FC2ブログ
全記事表示リンク

「顔を上げろ」 「判断しろ」難しい言葉でプレッシャー掛けてませんか?

 
Coach looks on / ·tlc∙


 「顔を上げろ!」「判断しろ!」「来てる!」
「ボール出せ!」「キーパー!」

 試合中や部活練習中に、私も時々言った後「あっ!これ難しい言葉かな?」って
反省する事しきり・・・・よくあります。

 自分を含めた、大人は言葉での判断は判っていても、
選手がプレーしている、相手のプレッシャーが掛かっている時に
大声で言ってもムリな時が有るのです。

 ましてまだ中学生にその判断が、チーム・選手全員が
それらの言葉に判断・反応は無理な時がおおいのです。

 (しかし、これらが指導出来ないと「強豪校!」と言われるように
  なれない悔しさ・もどかしさが指導者にも有りますが。)

 そして、その結果ボールを奪われたり、シュート・パス出来なかったり
それが原因で得点されたり・・・・それで指導者(コーチ)から怒られたり
保護者からは「あ~あ!」のため息が漏れたり・・・・

 上記にも書きましたが、ここで、その場面で何をするか
何をしなければならないか、サッカーがド素人でも
「あそこはパスしてもいいんじゃない?」
「ここはシュートでしょう!」・・・と判る場面はたくさんあります。

 しかし、それは結果論であって、プレーをしているのは
中学生であり、それを求めるのはむずかしい時の方が多いのです。

 まして、一番の違いは 全てにおいての経験値が違う! 
と言う事なのです。

 サッカーだけでなく日常生活、学校生活でも保護者の方や他の大人の方が
これまで積み上げてきた経験値があるから、怒ったり、叱ったり、指導したり、
時には励ましたり、慰めたり・・・・出来ると思うのです。

 それは過去も現在も、そしてこれから未来も。
今の子供達が大人になった時、今度はその子供達に自分の経験値を元に
同じように教えるのです。

 話がそれました。ですからサッカーで指導するにあたり、
気をつけなければならないのが、個人差によって言葉の捉え方、1つ違う!事です。

 一番、指導者(コーチ)・保護者の応援含め、気をつけなければいけない言葉が
ボール保持いかんに関わらず、「周りを見ろ!」・・・・という中途半端な、曖昧な言葉。

 A君は周りを見渡して、どこにパスを出すのか、またはどこに動くのか・・・という判断を
結果は別として、その時点で行った・・・・

 B君は「廻りを見ろ!」って言われても、何を見て、どこを見てどうしたらいいの?・・・・
で孤立してしまい、あとで怒られた。

 同じ言葉を掛けられても、片や褒められる、もう片方は怒られる・・・・理不尽でしょう。

 同じ中学生でも親にここまで育てられた、経験値を活かすことは出来ます。
それは自分で判断できるかどうか!なのです。

 ウチの部員も数名いるのですが、日常生活でも学校生活でも
「それくらいの事はそれがいい事なのか、良くない事なのか、自分で判断つくだろ!」・・・
 
 って、・・・・残念ながら判断つかないのもいます。

 親が子供の小さい時から、「ああしなさい!、こうしなさい!」
「それダメ!」・・・・・考えること、小さいながら判断する事すら与えられず、
親の言いなり?、押しつけ?、めんどうだから?、

 親を見れば子が判る、子供を見れば親が判る!

 今からでも遅くありません。サッカーに限らず、小さなお子さんをお持ちの
親御さん! 子供達に判断、考えをさせましょう。

 今までの「ダメ!」が何でダメ!なのか、子供に分かりやすく説明出来ますか?
「ああしなさい!こうしなさい!」・・・なんで?他に子供に選択方法がありませんか?

めんどうかもしれませんが、話してください。話し合ってください。
そうする事によって、子供の親に対する考えが変わってくるかもしれません。

 「おっ!お父さん、話わかるジャン! お母さん、聞いてくれるやん、変ったね!」

 せいぜい中学生までが限界でしょう。

 サッカーに限らず、中学生に判断させる経験値を、もっとたくさん与えてください。

きっと大人になった時に役に立ちます。

 今のままでは彼らが大人になった時、2つの選択・判断を迫られた時、
結果がどうあれ、苦しみます。悩みます。

 古い、私達の世代は、家族も兄弟も多かった。多かったから
かまってもらえず、良い事も、良くない事も、小さいなりに判断して
やってきました。

 時には褒められ、時には怒られ、宿題を忘れたら廊下に立たされ
それから「宿題わすれたらこうなるんだ!」という身をもって体験しましたし、

 近所の柿を盗み(ごめんなさい!)に行って、見つかったら追いかけられるんだ!
と言う事も小学生低学年で経験しました? 

 学校で悪い事したら先生に1~2発ビンタされた時代です。
それを家族に言うと、有無を言わず「アンタが悪い!」とまた家でビンタされ。

 そうゆう古き良き時代の経験することが、今の子供達には少ない時代とは言え、
やはり教えていかなければいけないのは我々大人です。

 どう子供や部員に関わって、積極的に判断して経験させるか・・・・問われるこれからの時代です。

 支離滅裂な文面で申し訳ありません。

 痛風が・・・・・!  と言う痛みの経験値? で今日はお許しください。  なんのこっちゃ!(笑)






関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール