せてくれている顧問の先生。
保護者や目上の先生に気ばかりを使いながら、多少の部活にかかわる顧問の先生。(公務員特許)

 コーチ(指導者)は保護者の方、また学校の先生や部活顧問の先生との
関わりがいかに大事か、というのは十分お分かりと思います。

 そうゆう十分にお分かりなベテランの指導者の方、まだ新しい指導者の方、
そして今後、コーチ(指導者)としてやっていこうかな?と思いの方。

 保護者・顧問の先生方と必ずウマく、円満に関わりを持てるような特効薬は
残念ながらありません。
 
 ただ言えるのは、コーチ(指導者)自ら、何か部活での関わりを発信していかないと
保護者から見ると「コーチ(指導者)は居るようだけど、どんな人?」
「さぁ~?名前は知ってるけど!・・・・」
保護者は部員である我が子に聞いても、具体的にはどんな人かは言わないでしょう。

 ですから保護者にとっては「ふ~ん、そうなんだ!」・・・・・で終わり、
協力も支援もない中学3年間で終わってしまう事も多いのです。

 余談ですが私が外部指導者になったばかりの十数年前は、保護者の方が情熱的な方ばかりで
「コーチ!なんかあったら言ってください! 子供達は引っ叩いて貰って結構ですから~!」
なんなら指導で学校に文句言われる時は、私達保護者も付いて行きますから~!」

 なんて保護者の方が多い時で、当時は何かあればすぐ反省会だ、懇親会だ!なんていって
飲み会を開きたがる保護者の方ばかりで、今みたいに部活指導に難しい時代ではない良き時期に
コーチ(指導者)にならせていただきました。

 時には保護者の方と学校や顧問の先生、そしてコーチ(指導者)との
三角関係(ヘンな意味ではありません)、トライアングルが必要な時が
年に数回ある時がきます。

 またコーチ(指導者)が保護者の方と顧問の先生とのクッション役、
パイプ役になる事も時には必要です。

 それが車出しのお願いや、部活保護者会の出席や、または懇親会等々・・・
それらを一方的にお願いしても、その三角関係がうまく出来ていないと
機能しませんし、円滑に進む事も少ないでしょう。

 また、モンスターペアレントと言われる妖怪が1~2人いたら
部活の保護者の方は部活に協力どころか、出て来てもくれない、
要は当たり障りのない、少し距離を置いた所から静観して、
見ておられる事もありますが、誰でもそうなると思います。

 ですからそうなる前に、今からでも遅くない、まして新年1発奮起して
コーチ(指導者)の部活指導だけでなく、「今年からコーチはこうなんだ!」という
アピールを、特に保護者の方に出来る方法を、明日から伝授?いたしましょう。(笑)

 これはコーチ(指導者)だけでなく、逆に保護者の方の立場から見られてもいいと思います。



関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール