FC2ブログ
全記事表示リンク

部停者の復帰と練習・選手起用の難しさ



Soccer training / Håkan Dahlström
  

 先月問題を起こし2週間の部停になった8名が、先週後半から
部活動に復帰しました。

 彼ら以外の他部員の、1週間あまりの部活停止に伴う清掃活動と
8名の2週間の清掃活動が終了し、先週末の練習試合を迎えました。

 その8名の中で、私が感じるのは本当にチームのみんなに、
お父さん・お母さんのご家族、そして学校の先生方に
迷惑を掛けてしまった・・・・申し訳ない!・・・という反省の色が
見えて、それが形として現れている、と感じるのは2~3名です。

 学校との取り決めで、8名の部活動は練習再開は許されましたが、
当面の試合(練習試合を含む)は今のところ、無期限の禁止という約束となっています。

 先週の復帰以後、私は1人1人見て、感じるのは
“おっ!コイツ、変わったなぁ~” “おっ!変わったかな?”

 “・・・なぁ~” と “・・・・かな?”ではかなり違います。

 しかし、まだ以前のままで反省してないんじゃないか?・・・ってのもいます。

 ラインズマンを自ら志望したり、トンボを進んで1年生より早く掛けたり、
給水コップを先に用意したり・・・・と、奉仕精神というかボランティアというか
「チームのために!仲間のために!・・・・」と試合に出られなくても
意識が変わっている部員も出てきました。

 特に今回の8名はほとんどがレギュラーとスーパーサブのメンバーばかり!

指導者(コーチ)として試合に出したいけど、出せないジレンマ! 

 勝ちたい!試したい!試合なんだけど出せない、もどかしさと悔しさ。

それは試合に出ている他の部員も同じでしょう。

 “ここでアイツいれば決めてくれるだろうなぁ~”
 “ここはアイツがいてくれれば守ってくれるだろうなぁ~”

 2年生はあと1年ありますが、3年生はあと3週間強で
中体連夏季市内大会を迎えます。

 彼らも最後の大会ですから試合には出たいでしょう。
私もなんとか出してあげたい! そしてみんなで喜びたい!

 そのためにはその8名みんなが、「みんなのために!」という
同じ気持ちで取り組んでもらわないと、当然試合にはいつまでも出せそうにない
思いです。

 今の私の中は、ジレンマと葛藤が入り乱れ、それにストレスと痛風が重なり?
しばらく発狂狂乱時期が続きそうです(ビールが飲めれば収まるんだろうけど!)・・・(笑)






 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール