FC2ブログ
全記事表示リンク

「いい選手を育てたい!」・・・・名将ならぬ“迷将?”になる!!

 
Lionel Messi / wonker


 27日~28日とホームとアウェーでの試合を行いました。
1年生も初めての試合を組んで頂き、「ん~!ウマい!」と
つい、うなずきたくなる選手が数名いました。

 まだ、名前も顔も分かりません。
体操服に名字が書いてあるので、名前を見てから言うしかないでしょう。

 指導者(コーチ)の方によっては、個人のウマさ、まぁ技術的問題等と身体能力と
見られる所は指導者(コーチ)千差万別です。

 今を見られるか、これから先の、例えば半年先・1年~3年先を見据えるか。
それにより指導して育てられる度合いが、変わってくるでしょう。

 まぁ中学部活での3年間となると、あまりにも短い感がありますが、
クラブチームでのジュニア~ユースなど長い期間指導されることは
1人を育てる事については、本当に羨ましい限りです。

 以前、Yahooニュース、スポーツ記事で
「メッシと遠藤保仁の才能を見抜いた名将レシャク」という
記事があり、興味があったので保存していました。

 その中で、最強クラブ「バルセロナ」の監督であったカルロス・レシャク氏は
1998年Jリーグ横浜Fの監督に就任してすぐ、まだ鹿児島実業高校をしたての
遠藤の才能に注目し、なんと開幕戦からスタメン起用!

 高卒新人がJの開幕から試合に出る事自体が今でも異例な事で、
廻りからも「もうすこし慣れてから・・・」の声にも耳を貸さず、
その才能に期待し、起用し続けた事で、いまや日本代表には欠かせない存在は
皆さんお分かりの事です。

 メッシについてもバルセロナで育成をしていた時、入団テストを受けに来た
身長140cmにも満たない13歳の少年を一目見ただけで
「彼は天才だ!今すぐに紙ナプキンでもなんでもいいから、サインをさせろ!」と
即、合格を決めたとか。

 この13歳の少年こそアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。
このメッシを見抜いた事、そして遠藤の才能と、これにより全世界に
レシャクの名前が拡がった・・・・・

 比較する事自体が部活等では違いますが、やはり人を育てる、我慢して起用し続ける、
じゃあ、何を基準にするか・・・?

 やはり、技術は多少ヘタでも一生懸命!・ガッツさ!・
ここを伸ばしてあげれば・・・我慢して起用!
長所を理解させ、それを武器にヤル気を起こさせて・・・・等々

 ん~~~~!・・・名将になるには難しいものがありますが、
私は“迷将”くらいにはなれるかも。(笑)


 毎年入部してくる1年生は、良い選手がたくさんいます。

 「へぇ~!こんな事できるんだ!」「すっげ~良く見てるな~!」
「わぉ~!そこにボール出す~!!」「この時点でこれだけボール蹴れるのか~」・・・・

 それらを見出し、開花させ(いや?開花は高校~でいいからツボミかな?)
またその中で、部活として人間性にも磨きを掛けたい!・・・・欲張りかなぁ~?

 今日は連休明け、月末のクッソ!忙しさ の中、
まとまらない他愛もいない記事で、ごめんなさい!





 




 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール