FC2ブログ
全記事表示リンク

昨日の記事の反響が大きくて・・・・それも指導者(コーチ)です。

 
Coach / luisar


 昨日、外部指導者(コーチ)としての立場をブログ記事にした所、
大変にたくさんのコメントを頂き、反響の大きさにビックリ!しています。

「指導者(コーチ)をしたいのだけど!」「学校との確執が・・・!」
「指導者になったけど、仕事との関係であまり行けなく申し訳なくて・・・」
「保護者と連携がウマく築けない!」「ジュニアを卒業した子が気がかりで部活が心配で・・・」

 どれもみなさん1歩・2歩引いてからのお考えと行動で、
自分がお考えになった指導者像に伴ってなく、「こんなもんかな~?」と
半ば諦めて、今現在に至っておられる方もおられました。

 中には、「こう思っているんだけど、学校や保護者等が融通がきかなくて!」と
歯がゆい思いをしておられる指導者の方もおられます。

 実はある方に頂いたコメントに、お返事を差し上げました。

その中には、やはり指導の問題で部活に対する、歯がゆい思いをされて・・・

 それに対し、この地域の実績作りからの、ご返答をしました。

 今までの私達の地域での指導者実績、勝利主義だけではない、
部員や人(学校・先生・保護者)との、また指導者同士でもコミュニケーション作り等々で、
地域指導者の方々が、ご尽力され「これならば外部指導者制度もいいのでは?・・・」
という実績作りで、それが時間を掛けて県内に広がって行った・・・・事。

 しかしそこに至るまでには、やはり地域指導者みなさんが、
学校に対し、部員に対し、保護者の方に対し、同じような思いをされて、
時間がかかってもその困難・難局を乗り越えられた事。

 諦めず、腐りもせず、成長過程で心も体も不安定な時期でもある
中学生年代部員1人を育てる難しさ。
 技術があっても、心の奥に何か引っかかるものがある。(友達?学校?イジメ?勉強?)・・・
逆に陽気で元気がある、しかし技術が今一歩・・・・
それが1人ならず、何十人もいて・・・・・

 私達指導者もいくつになっても勉強だと、思います。
 
 いい勉強を、サッカーという好きな競技を通じてさせて頂く、
それも時には怒り・叱り、また時には一緒に笑って、1点差で一緒に泣いて。
りっぱな人生勉強を指導者という名のもとに、させて頂いている。

 地域の指導者のみなさん、ほとんどが無報酬で、自腹を切ってまでも
一生懸命に頑張っておられます。

 本来ならばこうゆう人生勉強は、お金を払ってまでもするべきことで
有り難い事に、無報酬でやらせていただいている・・・私の勝手な持論ですが!(文句あっか!)

 そうゆう思いを今後、外部指導者(コーチ)になりたい!という
若い世代につないでいきたいと思いますし、指導者を育てる、と言うのも
今の私達の今後の課題でもあり、仕事でしょう。

 以前にも書きましたが、中学生年代に指導卒業した部員が、
学校の教師・講師となって部活現場に戻ってきた事。
また同じように外部指導者としてやってみたい!と意欲有る卒業生がいる事。

 私にとっては嬉しい宝物です。例え学校が違っても、指導者対決!でいいじゃないですか。
お互いが切磋琢磨で、老若関係ありません。(私も負けると悔しい!タイプですから・・・)

 また数年前、卒業したOB部員、数名がグランドに来て
中学生に練習を教えてくれた後にコメントを求めた時、部員にアドバイスの一言。

「このコーチ(私の事)は、本当にウザい!です。ウザいけど、当時言われた事が
今になってよく分かります。今もウザいと思いますが、信じて付いて行ってください!」

 ・・・・なんちゅう!ヤツかい!・・・と嬉しく?思いました。

 こうゆうOBもいますので(笑)
外部指導者は、忍耐と感動と人生勉強を積極的に進んでする!・・・・
これだけでどなたでも十分出来ます。






関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール