FC2ブログ
全記事表示リンク

厳しい現実も見せつけられました。 どう立て直すか・・・コーチの仕事?

 
Young soccer players in Salvador, Brazil, 2001 / cliff1066™



 先週金曜日、土曜日と地区新人戦が行われました。
1日目で選敗退!という厳しい現実を突きつけられました。


 予選リーグの3試合、全ての試合で先制し、流れはこちらに来ていました。

 第1試合、試合直後に先制し前半何度もチャンスがあったのに決めきれず、
後半は風下に変わり、1点取られてから、あれよあれよと・・・・1-3で負け!

 第2試合、私達指導者(コーチ)もある程度ラクな試合かな?高をくくってました。
これまた前半なかなか点が入らず、12分にやっと1点!  第1試合の後遺症か
動きも悪かった。後半はその動きにも油を注いだようになめらかになり、
途中選手交代した選手の得点で4-1で快勝!

 第3試合は強豪S中学校、長年のライバル校であり(最近は負けっぱなしですが)
この予選リーグ最大の難関!  すでに2勝と波に乗って予選リーグ突破は決めています。

 しかしウチにもまだ微かな望みもあり、絶対に落とすわけにはいきません。
試合開始4分!・・・・先制点はウチの中学校!・・・これで弾みがつき、
また相手S中学校にも火が  着きました。


 しかしやはり相手の方が1枚も2枚も上手!個の力をまざまざと見せ付けられ、ボール際の強さ、
簡単に奪えない! サイドチェンジをキッチリやってくる・・・その対応が後手後手になり、
先制したにも関わらず前半終了時には1-3という点差!

 この1点がS中学校にとって今回の唯一の失点だった!・・・と後から聞きました。
 
 後半もチャンスは数回ありながら、結局、意気消沈!で3点追加され試合終了後は1-6のスコア!

 最大の敗因の原因はこちらの選手起用の采配と、チーム崩壊・・・・!

 最終選手ポジション固定が固まらず、結局試合数日前に・・・・そして試合の良い流れの中で
そのまま選手交代させず、前半のままで行けば良かったのを選手交代したために、
流れを変えたため、選手間の食い違いが・・・・
  
 そしてチーム内のまとまりと連携がウマくいかなかった!事が最大の影響か?

 キャプテン・副キャプテンは元より試合に出ている選手が、なんとか頑張ろう!
という気持ちが見えてこなかった! 見せてくれなかった!

 全てがふがいない試合の進め方で、ギアがかみ合わず・・・・・

 まずはチーム内の連携を強める意識改革とボール際の強さをもっと、もっと強くしたい!
たとえ1点取られても、今の俺たちは取り返せるぞ!・の気持ちを高めるメンタル面の強化!
 指導者(コーチ)としてやる事、一杯です。

 

 
 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール