FC2ブログ
全記事表示リンク

ポジショニングはどうやって選びますか?

 
VYA_0429 / Nguyen Vu Hung (vuhung)

 
 私達外部指導者は中学生と接するのが、部活練習時や土、日の試合時にしかありません。
その中で1人1人の性格や特徴を覚えたり把握するのはできませんが、
それでも1人1人にあわせたポジションを設定しなければなりません。
 
当然本人の希望やなり手の少ないGKも考慮してポジションを決めますが、
これは指導者のある程度独断と偏見?で選ぶようになります。
しかし中学校ではFWしてても高校ではDFに代わるとかその逆の事もあります。
これは致し方ないことです。

 それ以外に練習や試合時以外の時間で子供達のちょっとした部分を垣間見ることで
決定する事って時々あります。
サッカー指導で良く言われるのが「FWは大っぴらな性格のひらめき感のある者」
「DFは神経質で統率力のある者」・・その他色々付属して言われますが、
じゃあGKは?、MFは?どうやって選ぶ?となってきますよね。

 私は練習や試合、それ以外の例えば試合休憩時の子供達のたわいもない話具合やバッグや
シューズの置き方、直しかた等1例ではありますが性格や癖や習慣で本人の適性を考慮して
ポジション交代をしたことが数例あります。

 現3年生の正GKは身長は170cmありませんが、飛び出しの判断力、指示の出しかた、
他の選手からの信頼感と安定と2年生時までは副GKだったのが成長してくれました。

まあこれは2年時まで正GKをやはりDFへ変更交代したために副から正に昇格しての
例があったのですが間違ってなかったな・・・と今思っています。
ただ正GKでは身長が少し不足なので頭を越されたゴールは仕方ないですけどね。
今後、彼は高校に行っても持ち前のガッツ!でGKをこなしてくれると思います。

 ですから日頃のちょっとした中学生を見るのも指導者の仕事だと思います。
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール