FC2ブログ
全記事表示リンク

特待生サッカー部OBの思惑は現実とはかけ離れています。

 
High School Soccer / JamieL.WilliamsPhoto


今日、お昼に近くのスーパーの駐車場にて
サッカー部OBの保護者の方と偶然、バッタリ!

 「あら~? コォーチ~!」・・・・・と延々30分くらい話していました。

 この4月から高校3年生、進学か就職か・・・の大事な時期になりました。

 OB本人曰く、“俺、勉強より就職する!”・・・と言ったらしく、
「まだ時間はあるので、気が変わる可能性は十分あるでしょう?」と言ったら
本人はもう就職希望で固めている様子、とのことでした。

 進学しても就職しても、サッカーから離れたい!・・と予想外な事を言っているようです。

 せっかく、サッカー特待生で福岡を離れ、頑張っていたのに
高校サッカー部顧問の先生と、本人の起用方での思惑が違っていたようで、
高校総体終了後に、引退を決めているとの事でした。

 中学時代は、地元私立高校と県立高校からもオファがありましたが、
その2校をお断りし、今の県外の高校にA特待生として入学しました。

 中学校部活引退後に、この県外高校に決まるまでの間の経緯を、
私が知らなかったために彼に助言も出来ず、今でも悔やまれる結果となっています。

 残念ながら私は中学校先生では無いので、言えない立場でありますが
せめて当時の顧問の先生からでも「○○は××高校からオファがきてますが・・・」くらい
情報がほしかったです。

 本人は地元より、喜んで県外の高校を選んだのですが・・・・
概要と実際にはやはり差が有る事が多く、
特に高校卒業後のあとの事が心配になっていました。・・・・・

 今回それが現実のものとなり、やはり心配した通りの結果になるようです。

 事実、以前から彼を知って、地元県立高校推薦入試を進めて頂いたサッカー部顧問の先生から、
つい先日も越境して練習試合をした時に、その先生のもとへ挨拶に行った時、
今でも「帰ってきて、ウチに編入しろよ~!」・・・なんて言われていたようでした。

 せっかくサッカーという競技で繋がった関係が、1つ無くなるかもしれません。

 優れた才能が活かされきれない事は、私達指導者として残念なことです。

 もう少し、小学校~中学校~高校とスムーズに情報交換出来るようなシステムが、
何かしら出来ないものかと、悔まれるものです。




 
 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール