FC2ブログ
全記事表示リンク

部活保護者にキレそうになる事!・・・・・も、コーチ(指導者)にもあります。

 
Guardian / spunkrascal


  こんなタイトルから入ると、ブログを見て頂いているウチの保護者の方から
“えっ! 何で?”・・・と思われるかもしれませんが、
いつもご協力、ご支援、またいつも応援に来て頂いている、
ブログを見て頂いている保護者の方や関係各位?には有り難く
感謝いたしておりますので、ご安心ください。 

 1つ目は子供の部活動に対し「理解と協力しよう!」という気持ちがあるのかどうか。

 この理解とは子供の成長に対する理解と思ってください。

 少子化家族と言われるようになって、1家族3~5人になって
お父さん・お母さんも子供達・家族のために一生懸命に働いて、ご多忙なのは判ります。

 忙しい中、色々な事に関わってあげられない中でも中学生であれ、高校生であれ
日々、体と心は親の知らない所で変化し、良い方向または悪い方向へと成長しているのです。

 1つが食事。
 以前ブログにも書きましたが、インスタント、栄養価の少ない物、コンビニで済ませていませんか?
食事は人を作ります。また人はその食事を作ります。

 コーチ(指導者)として十数年もやっていると、子供や保護者も見れば
“あっ!・・・ここはキチンと朝から食事を取らせて頂いているな。”
“もっと食事に気を使ってくださいよ。”・・・・なんて不思議に判ってくるのです。

 週末の試合に毎週コンビニ弁当ばかりの部員・・・・やはりかわいそうです。
私はその保護者に電話を入れ、子供目線・指導者目線で言わせていただきます。

 過去に2度ほど電話しました。
おひとりは母子家庭で、お昼に働き、また夜もお水で働いて、働いて、
それでもなんとか子供はリッパにしたい・・・という思いのお母さんでした。

 なんとかお話が出来、私の思いを伝え、それ以降週末の弁当を作ってもらえるようになり
子供も嬉しそうだったです。 ただ1度だけ、その部員が弁当のおかずが少ない事に不平を
言ったので、どうゆう思いでお母さんが弁当を作ってくれたか、涙ながらに叱った記憶があります。

 その部員は今、東京で車関係の仕事に就き、お母さんへ毎月送金しているそうです。

 もうひとりの方は・・・・残念ながらご理解いただけませんでした。

 “お仕事が忙しいのは解りますが、週1回くらいはあと30分早く起きて頂いて
 子供のために、お腹いっぱいの弁当を作って頂けませんか?”

 本当に忙しくても、しかし子供のためには何とかしてあげなければ・・・・と思っておられる
お母さんは頑張ってやってくれますが、自分中心、グウタラな、めんどうくさい、関わりたくない・・・etc
保護者は・・・・全てにおいて頑張ってもらえません。

 こうゆう時には別名“仏のにっし~さん”?でもキレそうになります。

 じゃあ、今の保護者の方々が同じような中学生・高校生年代、コンビニ・ほか弁なんて
無い時代でも保護者のお母さんは、朝早くからみんなのお弁当を作り、朝食を作り
学校や部活や試合にいったハズなのです。

 それが“ウチは出来ません!”・・・はおかしくないでしょうか?

 食事だけではありません。子供が成長するのに頑張っている部活動に
もっとご理解・ご協力をお願いできないでしょうか?

 部活動にも保護者の方のチームワークが必要です。

 車出しのお願い、保護者会出席へのお願い、時にはタマの懇親会・・・・他等々。

 学校と部活と保護者とお互いが Give & Take。 

 そこで話をすれば、聞けばいいじゃないですか・・・と言いたい!

 “主張”ばかりされて“義務”を果たされない保護者の方が増えてきました。

 他の中学校も“主張”ばかりのモンスターペアレントだらけ!・・もあると聞きました。

 子供の、部員の成長のためにも、どうか部活動にご理解・ご協力を。

 もっと、もっと子供に、部活動に関わってください。





 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール