FC2ブログ
全記事表示リンク

夏場の公式戦に効く絶大な方法!・・・・・あります。

 
6月16日_13_アイシングしたり / kikmoyoo


 全国各地区で中体連予選が始まっているようです。
ほとんどが、7月上旬までに市町村大会が終了し、夏休みに
地区大会・県大会・地方大会・全国と・・・・・

 そして高円宮杯に出場するクラブチーム、中学校チームと、
本当に8月までの期間中、暑い中での好試合が日本全国各地で
繰り広げられ、時には歓喜に湧き、時にはホイッスルの音で涙に変わり、
中学校3年間の思いが、夏と共に過ぎ去って行きます。

 あ~あ、それが青春!!

 今日のブログは技術的な事も十分意味合いがありますが、
別に精神的なフォローも必要な部分でもあります。

 本当は公開したくなかったのですが、昨年ウチのチームで
これをおこなったら、中体連夏季大会の1日目、3試合目に
絶大な効果があったのでスポーツマン精神に則り?
正々堂々と公開いたします。  (笑)

 夏場の暑い時、蒸し暑い時の1日に3試合ある、大事な公式戦を想定してください。

 1試合目、ラクでは無かったけど、なんとか1-0、もしくは2-1で勝利! よかった!

 2試合目、これまた厳しい戦いを、疲れ度合いを加味し選手交代しながら
      これまた1-0で勝ちぬき、勝利! もしくは0-0・1-1にの引き分け!

 いいですかぁ~、特に指導者(コーチ)の方、よくある光景を
思い描きながら読んでください。

 中学生と言えど、さすがに暑さ、または蒸し暑さの中で、1日3試合であれば
1試合時間が前後半40分と思います。

 2試合目終了後、もう試合に出場した選手達の脚は熱を持って
パンパンで、いっぱいいっぱいの状況でしょう。

 絶対に次の試合は勝たなければ、上に行けない!負けてしまう!敗退する!

 “絶対に負けられない戦いがそこにある!”誰もがそう思う瞬間です。

 しかし、ご飯を食べる、動いてチーム場所に戻る!・・・これだけでもキツいはずです。
中には寝転がって休憩している者、黙って保冷材等で足を冷やしている者。

 いつもと違う雰囲気で、本当に選手たちは、よくここまで戦って
勝利してくれて、なんとか勝たせてあげたい思いは、選手のみならず
指導者(コーチ)・廻りにいる保護者の方もひとつになって同じだろうと思います。

 「よく頑張った! よし、あと1つだ!」・・・・なんて指導者(コーチ)や保護者の方が
手をたたき、拍手しながら「頑張って~!」なんて口で言っても
試合をするのは選手、部員、子供達なんです。

 勝手なこと言うな!~~~こっちはキツいんだぞ~~。(と絶対に思っています。)

       (今日は子供達の味方だよ~~~)


 それでもあと1試合最後の大事な試合が残っている!
これを勝てば、パート1位で明日につながる! もしくは準決・決勝に進む!

 何としても勝たなければ!、しかし、選手たちの疲労と脚が・・・・!

 すみません   どうしても前置きが長くなり、そのドラマの中に
すぐ入ってしまうA型特有の性格なものですから・・・・・?

 具体的にはJリーグの試合終了後に、デッカいポリタンク(青くて丸いゴミ箱)に
大量の氷と水を張って、その中に足を突っ込み、急激なアイシングをしている光景を
見られた事がありませんか?

 あそこまで選手全員分の、大がかりな用意は出来ませんが、
どこでもあるブルーシートを使って同じ効果を得られる、
つまり3試合目は見違えるほど、走れるように回復する方法です。

 3試合目や準決・決勝の相手が同じ事をやっていれば、
ガチの試合になるでしょうが、多分やっていないチームが多いと思います。

 ウチもこの方法で昨年夏、下馬評では相手チーム優位だったのを
相手より走り回り、ベンチから見ていた私が驚くくらい変わりました。

 熱けいれんや脚のツリもなく、選手はしっかり普段通り走ってくれました。

 最後は4-0?5-1?でまさか、まさかの勝利だったのです。
相手が走れてなかった。その試合前に選手達に聞いたら、「全然違う!走れる!」

 試合にはこんな精神的なものも大きく加味します。

 では材料のご用意をお願いします。・・・・(料理番組?)

 ①厚手のブルーシート(2×3mを2枚・もしくは3枚程度)
    人数や広げられる範囲によっては大小の使い分けが必要です。

 ②ポリタンク(キャンプや給水に使用する18L程度のタンク)
    多ければ多いほど。少なくても3~5個あれば、中身は普通の水道水でOK!

 ③ これも多ければ多いほど、1年生から3年生まで、ウチは2~3日前から
   各家庭に1L牛乳パックに氷を作ってもらい、当日、部員に持参させます。

   当然、クーラーボックスがその分必要になります。

 用意するのは以上です。

 さてその作り方?を説明します。

 ①まず、試合会場の隅っこの方、車、横2台分の駐車スペースがあればOKです。
 (これは終わった後、水を流すのに迷惑にならないためにも大事な事です)
  でブルーシートを広げます。動かさないでいいように、設定してください。

 ②ブルーシートの端を下級生や保護者の方に手伝ってもらい、数名で持ちます。
 これは中に入れる水や氷が流れない様、10~20cm程度持ち上げるくらい。

 ③ブルーシートの中に入る、疲れ切った選手の脚が半分隠れるくらい、もしくはそれ以上
 水と氷を入れる。冷たいほど急激なアイシング効果あり。
 選手が脚に冷たい水をかけながらアイシングさせる。
 
  これで最低15~20分、完全に脚が冷え切った状態にすることが大切です。
 中途半端だと、またジワジワ熱を持ち始めます。

 完全に脚が冷えて回復していれば、再度のウォーミングアップも苦ではないはずです。
 

 この設置時間ですが、試合が終わって、そのまますぐ選手が入れるよう、
アイシング出来るよう、逆算して取りかかる時間も計算してください。

 また、次の試合時間までの計算をしてから全てを考え行ってください。

 試合用パンツのままで結構です。この時期すぐに乾きますし、
中学生ですから、履きかえること自体、恥ずかしいでしょうから。

 ブルーシート2×3mサイズで並んで入っても7~8人は入れるでしょう。
一番良いのはお子様プールの少し大き目サイズもあれば、総動員?させてください。

 とにかく水と氷は多めに、これでもかっ!てくらいあれば越した事ありません。

 また、保護者の方や選手達にもなぜこうゆうことをするのか、
こんな効果がある・・・と説明しておく必要もあります。
 
 またこうゆう時に保護者の方の応援、協力が大事になります。
氷は?、ポリタンクは?、水は?、ブルーシート設営は?・・・

 これこそ、保護者の方に全て打ち合わせと用意、段取りのお願いをしなければ、
指導者(コーチ)が審判等あったりで、試合後にすぐ出来るはずはありません。

 日頃から、保護者の方とのお付き合いも大事だ!・・・と言う事です。

さて、これで1つ力を貰ったようなものです。

 ただし、これで必ず勝利、勝つ!という保証はありません(笑)
苦情の申し受けは一切お断りいたします。  

 これを試された中学校、クラブチームの方、よかったら結果報告を
頂けましたら、私も嬉しいですし、また何かしらお付き合いも出来るかもしれません。

 長年、培ってきた色々な小技?を持っております。 (笑)ご伝授いたしましょう。

 いや~ 今日は長文のブログになっちまったぜい!

 私事の余計な事ですが、今日、奥さんの誕生日なので
仕事の合間にプレゼント買いに行かなきゃ! ケーキとお花と・・・なんだっけ?

 今日は金曜日、忙しいですし、夕方は明日の試合の用意で
部活後ライン引きもします。

 昨日の採血結果・・・・・尿酸(US)・・・基準値範囲3.7~7.0に対し・・・・8.2・・・・!

 あちゃ~~~~ これがどれほどの値なのかは、解りませんが
ヤバいのでしょう。1ケ月分の薬を出しますから、1ケ月後再度、採血検査との事でした。

 それ以外は、全部範囲内で健康体なのに~~~~。

 最後は関係ない、オチで締めさせて頂き、またパラパラの拍手でありがとうございました。









 

 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール