FC2ブログ
全記事表示リンク

マジックを掛ける?

 
Magic / Bohman




 以前「おまじない」「ゲン担ぎ」という内容のブログを記事にしました。

 プロ競技選手から一般の大人の人まで、必ず何か自分なりの
「おまじない」「ゲン担ぎ」を持っておられると思います。

 一般的には「試合前にスパイクを左足から履く!」とか「好きな曲を聴く!」とか
人それぞれに、例えば試合前のリラックス方法、または闘争心を上げるため、
または試合に勝つ、こだわるために何かを身につけるとか儀式?があるでしょう。

 これは本人が意識して行っていることであり、それを取り入れる、
行う事によって、過去に良い結果が出た!という本当に「おまじない」「ゲン担ぎ」なのです。

 今日のタイトルは「マジックを掛ける」・・・・・?

具体的にいえば指導しているウチのサッカー部員に「マジックを掛ける!」と言う事です。

 昔、プロ野球「オリックス」の監督をされた仰木監督(故人)・・・いわゆる「仰木マジック」
または、日本代表女子バレー監督の柳本監督・・・・・「柳本マジック」と
選手起用法、または試合攻略等での人選で結果を出し、
テレビや報道で一躍有名になった事が有りました。

 競技監督、指導者が選手や競技者に、いかにもマジックを掛けたかのように
試合技巧で勝負、結果を出したことにより、いつしか「○○マジック!」
なんて呼ばれるようになりました。

 先ほどの「おまじない」「ゲン担ぎ」とは別に、選手を部員をヤル気を起こさせる、
また個人はもとより、チームを元気付けさせる、ネガティブへ導く、ここ1番!って時に
使うのが「マジック!」なのです。

 長年、現場で競技指導をされてこられた指導者(コーチ)の方であれば
大体お分かりかと思いますが、その選手(部員)の性格、特徴、またはチーム力を
向上させるために、活かす事だけなんです。

 そこが「マジック」の難しさであり、楽しさでもあります。

 それにハマると「うそ!こんなに変わるの?」と思うくらい、
部員やチームが変わることってありうるのです。

 以前からウチのチームは面白い現象が有る事が分かりました。



・・・・・・言えません!・・・・・・・・・むふっ!

 
 ウチの保護者の方には聞きに来られた時にはお教えしますが、
戦術的な事もあり、ちょっとモッタイぶろう!かな?(これって福岡の方言かな?)

 1つ言うと「コイツが調子いいと○○して連動してチームが良くなるもんな~!」

 ピン!と来られた指導者(コーチ)の方もおられるかも?
要は誰をキーマンにしてどう連動すれば、させればチームがよくなるか!・・・って事だけです。

 昨日、一昨日と週末に行われたカップ戦に、戦術、技術は顧問の先生にお任せして、
老中?はこれに徹しました。 (笑)

 お弁当の時間・休憩時間・行き帰りの僅かな時間で気になった部員、選手に
こちらから積極的に話をし、まずは本人の話を聞いてやることから始めました。

 試合の中でどうしたいのか?君の考えはどう思っているのか?

 先生との考えの差、思いの差、先生の立場から見た目と選手(部員)から見た目と
両方の立場から見た考えを知る所から始まります。

 そしてその差を少しづつ埋めていく、じゃあこうゆうプレーやってみたら?
「失敗しても先生から怒られても、コーチがおるから心配せんでよか!」

 いわゆる「美味しいとこ取り」かもしれません。

 しかし、彼らからしてみると、そのコーチの一言が励みになり、
じゃあやってみよう!・・・・に変わるのです。

 それでも何度か失敗はするでしょう。良いじゃないですか! Try!しているんだから!

 その積極的になることで、これから自信を付け何事も積極的に進んでやって行く!
それをいちいち怒ったり、叱ったりする方もイヤですし、言われた方はもっとたまりません。

 部員が選手が委縮するような指導法になるのです。

 それでうまくいけば「マジック」が利いた!・・・・となるのです。

 その原動力は新チームになってから夏休みに一生懸命に練習した!・・・
という実績が物を言いますが、それでも、ニガテなチームとか過去に負けた事が
頭のどこかにあって、それが阻害していることが大いにあるのです。

 しかし今回、一昨年の夏季大会決勝トーナメント1回戦から先輩達が
負け続けたチームに4-2の成績で1年数ケ月ぶりに勝利し、
また先般まで大差で負けてたチームに最終的には負けましたが
1-0 のそれもコーナーキックからのセットプレーのみの1点負け!

 これは相手選手がウマすぎました!

 普段だったらパスを廻され、それに翻弄し、手も足も出ないチームに
今回はウチの数度のチャンスを活かしきれなかった、また、やれる!との思いで
収穫の多い負けだっただけに余計にくやしかったのですが

 「あ~っ!マジックが少し足りんかったか!~」

 終わった後は、天高く秋の空のようなすがすがしい気持ちでした。
 私の「マジック!」を知っておられる方は、残念!と思われたかも?(余談です)
 


 もしかしたらマジックが本当に必要なのは、指導者(コーチ)の方々なのかもしれません。 (笑)

 戦術!・指導!で凝り固まった頭を呪縛から解き放たれるためにも!











関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール