FC2ブログ
全記事表示リンク

保護者の試合応援も「行きたくない!」・「行きたい!」両方に分かれます。

 
Fans / nicubunu.photo



 小学生ジュニア年代のサッカー試合応援には、ご夫婦で行かれたり、
チームメイトの仲良しお友達で一緒に行かれたりと、頻繁に行かれますが
なぜか中学年代になると、保護者の方の応援が極端に少なくなります。

 子供から見に来てほしくない要請や、親に対して恥ずかしさもあるのでしょう。
「何で試合見に来るの!」「○○君や××君の所も来てないのに!」・・・
子供なりの必死の抵抗でしょう?
 
 それは上級生でありながら部活代表のA戦試合に出られなくて、
サブでベンチに待機している所を見られたくない、
 また試合中のプレーでミスしたり、ドジって転んでみんなから笑われたり・・・
すべてが見られたくない思いの、子供目線の恥ずかしさ。

 そしてサブで試合に出ていないのを知っている、あまり期待していない
親から目線のもどかしさと、試合に出ている他の子供の保護者の方への配慮?の恥ずかしさ?
「同級生○○君が試合に出ているのに、ウチのが出ていないから恥ずかしい・見に行きたくない!」

 色々な推測が考えられます。
逆に行きたいけど土日も仕事で行けない方や、まったく部活競技に興味が無い方?等々・・・

 コーチ(指導者)から見たり、考えたりすると、それは例え子供達が
A戦・B戦試合に出ていても同じ様に見受けられます。

 以前にも記事にしましたが、「子供を見れば、親がわかる!」・・・こんなところでも
不思議なもので、観察すると“なるほどなぁ~”と、よく表れています。

 (こんな人間ウオッチングをしているコーチです!)

 しかし、ここは逆にドンドン試合を見に行ってください。
例え子供がどう言おうと、何を言おうと、「あんたを育てる責任が私には有る!」

 ・・・くらい言い放って、見に行ってください。

 そして逆に保護者の方に言いたいのは、親が、保護者の方が恥じてどうします?
変な目線や親としてあるまじき、思考能力のない、古くて固い考えを持たれたら、
仮に子供がその試合に出られなくても、ベンチで一生懸命にやっている子供がかわいそうです。

 ある時、顧問の先生、コーチ(指導者)も気を使って、保護者の方が来られている
子供を途中に試合に出したら、なんとこれがオオバケして「当たっちゃった~!」
「レギュラー取っちゃったよ~!」・・・・なんてよくあることなんです。

 そしたらそれ以降は毎試合、応援に来られて「楽しみで、楽しみで!」なんて言われて、
完全にお母さんがハマって、お父さんまで引っ張りだしてしまいました。(笑)

 でも行きたいけど~・・・・どうやって他の方の中に入っていけばよいか・・・

 陰の方でコッソリ見られているよりも、皆さんと一緒の方が楽しいですし、
その方が私達、指導者も話がしやすく、また声も掛けてもらえやすくなります。

 頻繁に応援に行かれている同級生の保護者の方に電話なり、連絡を取って
「次回の試合から一緒に行ってもらえますか? 車に乗せてもらえますか?」・・・で
良いと思いますよ。

 まず保護者の方、自らアピールしなくちゃ!

 応援に一緒に行くのに、イヤな顔される保護者の方なんていませんから。
部活のFanでありSupporterにもなって頂かないと。

 本当にウチの部活保護者の方には、いつも来て頂いて有難うございます。
全国にメッセージを発信したいですね。

 “ウチの部活保護者は最高だぜぃ~!”

 弥生・春、3月・・・気候も良し!、
思い切って重いコートを脱いで、保護者デビューしてみませんか。

 部活応援、面白くて盛り上がりますよ。・・・・コーチ(指導者)も盛り上げてください。




 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール