FC2ブログ
全記事表示リンク

では保護者の方とのお付き合いは?  PartⅡ

 
Aquinas Saints Soccer Fans / stevendepolo


 前回、保護者の方にどんな指導者なのか、部活やサッカーに興味を持ってもらいましょう・・・と書きました。
保護者にとってみれば「どんな指導者(コーチ)なのか」、特に1年生の保護者はまだ解りませんよね。 ガンガン怒鳴り散らすコーチなのか? 若いのか、年寄り?なのか等他・・・って気になります。

 一概には言えませんが私が保護者との友好的な、かつご協力を得られるようなお付き合い方法を
お教えいたします。しかし現在険悪な紛争状態のまた、モンスターペアレンツ的な
保護者とのお付き合いに有効かどうかは責任はとれませんのでご了承ください(笑)

 ① 試合や練習、ケガや何か気になる事があったら夜に電話連絡して様子を聞いてみましょう。
   小さな事でもいいので月に2~3回電話して気になる事を話してみましょう。
その時は自宅の電話にしてください。学校の先生や顧問ではないのに、いきなり緊急連絡先の
携帯電話すると苦情がくる事があります。携帯へは親しくなれるまで、また了解を貰えるまで
掛けてはいけません。 また「明日は雨みたいなのでタオルと着替えを多めに持ってくるように」とか
連絡網を利用してもいいと思います。
保護者にすれば「気にしてもらってる」と思います。

 ② 記録や通信を作ってみる。
   パソコンで試合結果や子供達へのメッセージまた保護者へのコメントを
「蹴球通信」・「サッカー通信」のような気ままに月1くらいで作成してみてはどうでしょう。 
保護者へのアプローチが出来ます。「グランドにお見えになりませんか?」とかみたいに。
また卒業したOB保護者の方の中には数名の方が、「記念に」と、いまだに大事にして
頂いている方もいらっしゃいました。嬉しかったです。(涙)。

 ③ 試合場では笑顔で、大きな声で挨拶しましょう。
   慣れると冗談の1つでも言えるようになりますし、今度こちらから色々なお願いや
「こんな事しようと思いますがどうでしょう?」と相談したり、特に先々懇親会等をしようとする場合は
お母さん方の助言が必ず必要です。アクセスしやすい場所か?費用は高くないか?
・・・大事なことですよ。お母さん方からお父さんへ「試合見に行こう」って言ってもらえるようになると
最高です。
そうしたらお父さん方とまた話せるようになり、車出しとか色々ご協力いただけるようになります。

指導者(コーチ)は子供にコーチだけでなく、あらゆる情報に気を使わなければなりません。   
 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール