FC2ブログ
全記事表示リンク

ピッチ上の選手に対してのコーチング

 
coaching the boys / woodleywonderworks



 以前、私もそうでしたが練習試合や紅白戦で
選手に「周りを見ろ!」「周りをみて考えろ、判断しろ!」
・・・なんて良く言ってました。 

 サッカーをしている、したことがある大人には理解出来るのですが
中学生年代ではまだ理解出来にくい言葉なのです。

 「周りを見ろ!」・・・ってどこ見るの?
見てどうすればいいの?・・判断が判らないのです。

 特にその場(ボール保持時や相手と競い合ってる時等)で
このような抽象的な言葉でコーチングされると余計に混乱してしまいます。

 試合後に指示をした子供に「周りを見て!って言ったけど判ったかな?」
と、子供目線で話して、もし理解・判断出来ていなかったら
どうゆう基準で話しをしたら判ってくれるのか・・・
これは指導者基準・指導者目線のコーチングではなく
サッカーをプレーしている子供目線で考えコーチングしなければいけません。

 そのために指導者(コーチ)はコーチングに子供達が理解・判断し
それがプレーに活きるコーチング法を常に勉強しなければいけないということです。


 
関連記事

コメントの投稿
非公開コメント

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
バージョンM
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村
リズム感が生まれるラダー
スピードラダー
日本代表と同じ練習
トレーニングポール
中学生も建てられるテント
簡易テント
速く!もっと早く!ラダー
ミニハードル
破れていたら士気が落ちる
ゴールネット
ミニゲームはたくさん必要
ミニゴール