FC2ブログ
全記事表示リンク

2年生の個性と個性のぶつかり合い?・・・大いに結構! どんどんやれ!

 
MAORI AND ABORIGINAL PLAYERS BRAWL / paddynapper


 毎年4月の公式戦過ぎた頃から、中体連夏季大会までの2ケ月半は
練習内容にもあまり事細かく口出しせずに、
自分達で考えて練習を進めるように指示します。

 練習内容進行内容は分かっているので、例えば
「はい!シュート練習!どうしたらいいか、自分達で全て考えてやろう!。」

 当然、誰がゴールの移動・どの位置からボールを出すのか・どこからスタートするのか・
シュートしたボールの回収から・・・と練習する部員がスムーズに進行するように
全員で考え、全員で実行させます。(この時にサボっていたら、雷が落ちます)

 練習ラストの持久走もI君マネージャー?の指示で、その日の走りが変わります。

自分達で、考えてやらせる。足りない所、これをやろう!・・・

 みんなが試合で不足している部分を感じとって、それをフォローするのが
指導者(コーチ)であり、押しつけがましく、「はい・・あれ!これ!」と指示ばかりして、
自分はその指導に自己満足して、子供達はその指示を待つ・・・・指示待ち人間の完成です。

 そうゆう人間は育てたくない!・・・・ポリシーです。

 そんな中、昨日2年生の練習中に有る出来事が起こりました。
昨日は45分授業で、部活開始も普段より1時間早く始められました。

 私も仕事の関係上、部活指導に行けるのはいつもの時間になるので、
部員達は基礎練習や全ての練習が終わり、ミニゲームが始まろうとしていた時間に
なりました。

 先に3年生がコート内に入り、2年生がボール拾いがてらコート廻りに
座っていました。

 しかし良く見ると、なんかいつものは違う雰囲気?・・・なんか変?
あっちで固まり、こっちで固まり、中には1人でポツンといる者も・・・・

 3年生I君に尋ねたら、
「2年生の自分達でのフォーメーション練習でモメたみたいです。」
「ん? なにかあったか?」

 そこで2年生H君を呼んで、内容を確認しました。
「フォーメーション練習を始めるのに、オフェンス側とディフェエンス側で別れたんですが
みんなバラバラで始められない、そして○○と●●が××な事、し始めて・・・・そしたら
△△が、それにキレて、また◎◎もヤル気を無くして・・・」等々・・・・延々と続きそうでした。

 的確な判断をするH君でさえ、悔しさでショックでチト涙目っぽい、余程のことだったのでしょう、
「分かった!分かった! じゃあみんなを集めろ!」・・・で、3年生ミニゲーム中に
2年生だけを集めて話をしました。

 「あと2ケ月半で夏季大会だ! 2年生の何人かはA戦メンバーで試合にも出ます。
3年生最後の試合は、M中学校の代表として2年生も出るのです。
今は技術の差が有ってA戦に出られない人もいますが、3年生引退後は
今の2年生全員が、A代表候補ですし、反対に今度は下の1年生がÅ代表候補に上がってくるゾ!」

 「今までみんなでこの1年間、H先生と一緒に苦しい練習を懸命にやっただろ?
休みの日も●○公園の坂道ダッシュやトレイルランニングで、汗してさッ!
今の2年生みんなが“○○大会出場したい!”という、1つの高い・大きな目標があるから、
休まず練習してきたんでしょ?
それなのに、そんな低い時限でモメてたらどうなる? これからは君達が主役になるんだよ!
これから、その大きな目標に向かって、まとまらなきゃいけない時を迎えているんだよ!」

 「だったら、そんな事でモメたり、遊んだりしている時間は無いんじゃないか?」

 話しの最中に、職員会議が終わられたばかりの顧問のH先生も来られ、
一緒に話を聞かれ、その後に先生からも話を頂きました。

 

 1年生時はまだ分からずに、学校・日常生活、部活もそうですが
言われた事を、こなすので一杯でしょう。

 しかし2年生時になると1年生が入ってきて、今までの下仕事からも少しづつ放され、
3年生引退後は2年生の天下?となり、その解放感から毎年2年生の夏休み中心に
色々問題や騒動を起こしやすくなります。

 個人個人の個性が出てきて、その個性が自分の考えているものと
違うと、個性と個性のぶつかり合いが始まり、そして「アイツと合わん!」
・・・と部活でさえ一丁前に、エラそうな口をきき始めるのです。(笑)

 それが不思議な事に男子では中学2年生頃から、
女子は成熟の影響か小学5~6年頃?から
ナマイキな口をきいてくると思います。(もっと前?)・・それも個性が出始めた成長の証しです。

 押さえつけなきゃいけない悪い?個性と、伸ばしてあげなきゃいけない個性と
ガミガミ!言ってはダメです。見極めが大事!

 今後、ウチの2年生がどんな個性のぶつかり合いをしてくれるか?
私は非常に楽しみであり、その個性のぶつかり合いを練習に試合に出してくれたら
“大化け”することは十分にありますし、そこを利用?するのも指導者(コーチ)の仕事です。

 今まで「仲良し、こよし」だった連中が、突然サッカーの事で口論!・ケンカ!・・・・
とはいきませんが、これも個性の表れです。  (いいな!これが青春!)

 保護者の方(特にお母さん方)はハラハラ・ドキドキかもしれませんが
まぁここは落ち着いてしばらく様子を見ましょうか。

 やっぱ、指導者(コーチ)は面白い!・・・・

 今まで3年生ブログ記事ばかりでにぎやか?だったのに、突然の2年生!
昨日、それをしり目に見ながら、3年生は楽しそうにミニゲームで盛り上がっていました。
(普段の試合にそれくらい盛り上がれよ~ )

 毎回、毎回、長い、長い、そして重たぁ~い記事にお付き合い頂き有難うございます。



 

 

 

関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール