FC2ブログ
全記事表示リンク

外部指導者の審判について


DSC_0817 / The Bay Area Bias


 毎年6月中旬以降7月上旬にかけて中学校体育連盟(中体連)夏季大会がほとんどの競技種目で始まります。
まずは市町村大会・地区大会・県大会・ブロック(九州・四国・中国・・・)大会・そして全国大会へと
進みます。この中体連夏季大会は、地域・地区により私達外部指導者もサッカー審判等級取得により審判が出来る範囲が限られています。

 例えば地域によりバラツキがあると思いますが、4級審判であれば市町村大会の副審もしくは
予選リーグの主審(経験値もあります)とか、3級審判であれば市町村大会の主審・副審または
地区大会副審までとか。

 審判員も人間ですから例え国際審判員でも1級審判員でも誤審はあると思いますし、いかに
ミスジャッジを少なくするかですよね。 サッカー競技は国際試合でもビデオ判定の導入はまだ認められていませんが、副審2人、4審1人と合計4人で、そして最終判断は主審が決定を下しますが
他の競技と違いゴールの微妙な判定、オフサイド、得点の機会を阻止した判定等、笛を吹いて
一時的に試合を止め確認することが出来ます。

 ですから外部指導者の方でまだ審判資格を持たれていない方は、是非とも資格を取ってグランドを駆け回ってください。審判資格を取得されるまで、まずは練習試合のそれも1~2年生主体のB戦の副審からでいいと思います。
失敗を場数をたくさん踏んで資格を4級から3級、そしてその上を目指してもらえればいいかな。

 以前にも書きましたが、学校の先生、顧問では審判資格取得者は極端に少ないです。
地方に行けば特に主審はギリギリ足りても副審が足りない・・・・ その時にOBや大学生サッカー部、社会人チームにお金を払って依頼します。 
 若くてバリバリ走れる指導者の方、試合をコントロールしましょう。
 

 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール