FC2ブログ
全記事表示リンク

部員を見たら保護者がどんな方か分かる?・・・ん!本当です。

 
Supporters monégasques lors de PSG 0-0 Monaco / psgmag.net



 昔から言われている事ですが、
「親を見れば子が分かる」 「子を見れば親が分かる」・・・どちらも当たっていますよね。

 あと「親の背中を見て子は育つ」・・・・教育・躾論を言うつもりはありませんが
部活でも同じようなところがあります。

 長年、コーチ(指導者)をしていると、部活にご協力頂いている、
また応援に一生懸命になられている保護者の方は、やはり子供も一生懸命です。

 部活でも何か問題を起こす部員は、やはり保護者も部活動参加に
積極的な方ではないように感じられます。

 保護者の方のお仕事の都合や、家庭環境の問題があって、
一概には言えない、片付かない問題もあるかもしれません。

 引退した3年生保護者の方で、看護師さんがおられ
例え練習試合でも、仕事の夜勤明けや、午後から仕事!・・の時でも
時間を作ってでも応援に駆けつけて頂いたり、

 過去にも夜のご職業で、出勤前にすごい夜型メイク?で応援に来られ
途中から「コーチ!今から出勤してくるね~。いつかお店に来て~」・・・
とあっけらかんな方等々。

 母子家庭でもしっかりお母さんが育ててあって、応援に来られるたびに
「コーチ! 何かしでかしたら父親の代わりに、思いっきり引っ叩いてください!」
といわれた保護者の方もおられました。

 中には保護者の方が離婚協議中で、ホームグランドでの試合の時、
お昼にお弁当を持参したついでに、応援して頂いたおばあちゃまもおられました。
「孫にはしっかりしてもらわんと。」・・・・と言いながら・・・・

 皆さん子供に真剣に向き合って、応援して頂いて、その甲斐あって
その子供達もマジメに卒業し、りっぱになってくれています。

 今は子供が育つ環境に、親の職業や過去は関係ないのです。

 親が一生懸命にやっていれば、子供も見ています。
仕事であれ、部活動参加であれ。

 ですから私はウチの保護者の方には
「ぜひともグランドに応援に!」と言っています。

 部員が、子供が、一生懸命にボールを追っかけ、時には倒されながら
途中交代させられても、サッカーを真剣にやっているのです。

 今度はそれを見て、保護者の方に頑張ってもらおう!と。

いくら忙しくても1~2週間、1ケ月先の試合くらいは都合はつきます。

 無理をしてでも、子供の試合を練習を見にいってあげてください。





 

 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール