FC2ブログ
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習試合中の“退場!”・・・その後の処理に間違いは無いと思います。

 
Yellow and red card / theglobalpanorama



 やばいよ~ やばいよぉ~ 

 もう20日、ブログの更新をしていませんでした。
その間に、もう数えきれないくらい、いろんな事・・・・有り過ぎて 疲れた!

 昨日、ホームグランドにて練習試合を行いました。
1年生が入部してきて、4月下旬から1年生の試合も多く組んでいます。
A戦・B戦の合間をぬって、わずか15分でも、試合をしています。

 子供達は試合をしたいんですね。
小さな体でチョコマカ走る姿は、かわいらしい です。

 その昨日の練習試合の合間に起こった事です。

 第一試合目が9:00スタート!
 私は、どうしても仕事が入ったので、試合開始時間には間に合いませんでした。
でもなんとか、前半戦途中には・・・・・

 で、第1試合目と同じチームとのB戦試合に私が主審をさせて頂きました。

 最近試合でも、相手チームの指導者の方も自分チームの試合をピッチ内で見たい、
その場面を指示したい!と言う事で審判も相互審判を取り入れるようになり
前後半での相互審判が増えてきました。

このB戦は30分試合を通して私が審判をしました。

B戦でもウチは数名の3年生を入れていましたが、今回はそのウチの3年生が・・・・

 前半開始して、しばらくしてからウチのMFの3年生が相手チーム部員、仮にA君としましょう・・
そのA君とボール際の奪い合いから、お互い体をぶつけ合い、・・・・お!手が・・・出るか?・・・

 あ!・・・出たぁ~・・・・・ぴっぴーぃ  完全にウチの部員が手を出した格好。
笛を吹いたあと、お互いが何かを言っている様子・・・・はい!はい!、気をつけて!

 お互いに注意を促し、A君チームのフリーキックで再開です。

 そのまま、しばらくは何事もなく試合が進んでいました。

 B戦は前後半30分試合で設定していたので、休憩時間は取らず、
ピッチの入れ替わりで、後半試合の再開です。

 その後半開始すぐ、またボールが来た所に先にウチの3年生が仕掛けました。

 当然、ぴっ!・・・・・

本人も分かっているだろうから、短い笛の音で再度の警告と、
口頭で「今の行為はイエローカードに値する!今度やったら退場だぞ!」と・・・

 それからしばらくしないうちに、今度は引っ張って、故意に足を掛けて・・・
これだけでも通常は1発退場もん!

 当然、その反スポーツマン行為に私も収まらず・・・
ぴっぴっぴ~~~~~~~~~~~~~~ぃ~~~~~~~ 

 公式戦等ではカードを上げて退場!を告げるのですが、
練習試合だったのでカードを持たなかったので、口頭で「出ろ!退場だ!」・・・と。

 やはり、いくら練習試合でもカードは必要です。
カードを掲げる事で、選手への抑止力と審判への敬意が示されるのです。
いわば、良く言われる、「審判がゲームをコントロールする事」なのです。

 ベンチから見ておられた、ウチの顧問の先生から「コーチ?交代ですか?~」の声!

 「いや!レッドカードです。」 

 試合後、控えに戻ったそのウチの部員に注意と、
反スポーツマン行為に相手チームへの謝罪を促しました・・
3年生ですから、何をしたか!十分分かっているものだろうと思っていましたが・・・返事が無い!

 きっと退場!・・・と告げられた事に戸惑っているのか、(私は最後までそう、思いたい!思ってやりたい!)、
もしくは「俺は悪くない!」と誤った考えを持っているのか?・・・・・真相は分かりません。

 いずれにしろ、いくら練習試合と言えど、次の試合には出れないからな!・・・と言っても、
「はい!」の返事すらない状態!

「先生かコーチが付いて行くから、相手選手と先生に謝りに行くぞ!」と声を掛けても・・・・・

「じゃあ、君が行かないんだったらチームとして責任がある。
キャプテン、副キャプテンに謝罪に行ってもらう事になるぞ!、
みんなに迷惑掛ける事になるんだぞ! それでもいいのか?」

 この辺りまで、私も「いつも微笑みのステキな 優しすぎる天使?・・・・のコーチ」
(だれも言ってくれないので言ったもん勝ち!

 で、居たのですが・・・そろそろ、血圧が、感情がヒートアップし始め・・・

 ただ、何も言わない事に、また反省の色も見えない事に、さすがの私もとうとうブチ切れ

 「ふざけるなぁ~ 反スポ行為だろうがぁ~」
 「自分がやった事もわからんかぁ~ 何で謝りに行こうと思わない
 「その事でキャプテンや副キャプテンを謝りに行かせるのかぁ~」・・・・・と。

 いつもの「天使の囁き 」が罵声になって周りに聞こえたようです。

 その後、私が注意した事の真相を顧問の先生、キャプテン・副キャプテンに話し、
ちょうどその最中に行っていた1年生の15分試合後に、
相手チームへ謝罪に本人とキャプテンが行く!
という事で納得してもらい、その15分間の間にもう一度、みんなで本人と話をさせてほしい!という
強い申し出の3年生に感銘しました。

 いいチームになったなぁ~ ・・・・

 しかし・・・・本人は勝手に家に帰ってしまいました。
3年生数名と保護者パパさんが彼の家にまで行って動いてくれて、説得してくれましたが、
最後まで本人の謝罪がない状態・・・・

 その日の最後に相手チームの顧問の先生の所に、その場で私が促した訳でも無かったのですが
自分達自ら、ウチのキャプテン・副キャプテンが謝罪に行きました。 m(__)m

 相手チームの顧問の先生も何でウチの部員が謝罪に来たか?、
分からなかったご様子だったので、事の説明を私がしました。

 「さすがですね!」とお褒めの言葉は頂きましたが、この辺りのスポーツマン行為にについては
スポーツマン行為のみならず、人としての行為を教える必要があります。

 なぜ、謝りに行かなきゃならないか!  なぜ、チームとして、またチームをまとめる責任者、
キャプテン・副キャプテンとしてどう動かなければいけないのか・・・・

人間形成を行う事として大事なことを、中学生にも教えるのが我々大人なのです。



 人の痛みは判らないと、自分の価値観でしか物事を見れなくなってくる・・・・
まさに井の中の蛙!では社会に出たら困るのです。

 (Iママさんのお言葉を拝借いたしました。)






 

 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。